1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-07-30 01:15:16

日本の外交は国民に何を隠しているのか

テーマ:集英社新書


河辺 一郎
日本の外交は国民に何を隠しているのか
何か匂うと思ったら、愛知大学の先生だった。ふーん。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-27 00:55:35

日本を滅ぼす教育論議

テーマ:講談社現代新書


岡本 薫
日本を滅ぼす教育論議
外国批判をしてるようで、その実、外国崇拝という典型的な矛盾君。
外国人が不思議に思っても痛くも痒くもない。
だいたい「外国人」って何者よ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-27 00:54:03

ブリュージュ 

テーマ:中公新書


河原 温
ブリュージュ―フランドルの輝ける宝石
私の苦手な西洋史もの。てな訳で、中身については勉強になりましたとしか言えないのだが、このフランドル地方の人たちとは結構ウマが合うことが多く、また、会うベルギー人がことごとくオランダ語系の人たちである。そうしたことを顧みればたしかに「ブリュージュ」ではなく、「ブルッへ」であるべきなんだろうけど、この「ブリュージュ」黄金期の話を読むと、なるほど、なぜにこの地方の人たちが海外に出かけていくのかよく分かる。元々交易国家として栄華を極めたこの都市は多くの移民集団を抱えていたらしい。その栄華がもう少し続いていたら、出島経由でオランダ語の「ブルッへ」が定着していたかもしれない。私が「ブリュージュ」と言われて思い出すのは80年代に来日した「クラブ・ブルージュ」なのだが、これも極めて日本式(英語風)の呼称だった様だ。クラブの顔だった巨漢FWヤン・クーレマンスも名前からしてオランダ系っぽい。この言語問題は今でも下手すりゃ分離独立に繋がる恐れがあるもので、著者もそういう微妙な問題は詳細に立ち入らないとしている。ただ、終盤にこの地方随一の著名作家の逸話が出てくる。そのローデンバックという人は一貫してフランス語で書いた人らしい。その小説はフランドルをノスタルジックに描きパリで、大ヒットしたとのことだが、ブリュージュ市民には甚だ不評だったらしい。その小説のタイトルは『死の都ブリュージュ』だとか。
★★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-24 10:44:39

日本縦断「ローカル列車」を乗りこなす

テーマ:青春プレイブックス・インテリジェンス


種村 直樹
日本縦断「ローカル列車」を乗りこなす
二代目大御所になったと思ったら、使い古しかよ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-24 10:42:24

アメリカに「NO」と言える国 

テーマ:文春新書


竹下 節子
アメリカに「NO」と言える国

アメリカを批判したいのか、フランスを礼賛したいのかよく分からん本。たぶん両方なんだと思うけど、どうも初めに結論ありきの違和感が残る。女性の「親仏」というのは必然らしいけど、フランスの新植民地主義がアメリカの新帝国主義に勝るとは、とてもじゃないが思えない。「反米」を自明のこととするのは「知識人」の常識なのかもしれないが、それがアメリカだから反対するでは、中韓の反日と大した違いはない。そこに蔑視と嫉妬が隠されていることは公にされることがないという点において、ヨーロッパがアメリカを見る目と、中韓が日本を見る目は一緒であろう。そうなるとフランス人と同じ視点で日本人がアメリカを見るということは有効なのかという疑問は残る。著者が批判したいのは「欧」と「米」の混同ということで、両者の差異と優越を見極める必要を説いている。たしかに、「古いヨーロッパ」の人たちはアメリカ人と一緒にされることには我慢がならないだろう。ただ「東洋対西洋」の座標軸同様、アメリカ対ヨーロッパの座標軸もまた、世界を二元化しているとは言えないのか。いずれにしてもフランスもアメリカも理想の国家とは、ほど遠いというのが実情である以上、他の安保理常任理事の糞国家どもも含めて、いたずらに両極化は行わないのが懸命である。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-24 10:39:47

笑う大英帝国 

テーマ:岩波新書


富山 太佳夫
笑う大英帝国―文化としてのユーモア

こんなことを書くと人間性を疑われてしまうかもしれないが、私の笑いのツボは人と異なる様で、所謂「ユーモア」とか「ジョーク」というものを面白いと思うことはほとんどない。「ウイットに富んだノ.」ってヤツが高貴なものとされてんだろうけど、どうも必死さを感じてしまう。向こうの人にとっては「ジョーク」はたしなみなんで、ツマラン話に笑ってやるのも、上司の「オヤジギャク」で笑わされる日本人同様、社会の潤滑油として機能しているのは分かるが、後々に遺恨を残したりはしないのだろうか。更に告白すると、テレビとかの「お笑い」も何が面白いのかさっぱり分からん。それを隣で視ている日本語が母国語でない人間が大笑いしているの見ると、切なくなってしまったりもするけど、聞くところによると、それも「日本社会理解」の一環として視ている訳であって、自らの「日本語力」とか「国際理解力」や確認すると同時に、「日本に溶け込んだ自分」をアピールするという効用もあるとのこと。そんな無理せんでもいいのにと思うのだが、確かに同じ番組を視て、文化が違う者同士が一緒に笑うというのは大きな意味があるのであろう。しかし、考えてみれば、テレビを視て、心底笑ったのは「ひょうきん族」が最後かもしれない。あまりにバカバカし過ぎて笑うというのは本当のバカなのかもしれないけど、苦しみも極限まで行くと笑ってしまうものらしく、思考停止が笑いを招くということも言えるかもしれない。となると考えさせて笑わせる「お笑い」文化というのはやはり高尚なものなのであろうか。ということで、何と感想を書いていいのか分からない本だったので、トンチンカンなことを記してしまったけど、この著者は英国の文化に溶け込んだエラい人なのだと思う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-14 23:26:59

怪盗ジゴマと活動写真の時代

テーマ:新潮新書


永嶺 重敏
怪盗ジゴマと活動写真の時代
全く知らない世界だった。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-14 23:20:42

セレブの現代史 

テーマ:文春新書


海野 弘
セレブの現代史

この著者はいろんなジャンルに手を出す博識系の人だが、今度のセレブはちょっと意外。ただ、きちっと読みやすい新書にまとめてくるのは、さすがオールラウンドプレイヤー。セレブといっても、例の誘拐事件の女医とか、ヒルズ族なんかじゃなくて、本家のアメリカの話。ということで懐かしのファラ・フォーセットとか、アメリカ一の有名な女性だというバーバラ・ウォルターズなんかが登場。まあセレブの本家がアメリカだとすれば、本元はヨーロッパということで、ケネディ家にしてもブッシュ家にしても、疑似皇族に準えられることが多いのは周知の通り。なんでもアメリカの名家とされる家は娘をヨーロッパの王族に嫁がせることを至上の名誉としていたとのことで、新大陸で成功した成り上がりの心理はそういうものであろう。その説を地でいったのがグレース・ケリーということになるが、そのシンデレラストーリーの裏側で何が起こっていたかは想像の通り。ダイアナもそうだが、死までを悲劇的に演出してしまうのは、それが宿命であると言うのには疑念が生じる。またアメリカではティーンズ・セレブなる潮流があって、これは日本にも上陸しそうだが、麻薬やセックスの問題が出てくると、すぐ親の責任うんぬんになってしまう日本では、パリス・ヒルトンの様なケースでは親子共倒れになってしまうだろう。それにしてもセレブ日本代表が叶姉妹というのは如何なものか。まあ実際、アメリカでもセレブとはその程度のものなのかもしれないけど。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-13 10:30:07

丸山眞男

テーマ:岩波新書


苅部 直
丸山眞男―リベラリストの肖像
また丸山本。まあ軽く読める方。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-11 23:30:08

未妊

テーマ:生活人新書


河合 蘭
未妊―「産む」と決められない
この人はこんなところで活躍していたのか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。