1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-06-27 23:26:09

松本清張と昭和史

テーマ:平凡社新書


保阪 正康
松本清張と昭和史
病をおして新書制覇へ着々の著者も、さすがに清張の執筆ペースにはかなわない?
★★
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-27 23:23:22

麻原彰晃の誕生

テーマ:文春新書


髙山 文彦
麻原彰晃の誕生
これは面白かった。職人技を感じる。
★★★
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-06-26 03:05:30

壊れる男たち

テーマ:岩波新書


金子 雅臣
壊れる男たち―セクハラはなぜ繰り返されるのか
著者の偽善っぷりにはムカムカした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-26 03:03:31

拡大ヨーロッパ 

テーマ:白水社文庫クセジュ


ジャン=ドミニック ジュリアーニ, Jean‐Dominique Giuliani, 本多 力
拡大ヨーロッパ
文庫クセジュらしいEUものだが、原書は2005年と、このシリーズにしては珍しく新しい方なので、まだ使える。このテーマでやるには年に数回改訂が必要になりそうだが、日経の新書みたいにECの時代から改訂改訂の嵐で30年も持たしてしまうという手もある。この本に登場する国々も30年後はめでたくEU の一員となっているだろうし、30年後の改訂版ではカーポベルデとか、冗談かと思った国が本当に候補国に入っているかもしれない。そうなればロシアも入っているだろうし、北方領土がEUなんて笑えない現実にも直面するかもしれんが、その時は日本も潔くEU入りすべきだろう。少なくとも、実質大中華帝国となるであろう「東アジア共同体」への併呑は免れることが可能な選択肢である。と、そんな悲観か楽観かよく分からん話はこの辺にしといて、本題に戻ると、これはものすごくオーソドックスな啓蒙本。クセジュはよくこんなのがあるが、無味乾燥の広報本と言ってよかろう。どうも著者はトルコを押している様だが、やはりEUも覚悟を決めたと見える。著者自身もイタリア系っぽい名前だが、高尚な差別禁止を謳うEUでトルコ問題とどう折り合いをつけるかがやはり今後の鍵となるであろう。最後はお決まりの国別データ。似た様なものを何回も読まされているから、私もすっかり民族構成には強くなったが、チェコ在住外国人で一番多いのがウクライナ人というのは意表を突かれた。スロバキア人より多いとは意外。三番目がベトナム人というのも凄い。ネドベドは知らんが、コレルとかロシツキーなんてのもドイツとかポーランド系っぽい感じがする。チェコ気になるぜ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-26 03:01:46

聖書で読むアメリカ 

テーマ:PHP新書


石黒 マリーローズ
聖書で読むアメリカ
タイトル通りの話なのだけど、著者はレバノン出身でキリスト教徒ではあるが、別に「アメリカン大学」の出身でもなく、フランス語教育の出身らしい。キリスト教、聖書、英語のキーワードを組み合わせてどんどん本を出しているらしく、名前に聞き覚えがあった。要は英語で釣って聖書を広めるということなのだが、この新書では釣りエサにアメリカ文化を加えている。ということで前半は抑え気味なのだが、中後半はだんだんと美辞麗句を鏤めた「布教」の要素が濃くなってくるので要注意。アメリカの本質がキリスト教であることや、政治が宗教に依拠している点はもはや「常識」なので、某知事の様に驚くには値しないだろう。たしかに、これから西欧社会を相手に戦っていこうという人は「一般常識」として聖書通読が必要なのだろうけど、海外で知り合った人に「あなたに素敵なプレゼントをしたいんだけど.....」と言われて聖書を渡されて困惑してしまう経験を何度となくしてきた私は、もう勘弁って感じ。人生を幸福に生きない、幸福を追求しない自由というのもあると思うんだけど、それじゃダメなのかな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-21 22:44:03

憲法とは何か

テーマ:岩波新書


長谷部 恭男
憲法とは何か
思想系ではなく、実務系だったので、まあ読める。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-18 00:39:24

アメ横の戦後史

テーマ:ベスト新書


長田 昭
アメ横の戦後史―カーバイトの灯る闇市から60年

アメ横理事長が書いた一代記だから、武勇伝などもたっぷりだけど、これは意外と面白かった。フィリピン戦後賠償とか、東京五輪金メダルにアメ横が関係していたとは知らんかった。
★★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-16 19:17:21

世界の音を訪ねる

テーマ:岩波新書


久保田 麻琴
世界の音を訪ねる―音の錬金術師の旅日記
岩波も新版になってイメチェンを図っているのか、これはCD付き。中身は中村とうよう教の話。久保田麻琴が裸のラリーズだったとは知らんかった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-16 14:05:06

恋の手紙 愛の手紙

テーマ:文春新書


半藤 一利
恋の手紙 愛の手紙

半藤さんには珍しい色恋ものだが、結構面白かった。
さてはシルバー恋愛してんのかな。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-11 17:17:32

図書館を使い倒す!

テーマ:新潮新書
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。