1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2007-08-31 23:41:18

児童虐待

テーマ:岩波新書


川崎 二三彦
児童虐待―現場からの提言 (岩波新書)

そろそろこの辺も押さえておくか。
★★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-31 23:31:18

政党が操る選挙報道

テーマ:集英社新書



鈴木 哲夫
政党が操る選挙報道

この前は民主党が勝ったということは?
浮動票などない公明党候補者にイメージ戦略もクソもねえだろう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-30 23:56:11

現代の貧困

テーマ:ちくま新書



岩田 正美
現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書 (659))

その通りなんだろうけど、なんか引っ掛かるな。
★★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-29 22:46:46

邦画の昭和史

テーマ:新潮新書
2007-08-29 22:43:55

中国は敵か味方か 

テーマ:角川ONEテーマ21



莫 邦富
中国は敵か、味方か―21世紀最大の市場と日系企業 (角川oneテーマ21 A 64)

この著者の本は、カチンと来る部分が結構あるのだが、「読みもの」としては悪くないところもあって、これまでかなり甘めにしてきた。しかし、この新書は酷い。あまり調子のるなよと言いたいところだが、日本人を理解していることを全く疑いなく自認していても、結局は一般的な中国人の日本人観から大きく外れるものではない。大体、今の嫌中風情が日本人の発展する中国に対する嫉妬から来るものだと信じきっているのは、頭コンクリである。それなら、日本人は発展する中国の現実を認めなくてはならないという著者の持論とは矛盾が生じてしまうのだが、中国が日本を逆転する日はもう直ぐだと疑わない著者には馬耳東風であろう。自分たちが考えていることは相手もきっと考えているはずだという思い込みは、日本で長く暮らしていても抜けきれないものなのだろうか。はたしてアジアのトップなどという地位に拘る日本人がどれだけいるのだろうか。「アジア」なんてものは中国人にとっても、他の大多数の「アジア人」にとって実感がわかないものだろう。その「トップ」の中身は何なのだ。カネか、それとも中国が大好きな「覇権」なのか。中国が日本を抜き去ろうが、自分たちの生活が脅かされないのなら一向に構わんし、そんな勝手にライバル視されて、敵意を剥き出しにされるくらいなら、早くトップに立ってもらい日本のネットカフェ難民でも中国のODAで支援してもらいたいものだとも思う。「反日感情」を招いたのは全て日本の責任というのなら、日本の「反中感情」も中国に責任があると考えなくておかしいだろう。すぐ「歴史」の刀を振りかざす連中よりはマシだが、著者が自慢する中国の経済発展には幾多の中小日本企業の涙も日本国民の血税も染み込んでいることを無視してはならん。もっとも、賞賛より批判をした方が日本では受けるということを知った上での作戦ということなのかもしれない。ハイアールの提灯記事はしっかり書いているから、企業からカネをせしめるには日本は批判、中国は賞賛と使い分けているのだろう。そのくせ、私はアジア一、中国一、歴史的人物の子孫だと自認している人とは信じないし、付き合いもしないとか書いている。とすると、あの同じ穴のムジナである「孔子の子孫」とは付き合いがないのかな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-28 01:24:23

昭和史入門

テーマ:文春新書



保阪 正康
昭和史入門 (文春新書 564)

また出たのか。年取って転向したと思っていたが。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-28 01:20:23

ベネディクト・アンダーソン グローバリゼーションを語る

テーマ:光文社新書



梅森 直之
ベネディクト・アンダーソン グローバリゼーションを語る

話は面白かった。
アイルランド国籍というのも知らんかった。
でも、編者の文は余計だった。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-25 22:40:17

ユビキタスとは何か

テーマ:岩波新書
2007-08-24 13:01:06

司法は腐り人権滅ぶ

テーマ:講談社現代新書



井上 薫
司法は腐り人権滅ぶ

最初の新書は面白かったのに、調子に乗ってアジ方面へ行ってしまったか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-08-24 12:41:47

インテリジェンス武器なき戦争

テーマ:幻冬舎新書



手嶋 龍一, 佐藤 優
インテリジェンス 武器なき戦争 (幻冬舎新書)

まあ「読みもの」だね。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。