あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!


2016-01-24

2015★泊まってよかった宿7選(温泉以外のホテルと宿)

テーマ:AKIKOのハート ― 本、モノ、場所
旅ブログ「ステキな旅は宿選びから」 は、日ごろなかなか更新できませんが訪ねた宿は一覧に追加していっています。印象に残らなかった宿以外は☆をつけて載せていますのでざっと宿名だけみていただくには便利かもしれません。最近旅=温泉が定番の私、今回は、3年間で訪ねてよかった「温泉以外の宿」をUPしてみます。

なお、記事中のリンクは私がいつもホテル予約の際に使う楽天トラベル一休.comじゃらん のものです。宿の予約はできれば同じ予約サイトでしたほうがポイントがたまってお得ですが、高級ホテルは一休で探したほうが間違いありません。楽天は食品から本まですべて買えるのですぐポイントがたまって、わたしは一番ヘビーな顧客であるダイヤモンドユーザーです。公式サイトからの予約は、それしかない宿、もしくはとりたい部屋を指定したいときに使います。公式サイトからの予約が一番お得、とどこもいいますが意外とそうとも限らないので、色々比較したほうが良いですね。


1.ジ・アッタテラスクラブタワーズ



なんと一泊二日の沖縄旅! ブログにも詳しくUPしていますが本当に時間をうまく使って濃い滞在ができました。でもこれはなんといってもブセナを代表とするテラスホテルズ間のサービス連携を駆使できたおかげ。このホテルにひとりで泊まったからこそ、なしえた充実の弾丸旅でした。

image

「ジ・アッタテラス クラブタワーズ」 は美しいだけでなく、広い敷地内にある本格的な農場で育つ野菜がいただけるのもポイント。私の好みにドンピシャな素晴らしいホテルでした。「ザ・ブセナテラス」 のビーチ、「ザ・テラスクラブ アットブセナ」 のタラソプールも満喫し、空港に近い「ザ・ナハテラス」 へも少しですが立ち寄れました。次はテラスクラブ、と決めていましたが今年3月に読谷に全室プール付きヴィラの「ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ」 がオープンするそうで、こちらにも行ってみたーい♡笑


2.日光金谷ホテル



「日光金谷ホテル」は「日本最古、日光のクラシックホテルですが、泊まるなら絶対、小山薫堂さんプロデュースのN35と決めていました。ところが新しく薫堂さんプロデュースでさらに広い「オレンジスイート」 もできていると知り、コチラのほうに。残念だったのはダイニング。時がとまったかのような古びたフレンチにはガッカリでした。でも夏の天然氷を使ったかき氷は素晴らしく、これだけを食べにくる価値もあると思います。

系列の「中禅寺金谷ホテル」 とを結ぶ送迎バスが出ています。白濁した源泉かけ流しの「そらぶろ」は日帰り利用が可能。料理も悪くなかったのでこちらにもぜひ泊まってみたいですね。

{71DD0C1C-0B60-4209-A591-D5D33856ED21:01}

日光は東京からも近く、華厳の滝や日光東照宮など観光できるところへのアクセスもいいのでたっぷり楽しめるのが魅力です。浅草や池袋から出ている列車もあり、日帰りも可能ですよ☆


3.オリエンタルホテル



神戸は京都に住んでいたころよく来ていましたが、全部クルマだったので意外とまちをあるくことがなく知らない場所が多いのです。神戸居留地というとてもお洒落なスポットに位置する「オリエンタルホテル」 は、私が一番好きなマンダリンオリエンタル東京と同じデザイナーがデザインしたそうで、雰囲気がとても似ています。

{4E35F4DF-3002-4A84-A2FF-1DFDB5A0A0BE:01}

歴史あるホテルをリニューアルしたということですが、完全に新しくなっていてさまざまなこだわりが素晴らしいホテルでした。部屋に置いてあったおかきが、これまた大好きな富士見堂さんのものだったことにも驚かされました。無添加の高級なおかきをさりげなく置いているセンスの良さに感服。ホテルショップの品々、特に♡のパイはマストバイな一品。神戸に泊まるなら絶対ココ!です。

ちなみに有楽町のビックカメラ前に、系列のレストランバー「6th(シクス)バイ オリエンタルホテル」がありなかなか人気。ハッピーアワーもあり、私もたまに利用しています!


4.アルモニーアンブラッセ

image

以前は大阪のホテルも色々泊まりましたが、最近はその機会も少なくなりすっかり周辺事情にも疎くなってしまいました。久々の大阪泊まりは、女性好みの「アルモニーアンブラッセ」 。ちょっと駅から離れていますが、広めのテラスがついていて解放感があり、セクシーさも感じるホテルでした。ちなみにこのお花はあまりにかわいかったので近くで買ったもの。活けたいと相談したら、ワインクーラーをもってきてもらったのですが、黒基調のお部屋に映えて豊かな気分で一夜を過ごすことができました。


5.徳山鮓



「徳山鮓(とくやまずし)」 は、以前、熊のしゃぶしゃぶ「月鍋」をいただくために泊まった「比良山荘」と少し似ているかもと思っていました。いずれも宿としての機能はいまひとつ、だけど素晴らしい美食の宿という印象があったのです。でも、私が泊まった後新しいお部屋もできたようでサイトを拝見すると全体的に、どんどん進化している様子がうかがえます。お嬢様や息子さんも含め、ご家族で一体となってこの宿をつくりあげていっておられるのですね。泊まってこその楽しみがあり、どうせなら泊まらねばソン! 送迎もしてくださるし、余呉湖を臨む立地も素晴らしく、何よりその料理はほかでは味わえないもの。お酒が好きな人ならもうたまらないはず。



朝から飲みたくなるような朝食も素敵♡私はひとりで泊まったのですが、ふたり以上のほうが良いお部屋に泊まれるようです。季節を変えて、うかがえるものなら一年に何度でも足を運びたくなること必至です。滋賀=近江には美しい観光スポットが多くあり、京都ほど混み合うこともありません。ゆっくりとローカル線を乗り継ぎながら、豊かな湖と山の幸を味わう旅をおすすめしたいですね。

6.太陽寺


image

日経プラス1で日本一の宿坊に選ばれていた、秩父の山奥にある「太陽寺」。 送迎をお願いせず、わざと山道を3時間。。。特に舗装道路が切れてからは過酷な道のりでした。しかしもっと厳しかったのはGWごろにも関わらず、震えるような寒さの中で過ごさねばならなかったことでした。宿としての快適さはほぼゼロ。それでもまた訪れてみたいと思えるのは、周囲の素晴らしい自然を満喫できる、精進料理がとても美味である、心が洗われるような宿坊体験ができるという理由に尽きます。

{1F074FA7-3A38-495A-B3DD-8C2600FF6244:01}


息子とのふたり旅。良い思い出になりました。GWでもあれだけ寒かったので、虫があまり出ない夏前くらいがベストシーズンかもしれません。自分を見つめなおしたいときにおすすめしたい、本物の宿坊です。


7.一条院


{CAD6AE00-5A17-4106-BF28-4D35B3ADB392:01}


高野山はイメージと違い、とても過ごしやすい「まち」でした。数多くある宿坊も快適な設備が整えられた旅館と変わらないところが多いため、完全な名所観光と考えて旅をしたほうが良いと思います。宿坊も、精進料理、お庭や本堂など寺院拝観など目的に応じて選ぶべきでしょう。わたしたちは「バス・トイレ・冷暖房付きの快適さと食事の美味しさ」をクリアできるところを探し、ここ「一条院」 を選んで大正解でした。

{904FB49E-6FE0-4C6B-B4AA-FFE786D6B56D:01}

料理の美味しさ、豪華さはおそらく高野山随一。お値段もそれだけに張りますが、次は絶対特別室に!と思える満足感です。でもどの寺院=宿坊にも特徴やウリがあり、色々泊まってみたい誘惑にかられますね。高野山はガイドブックを一冊買うことをおすすめします。


*番外編

{FA6C9F97-F6A9-45F2-AD03-C6BB7873987A:01}

宿坊といえばリニューアルした京都「和順会館」 は、内外観ともにまるでおしゃれなホテル!人気が高くなかなか予約がとれません。スタッフはお坊さんですが、朝のお勤めなどもなく印象は寺が経営するホテルです。朝食がいまひとつなのが残念です。

{9A4699EC-5AC9-4E32-B44C-68E321CDD8AE:01}

以前から訪れているため選外としていますが、ほかに新しめの京都のホテルでは、「ザ・スクリーン」「シタディーン京都烏丸五条」 が好きです。スクリーンはお部屋によって水回りがデザインに走りすぎて使いにくいところもありますが、空間が美しいので少しゆっくり過ごしたいホテルです。シタディーンはミニキッチンがついているので、京都慣れした方には錦やデパートで買い出しをしてきてお部屋でいただくというのも良いかもしれません。部屋に比してバストイレがビジネス並みに狭いのが残念です。昨年初めて訪れた「イトヤホテル」 は、使い勝手がよく美しい素敵なホテルでした。

京都では食べることも楽しみのひとつなので、一般的なホテルでの朝食はめったにいただかないことにしています。今行きたいのは「ザ・リッツカールトン京都」 の朝食ヴュッフェ。ウォークインも可能という話なのに、ホテルがほぼいつも満室なので(宿泊客優先のため)何度もフラれています。もう少しお値段が下がったら泊まってみようと思うのですが、なかなか下がりませんね(笑)

 

一流ホテルにはステキなスパがあるものです。「JRタワーホテル日航札幌」 には、単なるプールやジャグジーではなく楽しみながらキレイになれるよう考えられた美しいスパがあります。ホテルに泊まっても時間がなくスパを利用しない方も多いと思います。もったいないことにこんな貸し切り状態・・・有料ですが宿泊前後だとお安く利用できますし、宿泊しなくても利用できるのです。札幌駅直結なので、時間を作って行ってみる価値ありです!


そしてなんと・・・とんでもない失敗をしてしまいました。

先日UPした「2015★泊まって良かった宿7選(源泉かけ流しの温泉編)」で、絶対入れるべき宿を入れ忘れてしまいました・・・!ということで、この宿は来年の「2016★泊まって良かった宿」にエントリー決定です。ほぼ男女混浴という珍しい大浴場を持つ有馬の名宿、お料理も美味しかったなぁと思い出します♡

宿編はここでおしまい。次はレストラン編に移ります☆彡

AD
いいね!(33)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。