2004-11-11

AKIKO、BSで「おひとりさま」を演じるの巻(2) ASOでの撮影

テーマ:■出演、執筆情報


  


ASOは以前どなたかの邸宅だったという素晴らしい洋館だ。小さなホールから大ホールまで、驚くほど広くダイニングスペースがある。中庭には丹精こめて育てられたことが人目でわかるガーデニング。これはすべて支配人遠藤氏のもと、スタッフで作り上げたものだというからまたまたビックリ。もちろん、洋館内には豪華な生花も飾られている。

遠藤氏はわたしと同じ年。タベアルキの話で早速盛り上がってしまった。ひらまつグループの話もいろいろ聞かせてもらった。グループとしての格付け(というといやらしいが)は、やはり本店、ASO、福岡、札幌・・・このあたりが筆頭のようだ。特に札幌「ル・バエレンタル」はおすすめだそうで、はぁ・・・行きたい(涙)

晩餐会でも開けるような広いダイニングルームを貸切で撮影に使うことになった。クイズ番組(ドジ主婦大会にて優勝♪恥)、お取り寄せ特集、ソフトクリームタベアルキ特集とテレビ出演は3回経験したことがある。エキストラのバイトも一時していたが、それは背景としての出演なので自分の出たものを見たこともないし興味もなかった。今回はカメラ目線もなく、いつも通りにするだけなので気が楽だった。しかもBSだし、見る人も少ないでしょ?

しかし・・・ソフトクリームをなめるところも結構恥ずかしかったが、じーっと料理を切って口に運ぶところを撮られるのはやっぱりイヤダ。不摂生な生活が肌にキテルし、そんなのをアップで映された日には?
何事も経験」がモットーのわたしだが、今回は映るのがひとりということでやっぱりまずかったのかも(涙)。ただ数時間かけた撮影も、編集されてせいぜい2分ほどになるのだからアラが目立ってないことを祈るしかない。

季節の食前酒はりんごとシャンパンのカクテル。季節ものの食前酒があると、やっぱり頼んでみたくなる。料理のポーションは少なめだが、自家製のふわふわのバターとともにいただくパンも美味しく足りない、ということはない。ASOの料理は、ひらまつもそんなところがあるけれどちょっとした工夫でわたしたちにサプライズをくれる点が嬉しい。客を楽しませよう、驚かせようというシェフのアイデアや遊び心・・・もてなす心が伝わってくるからだ。

実は撮影のため、作られた料理はできたてを食べることができなかった。うーん、残念(笑)。前菜、パスタのあとお魚とお肉が出て、デザートが2品、さらにプティフールとお茶・・・これで5000円はお値打ちではないだろうか。ただし、サービス料は13%・・・そのかわり極上のくつろぎと美味しさを与えてくれるレストランなのだ。

デザートはパイナップルのメレンゲ仕立のスープと柿と黒糖のジュレにアングレーズソースのこれまたメレンゲ仕立・・・料理のソースにも登場したし阿曹シェフはふわふわがお好き?♪柿と黒糖の組み合わせは家でも出来そう!ぜひ真似してみたい。そしてプチフールのこの可憐なこと!(撮影機材が映ってます・・・)最後にまた歓声を上げさせる、心憎い店なのである。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。