宮崎県の口蹄疫問題で、県は22日午前11時、家畜の移動制限区域(半径10キロ圏)にある同県木城(きじょう)町の養豚農家で、殺処分に向けたワクチン接種を始めた。

 県と国は「3、4日で終わらせたい」としており、対象農家の同意を得ながら速やかに作業を進める方針。

 県によると、22日は同町のほか、宮崎市と木城、高鍋町の養豚農家計7軒で、約1万9500頭の豚に接種する。約20万頭分のワクチンが届いている県宮崎家畜保健衛生所(宮崎市佐土原町)から獣医師らが乗用車で農家に向かった。接種にあたるのは、ウイルスを運ばないよう、これまで殺処分作業に従事していない県外からの応援組の獣医師約30人が担当する。

 県は、対象地域の外側から内側に向かって接種を進めることで感染の広がりを抑える方針で、「感染地域の南北両端から進めていきたい」と説明している。

梅雨時の洗濯をどのようにしていますか?(Business Media 誠)
和装と洋装の美の祭典=京都・大覚寺でファッションショー〔地域〕(時事通信)
<陸山会事件>検察審査員「起訴相当」11人、7月末全員交代 議決時期も注目(毎日新聞)
日本は韓国を支持、米と連携で対応…哨戒艦事件(読売新聞)
<陸山会事件>小沢氏21日不起訴(毎日新聞)
AD