TOKYO CAFE & SWEETS

街中にひっそりと存在する美味カフェ&和・洋・アジアetcジャンルを問わない美味菓子達に巡り合いたいと願う筆者のBLOG★    相変わらず、京都の和菓子と神戸の洋菓子には傾倒してます☆


テーマ:

最近、更新が出来ていません。


数々のお店に行って、少なくない数のお菓子を食べているのにも関わらず、です。

一つには、自分の文章力に限界を感じてしまった事、また、このような陳腐な表現で味を伝えたところで、お店に対して足を引っ張るだけなのでは?と思いはじめた事、お店の方ばかりを向いたべた褒め記事はもちろん書きたくはないのですが、かと言って、批判的な記事を書いても仕方ないんじゃないかと思った事、などなど、色々と考え合わせた結果、もっと気楽に、自分の自己満足&記憶を補う為だけの、もっとこじんまりした文章の少ないBlogに移行しようと思い立ちました。


まだハッキリと、何時からとは申し上げられませんが、自分による自分の為だけの、3ツ星評価方式のBlogになると思います。


移行が決まり次第、ご連絡いたします。


今までこのような拙いBlogをお読み頂き、どうもありがとうございました☆



AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は、先月から今月にかけてフクナガで食べたパフェを一挙大公開~!!

ここのパフェは、基本の作り方は変わらないのに、使うフルーツによってここまで味が変化するんだ~!と驚きの連続です(o^-')b


そして最近、フクナガのパフェ 若葉のたい焼き PAULのパン のコースが確立されつつあります(^ ^;)

こちらのお店、最近は土曜日が大人気で席が埋まっている事が多いみたいだけど、平日の6時頃だったら余裕で空席があると思います。


フクナガ 桃パフェ


桃のパフェですラブラブ

皮付きの桃が使われていて、皮ごと食べるのだそう。

ただ、やはりそれってまだまだ抵抗感が拭いきれない私は、桃そのものを購入して帰り、家で皮をむいて桃の味を堪能いたしました(^ ^)

さすがに専門店だけあって、近所のスーパーで売られている桃とは甘味や密度が全然違って、濃くて美味しかったです!!

パフェは桃のシャーベットも美味しかったし、こちらはこちらで楽しんでいただきました。


フクナガ プラムパフェ


こちらは珍しいプラムのパフェです音譜

上に載っているのがソルダム、そして中に使われているのが太陽だったかしら…。

とにかく、プラム=酸っぱい!!を好きな人もそうでない人も、これを食べたらきっと新しい驚きがあるはずです(ノ´▽`)ノ

ソルダム…好きになりました~!!


フクナガ イチジクパフェ


イチジクのパフェです(^_^)v

正直言って、無花果がパフェの主役になれるとは思っていませんでした。

完熟で癖のない味の無花果は、子供の頃に食べたものとはまるで違うもののように感じました。

こちらで扱っている無花果だからこそ、この味が出せたのかもしれませんね。

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

SOWA マンゴーランド


夏の風物詩!? マンゴーランドをいただきましたo(^▽^)o

目の前で、マンゴーソースとバニラソフトを混ぜ合わせてくれますソフトクリーム

バニラソフトがさっぱりしているせいか、暑い日に食べるには最高~!!


今度は、フルーツランドに挑戦かしら??

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、三軒茶屋に出来たばかりの、日本では珍しいバターミルク・パンケーキを食べさせるお店、Voi Voiに行って来ました~!


voivoi外観


本当はピーチ・ピーチ・パンケーキが食べたかったんだけれど、もう終了したとの事で、デビルス・パンケーキをお願いしました。


デビルズパンケーキ


運ばれて来たのはたっぷり3枚のパンケーキ、まず最初に生地部分だけをいただいてみます(^-^)

水分量といい、焼き加減といい、生地自体の味といい、今までに食べた事が無い感じで、とっても美味しい~!!

他のお店のパンケーキって、もっとしっとりした感じだと思うのですが、こちらのお店のものはドライさ加減がちょうどいい感じです。

で、生クリームとベリー類を付けて食べてみても、当然イケます!

(ただし、トッピングたっぷり希望派の私としては、この倍くらいトッピングが欲しかった~!)

特筆すべきは、一緒に付いて来るチョコレートソース、これが割とビターな感じで、パンケーキ生地の味ととても相性が良く、全体的に美味しさを引き上げていました。


ん~、とっても満足!

久々に美味しいパンケーキを食べました('-^*)/

当然、これだけでは収まりが付く筈も無く…、近々再訪決定です!!

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

土曜の朝、6時半に目が覚め…私が思った事はといえば、今日を逃したら永遠にヨコヤマへ行く事は出来ない、でした(;^_^A

京成線って何年振りに乗ったんだろう…、でも最近は、都営地下鉄から乗り入れしてるから便利な事この上なしなのですね。


で、9時半ごろお店の前に着いたらまだ1人しか並んでおらず、これだったらもっと遅く来れば良かったと思った直後…人が並ぶ並ぶ、その光景を見て、やっぱり正解だったと思いました。

みんな超有名な岩シュー目当ての方なんでしょうね。

岩シューはあまりにも人気が出過ぎたためか、一人10個までに制限されていました。

皆のシューに掛けるすごい熱気に期待が高まり、私は岩シュー1個を別に袋に入れて貰って、店の近くで早速パクつきました。


ヨコヤマ 岩シュー


この岩シュー、折角出来たてを食べようと別にして貰ったにも関わらず、残念な事に、皮にサクサク感があまりありません。

上にクッキー片が載っていて、軽い塩気も感じるのですが、それが全体の味を引き締めているという訳でもなく、特にこれと言った特長の無い食感と共に、シュー全体の味をぼやけさせてしまっている気がします。

カスタードは、後で他のケーキを食べた時に初めて美味しいと分かったのですが、この時点では平凡なクリームとしか感じられませんでした。

何故??生クリームを混ぜてしまっているから??

でもね、決して不味くは無いのですが…。


ところで最近気付いたのですが、私自身、どうやらシュークリームへの評価が結構辛口なのかもしれません。

何店か食べ歩いてはいるものの、好意的なコメントをしているお店の数があまりにも少ないような…。

普段あまり食べない割には、どこかに凄くこだわりがあるのかもしれません。

いつか、そうそう!これを捜し求めてたの~!!と思えるようなシュークリームに出会える事を夢見て、日々精進しますσ(^_^;)


ヨコヤマ メロンボード


メロンボードは、半切りメロンをくり抜いた中に詰め込まれたプリン・ア・ラ・モードという印象です。

上に載っているメロン果実が大きくて、食べにくいのには参りました。

こちらはフォーク&ナイフよりも出来ればスプーンでいただく事をお薦めします。

何故なら、下からクリームが溢れ出てくるから…、良く分からないのですが、メロンの果汁とホイップした生クリームが合わさると、生クリーム側に一種の液状化現象が起こるのでしょうか??

最初この白い水は何かと思いましたが、かろうじて残っていたホイップされた状態の生クリームのところにメロン果汁が合わさると、みるみるうちに液状化して行きました。

何か野菜の水滴と混じったマヨネーズみたいで、見た目があまりよろしくありません。

お店の方はこのメロンボードを出来たて以外で味わわれた事があるのでしょうか?ちょっと疑問です…。

で、このメロンボード、味自体は美味しいのです。

特に中に隠されるように入っていたプリンの美味しいこと!

フルーツも何種類か入っていたし、本当にあの生クリームの液状化さえなければ、大きさ(メロン半切りだから、本当に大きい!!)の割にはリーズナブルだし、お薦め出来る一品なのですが…。


ヨコヤマ ペーシュミニョン


ペーシュ・ミニョンは、丸ごとの桃をくり抜いた中に、ピーチのリキュールで香り付けしたカスタードクリームが入っています。

が、下に敷いてあるタルトは、桃の水分を吸ってしまってシナシナ…。

これは下にタルトとか敷かないほうが、むしろ良いのでは?と思ってしまいました。

桃そのものは甘くて美味しく、また中のカスタードも堪能できました。


ヨコヤマ ショコラデショコラ


ショコラ・デ・ショコラは、ビターチョコレートムースの中に、アーモンドクリームが層になって入っています。

また、上に載っている固めのチョコレートクッキーが、ムースの中に何個か入れられており、それが食感のアクセントになっています。

こちらのチョコレート、あまり期待しないでいただいたら、意外と美味しかった!です。


ヨコヤマ マンゴーパイ


マンゴーパイです。

パイ生地の上にカスタードクリームが敷かれ、その上にマンゴーの果実がゴロゴロと載っています。

お店で見て、マンゴーに一目ぼれして選んだのですが、マンゴー、カスタードは文句無く美味しいし、パイ生地は個人的にはもっとサクサクパリっと焼きこんであるのが好みなのですが、こちらのやさしいお味のパイ生地もなかなか合っていたように思います。


谷津ロール 箱


谷津ロール(白)、これは、今まで食べた中で、一番美味しいロールケーキです!!

白と茶色があって、白の方が美味しいって噂は聞いていたけれど、正直ここまで美味しいとは思ってませんでした。


谷津ロール 外観2


ふわふわ、しっとりの肌理の細かいスポンジ生地に、真っ白な生クリームをただ巻いてあるだけのシンプルな構成ながら、生地の厚み、クリームの味、堅さ、量にいたるまで、一番美味しく感じられるように、きっちり計算して作ってある感じがします。

このロールを食べる為なら、もう一度谷津まで遠征してもいい!!と思わせる力を持っているロールケーキです。

本当に、わざわざ足を運んだ甲斐がありました~!!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎年サロン・ド・ショコラで大人気の、アンリ・ルルーさんの新作・グラス入りデザートです。

何と、日本限定だそう。

4個入りのミニセットを試しに購入。

ルイゾン・パッション、フィーヌ・ブルターニュ、テ・ヴェール・オ・マロン、フロマージュ・ショコラ・ブランの組合せ。

シシリエンヌやモン・トリュフも美味しそう~!!


ルルー クレムー


上から、

テ・ヴェール・オー・マロンは、抹茶の濃厚なクレムーとショコラのジュレの組合せで、上に渋皮栗が飾られています。

フロマージュ・ショコラ・ブランは、フロマージュブランのクレムーと苺のジュレの組合せで、上に可愛く苺が飾られています。

ルイゾン・パッションは、キャラメルショコラとパッションのクレムーの組合せで、中にキャラメルソースが入っています。

フィーヌ・ブルターニュは、オードヴィーをたっぷり使用した生クリーム風味のクレムーとショコラのジュレの組合せで、中にリンゴのコンポートが入っています。


こちらのクレムーは、それぞれの食感がとても安定していて、同じ質感で違う味を楽しめるところが、なかなか素敵な発想だと思いました。

突出した味というよりは、よくまとめられた円やかな味わいで、正直このようなお菓子が頂けるのなら、一度青山にあるヨックモックに伺ってみようかと思ってしまいました。

もちろん同じ物を置いていないのは分かっているのですが…(;´▽`A``

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

前々から色々な雑誌やWEBの記事で気になっていた、マンダリン・オリエンタル・ホテルのケーキをやっと買いに行く機会に恵まれました。

会社からさほど遠くはないのに、地下鉄に乗らなければ行けないという理由で足が遠のいている街、日本橋。

いざ行ってみると、魅力的なお店が一杯あって楽しいですね~^^v


さて、こちらのグルメショップはディスプレイがなかなか素敵です。

ケーキがとっても見やすくて、隣のケースにはチョコレートが並べられています。

その他に、ヴィエノワズリーやパウンドケーキや焼き菓子やマカロンなども揃っています。

さすがに夕方ともなるとケーキの種類は少なくなっていましたが、有名なシシリアンやアケボノはかろうじて残っていました。

本当はもっと濃厚なチョコレートのケーキが食べたかったのですが、アントルメでしか残っていなかったので、ここはアケボノで手を打つことにしました。


マンダリン シシリアン

上がシシリアンです。

ピスタチオのムースの中に、グリオットチェリーが丸ごと入ったチェリー・ムース、下にはチョコレートのスポンジが敷かれています。

それぞれのパーツの特徴が良く出ていて、それらが上手く絡み合い、綺麗に一つにまとまっているように感じました。

何よりケーキを口に含んだ時に感じられる香りが素晴らしいと思います。



下のアケボノは、チョコレートとオレンジのケーキです。

上に塩味のクッキーが載り、下はオレンジスフレ、チョコレートクリーム、しっかりしたスポンジ生地の3層になっています。

こちらは上のクッキーのインパクトが強く、はっきり言って下のケーキの印象がぼやけてしまう感じです。

ただ、こちらもシシリアン同様香りの良いケーキだと思いました。


マンダリン 苺タルト


ストロベリー・タルトです。

生クリームがたっぷり載っているこのタルトは、生クリーム好きな方にお薦めしたいところです。

ミルキーで軽い食感の生クリーム、苺、土台のタルト生地の中にカスタードクリーム、その上に苺のコンフィチュールをナパージュ掛けしてあります。

こちらも、苺の良い香りがふんわりと漂ってくる、ラヴリーなケーキです。


マンダリン ゼリー


ソーテルヌとマスカットのゼリーです。

何点かゼリー物が並んでいる中で、一番爽やかそうに見えたので選んでみました。

ソーテルヌのゼリーは甘味が強く、やや粘度が高めな感じでねっとりしています。

故に、爽やかと言うよりは少し重めで、和菓子の錦玉を思い出しました。

私としてはもう少しサッパリとしたゼリーを期待していただけに、ちょっと残念でした。

こちらのお店は、全体的に小振りではありますが、形が綺麗なケーキたちが揃っているので、気候が涼しくなったら今度はチョコレート系の濃厚なケーキを求めて、もう一度伺いたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

もう夏も終わりに近づいているこの頃、涼を求めて根津にある芋甚を訪ねました。

今まで千駄木や谷中には何度か訪れた事がありますが、根津から池之端の辺りは今回が初めてだと思います。


根津 店外観


根津は昔からの住宅や商店も多く、また、白衣専門店とか傘専門店とか、マニアックな品揃えのお店もちらほらあったりして、散歩するには面白い所です。

不忍通りをクイっと右に曲がると、芋甚が直ぐに見えてきます。


芋甚 外観


まずは、今日の第一目的、氷牛乳をいただきます。


芋甚 氷牛乳


確かに上に長~く氷が積まれていますが、下のコップの中に吸い込まれるのも早いので、何だか拍子抜けです。

上の氷部分は味なしで、下にたっぷりと、アイスクリンを気持ち薄味にした感じのあっさり味のさらさらした液体が入っています。

スプーンで食べられる氷部分は早くも終わってしまったので、ストローで下の液体を吸い込みます。

何と言うか、ちゃんと味わえるギリギリの薄さになっているような気がします。

縦には長いですが、小さめかき氷なのでアッという間に完食してしまい、次に何を食べようかな~と考えていたら、いつの間にか店内がぎゅうぎゅう詰めの満席になっていたので、ここは大人しく店を出る事にしました。


しかし、店を出たからには、これ!!


芋甚 アイス最中


小倉アイス最中は絶対に外せません!

袋に入れてもらい、歩きながら食べる事にしました(帰り道、根津小学校の直ぐ側に公園が見えたので、そこで食べれば良かったかも汗


芋甚 袋


このアイス最中が、皮は水分を吸っていなくてパリパリ、中の小倉アイスも白っぽいこし餡の中につぶ餡が見え隠れする感じで、食べてみると粘度が少ないのに途中ポロポロとこぼれて来る事も無くて、しかもたっぷり入っているのにあっさり味で食べやすく、もう~!文句なしの逸品でした。

このお店、さすがにこのアイス最中が看板商品だけあって、きっと今の形になるまでに、研究に研究を重ねたんだろうな~と想像してしまいましたニコニコ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ある遅く起きた日曜日、念の為タダシヤナギへTELを入れると、桃のショートケーキが未だあるとの事。

その他に、桃とブルーベリーのタルト「モアチエ」、スペシャリテであるにも関わらず未食だった「ジュピター」etcetcを押さえてまいりました。


ヤナギ 桃ショート


左側が、桃のショートケーキです。

甘みの無い生クリームの上に大きな桃2切れとフランボワーズが乗り、存在感のあるスポンジの間に優しい甘さのカスタードクリームと桃が挟まっています。

桃の果実も瑞々しくって美味しかったのですが、こちらのケーキは何といってもスポンジの美味しさが際立っていてビックリしました。

もちろん桃と相性の良い、あっさり目のカスタードも美味しく頂きました( ̄▽+ ̄*)


右側が、ピュイ・ド・フランボワーズです。

マンゴーのムースの中に、フランボワーズのジュレ、その下に薄く生クリームが敷いてあり、更に底の部分はフランボワーズ風味のガナッシュ入りタルトになっています。

こちらのケーキは、上から下までフォークを真っ直ぐに入れて、全てのパーツを一度に味わうと、より一層美味しさが増して感じられました。


ヤナギ 杏


タルト・シシリエンヌです。

ピスタチオのムースの中に、アプリコットのジュレ、下には生クリームが薄く敷いてあり、底にはチョコレートクリーム入りのタルト…と、何となくピュイ・ド・フランボワーズと同じ構造になっていますが、こちらはチョコレートクリームの中にアプリコットのロースト!が入っており、杏の風味を濃厚に味わえるようになっています。


ヤナギ モアチエ


タルト・モワチエは、白桃とブルーベリーを使ったタルトです。

タルト台がまるでパイ生地みたいにサクサクで、焼きが深くて香ばしく、ちょっとだけほろ苦いのが何とも言えず美味しいです。

白桃もブルーベリーも鮮度の良い果実を使用しているのが分かります。

果実の下に敷かれたカスタードクリームも、フルーツとの相性が良くて◎です\(^_^)/


ヤナギ ジュピター

左側が、アルモニー・セ・エフです。

柔らかいムースとチョコレート生地が層になっています。

とても食べ易いのだけれど、ムースが緩るめですぐに溶けて来てしまうので、冷蔵庫から出した直後に食べた方が良いな~と思いました。


右側が、ジュピターです。

チョコレートムースと紅茶のクレームブリュレを組合せた、こちらのお店のスペシャリテです。

紅茶の香りが強いかと思いきや、意外と控え目に感じました。

チョコレートの香りと口溶けは最高です。

外見はとても濃厚そうに見えながら、食べてみると重さを全く感じさせないのは、さすがだと思いました。


こちらのお店は、店員さんがとても感じ良く接客して下さるので、良い気分でお店を後にする事が出来ます。

美味しいケーキを供するのも、パティシエの重要な仕事ではあるでしょうが、客商売である事をきちんと意識出来ていないお店に遭遇すると、とても悲しい気分になります。

その点、こちらのお店は販売員に対する接客の教育が行き届いているようで、とても好感が持てます。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

そろそろ伺っても大丈夫かな~?

と、思い付いて行ってみました。


フレンチパウンドハウス 外観


お菓子の食べ歩きを初めて良かった事は、普段の生活に全く関係なくて、もしかしたら一生降りないはずだった駅に降り立ち、しかもお店までの道のりと周辺の景色を、何となく覚えてしまう事、ですね。

そんな訳で、今日の目的地である大和郷のフレンチパウンドハウスへも、巣鴨の駅から以前行った時の記憶を頼りに迷う事なく辿り着く事が出来ましたv(^-^)v


以前は苺ショート、そして今回はメロンショート目当てで訪問しました。

(本当は桃のショートケーキも作って欲しいのです!)


フレンチパウンドハウス メロン


メロンショートは、思っていたよりコンパクトなサイズでした。

が、上に載っているメロンは思いがけず果汁が多めで、生クリームもスポンジも美味しくって、なんだか嬉しくなりました。

ただ、クリームの中に入っていたメロンは、もう少し一片を大きくした方が良いのでは?と思います。

そして、こちらのメロンショートも充分美味しいとは思うのですが、やっぱりア・ポアンのメロンショートの衝撃が強すぎて、比べてしまうと、うう~ん、どうしてもア・ポアンに軍配が上がってしまうのです。


その他に、フルーツを使用したムース・オランジュとリュミエールを購入しました。


フレンチパウンドハウス オレンジ


ムース・オランジュは、フワフワの食感が軽~いオレンジムースの中に、少しだけ生クリームが入っています。

軽いのであっという間に完食してしまいましたが、夏らしく爽やかな風味を楽しむ事が出来ました。


フレンチパウンドハウス ロール

リュミエールは、フランボワーズとチョコレートの組合せのロールケーキです。

チョコレート・クリームの色が少しミルクっぽく見えたので、もしかしたらお子ちゃま仕様の味なのかと思ったのですが、充分大人向けの、深みのある味わいだったので美味しく頂けました。


事故の件は不幸だったと思うけど、なんだかんだ言って近所にもし、こんな使い勝手の良いパティスリーがあったら、やっぱり通っちゃいますよね(o^-')b

これからも美味しいケーキを作り続けて欲しいものです流れ星

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。