1 | 2 次ページ >> ▼ /
2010-06-23 02:03:17

大学論

テーマ:講談社現代新書
大学論──いかに教え、いかに学ぶか (講談社現代新書)大学論──いかに教え、いかに学ぶか (講談社現代新書)
大塚 英志

講談社 2010-03-18
売り上げランキング : 8945

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大学論ていうか、てめえの大学報告。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-06-23 02:00:12

日本語は亡びない

テーマ:ちくま新書
日本語は亡びない (ちくま新書)日本語は亡びない (ちくま新書)
金谷 武洋

筑摩書房 2010-03-10
売り上げランキング : 61780

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


亡びたら失業だもんね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-06-23 01:58:38

活字たんけん隊

テーマ:岩波新書
活字たんけん隊――めざせ、面白本の大海 (岩波新書)活字たんけん隊――めざせ、面白本の大海 (岩波新書)
椎名 誠

岩波書店 2010-01-21
売り上げランキング : 56526

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


古い連載ものみたい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-06-23 01:57:05

ハングルの誕生

テーマ:平凡社新書
ハングルの誕生 音から文字を創る (平凡社新書 523)ハングルの誕生 音から文字を創る (平凡社新書 523)
野間 秀樹

平凡社 2010-05-15
売り上げランキング : 4053

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ハングルについての新書や朝鮮語の文法書が日本ではこれまでなかったとは知らなかったが、たしかに文春新書の「蓮池流」とか辛淑玉流とかとは違った本格的なハングル解説書。正音が文字通りハングルとして整備されるのが、民族の言語が奪われたはずの「日帝強占時代」というのも逆説的だが、この時代に制定された「ハングル綴字法統一案」のおかげで、「解放後」に南北に分かれた国の文字が統一を保っているのだという。小中華を自認してきた朝鮮が訓民生音をハングルに昇華させるには外発的要因が必要だったのであろう。例のチアチア族のハングル採用の話も出てくるが、民族文字として高揚させたハングルが今度は内発的要因によって外部へ広がりをみせるというのは興味深い。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-06-23 01:55:47

中国共産党を作った13人

テーマ:新潮新書
中国共産党を作った13人 (新潮新書)中国共産党を作った13人 (新潮新書)
譚 〓美

新潮社 2010-04
売り上げランキング : 69402

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


革命家の家系である華人作家の著者は天安門事件以降、中共政権には完全に背を向けた様で、中共による中国革命史からは除外されている自身の大叔父にまつわる話などをノンフィクションにしているのだが、同じく中共史からはないがしろにされている李書城や李漢俊の孫といった人たちの知己を得て、中国共産党史から「消された」創設メンバーの掘り起こしに挑戦。その多くが日本留学経験組だったということで、著者は中共による意図的な隠蔽工作があったのではないかと疑っているのだが、というか凡庸な一地方代表に過ぎなかった毛沢東の功績を最大限にする為に、他の実力者の影響力というものを削り取ってしまったのではないかと思われる。その際たるものが、実質的な中心であった陳独秀なのでが、彼の場合、大陸でもだいぶ復権が進んでいるらしい。ただ、何十年も顔写真が別人と取り違えされていたとは驚き。もはや歴史用語に過ぎなくなったトロツキストの陳独秀に対して、陳公博や周佛海といった人たちは汪兆銘政権に参画した「漢奸」である訳だから、その罪は共産党政権が続く限り、修正されることはないかと思うが、蒋介石が客観的評価の対象となった様に、今後は歴史上の人物としては真っ当に扱われる可能性もあろう。祖先の名誉回復に執念を燃やすのは中国人として当然なのかもしれないが、そうした感情を日本と共有できる様になった時に両国にとって新しい時代が始まるのかと思う。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-06-23 01:54:41

アパートホテルで巡る欧州

テーマ:中公新書ラクレ
アパートホテルで巡る欧州 (中公新書ラクレ)アパートホテルで巡る欧州 (中公新書ラクレ)
山内 英子

中央公論新社 2010-03-10
売り上げランキング : 25714

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


滞在型旅の人には常識なんだろうが、この方面はあまりガイドブックがないのかな。実際には1日から可能なところもあるんだけど、最低1週間となると普通の旅行人には使い勝手が悪いか。日本ではこの手のものはツカサのウィークリーマンションとかしか思いつかないけど、韓国人や台湾人が勝手にワンルームマンションの一室を貸しているのはよくあるね。この本で紹介しているのはそういう「曖昧宿」ではなく、レジデンシャルとかペンションとか呼ばれる実質的なホテルだから、別に新書のテーマになるほどのことはないと思うけど、日本人客は清潔にし、トラブルを起こさないからどこでも好まれるというのはどうかな。それなのに一般より高めの日本人料金がえるというのだから、別の理由で上客なのではないかな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-06-23 01:53:01

南アフリカの衝撃

テーマ:日経プレミアシリーズ
南アフリカの衝撃(日経プレミアシリーズ)南アフリカの衝撃(日経プレミアシリーズ)

日本経済新聞出版社 2009-12-09
売り上げランキング : 6329

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これはワールドカップ関連本というより、便乗本だが、著者はジェトロの人。10年前にもアジ研双書で同じタイトルの本を出しているのが気にかかるが、当然の如く経済中心。南ア一国で完結しないのは、この地域の経済が統合しているとか一体化しているといった事情によるものだが、実質的には南アの経済的プレゼンスが圧倒的で、経済規模が小さい周辺国は必然的に南ア経済に依存しなくてはならないということになるのだが、世界の経済成長センターだった東アジアの様な産業構造でない以上、南アの成長モデルが周辺国に波及するにも限界がある。ただ、ハンドルの関係ではなかろうが、日本で販売されるベンツの多くが南ア製で、その輸入率はイタリア車を上回るのだという。現在の生産コストはタイ以上となると、アジアからの投資は鉱業に偏らずをえないが、ここでも中国の影は甚大である。最後に中国を持ってきているのは日本での関心事がそこに集中しているということなのだろうが、大学に設置した「孔子廟」とは「孔子学院」のことではなかろうか。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-06-23 01:51:34

歩いて見た太平洋戦争の島々

テーマ:岩波ジュニア新書
歩いて見た太平洋戦争の島々 (岩波ジュニア新書)歩いて見た太平洋戦争の島々 (岩波ジュニア新書)
吉田 裕

岩波書店 2010-04-21
売り上げランキング : 74187

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


岩波ジュニア。著者はカメラの人らしいが、戦跡ものを撮っていて、「若い世代に語り継ぐ戦争の記憶」というプロジェクトを主宰しているらしい。監修の吉田裕は岩波文化人。ということで、日本軍の惨劇や米軍の非道などそっちのけで、「アジア」への謝罪と反省を求めるものかと思ったのだが、最初が硫黄島なので、そういう感じでもなかった。もちろん、随所に朝鮮人軍属とか従軍慰安婦は記述されるのだが、まずは入り口から押さえるということで、日本が如何に広い海域で戦っていたかということが分かる仕組みにはなっている。その上で、戦場になった島の人々が決して「反日」ではないことも分かるのだが、誰が誰と何処で戦った戦争かということはハッキリさせておかないとジュニアの皆さんも混乱するだろう。その上で、サブストーリーを組み合わせていけばよいのだが、まずはじめに結論ありきで洗脳したところで、この情報過多の時代ではいずれは反動がきて、結果的にマイナスになってしまうんではないかな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-06-23 01:50:36

玄奘三蔵、シルクロードを行く

テーマ:岩波新書
玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)玄奘三蔵、シルクロードを行く (岩波新書)

岩波書店 2010-04-21
売り上げランキング : 12279

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


岩波新書の旧版「玄奘三蔵」は58年前の青版か。今年、喜寿の著者は旧版が出たときにはフランス映画に夢中で手に取ることはなかったという。日本で玄奘三蔵がメジャーになるのは「西遊記」が放送されて以降だろうけど、当然、夏目雅子みたいな女ではなく、孫悟空と旅をした人でもないので、旧版当時は純粋に仏教の偉人として認知されていたのだろう。かくいう私も三蔵法師は水戸黄門みたいな人だと思い込んでいた時期が長かったのだが、玄奘三蔵とバーミヤンがこうして繋がると、水戸黄門とラーメンも繋がってしまう。中華なのにバーミヤンとはこれ如何にと常日頃思っていたのだが、まさかそこまでの連想ネーミングではあるまい。それにしても中国とシリアで同じ男根切除話があるとはシルクロードも恐るべし。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-06-09 01:47:52

敗北という収穫

テーマ:中公新書ラクレ
敗北という収穫 (中公新書ラクレ)敗北という収穫 (中公新書ラクレ)

中央公論新社 2010-05
売り上げランキング : 18518

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


低俗だ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。