1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2008-07-31 22:18:56

流行り唄五十年

テーマ:朝日新書
流行り唄五十年 唖蝉坊は歌う 小沢昭一 解説・唄 (朝日新書 105)流行り唄五十年 唖蝉坊は歌う 小沢昭一 解説・唄 (朝日新書 105)
添田 知道

朝日新聞出版 2008-04-11
売り上げランキング : 40481

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


つうか、昭和三十年の本だと。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-07-31 22:17:08

バカ親って言うな!

テーマ:角川ONEテーマ21
バカ親って言うな!  モンスターペアレントの謎 (角川oneテーマ21 C 145)バカ親って言うな! モンスターペアレントの謎 (角川oneテーマ21 C 145)
尾木 直樹

角川グループパブリッシング 2008-04-10
売り上げランキング : 57177

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


特殊事例を一般化するバカ「教育評論家」と言おう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-07-31 22:15:51

「若者論」を疑え!

テーマ:宝島社新書
若者論を疑え! (宝島社新書 265) (宝島社新書 (265))若者論を疑え! (宝島社新書 265) (宝島社新書 (265))
後藤和智

宝島社 2008-04-09
売り上げランキング : 3107

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これは真っ当だろう。
★★★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-07-31 22:14:19

チベット問題

テーマ:光文社新書
チベット問題 (光文社新書 357)チベット問題 (光文社新書 357)
山際素男

光文社 2008-06-17
売り上げランキング : 59790

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


例の「騒乱」があって、聖火リレーの「騒動」まで発展したから、五輪までは需要が続くと思って、各社、慌てて企画したみたいだけど、どんなに急いでも、新書だと3ヶ月はかかるのか。新書はぺマに山際という極だが、「現代思想」も孫歌、丸川哲史という極で対抗しているらしい。中共の忠犬としては最強の大西広先生も参戦したみたいだが、これは愉しませてもらおう。しかし、同じ京大でも大西みたいなネタ教員ではなく、信者が多い大澤真幸が今日の夕刊で孫歌擁護(ただし、中国は擁護しないとのこと)をしていたが、どうなることやら。ということで、フリーチベット陣営の大ベテランといえば1929年生まれの山際素男なのだが、光文社新書は、まずこのお方を担ぎ出すのが筋だろう。程なく丸川の反論本も出すのかもしらんが、こちらの新書はかなり急いだ痕が窺える乱暴なつくり。もうすぐ80の坂を越える御老人にダラムサラまで飛んでくれというのも、さすがに無理があったのだろうが、メインのダライラマ謁見記と、チベタン・キャンプ紀行は何時のヤツよ。1926年生まれの人が今年66歳とか言っているから、90年代初頭なんだろうが、亡命者証言も88騒乱の頃の話か。あの当時は外人がダラムサラに行けば、逃げたてホヤホヤの「難民」が待ち構えていて、「オルグ」されたものだが、レストランで中国語でオルグされてると、香港人が入ってきて、気まずい雰囲気になったことを思い出した。ラサも殺伐としていて、中国人観光客は、ほとんど見かけない時代だから、香港人と同行していた私は、嫌な思いをしたことも多々。山際さんは、亡命政府側では、サンゲさんを専属通訳につけたVIPで、本土側には入った形跡はない様だ。その運動の趣旨には賛同しても、十数年前の記録や、日本代表部事務所の「チベット通信」をそのまま垂れ流して頁を埋めているのはいただけない。「これでひとまず筆をおくことにしよう」とか、さも「チベット」に行って、人と会ってきたばかりの様な言い草はないでしょうに。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-07-31 01:02:04

雪村いづみ物語

テーマ:平凡社新書
雪村いづみ物語 (平凡社新書 (417))雪村いづみ物語 (平凡社新書 (417))
大下 英治

平凡社 2008-04
売り上げランキング : 314392

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こんなの出るから、死んでたのかと思った。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-07-31 01:00:31

アフリカに見捨てられる日本

テーマ:創成社新書
アフリカに見捨てられる日本 (創成社新書 25)アフリカに見捨てられる日本 (創成社新書 25)
石田 洋子

創成社 2008-06-10
売り上げランキング : 41901

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


セオリー通りの軽薄路線に傾くこともなく、地道にわが道を行く創成社新書だが、「国際情勢シリーズ」について、「国際協力シリーズ」を新設したのか。初っ端は記念便乗ということでアフリカだが、ラインアップはもう出ている。相変わらず、マイナー系著者ばかりなのだが、山田肖子はアフリカではなく、教育関係での起用か。こちらのアフリカ本はTICAD市民フォーラム副代表というお方だが、TICADはアフリカ開発会議でしょ。「半官半市民」で、「民間」の声を反映してますということにする団体みたい。ということで、「市民の声」というより、シンクタンクが作った政策提言の様なもので、タイトルにも表れている様に、援助しなければ、「日本は孤立する」といったもの。まあアフリカは昔から欧州のナワバリである訳だが、その「援助疲れ」のツケが廻ってきたということなのだが、かといって、「新植民地主義」にアフリカを侵食されると、自分らの立場が危うくなるから、カネを出すがクチは出さない日本に頑張ってもらおうという筋合いの話。キリスト教の記念年に債務を免除しない日本は野蛮だとか言ってたボノが、揉み手構えで日本に媚を売ってきたのには苦笑してしまったが、こうなると、例の安保理ショックも中国だけの工作ではなかったのではないかという疑いも出てくるというものだ。アフリカの資源がナンボのものか分からんが、幾ら援助しようと、今後、アフリカが日本を「見捨てない」状況が出てくるとはとても思えない。欧州が手を出せない暴れん坊ジンバブエを、怒って帰国してた結果、謝罪させたのは厚相時代の小泉だが、アフリカもただATMを望んでいる訳ではないだろう。債務帳消し問題も含めて、結果的に自立を拒む援助を誰が望んでいるのかということは考えなくてはならない。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-07-31 00:57:40

なぜアメリカ大統領は戦争をしたがるのか?

テーマ:アスキー新書
なぜアメリカ大統領は戦争をしたがるのか? (アスキー新書 66)なぜアメリカ大統領は戦争をしたがるのか? (アスキー新書 66)
越智 道雄

アスキー・メディアワークス 2008-05
売り上げランキング : 175225

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これもアスキーが用意したタイトルっぽい。バカの一つ覚えみたいな疑問系タイトルの新書に面白いものなどあったためしがないのだが、天下の越智先生を以ってもそれを例外とする訳にはいかなかった。当然の如く、タイトルとは関係なく話が進み、新書は鮮度が命ということで、大統領選の解説。選挙が終われば、ブックオフの100円行きになるのだろうが、類似本がヤマと出てる中、マイナーのアスキー新書ではそこでお目にかかれることもないのかもしれない。例の選挙人制度の解説などもあるのだが、やはりよく分からんものだ。アメリカ人も大多数はよく分からんまま投票しているのだろうし、著者も完全に理解している様でもない。あとは、越智十八番のアメリカ階層社会論なのだが、紙幅の関係もあるのだろう、宣伝も兼ねて、自著のタイトルをあげて、読んでみてくれとのこと。それにしても越智道雄も、もう名誉教授のトシか。宝島で書いていた頃は、既存のアメリカ学の向こうを張った新手の「アメリカン・ウォッチャー」というイメージがあったのだが、いつの間にか時代が追いついてしまって、アメリカ格差論がトレンドになってしまった。岩波新書とか文春新書で起用しても良いかと思うのだが、「ニクスン」を評価してる様だと、左右双方から煙たがれるのかな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-07-31 00:53:23

言われた仕事はやるな!

テーマ:朝日新書
言われた仕事はやるな! (朝日新書 109)言われた仕事はやるな! (朝日新書 109)
石黒 不二代

朝日新聞出版 2008-05-13
売り上げランキング : 59050

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


新書恒例の糞タイトル本だが、タイトルと中身は、ほとんど関係がない。ネットイヤーグループというのが、どんだけのもんなのか知らんが、そこのCEOという人の「私の成功物語」。日本の女子差別で就職することができず(でもなぜかブラザーに勤めていたらしい)、子どもの保育園のことで役所に相談したら、住所のある区だけではなく、勤務先の区でも入園できますと言われてキレた(これがよく分からんのだが、勤務先ってことは子どもを満員電車で通わせることと理解したらしい)。もうこんな国で、子どもを育てることはできない。ならばアメリカがある。とMBA留学。アメリカは保育環境は充実して、父親が育児を手伝うのは当たり前(著者は既に夫と別居生活だった様だが)、女性差別も人種差別もない、アメリカは夢の国、VIVA USA!みたいなツマラン話だった。スタンフォードとかシリコンバレーの教育環境が整っているのは、その背景を考えれば至極当然の話であって、これを守ってアメリカを代表させられるのは無理があるのだが、差別をバネして自己実現を達成したという「私の物語」がある以上、そんなものは関係ない。まあ雇用均等法以前の女子はそんなもんだったかもしれないが、名大の経済でも女子は210人中10人しかいなかったのか。しかし、この人が何を勉強して、何を生業として起業したのか、さっぱり分からんかった。虚業起業家の常なんだろうが、自己啓発みたいな話ばっかりで、こんなもん読んで参考になんかなるんだろうか。ネットイヤーグループというのがナンボのもんか知らんが、現在CEOとかいうその会社も自分で起業したもんではない様だし、だいたい、ウェブを中核としたマーケティングとは具体的にどんな仕事なんかいな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-07-27 01:01:37

父親ー100の生き方

テーマ:中公新書
父親-100の生き方 (中公新書 1952)父親-100の生き方 (中公新書 1952)
深谷 昌志

中央公論新社 2008-06
売り上げランキング : 24620

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「おやじの背中」100冊収集か。まとめは陳腐だが。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-07-24 22:11:08

漱石

テーマ:岩波新書
漱石母に愛されなかった子 (岩波新書 新赤版 1129)漱石母に愛されなかった子 (岩波新書 新赤版 1129)
三浦 雅士

岩波書店 2008-04
売り上げランキング : 6866

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


三浦雅士懐かしいな。正統的な文芸批評か。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。