1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013-04-07 22:28:56

死刑と正義

テーマ:講談社現代新書
死刑と正義 (講談社現代新書)死刑と正義 (講談社現代新書)
森 炎

講談社 2012-11-16
売り上げランキング : 315178

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


廃止論でもなく、存置論でもないのか。
★★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-31 14:02:15

「科学技術大国」中国の真実

テーマ:講談社現代新書
「科学技術大国」中国の真実 (講談社現代新書)「科学技術大国」中国の真実 (講談社現代新書)
伊佐 進一

講談社 2010-10-16
売り上げランキング : 79399

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


著者は科技庁出身の文科官僚。中国へは科技、知財担当として大使館に派遣された様だが、その中国当局との攻防戦の真実を明かす。なんて話ではなく、現役官僚の手前もありごく一般的な話だった。まずは自身のマラソン大会の経験から中国はとても科学技術大国には見えないが実際はどうなのという素朴な疑問から入り、でも宇宙へ有人飛行を達成し、中枢は理系が占め、米国での博士号取得は清華がトップ、スパコンも世界一達成となると、東大宇宙工学科卒で、ジョンズホプキンスで中国経済修士の政府官僚となると気になるところではるだろう。実際におそらく米国留学中だと思うが、かなり日本という国に対してあせりがあったらしく、中国勤務ではその真実を確かめてやろうという意気込みだったらしい。結局、技術力は日本がリードしているという常識に落ち着くのだが、それも時限的なものだろうし、著者のあせりが解消された訳でもない様だ。
★★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-09-28 00:45:18

世界の野菜を旅する

テーマ:講談社現代新書
世界の野菜を旅する (講談社現代新書)世界の野菜を旅する (講談社現代新書)
玉村 豊男

講談社 2010-06-17
売り上げランキング : 24161

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


野菜ソムリエかよ。
★★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-08-15 02:42:11

(中東)の考え方

テーマ:講談社現代新書
<中東>の考え方 (講談社現代新書)<中東>の考え方 (講談社現代新書)
酒井 啓子

講談社 2010-05-19
売り上げランキング : 34689

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


祝酒井啓子さん復活ということで、岩波以外の新書は初めてかな。男酒井とも言われた大野元裕が今ではまさかの国会議員であるし、酒井さんもブレイク時に中島岳志の如く芸域を広げておけば、今頃、カツマーと対抗できていたかもしれん。相変わらず私生活のことについては全く触れることがないので、改宗しているかどうかも分からんのだが、当時23年会っていなかったというイラン人のダンナとは結局どうなったのであろうか。<中東>という概念のおかしさは指摘の通りなのだが、著者がイランからイラクに専門を移せたのも、<中東>のおかげとも言える。「極東」研究家が中国から日本へ専門を変えるということはあまりないかもしれんが、ペルシャとアラブの差異は日本と中国の差異近いものがあるか。さすがにアフガニスタンにはてを出していないが、イランがいけるならアフガンもいけるだろう。著者がまたブレイクするとしたら、イラク情勢が再び混迷を極める時だろうが、今度はイランで再登板があるかも。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-07-30 01:19:59

なぜフランスでは子どもが増えるのか

テーマ:講談社現代新書
なぜフランスでは子どもが増えるのか -フランス女性のライフスタイル (講談社現代新書)なぜフランスでは子どもが増えるのか -フランス女性のライフスタイル (講談社現代新書)
中島 さおり

講談社 2010-05-19
売り上げランキング : 82537

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このテーマは何人か候補者がいたんだろうが、エッセイストクラブ賞を獲った「パリの女は産んでいる」の人か。「マドンナ」議員はすっかり影が薄くなって、子ども手当てだの中国人生活保護大量申請のお騒がせニュースが出てきたものだから「少子化」問題もそこまでして対策するものなのかなという雰囲気が出てきた今日この頃、中国みたいな化け物人口の国と張り合う経済成長はもう結構という声も主流になってきた。問題は将来、年金を誰が支えるのかというところになってくるのだろうが、生活保護の方が支給額が上で、その原資はあるというなら、年金はもう廃止してもいいよ。どうもこの国家主導の産めよ増やせよにも違和感があるのだが、著者によれば、フランスの多産化傾向は婚外子が多いからでも、共働きが普通だからでも、移民が多いからでもないらしい。前の本でもそれが結論みたいになっていたのだが、フランスは恋愛がベタであるからというのが認められる理由らしい。現妻の日本人女性にとっては「草食系」など由々しきことなのだろうが、60代でも週一回ペースとか、アラフォーは無論、50代になっても女性は恋愛に余念がないとしても、それが多産化にどれだけ貢献しているのかという気がしないでもない。著者の仏人ダンナは60代だそうで、図らずしも自らの性生活を暴露してしまった形になっているのだが、ダンナはまだ若い子にナンパされるのだという。ホンマかいな。日本人は若くみえるから著者とは父娘ぐらいに見られているのかもしれんね。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-07-12 01:39:11

予習という病

テーマ:講談社現代新書
予習という病 (講談社現代新書)予習という病 (講談社現代新書)
高木 幹夫 日能研

講談社 2009-11-19
売り上げランキング : 86578

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


塾の広告か。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-07-12 01:36:26

中国経済の正体

テーマ:講談社現代新書
中国経済の正体 (講談社現代新書)中国経済の正体 (講談社現代新書)
門倉 貴史

講談社 2010-04-16
売り上げランキング : 54646

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一時よりはペースが落ちたが、ほとんど工業製品の如く、新書を濫発する著者。講談社新書は初めてじゃなかったかもしれんが、新書の「格」が違う岩波と中公以外はあらかた制覇したんじゃないかな。どれもとにかく新書のツボを押さえているから普通のサラリーマンなら通勤時間内で十分読める内容となっているのだが、巻末の参考文献リストのショボさとは裏腹に入門書としてはわりとまとまっている感じがした。チベットの売春ビジネスが隆盛しているなんて話はどこから仕入れたのかしれんが、一見マジメそうで、こういう下半身経済の分析も著者が得意としているところ。まあチベットも中国の「西部開拓」のフロンティアみたいなものだから、一攫千金を狙う内地の男たちが殺到している以上、「従軍慰安婦」ビジネスも花盛りな訳だ。その相場は気になるところだが、低地の人間が高知でセックスすると思った以上に息切れする。腹上死もかなり多いと見えるがそんなデータがある訳ないか。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-06-23 02:03:17

大学論

テーマ:講談社現代新書
大学論──いかに教え、いかに学ぶか (講談社現代新書)大学論──いかに教え、いかに学ぶか (講談社現代新書)
大塚 英志

講談社 2010-03-18
売り上げランキング : 8945

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大学論ていうか、てめえの大学報告。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-06-01 01:16:16

異常とは何か

テーマ:講談社現代新書
異常とは何か (講談社現代新書)異常とは何か (講談社現代新書)

講談社 2010-04-16
売り上げランキング : 42261

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


話があっちゃこっちゃなのが異常。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-05-29 01:16:02

ガラパゴス化する日本

テーマ:講談社現代新書
ガラパゴス化する日本 (講談社現代新書)ガラパゴス化する日本 (講談社現代新書)

講談社 2010-02-18
売り上げランキング : 3418

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この殺伐とした世界で、草食でこその魅力もあるのだけど。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。