1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2009-03-30 23:05:54

余命半年

テーマ:ソフトバンク新書
余命半年 満ち足りた人生の終わり方 (ソフトバンク新書 96) (ソフトバンク新書)余命半年 満ち足りた人生の終わり方 (ソフトバンク新書 96) (ソフトバンク新書)
大津 秀一

ソフトバンククリエイティブ 2009-02-17
売り上げランキング : 69717

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


結構若い人が書いてたんだな。
★★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-03-30 10:15:30

ワーキングプア死亡宣告

テーマ:晋遊舎ブラック新書
ワーキングプア死亡宣告 (晋遊舎ブラック新書 13) (晋遊社ブラック新書)ワーキングプア死亡宣告 (晋遊舎ブラック新書 13) (晋遊社ブラック新書)
巨椋 修

晋遊舎 2008-11-22
売り上げランキング : 335255

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


自分語りだけでよかった。慣れない文化論はいらん。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-03-30 10:14:10

親子という病

テーマ:講談社現代新書
親子という病 (講談社現代新書)親子という病 (講談社現代新書)
香山 リカ

講談社 2008-09-19
売り上げランキング : 86468

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


親子つうか母子。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-03-28 22:37:00

秘訣は官民一体 ひと皿200円の町おこし

テーマ:小学館101新書
秘訣は官民一体 ひと皿200円の町おこし (小学館101新書 19)秘訣は官民一体 ひと皿200円の町おこし (小学館101新書 19)
五十嵐 幸子

小学館 2009-02-03
売り上げランキング : 112721

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


自画自賛か。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-03-27 11:54:39

民主党

テーマ:新潮新書
民主党―野望と野合のメカニズム (新潮新書)民主党―野望と野合のメカニズム (新潮新書)
伊藤 惇夫

新潮社 2008-11
売り上げランキング : 192750

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


いわば回顧録みたいなものだけど、この人の書くものは分かりやすい。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-03-27 11:53:27

死んだ金魚をトイレに流すな

テーマ:集英社新書
死んだ金魚をトイレに流すな―「いのちの体験」の共有 (集英社新書)死んだ金魚をトイレに流すな―「いのちの体験」の共有 (集英社新書)
近藤 卓

集英社 2009-02
売り上げランキング : 85732

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


どうもこういうのは苦手。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-03-27 11:51:42

イギリス型<豊かさ>の真実

テーマ:講談社現代新書
イギリス型<豊かさ>の真実 (講談社現代新書)イギリス型<豊かさ>の真実 (講談社現代新書)
林 信吾

講談社 2009-01-16
売り上げランキング : 25587

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


林信吾の本なので、どうせまたイギリス礼賛、日本罵倒といったものかなと思ったら、そのパターンは前半だけであった。今回は医療と年金の問題に的を絞っているのだが、イギリスの無料医療制度を単純に賛美するだけでは異論が出ることを見越してか、中盤にはイギリス医療の問題点をかなり厳しく批判。ところがこれはどうもアリバイの様で、それでも、日本では年とったら医療費が大きくのしかかる、イギリスでは医療費がタダだ。だからイギリスの方が良いだろという結論になっている。とはいえ、日本にイギリス式の医療制度を導入したところで、日本の老人が安心して医療を受けられるというものでもなかろう。日本の老人の病院通いは一種の仕事みたいなもので、病気になったから医者にかかるというものとはまた違う。社会との接点として通院を続けている人も多いだろう。一体、イギリスの医療制度の下では、我が国の老人の何割が「病人」として認められるのだろうか。全く病気のない人間はそもそも存在しないので、医療は制度の問題というより、哲学的問題になってくるのかもしれない。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-03-23 15:30:02

ご近所富士山の「謎」

テーマ:講談社+α新書
ご近所富士山の「謎」 富士塚御利益散策ガイド (講談社プラスアルファ新書)ご近所富士山の「謎」 富士塚御利益散策ガイド (講談社プラスアルファ新書)
有坂 蓉子

講談社 2008-12-19
売り上げランキング : 49003

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


知らん世界だが、全く興味が沸かなかった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-03-22 11:38:32

思考停止社会

テーマ:講談社現代新書
思考停止社会~「遵守」に蝕まれる日本 (講談社現代新書)思考停止社会~「遵守」に蝕まれる日本 (講談社現代新書)
郷原 信郎

講談社 2009-02-19
売り上げランキング : 2082

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この人こそ大衆は幼稚だと考えてんじゃないかなあ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-03-22 11:36:15

オバマ大統領

テーマ:文春新書
オバマ大統領―ブラック・ケネディになれるのか (文春新書)オバマ大統領―ブラック・ケネディになれるのか (文春新書)
村田 晃嗣

文藝春秋 2009-01
売り上げランキング : 64700

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


オバマ新書は幻冬舎に先を越された文春だが、村田晃嗣と渡辺靖というアメリカ学のスター教授を押さえたか。その豪華ツートップも、対談では白けてしまう。早くからこの二人の地位を窺う位置につけているホープ渡辺将人に書き下ろしを用意させていた幻冬の圧勝といった観はある。ようやくオバマ本も図書館に廻りだしたので、順次読んでいくこととするが、予定通りの粗製乱造で、幻冬舎新書を越えるのは出ているとは思えない。意外だったのは村田と渡辺はこれが初対面だったことで(一度、パーティーの席ですれ違ったことはあるらしい)、関東と関西の学閥だと最初から住んでいる世界が別なのかな。渡辺が村田とは嗜好が違うので近寄らなかったのかもしれないけど。そんな東西両エースの二人だが、当然対立することもなく、かつ意見を摺り合わせる訳でもない至って普通の対談。オバマが子どもの頃、日本に来て鎌倉大仏を見たなんて話は初耳だったけど。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。