1 | 2 次ページ >> ▼ /
2010-12-24 13:06:20

こんなに違う!世界の国語教科書

テーマ:メディアファクトリー新書
こんなに違う!世界の国語教科書 (メディアファクトリー新書)こんなに違う!世界の国語教科書 (メディアファクトリー新書)
二宮 皓

メディアファクトリー 2010-06-29
売り上げランキング : 28164

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


メディアファクトリーも新書進出か。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-12-24 13:03:25

知っておきたいアメリカ意外史

テーマ:集英社新書
知っておきたいアメリカ意外史 (集英社新書)知っておきたいアメリカ意外史 (集英社新書)
杉田 米行

集英社 2010-08-17
売り上げランキング : 114104

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


別にアメリカ史を熟知している訳ではないのだが、何が意外史なのかよく分からんかった。ただ、最近も突如「ティー・パーティー」なるものが復活したりしているので、アメリカ史のおさらいとしてなぞってみるのは良いかもしれない。散々言い尽くされたことだが、オバマ大統領の誕生はアメリカという国の理念に合致したものなのか、或いは反したものなのかと言うと、アメリカ史を紐解く限り、後者の意味合いの方が強い様に思える。現代のティー・パーティーが果たしてそうした効果をも狙っているのかどうか分からんのだが、アメリカの歴史というものが重層的で、「国民の歴史」というものが未だにコンセンサスを得てなくて、あるのは「国民の記憶」であるということは感じる。日本の「国民の歴史」がもはや各自のルーツが分からなくなってしまった時期に創成されたことを思えば、アメリカの「国民の歴史」など今から2000年後くらいに作っても十分なのだが、それでも国民国家の体裁として何がしかの国民の歴史は保持しなくてはならない。となると各々の歴史と国民の歴史に矛盾が生じるのは当然なのだが、とりあえず尊重していたイギリス系植民者の歴史もこうなってくると、その永続性を保証されるものではなくなろう。
★★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-12-19 23:24:14

ホームレス博士

テーマ:光文社新書
ホームレス博士 派遣村・ブラック企業化する大学院 (光文社新書)ホームレス博士 派遣村・ブラック企業化する大学院 (光文社新書)
水月 昭道

光文社 2010-09-17
売り上げランキング : 9569

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


たしかに鈴木の言うとおり、こうなることは最初から分かっていたんでは。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-12-18 23:01:46

マルチリンガルの外国語学習法

テーマ:扶桑社新書
マルチリンガルの外国語学習法  (扶桑社新書)マルチリンガルの外国語学習法 (扶桑社新書)
石井 啓一郎

扶桑社 2010-03-30
売り上げランキング : 66010

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


どこに学習法が。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-12-18 23:00:24

消費税25%で世界一幸せな国デンマークの暮らし

テーマ:角川SSC新書
消費税25%で世界一幸せな国デンマークの暮らし  角川SSC新書 (角川SSC新書)消費税25%で世界一幸せな国デンマークの暮らし 角川SSC新書 (角川SSC新書)
ケンジ・ステファン・スズキ

角川SSコミュニケーションズ 2010-11-10
売り上げランキング : 17606

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これまで極左系版元から長ったるいタイトルで数冊出してきたこの著者もいよいよ新書進出か。タイトルの長さで釣って、デンマークはこんだけスゴイ、日本は見習えというスタイルは全く同じで、デンマーク教宣教師である自分の利害に沿ったもの。世界一幸せなのに自殺したり、離婚したり、極右政党が躍進したりというのは、おそらく日本人と幸せの回路が違うからではないかと思う。つまりは有名校に合格することや、会社を定年まで勤め上げること、夫婦の仲が冷え切っても離婚せずに家庭を崩壊させないことに幸せを感じる人々が日本では少なからずいるのではなかろうか。それが日本のムラ社会だと言われればそれまでなのだが、医療費を全部無料にするから、消賞税は25%で街医者をかかりつけにしろというのはおそらく反対が多数を占めるのではなかろうか。老人の社交場としての病院はなくなり、自分が希望する治療法も選べないとなれば、いくら無料でも考えもの。学士号をとるとその学士組合に入って同一賃金というのも何か全体主義っぽい匂いがするのだが、文学部とか国際なんちゃら学部とかを卒業した人たちの組合は何の業種が賃金水準になるのか。日本で消費税を25%にしたら、確実に経済が破綻してしまうと思うが、その補填をしようにも原資が取りっぱぐれではどうにもならんだろう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-12-18 22:59:12

おそるべし韓国企業

テーマ:扶桑社新書
おそるべし韓国企業 日本がサムスンに勝てない理由 (扶桑社新書)おそるべし韓国企業 日本がサムスンに勝てない理由 (扶桑社新書)
野口 透

扶桑社 2010-12-01
売り上げランキング : 8094

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


サムソンにしても現代にしても、あまり日本では見かけないから、日本メーカーが韓国メーカーの後塵を排していると言われても、実感が沸き難いのだが、そもそもサムソンと日本ってそんなゼロサムゲームの関係にあるのか。新興市場では強いが、買い替えユーザーが主な成熟市場ではどうなのかという疑問もある。インドだのブラジルだのといいた大規模新興市場もやがて成熟市場に移行する訳だが、アフリカまで新興市場が一巡すると、ハイエンドの日本とローエンドの中国の挟み撃ちにあってしまうのではないかという気がする。そもそも国内市場で利益が出せる日本と海外市場でしか利益が出せない韓国では企業の指針は違ったものであろう。政府の戦略的政策があるのだろうが、サムソン、LG、現代といった数社に集約されているというのも競争力の観点からいって、脱落せずにいつまで続くのかという問題になる。ドバイでの原子力発電所受注でも、国家が損失を負う覚悟で落札したのだろうし、ブラジルの高速鉄道建設は利益が出ないことがハッキリしたため、韓国以外は引き下がってしまい、ブラジルが逆に慌てているといった事情もある。ケンチャナヨで、とりあえず始めてしまうのは韓国企業の利点なのかもしれんが、長期的ビジョンに立たないと、為替の変動ひとつで大出血してしまう可能性がある。まさか北に協力してもらって戦争危機でウォンを引き下げれるなんてことまではしないかと思うが、大統領選などでそうした手を使ったことがあった。別に三橋貴明みたいに韓国経済崩壊論をとるつもりはないのだが、サムソン一社が大幅な利益を計上したところで、どれだけの韓国国民に恩恵を施しているかというとあまり景気の良い話は伝わってこない。日本メーカーがサムソンと価格競争できる体力はあると思うが、それをしないというのはそれにより失うリスクというものを考慮してのことであろう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-12-18 22:57:21

発見!ヨーロッパが驚く「本当は感情豊かな日本」

テーマ:講談社+α新書
発見! ヨーロッパが驚く「本当は感情豊かな日本」 (講談社プラスアルファ新書)発見! ヨーロッパが驚く「本当は感情豊かな日本」 (講談社プラスアルファ新書)
デュラン れい子

講談社 2010-10-21
売り上げランキング : 136445

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


+@新書でもう第4弾になるのか。要は海外在住日本人が日本称揚本を書けば売れるということなんだから、新書界も一斉に右に倣えすれば良いのだが、思いのほか、それほど多くない様な気もする。まあ「国家の品格」もその系譜というか嚆矢ではあるのだが、友人のイタリア人が、知人のフランス人がといった検証不可能な発言を根拠にした言説ばかりだと、+@新書とか、ベスト新書のキワモノ系でないと難しいか。+@新書は米国編も「日本人のマネをしている」の2冊めが出たけど、英国在住に書かせたヤツは英国礼賛日本批判一辺倒だったから、さすがに続編は出ていない。結局、見下されていると思っていた国が実は日本を高く評価しているというパターンが宜しいのだろうが、それこそ、中国とか韓国の出番ではないのかな。実際に中韓でも日本を評価している人は多いから、その路線で書けないこともないのだが、なぜか、現地から日本を見るという視点のものがなくて、一方的に日本人は中国人、韓国人を理解しなくてはならないといった高飛車のものばかりなのはなぜだろう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-12-14 01:21:19

光が照らす未来

テーマ:岩波ジュニア新書
光が照らす未来――照明デザインの仕事 (岩波ジュニア新書)光が照らす未来――照明デザインの仕事 (岩波ジュニア新書)
石井 幹子

岩波書店 2010-10-21
売り上げランキング : 87434

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


戦中の話が興味深い。
この年代の女性にしてはえらく現代的。
小野洋子とか草間弥生ほどぶっ飛んでいる訳ではないが。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-12-14 01:19:51

地図が読めないアラブ人、道を聞けない日本人

テーマ:小学館101新書
地図が読めないアラブ人、道を聞けない日本人 (小学館101新書)地図が読めないアラブ人、道を聞けない日本人 (小学館101新書)
アルモーメン・アブドーラ

小学館 2010-10-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


著者は在日15年のエジプト人で、NHKのアラビア語講座の講師をしていたこともあるらしい。現在は大学講師の傍ら、サウジアラビア大使館の文化部スーパーバイザーとのことだが、湾岸諸国は大使館も外国人頼みか。ということで、アラブ人ということが第一にされているのだが、エピソードは大体エジプトのもの。本人のアイデンティティもアラブ人、イスラム教徒、エジプト人の順だそうで、これはナセル主義というやつだろうか。アラブ人とエジプト人のどっちが日本で通りが良いかというと後者の様な気もするのだが.文化的にもエジプトはアラブ随一の大国であっても、経済的には産油国の後塵を排しているのに加え、NHKでアラビア語を教えていたとなれば、日本ではアラブを代表する顔なのだろうから、エジプト人性というものにはそれほど執着はしていない様だ。在日エジプト人ものはお仲間であろう師岡カリーマ・エルサムニーさんのがあるけど、エジプトのローカル性が濃かったので、新書ということもあり、もっと一般化した啓蒙書にしたかったのか。もっとも当たり前だがアラブの多様性は認めていて、その段階を日本人が理解するのはアラブ人というものをもっと知ってもらってからということなのかもしれない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-12-14 01:18:27

アメリカと宗教

テーマ:中公新書
アメリカと宗教―保守化と政治化のゆくえ (中公新書)アメリカと宗教―保守化と政治化のゆくえ (中公新書)
堀内 一史

中央公論新社 2010-10
売り上げランキング : 20352

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


著者がこのテーマで執筆依頼を受けたのが2007年4月だったらしい。つまり順当にいけばブッシュ政権の総括として宗教右派の問題を浮かび上がらせることができたのだろうが、例によって雑事で多忙を極める大学教授にあっては宗教色が薄れたオバマ政権中期までずれこんでしまった耀だ。ただ、大学の講義ノートに基づいているとのことで、状況の変化には対処してきたと見える。麗澤大学一筋の著者だが、このモラロジー研究所っていうのも宗教だよね。で、宗教右派というのが当時のキーワードであって、その線は変わらないものの、宗教左派という勢力にも着目している。保守派=キリスト教右派、リベラル=キリスト教左派という構図は必ずしも当てはまらないのだが、保守もリベラルも多数派はプロテスタントである以上、宗教右派があるなら宗教左派があって然るべきであろう。イスラエルを支持するか否か、イラク戦争を支持するか否かといったところで、両者の違いが顕著なのだそうだが、この辺はユダヤ教徒も一枚岩ではない。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。