• 22 Jul
    • 備前焼の皿―叩き成型2

       叩き成型の2はこんなお皿です。このほかにも落柿窯の主は木の葉の形が好きで木の葉皿を良く造りますが今日は除いていいます。    落柿窯作「備前叩き皿」。      

      NEW!

      1
      テーマ:
    • 備前焼の皿―叩き成型

       今度は叩きで造った皿をいくつか紹介してみます。大きさも形もまちまちでお好み次第でお選びいただけます。  ただ、叩きで造った皿も形はシンプルでどんな料理にも合わせることができるでしょう。   落柿窯作「備前叩き皿」。      

      NEW!

      テーマ:
    • 備前焼の皿―轆轤挽き2

       轆轤挽きの皿はたくさんあってそれぞれ表情が違います。また形も少しずつ違っていてまん丸いものや輪花のものなどいろいろです。  落柿窯作「備前皿」。        

      NEW!

      テーマ:
    • 備前焼の皿ー轆轤挽き

       落柿窯の展示室にある備前焼の皿にいただき物の白桃を置いて写してみました。  まずは轆轤挽きで造った丸いお皿です。いろんな景色をご覧ください。    落柿窯作備前皿」。サイズは6寸から8寸までです。      

      NEW!

      テーマ:
  • 21 Jul
    • 備前焼の景色いろいろー緋襷

       備前焼で人気なのが緋襷です。  緋襷はご存知のように作品と作品がくっつかないように間に置いた藁のあとです。。藁の成分と土の成分が反応して出るものですが温度が高すぎると全く付かないこともあります。反対に温度が低いと黒くなってしまいます。  今日、初めにに紹介した金彩の緋襷も藁のあとに付いたものです。従って藁の置き方で緋襷の景色が決まります。  この四方皿は綺麗ま緋襷が付きました。      ソそんなこんなで、いくつかの景色を紹介してきましたが、今日はこの辺りで終了します。  これら以外にもまだまだ備前焼の景色は多彩ですからまた日を改めて紹介しますね。

      1
      テーマ:
    • 備前焼の景色いろいろー緋色

       備前焼でこんな景色が出ることがあります。落柿窯の主が目標の一つにしている夕焼けのような緋色です。   しかし、なかなか思う色が出てくれません。土も焼成方法も窯詰めの仕方も関係するのです。  たまにはこんな色が出ますがまだ満足できるものではありません。    見込みが緋色になってくれた鉢です。    

      テーマ:
    • 備前焼の景色いろいろー練り込みと象嵌

       最近、備前焼の世界でよく用いられているのが練り込みと象嵌の技法です。備前の黒土に白土を練りこんだりあるいは象嵌したりです。  釉薬を使わない備前焼では白土が独特の効果を出してくれます。釉薬で描く代わりのようなものと思ってもいいですね。    練り込みだとこんな景色になります。        象嵌はこんな景色です。  

      テーマ:
    • 備前焼の景色いろいろー金彩&青備前

       梅雨が明けた途端厳しい暑さです。蒸し暑さはありませんが焼けつくような夏の日差しに参っています。  今日の陶芸教室もエアコンがフル転でした。南風が通り抜けてもこの暑さではとても集中できません。その上、午後には熱中症注意報が出る始末。日本の夏は異常です。  高知県とほぼ同じ緯度にあるロサンゼルスでは最高気温は24~25度のようです。お国にヒートアイランドた施策をお願いしたいですね。  ところで、今日は備前焼のいろいろな景色を少し紹介してみます。勿論、落柿窯の展示室からです。  まずは金彩青備前のt飯埦から。          埦の口縁部も緋襷もキラキラノ金彩です。青い肌に金彩が綺麗です。

      テーマ:
  • 20 Jul
    • 夏の茶埦

       梅雨が明けて暑い日が続きます。昔からっ「梅雨明け10日」、、、と言って梅雨が明けて10日ほどは晴天が続きます。今年は特に雨が少なくて暑そうですね。  夏のお茶では涼しさの演出が大切です。茶碗は浅くて口が広いものを使います。冷たい清水で点てるお茶もあります。名水点て、、、と呼ばれていますね。  そんな夏のお茶に使えそうな落柿窯の茶埦を再度いくつか紹介してみます。    落柿窯作「備前夏茶埦」。        

      1
      テーマ:
    • 夏の果物

       梅雨が明けて夏の果物が収穫出来るようになったようで、さっそくお隣から桃や瓜をいただきました。感謝です。  瓜を夏茶埦と並べてパチリ。桃を象嵌のお皿に置いてパチリ。  いただきます。    

      テーマ:
    • 備前長船名刀味噌本舗

       今日、夏の白味噌を購入してきました。落柿窯から近い場所に古くからある麹屋さんで、今は代替わりして麹造りだけでなく味噌や甘酒も造っているお店です。最近はインターネットで全国展開もしているようですから検索するとお取り寄せも可能ですよ。  特に白味噌は主のお好みで美味いです。良い発酵食品は夏バテ予防にもなりますよ。        

      テーマ:
    • 天狗寺陶白人展

       久しぶりに天狗寺さんの個展の案内をいただきました。  天狗寺さんは岡山県と鳥取県の県境近く、津山市加茂町で地元の土を使って茶埦を焼いておられる作家さんです。  今まで何度か個展にお邪魔して作品を拝見していますが素晴らしい茶埦が並んでいました。今回もまた新しい作品が並ぶのでしょうね。できればお邪魔して作品に触れたいですね。        

      テーマ:
  • 19 Jul
    • 備前焼・夏の白い器たちービールカップ

      今日の最後はどうしてもこれを入れないわけにはいきません。そう、、ビールカップです。  備前焼のビールカップの素晴らしさは今更紹介することもありませんが、こんな白い備前焼を使うのもいいものです。  備前焼のビールカップを愛用して暑い夏を乗り切ってください。    落柿窯作「備前ビールカップ」。      

      1
      テーマ:
    • 備前焼・夏の白い器たちー湯呑み

       今年の夏も猛暑です。水分を十分にお取りください。麦茶でも緑茶でもルイボスティーでもカルピスでも何でもOKです。白い湯呑みは夏にぴったりです。  備前焼は使うほどに育っていきますから毎日使うとどんどん肌合いが良くなってきます。特に湯呑みは使う頻度が大きいので早く変わってくれます。手が滑って割らないで下さいね。    落柿窯作「備前湯呑」。  

      テーマ:
    • 備前焼・夏の白い器たちー鉢

       飯埦の次は鉢ですね。どんぶり鉢の大きさです。  主のイメージではサラダボールですが、もちろん使い方は自由です。  新鮮夏野菜のサラダをお楽しみください。   落柿窯作「備前鉢」。  

      テーマ:
    • 備前焼・夏の白い器たちー飯埦

       夏にはお茶漬けが食べたくなります。それも冷茶漬けが良いですね。  美味しいお漬物さえあればそれだけで十分です。  備前焼の白い飯埦でお召し上がりください。    落柿窯作「備前飯埦」。  

      テーマ:
    • 備前焼・夏の白い器たちー皿

       暑い夏に備前焼を少しでも涼やかに使うために落柿窯の工房にある作品の中から白い器を探してみました。  まずは皿からです。  白い肌に赤い緋襷が一本ついた皿がありました。サイズは6寸ほどです。  この2枚は同じサイズで同じ形ですが緋襷の長さが少し違います。    落柿窯作「備前皿」。    

      テーマ:
    • 梅雨明け

       梅雨が明けました。朝から夏の日差しです。  主の腰痛は強で3日目。どうやら治まりました。これで明日から動けます。  工房の窓際のプランターに植えたゴーヤのグリーンカーテンが少しずつおおきくなってきましたがまだ日差しを遮るところまではいきません。もう少し茂ってほしいですね。  プランターのトマトは少し収穫できるようになりました。   。    

      テーマ:
  • 18 Jul
    • 次第に腰痛が解消されました

       未だ完全ではないのですが、昨日来の腰痛が随分楽になりました。それでもまだ安静を保っています。歳を重ねるにしたがって回復にも時間がかかります。仕方のないことですが、、、。  今日は雨のあと比較的涼しくてエアコンのお世話にならず済みました。たぶん明日には梅雨明けでしょうね。  また一気に暑さが戻りそうです。  暑くなると主の食欲は極端に落ちます。お茶漬けか麺類が良くなります。麺類はのど越しの良い素麺でしょうか。。。しかし、主は蕎麦好きなのです。  今日、展示の棚を見ていたらこんな素麺鉢がありました。大きさは2人用ほどです。どっしりした素麺鉢ですが明るい景色がよいですね。    落柿窯作「備前素麺鉢」。緑を眺めながらの素麺は涼しさを誘います。  

      1
      テーマ:
    • 梅雨最後のあがき

       今朝は強い雷雨になりました。その後、曇って夕方から青空です。明日にも梅雨明けが発表されそうですね。  晴れてくると雨に濡れた緑が綺麗です。庭の木々も田圃の稲も青空の下で緑が目に沁みます。  そんな緑の田圃を背景に、今日紹介するのは以前造った大きめのアロマポット。  造りが雑で自分用に使ってていますが結構楽しめます。  中にアロマローソクを入れて灯りにしても良いし、頭のお皿にアロマオイルを入れてアロマポット用のローソクであぶってもOKです。  以前はこんな器具をいろいろ造って遊んでいましたが今では造ることも無くなっててしまいました。また改めて造ってみようかな。。。     落柿窯作「備前アロマポット」。  

      テーマ:

プロフィール

bizennyaki

性別:
男性
自己紹介:
小さな窖窯で備前焼を焼いています。

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

このブログの読者

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。