1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2010-01-30 23:36:55

ビジネスマンの精神科

テーマ:講談社現代新書
ビジネスマンの精神科 (講談社現代新書)ビジネスマンの精神科 (講談社現代新書)

講談社 2009-10-16
売り上げランキング : 51110

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


うつ病ものは定番だね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-28 01:47:43

勇気ってなんだろう

テーマ:岩波ジュニア新書
勇気ってなんだろう (岩波ジュニア新書)勇気ってなんだろう (岩波ジュニア新書)

岩波書店 2009-11-21
売り上げランキング : 467

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


蓮兄や高遠さんを英雄化ねえ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-28 01:46:15

都市伝説の正体

テーマ:祥伝社新書
都市伝説の正体-こんな話を聞いたことはありませんか? (祥伝社新書159)都市伝説の正体-こんな話を聞いたことはありませんか? (祥伝社新書159)

祥伝社 2009-04-21
売り上げランキング : 24934

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


正直、あんま聞いた事がないのばっかなんだけど。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-28 01:44:05

ドキュメント高校中退

テーマ:ちくま新書
ドキュメント高校中退―いま、貧困がうまれる場所 (ちくま新書 809)ドキュメント高校中退―いま、貧困がうまれる場所 (ちくま新書 809)

筑摩書房 2009-10
売り上げランキング : 7908

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


凄まじいな。
別に話のウラはとっていないだろうが。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-28 01:42:46

マルコムX

テーマ:岩波新書
マルコムX (岩波新書)マルコムX (岩波新書)

岩波書店 2009-12-18
売り上げランキング : 16871

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


オバマ本のネタが尽きたからという訳ではないんだろうが、岩波新書がマルコムXというのも唐突な気がする。自らの体内に流れる白人の血も黒人の血も呪われる対象ではないという意味では、オバマの様な存在はマルコムXの時代には考えられなかった事というのはその通りなのだが、今、マルコムXが生きていたら、今、マーチン・ルーサー・キングが生きていたらオバマ大統領の誕生をどう捉えたかというのは誰しも思うところであろう。それがアメリカという国の進歩を表したと言えばそれまでなのだが、オバマが大統領になって、マルコムXとキング牧師は暗殺されたという両極性を単に時代の違いで片付けてしまってよいのだろうか。オバマも就任前は暗殺の可能性が囁かれたりしたのだが、それが杞憂に終わった(まだ分からないが)のも時代が変わったからではなく、オバマに流れているのが奴隷の血でも、強姦した白人の血でもない「純血」であったからであろう。オバマがイスラム教に救いを求める必要がなかったのも正にその点においてだが、マルコムXが最終的に命を落としたのはイスラムの普遍性の追求だとすれば、先日の航空機テロの犯人がナイジェリア人だったことはイスラムの普遍性とアメリカという普遍性の深刻な矛盾が憂慮されるものである。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-28 01:41:23

社会主義と個人

テーマ:集英社新書
社会主義と個人—ユーゴとポーランドから (集英社新書)社会主義と個人—ユーゴとポーランドから (集英社新書)

集英社 2009-11
売り上げランキング : 173124

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


社会主義時代のユーゴスラビア、ポーランド滞在記なのだが、例のベルリンの壁崩壊10周年とはあまり関係無さそう。というのもユーゴはチトー全盛期、ポーランドも連帯が政権を担う時期で、鉄のカーテンの向こう側の閉ざされた世界といった趣ではない。西側との差異は物質的事情ぐらいなものなのだが、そうなると社会主義政権の意味はということを突き詰めて考えさせられることとなる。もっとも初出が93年頃のものを使用とのことで、こと東欧に関しては既に決着がついた問題を振り返ってみようというものなのかもしれない。社会主義イデオロギーの特徴はインテリによるインテリ批判というものなのだろうが、腐ってもヨーロッパの東欧ではヨーロッパ教養主義の伝統が親西欧と結びつき、「アジア的」専制支配に抵抗するといった構図であろう。もっともスターリンをそのアイコンとする「アジア的野蛮」はチトーもワレサも内包していたもので、ワレサ自伝に感動した著者がポーランド人から、あれはワレサが書いたものではないと指摘され狼狽する様は面白い。まあワレザに限らず、クリントンも安倍晋三も世の政治家のほとんどの著書が自分で書いている訳ではないことは常識なのだが、そうしたポピュリズム政治家がインテリにとって侮蔑の対象であることの所以ではある。政治家がウソを演じている社会である限り、社会主義のポチョムキン村を我々は笑えないのだが、ユーゴとポーランドという国民の意識が西側に傾いていた世界で、壁崩壊後に台頭したのが民族主義であったというのは考えさせられるものがある。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-26 01:20:20

ハーフはなぜ才能を発揮するのか

テーマ:PHP新書
ハーフはなぜ才能を発揮するのか (PHP新書)ハーフはなぜ才能を発揮するのか (PHP新書)

PHP研究所 2009-10-16
売り上げランキング : 198017

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ハーフの人も結構視野が狭いね。
アフリカ系、有色人種系は取材対象外か。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-26 01:19:24

米謀略放送「ポストマン・コール」

テーマ:幻冬舎ルネッサンス新書
対米謀略放送「ポストマン・コール」 (幻冬舎ルネッサンス新書)対米謀略放送「ポストマン・コール」 (幻冬舎ルネッサンス新書)

幻冬舎ルネッサンス 2009-12-20
売り上げランキング : 284987

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


遂に自費出版までが新書進出か。近代文芸社も細々と続けている様だが、準大手の幻冬舎が進出となると影響力は大きい。新書なら読み捨てで買って行く人もいるだろうし、書く側も新書の方がイメージが良さそう。単行本だと無用に200頁くらいに膨らませるところだろうが、これは130頁ちょと。ただ一定の基準はある様で、新書を希望しても、箸にも棒にも系とか、画像多数系には引き続き単行本にまわされるのかもしれない。航空会社が格安航空を設立するのと同じで、この方が収益も見込まれそうだが、自費に特化し内容は無関係の文芸社などは追随しないだろう。ということで、この本の限って言えば、幻冬舎新書本体でもいけそうな感じなのだが、話が20年以上も前の取材ものとなると、幾ら著者がNHK出身とはいえ、厳しいものがあるか。たしかに東京ローズの「ゼロ・アワー」などは「華」がったから、記録の蓄積があるのだけど、この「ポストマン・コール」についてはよく知らなかった。その放送に当たっていた元捕虜の証言を中心とした取材裏話みたいなものだが、20年後の現在、登場人物の多くはもう亡くなっているだろう。普通はその辺のことについて触れる筈なのに主人公のドッジ氏を含め現況に関しては言及がない。15年前に書き始めたという原稿をそのまま活用しただけなのだろうか。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-22 00:38:40

霊と金

テーマ:新潮新書
霊と金―スピリチュアル・ビジネスの構造 (新潮新書)霊と金―スピリチュアル・ビジネスの構造 (新潮新書)

新潮社 2009-05
売り上げランキング : 56276

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「闇の子供たち」はアグネスだけでなく、統一協会が絡んでるんじゃないのか。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-01-20 00:12:48

地球温暖化の最前線

テーマ:岩波ジュニア新書
地球温暖化の最前線 (岩波ジュニア新書)地球温暖化の最前線 (岩波ジュニア新書)

岩波書店 2009-11-21
売り上げランキング : 85084

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


偽善エコ論者にお天気姉さん反撃。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。