1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2011-02-27 00:17:02

高校留学アドバイス

テーマ:岩波ジュニア新書
高校留学アドバイス (岩波ジュニア新書)高校留学アドバイス (岩波ジュニア新書)
伊藤 史子

岩波書店 2010-12-18
売り上げランキング : 425924

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


密かなオトナファンも多い岩波ジュニア新書で、久々に対象を明記したもの。YFU体験者の著者が優しくアドバイスするのだが、著者の経験は20年以上も昔のことか。まあ現地の事情は大して変わらんだろうけど、こちら側は結構変化があるかもしれん。語学力はアップしたという説とダウンしたという説がああるけど、20年前は中学はもちろん、高校にも外人の英語講師なんてあまりおらんかったから、いい意味での外人慣れは今の子達の方がしているだろう。もっとも、外国に行きたがらない草食系が多いというのも今の現象だそうだが、著者が経験したような反日気運も大分鳴りを潜めているんじゃないかな。もっともアメリカの片田舎に留学するかぎり、ジャパン・クールの影響なんかも無縁だろうけど。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-17 15:36:59

国際協力ってなんだろう

テーマ:岩波ジュニア新書
国際協力ってなんだろう――現場に生きる開発経済学 (岩波ジュニア新書)国際協力ってなんだろう――現場に生きる開発経済学 (岩波ジュニア新書)
高橋 和志 山形 辰史

岩波書店 2010-11-20
売り上げランキング : 18282

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


岩波ジュニアの用語辞典みたいなもの。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-12-14 01:21:19

光が照らす未来

テーマ:岩波ジュニア新書
光が照らす未来――照明デザインの仕事 (岩波ジュニア新書)光が照らす未来――照明デザインの仕事 (岩波ジュニア新書)
石井 幹子

岩波書店 2010-10-21
売り上げランキング : 87434

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


戦中の話が興味深い。
この年代の女性にしてはえらく現代的。
小野洋子とか草間弥生ほどぶっ飛んでいる訳ではないが。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-12-14 01:04:51

ショパン

テーマ:岩波ジュニア新書
ショパン――花束の中に隠された大砲 (岩波ジュニア新書)ショパン――花束の中に隠された大砲 (岩波ジュニア新書)
崔 善愛

岩波書店 2010-09-18
売り上げランキング : 21224

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この著者の本は前にも読んだのだが、指紋押捺拒否の音楽学生である自分や戦後に留学生として来日した父親をショパンに準えるというのが異様な感じがした。岩波はそうは思わなかった様で、ジュニア新書のショパン評伝を頼んだみたいだが、フランス人の父親の下にポーランドに生まれたショパンがポーランドの愛国者となったのに対し、日本で韓国人(在日ではなく留学生)の父親の下に生まれ育った著者は韓国の愛国者かも知らんが、日本は憎悪の対象だからショパンとは全く逆ではないか。父親が日本統治時代に生まれ朝鮮戦争で苦労したのは確かだとしても、1950年代になって来日した父親はショパンの様に故国を失った訳ではないどころか、独立した故国を捨て「侵略者」の下に亡命していて、名前を韓国読みしなかったとNHKを訴える宣教師ではフランスに帰化したショパンとは全く逆ではないか。ポーランド人がショパンを愛している証左として、ショパンがショパニスキーという名前だったら良いのにと言っているとしているのだが、韓国語など知らない日本人に韓国読みで名前を呼ぶことを強要するお父さんとはえらい違いではないか。大体、ポーランドが歴史上、一方的に蹂躙され続けた国だと考えること自体が間違っているのだが、それは一度も他国を侵略したことがない国とか言っておきながら、対馬征伐だの九州征伐だのを誇ったり、ベトナムに対しては健忘症になっている著者の祖国に準えているのかな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-09-08 02:22:21

戦争の時代の子どもたち

テーマ:岩波ジュニア新書
戦争の時代の子どもたち――瀬田国民学校五年智組の学級日誌より (岩波ジュニア新書)戦争の時代の子どもたち――瀬田国民学校五年智組の学級日誌より (岩波ジュニア新書)
吉村 文成

岩波書店 2010-07-22
売り上げランキング : 276777

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


しかし、毎年毎年、あきずにやるな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-09-03 02:11:04

シルクロード 歴史と今がわかる事典

テーマ:岩波ジュニア新書
シルクロード 歴史と今がわかる事典 (岩波ジュニア新書)シルクロード 歴史と今がわかる事典 (岩波ジュニア新書)
大村 次郷

岩波書店 2010-07-30
売り上げランキング : 153086

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


岩波ジュニアだけど、これを事典などと称してよいのかなあ。著者は写真家の人で、NHKの「シルクロード」にも参加したらしいけど、ムービーじゃなくてスチールの方かな。 普通とは逆にイスタンブールからのスタートだが、これはやはり事典ではなく旅行エッセイだろう。カラー版と銘打ってはいないが、カラー写真も何点かある。ただ、これでシルクロードの歴史と今がわかるとしたら、ジュニアをなめ過ぎであろう。まあ長澤和俊の「シルクロードを知る事典」を使えというのは酷だが、これでは代用品にもならない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-07-20 00:37:17

世界史読書案内

テーマ:岩波ジュニア新書
世界史読書案内 (岩波ジュニア新書)世界史読書案内 (岩波ジュニア新書)
津野田 興一

岩波書店 2010-05-21
売り上げランキング : 46471

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 
中公新書の圧勝か。文春は無視されていて笑える。
ジャガイモはパクリでも岩波だから同列併記。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-07-12 01:40:37

旅に出よう

テーマ:岩波ジュニア新書
旅に出よう――世界にはいろんな生き方があふれてる (岩波ジュニア新書)旅に出よう――世界にはいろんな生き方があふれてる (岩波ジュニア新書)
近藤 雄生

岩波書店 2010-04-21
売り上げランキング : 18371

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


岩波ジュニアに持ち込み企画でデビューって。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-06-23 01:51:34

歩いて見た太平洋戦争の島々

テーマ:岩波ジュニア新書
歩いて見た太平洋戦争の島々 (岩波ジュニア新書)歩いて見た太平洋戦争の島々 (岩波ジュニア新書)
吉田 裕

岩波書店 2010-04-21
売り上げランキング : 74187

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


岩波ジュニア。著者はカメラの人らしいが、戦跡ものを撮っていて、「若い世代に語り継ぐ戦争の記憶」というプロジェクトを主宰しているらしい。監修の吉田裕は岩波文化人。ということで、日本軍の惨劇や米軍の非道などそっちのけで、「アジア」への謝罪と反省を求めるものかと思ったのだが、最初が硫黄島なので、そういう感じでもなかった。もちろん、随所に朝鮮人軍属とか従軍慰安婦は記述されるのだが、まずは入り口から押さえるということで、日本が如何に広い海域で戦っていたかということが分かる仕組みにはなっている。その上で、戦場になった島の人々が決して「反日」ではないことも分かるのだが、誰が誰と何処で戦った戦争かということはハッキリさせておかないとジュニアの皆さんも混乱するだろう。その上で、サブストーリーを組み合わせていけばよいのだが、まずはじめに結論ありきで洗脳したところで、この情報過多の時代ではいずれは反動がきて、結果的にマイナスになってしまうんではないかな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-29 01:11:43

探検と冒険の物語

テーマ:岩波ジュニア新書
探険と冒険の物語――世界をどう変えたのか (岩波ジュニア新書) (岩波ジュニア新書 650)探険と冒険の物語――世界をどう変えたのか (岩波ジュニア新書) (岩波ジュニア新書 650)

岩波書店 2010-03-31
売り上げランキング : 101566

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


岩波ジュニアだけど、これは便利なオムニバス。ダーウィンにウォレス、クックにコロンブス、フンボルト、マゼランにスコット、アムンゼンにナンセンとオールスター探検物語が勢ぞろい。それぞれの物語も結構密度が濃く、よく新書の分量に収められたという感じ。孫に向けて書いたとのことだが、岩波ジュニアの良書はどれもオトナの鑑賞に堪えるもの。岩波だけど特に「発見された側」からの異議申し立てや、「高貴な野蛮人」扱いもなく、著者が少年の頃に読んで夢膨らませた冒険物語の記憶がベースになっているのだろう。上智の探検部創設者らしいけど、探検部も最近は「自己責任」の影響かフロンティアの消失からか。あまり活発でなさそう。これを読んだ青少年が関野吉晴とか石川直樹みたいな冒険芸者を目指すとしたら、それはそれで困ったものなのだが。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。