2011-03-10 22:05:57

日本を支配する闇の権力者達(2)

テーマ:ブログ

官僚機構とは幕藩体制そのものである!


仮説・霞ヶ関の正体は徳川幕府なのか?



読者の皆さん、こんばんは。


すっかり春モードです。


もう間もなく桜の時期が到来します。


さて、前回のブログで物部氏、蘇我氏より古い尾張氏の存在をクローズアップさせて頂いた。


尾張氏とは、皇族だったのである。


そして、熱田神宮を代々守ってきたのである。


尾張氏とは、三種の神器の内の一つを任される程、皇室の信頼が厚かったのである。


中大兄皇子と中臣鎌足。


後の天智天皇と藤原鎌足。


悪役は蘇我氏。


皇族でもあった、物部氏と蘇我氏は表舞台から退いたのである。


そして、古事記と日本書紀以前の歴史書は完全に抹消された。


やがて皇室と融合した藤原5摂家。


平安時代より、北条家・足利家・徳川家・明治・大正・昭和・平成に至る今日まで約1300年。


世界最古の天皇家を隠れ蓑に5摂家は権力の中枢に座しているのである。




       (画像:大政奉還が行われた京都二条城、黒書院)





昨年末、私はあるブログに巡り合った。


なんと日本政府の正体は徳川幕府だと・・・


そのブログの仮説を紹介する。


結論から申し上げると、世界政府樹立を目論む真の黒幕は日本であると言う驚愕の内容であった。


膨大な証拠と資料によって歴史が詳細に検証されてい驚くべき事に、現在の日本は徳川家が江戸時代より引き続き支配しているという。


つまり徳川幕府は1603年より2011年まで、なんと408年間続いている事になる。


皇室と融合した藤原5摂家。


霞ヶ関と財界を掌握している徳川家。


日本という国家の権力構造は、想像を絶するものである。




噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)





さて、ご存じ無い方の為に小話をひとつ。


今から半年程前の古い話題で恐縮であるが、改めて紹介する。


現在の財務省事務次官は、幕末の重鎮であった勝海舟の曾孫との説がある。


昨年7月に財務省事務次官に昇進したのが、勝栄二郎。



(写真:勝海舟)




(写真:勝栄二郎)


噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)



参考:あの人検索SPYSEE  勝 栄二郎


勝栄二郎の弟は、世界銀行副総裁(欧州・中央アジア担当)の勝茂夫。



噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)


参考:あの人検索SPYSEE  勝 茂夫


両氏が兄弟なのは事実の様だが、勝海舟の曾孫とする説と全くの他人という説がある。


そもそも勝海舟の嫡男は若くしてこの世を去っている。


跡継ぎは、養子になった徳川慶喜の10男。


よって「勝」本家は実質、徳川家である。


参考:勝精


勝栄二郎の財務省主計局長時代までは、紛れもなく勝海舟の子孫と記されている。


事務次官に昇進してから、ネット内で勝海舟の子孫である事が大きくクローズアップされた。


参考:菅政権で完全復権 新財務事務次官に「勝海舟の曾孫」 


(現代ビジネス 2011.7.12)


勝海舟 のwikipediaでは、勝栄二郎とは無関係と記載されている。


記載部分を引用。


財務省事務次官の勝栄二郎および世界銀行副総裁の勝茂夫の兄弟は曾孫に当たるという実しやかな伝説が、霞ヶ関などで流布されていたが、栄二郎は雑誌の取材に対して海舟との関係を完全に否定している。


引用終了。



ネット内では単なる都市伝説であり、デマとの風潮である。


どうやら、ご両人の身元が判明するのはタブーの様である。


よって、勝栄二郎及び勝茂夫の父親の名前すら不明になっている。


しかしながら、勝海舟を特集した20年前の本がある。



一部抜粋する。


※参考:『月刊歴史百科』創刊号(1980年)
勝精(かつくわし)

徳川慶喜の孫であり、勝海舟のひ孫(婿養子)にあたる。
オリエンタル写真工業、浅野セメントなどの重役を歴任。
ほか、彼の立ち上げたオートバイ鉄工所は、現在のカワサキの起源とされている。

勝茂夫(かつしげお)

勝海舟のひ孫にあたる。
世界銀行副総裁。財務省理財局長の勝栄二郎とは兄弟。


勝栄二郎(かつえいじろう)

勝海舟のひ孫にあたる。
財務省理財局長。世界銀行副総裁・勝茂夫とは兄弟。

抜粋終了。


参考:幕末ガイド勝海舟


この:『月刊歴史百科』創刊号(1980年)なる本は、1980年3月に新人物往来社が出版。


幕末明治300家子孫一覧の中に掲載されている。


21年前の出版当時、勝栄二郎は39歳、勝茂夫は31歳で世界銀行に入行してまだ1年である。


参考:国家戦略 (エルネオス) (写真:世界銀行東京事務所)




噂の真相-真実を追い求めて(アメブロ版)



大政奉還後に天皇家が京都から東京に移った本当の理由とは?


江戸幕府上層部が今も尚、日本政府の要職にある事実。


歴史的にも稀にみる、江戸城無血開城。


古今東西、徳川家に批判的な言論は皆無に等しい。


時代劇は日本国民の文化である。


                (写真:幕末の江戸城)


これらのポイントは、ほんの一部である。


世界に目を向けると、徳川ネットワークの凄まじさを実感できる事実が数多くある。


最後まで読んで頂きましてありがとうございます。


参考:江戸幕府




(敬称略)



AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。