あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


2003-08-09

主人と「祇園さ々木」「京都みやげ」「梅園」「おぐら」

テーマ:【京都】グルメ備忘録
今日は走らず、
昨日から京都に来た息子のSと下鴨神社に散歩に行きました。
ちょうど2学期の授業で「世界文化遺産」についてやるらしいので、
これぞ「生きた勉強!」と思ったのです。
まあ、そんなことでなくてもこの素晴らしい場所をゆっくりSと
歩きたかったのですけれどね。

ここ3日間連続で、朝食は庭で採れたにがうりときゅうりをいただいています。
今もいだばかりのにがうりは苦味も少なく本当に美味しいのです。
ゆでずに生で、甘酢であえてかつおぶしで食べるのが最高!
こんなものばかり食べて、毎日スポーツクラブに通っているからか、
ウチの両親はとっても元気で体脂肪率も私と変わらないくらいなんです。

お昼前に主人が京都に到着。
母に祇園までクルマで送ってもらいます。
向うは「祗園さ々木」さん。
主人はささきさん、初デビューです。

税サ込み5000円!!!
相変わらず・・・本当にCPの高いランチです。

「いつでも独立できますね」

と、思わず昼を仕切る若いナンバー2の板さんに話しかけてしまいました。
これと同じ満足を味わえるものを他でいただくなら、
多分7000~8000円は余裕で行くと思います。
確かに食材に贅沢さを感じることはありませんが、
結局は「味」なんですね。
雰囲気も接客も文句なし、
ここまでサービスせんでええのに・・・
もっととらはったらええのに・・・
本当にそう思います。

食事(しめのごはんもの)は、氷見うどん。
細めの少しもっちりしたおうどんです。
これでおなかの調節をします。
つまりもの足りない人は多めに
そうでない人は少なめに頼みます。
私は少なめに・・・(笑)。
デザートのために、胃袋に余裕を持たせておきたかったのです。

最後のデザートは、かなりの薄味に評価が分かれるところでしょうけれど
これはこれで佐々木さんのお考えということらしいです。
彼は、フルーツを使ったデザートがとても上手だと私は思います。

満腹になって、ふたりで高島屋方面に歩き出します。
ここでおみやげを買うのです。
デパートに出店しているような店も、本当ならその本店にうかがえば
本当に風情があって、店の人とのやりとりも楽しいものです。
伝統工芸品や京都ならではの食品や菓子・・・
そこでしか売っていない
ものもたくさんあります。
予約しないと買えないものもあります。

ただそれらのお店を
観光の合い間に回るのはとても大変です。
今、更新が全くできていませんが
私がデパートでも買える比較的手に入れやすい京みやげをサイトに
載せているのはそういうわけなのです。
どうせ、便利なところで買うならはずれのないものを・・・
自分もそうしているからですね(笑)。

いつも買うのは「御池煎餅」「蕎麦板」「カネールシナモン」。
味が落ちた?とMIMAさんのサイトで以前話題になっていた
「清浄歓喜団」もお味見用にGET。
その他いろいろ買い込んで
それから花遊小路の「よーじや」へ。

地下から外に出てびっくり。すごい雨!
これはタクシーで一度家に帰ったほうがいいかもと主人と話しました。

主人と京都を歩く時は、いつもなにか記念に買ってもらいます。
今回は何を?
迷ったけれど、よーじやのハンカチにしました。
あぶらとり機能があるらしいけれど、さてどうでしょう?

タクシーに乗る頃はほとんど通り雨は止んでいたけれど、そのまま下鴨に向いました。
疲れたし、夜まではまだ時間がありましたから。
さ々木さんにMIMAさんが差し入れてくださった上品な緑菴さんの生菓子を
いただいて、夕方ふたたび河原町へ。
そうそう、「清浄歓喜団」は以前よりスパイスが柔らかく感じられ食べやすく(一般受けしやすく)なったように思いました。

「やじきた」で氷のつもりがなんと定休日(涙)。
しかたなく「梅園」へ。
しばらく並んでやっと席につきました。
みたらしはやっぱり美味しかったけれど、
氷はやじきたに勝る店は他にないです・・・ホント。

それから懐かしい店、イマージアムそばの焼き鳥「おぐら」へ。
ここは主人が大学時代からよく通った店で、会社から近いこともあり
私もよくひとりで立ち寄ったものです。

毎年家族写真入りの年賀状を送っていることもあり、
ママは違和感がなかったらしいけれど
こちらはママのあまりの変わらなさにびっくり!

こんな美味しい店は他にない、そのくらい思っていた焼き鳥屋ですが
今食べると、悲しいことにそこまで思える店ではありません。
まあ、一本120円の普通の焼き鳥屋さんですからね。
でもその値段から考えると、やはりいい店ではあると思います。
満席でないときを見たことがなかったこの店も、今はガラ空きなのが
なんともさみしいです。

少しでも応援したくて・・・がんばっていっぱいいただいたのですが
主人が先にダウンしてしまって・・・
しかたなく外に出ました。

それから先斗町を歩き、祗園にまた向います。
さっきまでおなかいっぱいだったのに・・・
やっぱりこれを食べずして京都を終われません。
「泉門天」!
そのあと勢いづいた私たちは、さらに「なかじん」を目指したのですが
残念ながら今日はお休みでした。

祗園の一角で洒落たランジェリーショップが目に入り、
ここでも「記念に」と主人に下着をプレゼントしてもらって帰りました(笑)。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。