メモリアルデー

テーマ:

アメリカは今日はメモリアルデーで休日だったので、友達を招いて

バーベキューをしました。

カバーブとホットドッグにちょっとした野菜ををグリルしました。


      



午前中は曇ってたんだけど、昼過ぎから晴れて、気温も湿度も

ちょうどよかったので、外で過ごすには快適でした。



AD

うわっ!懐かし~!!

テーマ:

最近(と言ってもいつからかわからないけど)、アメリカで


『風雲!たけし城』

がテレビで放送されてます。


めちゃくちゃ懐かしいです。日本で放送されてたとき、私はまだ小学校の低学年だったはず。


うちの旦那もかなり気に入っちゃって毎回録画して見ています。


英語訳されてるんだけど、実際には全然違うこを言ってます。かなり下品。

まあ、きっとアメリカ人にはそれがウケるんだと思うけど。


AD

食べたいの?

テーマ:

うちには猫(小姫)もいますが、実はハムスター(ムーちゃん)もいるんです。


  


小姫はムーちゃんの行動にはかなり敏感で、夜中には真っ暗な部屋で目をギラギラさせてムーちゃんのことを狙っています。


天敵と同居させるなんてムーちゃんに悪いな~と思いつつ、ムーちゃんを狙ってる小姫の姿がおもしろいので、見て楽しんでるんだけど...


ムーちゃんはチャイニーズドワーフという種類で、体が長めです。


買って家に持って帰ってからまじまじと見てると、ありゃ?なんじゃこりゃあああ!


ムーちゃんのおなかの下の方が赤く膨れてて痛そ~。回し車で走ってるときも車に当たって痛そ~。


なんかひきずってるってかんじだし...ってことで、買ったペットショップにもう一度連れて行って、店員さんに、


「この子のおなかの下の方が赤く腫れてて痛そうだんだけど...」



というと、店員さんはムーちゃんを手にとってから、


「男の子だから当たり前」



と一言。


はい。ムーちゃんのタマはでかいんです。体のサイズに合ってな~い!!



AD

せっかく旦那が日本に来てるんだし、ヒマな時間を作っちゃもったいないと思って、毎日ギュウギュウに予定を入れた。


まあ、その甲斐あって旦那は日本に飽きることもなく、毎日楽しく過ごせたと思う。


たぶん。


  

秋吉台にも行きました。


せっかくきれいなカルスト台地を見せてあげたかったんだけど、山焼きが終わった直後だったので一面悲しくなるような色でした。


秋芳洞の方はかなり迫力があったので、旦那も大満足だったようなので連れて行った甲斐がありました。


そして絶対見せておきたいと思った場所

                        

広島平和記念公園


 


外国人の方がたくさんいて、皆さん一生懸命説明書きを読んでいらっしゃいました。


私の旦那も黙って読んでいました。


そして、


「今こうしてアメリカ人の僕が日本人の妻と手をつないでここを歩いている。時代は変わったんだね」



と言って、旦那はぎゅうっと私の手を握りしめました。



3週間の日本旅行で旦那はたくさんのことを学んだはず。


言葉の壁はあったものの、私の家族や親戚、友達たちとも打ち解け、一緒に楽しい時間を過ごすことができました。


まだまだ日本初心者の旦那だけど、私の家族に会いに、そしてもっともっと日本の歴史や文化を学びに、またいつか一緒に日本に行けたらいいな。(できれば近いうちに


                                                           

日本食も満喫

旦那は日本にいる間、いろいろな日本食にもチャレンジしました。


焼肉、すきやき、しゃぶしゃぶ、お寿司、お刺身、おそば、などなどその他にもたくさん。


東京で焼肉を食べに行った時にはレバ刺しもトライしてたけど、好きじゃなかったみたいだけど、頑張って飲み込んだ。


が、ホルモンは口に入れた瞬間に吐き出してしまった。


かなり嫌な感じだったらしい。


くるくる寿司に連れて行ったときのこと。旦那が取ったのは、


・パイナップル

・ロールケーキ

・ホタテ



...でした。お子様ランチって感じでした。


叔母が一度おそばを作ってくれて、それを旦那がかなり気に入ったらしく、アメリカに帰ってきてからも、あれが食べたいというので似たようなものを作ってあげた。


基本的に日本食はヘルシーでおいしいから好きらしい。


しかもお箸を使って食べるものを作ると喜ぶ。




ふるさと

東京での楽しい8日間を過ごし、いざ私のふるさと(山口)へ...


 

       瑠璃光寺(山口市) 


         錦帯橋(岩国市)


東京では旦那に大都会を見せたかったけれど、地元ではこういった歴史的建造物を見せてあげたかった。


東京とは一変して、ここは静かで穏やか~。


旦那もずいぶん熱心に写真を撮ってました。



母、新婚の弟と奥さん、そして私たち夫婦で広島の温泉にも行きました。


Yahoo! Japan の、『一度は泊まりたい名旅館』で紹介されていた、広島の宮島対岸にある石亭という旅館に泊まりました。


温泉初心者の旦那、ここで私と母を困らせました。


食事の前にみんなで一風呂浴びようってことになった。


さ、行こう行こうってときに旦那が


「貴重品はどうすんの?」


と聞いてきたから、


「貴重品袋に入れてフロントに預ける」


と言うと、


「冗談じゃない!」


と言われた。


「嫌だったらクローゼットに入れておけば?」



と言うと、それも嫌だと言う。


「どうやったらそう簡単に人を信用できるんだ?」


と、かなり不思議がられたけど、日本はアメリカに比べればまだ多少は人に対する信用性は高いと思う。


どうしても貴重品を手放したくないと言って引かない旦那。


大丈夫だって!と、納得させようと必死の私。(半ギレでした)


私たち夫婦の言い合いを初めて目の当たりにして苦笑いの母。


そして、


「じゃあ頭に財布乗せてあご紐くくって温泉入れば?」


と、母が提案。


笑えた。


でも結局なんとか旦那を納得させることができ、無事旦那も初温泉を体験しました。


見ず知らずの人と一緒に裸でお風呂...ってことで、うちの旦那はかなりびびってたけど、弟と一緒に楽しい時間を過ごしたみたいです。


会話はなかったみたいだけど。


結局その後も2回温泉に入り、最後には一人で入れるようになったと自慢してました。




次の日はフェリーで宮島に渡りました。天候にも恵まれ、みんなでとても楽しい時間を過ごしました。


  



                                                          つづく


東京7泊8日

ヒューストンから無事成田空港に着きました。日本は春休みが始まったばかりだったので、空港はかなり混雑していました。


東京のすごく便利な場所に友達が住んでいて、


「ぜひうちに泊まって!!」


と、言うのでお言葉に甘えて7泊もしました。


アメリカの一軒屋で生活している私たち夫婦には、それはそれは窮屈でしたよ、東京のアパートは。


時差ぼけと旅の疲れと通訳と部屋の狭さで頭がおかしくなるかと思ったけど、連日旦那と東京観光を楽しみました。


    



もちろん浅草は行っておかないと。浅草は私も初めてだったんだけど、あまりの外国人の多さにびっくり。


旦那はおみくじを引いてだったので、その後何日間かは落ち込んでました。


浅草から水上バスでお台場へ...



   

お台場に着いたのはもう日が落ちるギリギリだったので、観覧車に乗って東京の夜景を堪能。



    

渋谷駅前のスクランブル交差点も旦那に経験して欲しかったので、連れて行きました。


旦那はこの人の多さにかなり圧倒されて 「うわ~うわ~」と言いながら必死にビデオ撮ったり写真撮ったりで大忙しでした。


               


 

日本のラーメン(特にとんこつラーメン)を旦那に味あわせてあげたかったので、原宿にあるじゃんがらラーメンに行きました。


2、30分くらい並びましたが、おいしかったので旦那を連れて来た甲斐がありました。


でも旦那、スープを先にほどんど飲んじゃってて、後に麺だけがごっそり残ってた。



「ラーメンってのはもっと、ズルズルーっとうまそうに食べるんだよ!」って教えてあげたんだけど、



「そんなことしたら汁が散って服が汚れる!」らしい。


...変な食べ方。(でも外人さんは麺類ってズルズルーっと吸えないって聞いたことがある)



東京には兄もいるし、アメリカで出会った友達や高校時代の友達もいるので、一緒に食事をしたり、ショッピングをしたりで、毎日大忙しだったのであっという間の8日間でした。


 

                                                            つづく


今日のランチはこれ!

テーマ:

           


朝から野菜たっぷりのミートボールを作り、ランチにミートボール入りのトマトソース

パスタと、家で育ててるバジルを入れてブルスケッタを作った。


昨日からほとんど何も食べてなくって、おなかペコペコだったのでランチだったけど、

かなりしっかり食べました。


で、おなかもいっぱいになったところでキッチンの掃除をしてスッキリ!

タッチ交代

テーマ:

今までのスキン、デザインがすっごく気に入ってたんだけど、

字が小さくて読みづらい。


うちのお母さん、きっと老眼鏡かけても読めないはず...


ってなわけで、スキン替えました。

出発

結婚2年目にして初めて旦那を日本に連れて行きました。


どうしても満開の桜を見せたかったので、連れて行くなら絶対!ということで、結婚1年目の春にも旦那を連れて帰国を予定してたんだけど、なんだかんだで実現せず、結局今年になってしまった。(日本の私の家族も待ちくたびれてた)


帰国の日程を決めるときには、前もって桜の開花予想を入念にチェックして、それに合わせて予定を組んだ。(前にも書いたけど、今年は予期せぬほどの遅咲きだった)


旦那を連れての初めての帰国だったし、私の家族に旦那を会わせるのも初めてだったし、とにかく2年くらいこの旅行の計画を温め続けてきた私にとってはもうめちゃくちゃ楽しみだった。


が...


出発の日は朝から大変だった~。


予約しておいたはずのタクシーが来ない!


待っても待っても来ない!!


あせってイライラしてる私に旦那が一言


「あせったってタクシーが今すぐ来るわけじゃない」


そりゃそうだけどさ~、私、2年間もこの日を待ってたんだよおおおおおお!飛行機に乗り遅れて帰国出来ませんでした、ちゃんちゃん♪ってことにはなりたくない!


とりあえず待って、待って、待って、やーっとタクシー来てくれた!!


空港には出発の2時間前までに行ってくださいって旅行会社の人に言われてたのに


...着いたら出発の30分前


それでも間に合ったからよかった~と、安心してた矢先、


あれ?私、炊飯器の電源切ったっけ? いや、ほんとに切った覚えがないんだけど。


ってことで、乗り換え先のヒューストンでうちの家の鍵を預けた友人に電話して、わざわざ確かめに家まで行ってもらった。(結局電源は切れてたらしい)


...ご苦労様でした。



                                                つづく