2010-03-23 00:30:48

貧困国への援助再考

テーマ:アジ研アジアを見る眼
nika.jpg貧困国への援助再考―ニカラグア草の根援助からの教訓 (アジアを見る眼 111)

日本貿易振興機構アジア経済研究所 2009-11
売り上げランキング : 428916

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


珍しいニカラグア本だが、大使もの。なぜにアジ研新書かというと、この大使はアジ研の人でニカラグア大使は出向の様だ。現在はジェトロのバンコク研究センター長なのだそうだが、アジ研ジェトロで大使枠でも持っているのだろうか。それにしても、「アジア」に拘らない「アジアを見る眼」も最近は1年半に1冊がペースみたいだな。他所みたいにゴミ新書を定期的に出す必要はないのだけど、これはこれでお役所仕事の弊害とでもいうか。中身は新潮新書並みの薄さではあるのだが、どうせ誰も知らないのなら、巨額ODAより草の根の方が良しという中国方式は各国で応用されている様だ。草の根だから土建屋コンサルが入っている訳ではないのだろうが、結構応募があるということはそれなりに浸透しているのか、青年隊やシニボラが金ヅルになっているのか。ここは台湾が援助合戦で大枚切っているみたいだけど、サンディニスタ政権復活で、再び中国に寝返るのかな。まあ一般国民にとっては台湾も中国も日本も「チーノ」で変わらんのだろうが、さすがに大使ともなれば「チーノ」呼ばわりされることもなく、セニョール扱いみたいだね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-09-26 01:30:04

社会主義後のウズベキスタン

テーマ:アジ研アジアを見る眼
社会主義後のウズベキスタン―変わる国と揺れる人々の心 (アジアを見る眼 110)社会主義後のウズベキスタン―変わる国と揺れる人々の心 (アジアを見る眼 110)
ティムール・ダダバエフ

アジア経済研究所 2008-07
売り上げランキング : 150733

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このアジ研の新書「アジアを見る眼」はジェトロに合併されて以降、消滅したとばかり思ってたのだが、生き残っていたのか。これで通算110タイトルめらしいのだが、約2年ぶりの刊行みたい。さすがに独立行政法人仕事らしく、まるで新書ブームに逆行する形だが、過去に良書もあるので、何とか続けていってほしいものだ。そういえばジェトロも新書やってたけど、最近みないな。「アジアを見る眼」とかいってガーナ本を出すくらいなら、ジェトロ新書を吸収合併して、もっとイキなタイトルで再出発したらどうだろうか。で、そんなアジ研には珍しく、非日本人の自国出身者が著者。訳者のクレジットがないけど、日本語原文なのか。著者は20代で東大助教授に就任した人らしいが、年齢的にモスクワ送りではなく、独立エリートとして養成された様だ(ウィキによると20で大学卒業)。ウズベキ本も中山恭子以来だから貴重なのだが、歴史とか地理とか、かったるいものは省いて、当のウズベク人の生活というところに的を絞っているので、ありがたい。中でもウズベキスタン人が抱くロシアへの愛憎といったところが大変興味深い。独立時に15歳ということはソ連時代も知る「戦前の教育」を受けた最後の世代といって良いかと思うが、この地域は地政学的にも、その複雑な民族構成的にも、単純に「教科書に墨を塗る」という訳にはいかなかった様だ。現在でもロシアに対するイメージが悪くなっていないのも、ソ連教育を受けた世代が当分は磐石であるからなのだが、特にソ連崩壊後の混乱期を知る者にとっては、ソ連という時代は「三丁目の夕陽」でもある様だ。とはいえ、著者より下の世代の「独立っ子」にはそんな意識はないそうで、5歳くらいの年齢差で「世代の断絶」があるらしい。もっとも、アプレたちによって、グルジアみたいな状況が生まれることはなさそうだ。グルジアにおける西洋型民主主義の影響はウズベキスタンにおいては、イスラームや「アジア」がストッパーになっている感じ。カリモフが政権を維持できたことについての説明もなるほど。著者は別に独立エリートとしてカリモフを擁護している訳ではないのだが、たしかに「欧米型」見地で単純に独裁者と決め付ける訳にはいかんだろう。最後に日本に対する好感度が韓国の後塵を喫していることに苦言を呈しているのだが、ウズベキスタン人の好感度はロシア、韓国に次いで3位というのは微妙なところだ。人間ごと浸透している両国に比べれば、まあ健闘していると言っていいんじゃないかな。
★★★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-05 14:02:07

イエメンものづくし

テーマ:アジ研アジアを見る眼
イエメンものづくし
著者: 佐藤 寛
タイトル: イエメンものづくし―モノを通してみる文化と社会
この本はイイね。アジ研の調査員らしいけど、ものから見たイエメン社会素描。イエメンの「不良少女」なども登場してハラハラと同時にどこか安心してしまった。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-28 20:58:59

アジアの人口

テーマ:アジ研アジアを見る眼
2005-04-27 02:36:08

ガーナ

テーマ:アジ研アジアを見る眼
著者: 高根 務
タイトル: ガーナ―混乱と希望の国
薄い新書なのに結構な値段がついている本。民営化でアジ研も採算性が必要になったのかな。でもこれはわりと秀作。まあ、1155円の価値があるかどうかは 分からないけど。ガーナでは名前が誕生日によって決まっている。というのは初めて知った。アナン国連事務総長が何曜日に生まれたか、分かっちゃったよ。
☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。