1 | 2 次ページ >> ▼ /
2007-01-27 01:13:03

前立腺

テーマ:祥伝社新書


平岡 保紀
前立腺―男なら覚悟したい病気

ヤバイかも。
★★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-01-22 23:40:56

ロハス・ワールドリポート

テーマ:ソトコト新書



木村 麻紀
ロハス・ワールドリポート―人と環境を大切にする生き方
ソトコト新書。バックが何かあんのかな。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-01-22 23:34:25

1968年

テーマ:ちくま新書



〓 秀実
1968年

華青闘の評価が高いな。「時代の精神」を知るには良いかとは思うが。
★★★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-01-21 00:50:24

ゼロからわかるアインシュタインの発見

テーマ:講談社現代新書



山田 克哉
ゼロからわかるアインシュタインの発見

ゼロから先に進めない..........................
★★
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-01-18 22:37:20

小津安二郎文壇交遊録

テーマ:中公新書



貴田 庄
小津安二郎文壇交遊録

小津マニアの真骨頂。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-01-17 23:05:31

愛をめぐる洋画ぼくの500本

テーマ:文春新書



双葉 十三郎
愛をめぐる洋画ぼくの500本

これは使えない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-01-17 23:01:32

オランダ 寛容の国の改革と模索

テーマ:寺子屋新書



太田 和敬, 見原 礼子
オランダ 寛容の国の改革と模索

この寺子屋新書というのも、あまり見かけないシロモノだが、「子どもの未来社」なんてとこが出しているにしては私好みラインアップを揃えてきている。どうも教育系の人たちとつきあいがあるのか、著者もそっち系が多いのだが、オランダの場合、教育的にはモデルと成り得る国なのだろうか。究極の多元化教育を実践している国として、朝鮮学校問題を拉致問題から目をそらさす為にも、貴重な「差別」として利用している総連=日教組ラインから見れば、オランダこそ日本が見習うべきということであろう。つまり公立私立問わず政府がカネを出して運営を委託する。「イスラム原理主義」を教える学校でも公費で運営される訳で、「反倭」を教える朝鮮学校も公費で運営されてしかるべきというのが連中の主張だが、まあ我々の時代は日教組が公立の学校で「反日教育」をするのは常識だったので、朝鮮学校が公費で運営されない道理はない(過去に都立朝校が存在した例もある)。ただ、さすがにオランダでもその弊害が出てきているらしく、「寛容性」とは「無関心」と表裏一体なのではないかという指摘は至言である。このオランダ人の「寛容」信仰については文春新書の『物語オランダ人』というこわーい本があったが、文春と寺子屋の差というより、実際に外国人として定住している著者と留学で1年ほどの滞在しかない著者との「生活実感」の差が出ていて面白い。ただでさえ麻薬、売春、安楽死の合法化とかで、世界の奇人扱いされているオランダ人(ダッチアカウントの起源はそうらしいが、ダッチワイフは我が国の南極Z号と同じく伝説らしい)だが、「通りの祭り」とか「トイレのお誕生日カレンダー」なんて話で、こちらはフォローしていて、『物語オランダ人』の強烈な印象が残っている身には、ああオランダ人にもそんな人間性が残っていたのかとか思ってしまった。遂に殺人事件までに発展してしまった最近のヒルシ・アリの騒動についても触れているが、これでオランダも「普通の国」になったなという感じもした。サリン事件が起きたとき、インドネシアの新聞が、これで日本も普通の国になったという社説を掲載したらしいが、オランダも日本も、やはり「普通の国」から見て、どこか超越したところがあることは否めない。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-01-17 22:50:34

インド世界を読む 

テーマ:創成社新書



岡本 幸治
インド世界を読む

「バカの壁」後の竹の子の如く乱立する新書界でもマイナーさでは一、二を争う創成社新書が勝負するのは私好みの「国際情勢シリーズ」なのだが、世界、大欧州、中東、ユダヤ、と来て次がこれ。今後、アメリカ、ロシア、アフリカと続くらしい。ここに「中華」が入っていないのは版元の意向かどうか分からぬが、このインド編の著者は、随分と分かりやすい反中国としてのインドという主軸を打ち出しておられる。この路線では最近、門倉貴史が乱作と言っていいほど絶好調なのだけど、昭和11年生まれの老インド学大家の著者も門倉本から情報を得ている様だ。ともすれば、チャイナスクールにいいようにされてきた外務省から、外交を取り戻す作法としてのインドシフトは批判的な目で見られることも多いのだが、外務省にインドスクールが存在しなかった(あったのかもしれんが)のと同様、学界でもインド研究職というのはかなり日陰の身であったらしく、そうした著者の積年の恨みが、ようやく「反中国」という機運の高まりによって、晴らされようとしているというのも何だか面白いものだ。たしかに、私がインドに「沈没」した頃でも、インド本というと、中村元みたいな印哲だったり、藤原新也みたいな「放浪」だったりみたいのばっかりで、椎名が捩った堀田善衛の本もまだ現役古典としてもてはやされていた。そしてドミのベッドの下にはなぜか現在死刑囚となった男が空中浮遊している表紙の本が転がっていたものだ。小熊英二の「インド日記」や中島岳志が出てきたのも2000年に入ってからだと記憶しているが、現代インドを「等身大」で捉えることは90年代まで、ナンセンスなことと思われていた。そこに「英語」なら、わざわざインド研究なんかではなく欧米に向かうという極めて実利的な理由があったのか知らんが、似たような理由で説明されるインド人の日本留学の数の少なさについて、著者はバングラデッシュやスリランカからの留学生の方がインド人留学生より多いという事実を挙げ、日本側の努力不足であるとしている。なるほど。三十年以上インドに通い続けて反日家のインド人には唯一人も出会ったことがないと言うのは中国を念頭に置いたものだと思うが、まあこれにも異論はない。私も親日家インド人にはイヤというとほど会ったが、日本語を話すインド人ほど気をつけろというのが旅行者の「常識」になっていたので、会う前からイヤと思っていたことも白状しよう。あの中には少なからずの「純親日」が混じっていたはずだが、どんなに邪険にされても、「反日」に転じないのも人間とはそういうものだというインド的合理思考があったのかもしれない。そこの辺が中国に疲れたからインドという自然の摂理を招く理由なのだろうか。ただ、この著者には「敵の敵は味方」という「記憶」があるのかもしれない。しかし、この人はシリーズの編者とは全く正反対の「思想」の持ち主ということになるが、その辺は何か揉めたりしなかったのかな。何か著者の言うところの「冷戦時代のねじれ現象」と通じるものもあるが。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-01-11 22:09:11

老後がこわい

テーマ:講談社現代新書



香山 リカ
老後がこわい
こんだけ新書出しまくってりゃ全然こわかなろうに。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-01-07 23:07:47

ヒルズ黙示録・最終章

テーマ:朝日新書



大鹿 靖明
ヒルズ黙示録・最終章
それでも下層民にはその仕組みがよう分からん。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。