1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-15 00:21:34

お薬も終了。

テーマ:タントの毎日

今日は1週間ぶりに病院へ。

歩き方や足の反応を見ていただき、経過がよいのでお薬も終了ということになりました。


ただ、なぜか左より右のほうが反応がやや悪い。

左足の運びがおかしいと思っていたのですが、右に力が入らないのをかばっているのか?


また、歩くのはほぼ問題ないとはいえ、ジャンプが出来ないのは変わらず。

この辺は、数日あまり歩けなかったことで、筋力が落ちたりしているのかもしれないので、しばらく要観察。


また、ちょっと体重が減っていることも心配ということで、ご飯はちょっと増やしてみることに。


今日は雪が降るという予報だったので、早めにお散歩。

このときは日が射してます。

でもすごく寒かった!






夜ははやくから、ぐうぐうねちゃいました。


お布団をせっかく敷いてあげたのに、なぜかその横で寝る・・・。

あ、マクラにしてるの?




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-01-09 21:27:22

回復しています!

テーマ:タントの毎日

今日は近所の左馬神社へ、初詣に行ってきました。




今日は結構速く歩けます!



タンちゃんの健康を真剣にお祈りする私たち。




境内の探索に余念が無いタンちゃん。

あんたのことをお願いしているのだよ!



今日は、神社の階段(4段だけですが)を登るなど、かなり回復しています!

ご心配下さっている皆様、ありがとうございます。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-01-08 18:44:31

脊椎梗塞

テーマ:タントの毎日

ことしは年明けから大変でした。


タンちゃんが突然立てなくなってしまったのです。


左の後ろ足がナックリング(足の先が裏がえって、甲が地面についてしまう状態)していたので、私は最初、脳梗塞ではないか?と思いました。


しかし、脳梗塞なら左前足もおかしくなるはずで、前足は左右ともしっかりしているので、脳梗塞ではない。

後ろ足をよく診ていただいたら、右もナックリングがみられたので(左よりは軽かった)原因は脊椎ではないかと思われる。

ただ、よく見られる椎間板ヘルニアだと、痛みがあるはずだが、タンちゃんは全く痛がっていないため、脊椎梗塞ではないか、とのこと。

脳梗塞と同じように、脊椎の血管がつまってしまう病気のようです。


消炎剤と抗生物質を注射してもらい、連れて帰ったら、疲れていたらしくて、ぐうぐう寝ました。

寝返りが打てないので、3時間ごとに向きを変えたのですが、抱き上げても起きないほど熟睡していました。


夜までずっと寝続け、起きてからは、歩きたがるのですが、立てないので腰を補助して立たせ、そのままではすぐに倒れてしまうので、おなかの後ろのほう(後ろ足のすぐ前)をタオルで吊って補助したら、しばらく歩き回ってから、ちゃんとトイレに行ってオシッコをして、ご飯を食べて、また熟睡しました。


翌朝は、補助してあげて立ちあがれれば、そのまま立っていられるようになりました。

しかし、足の出方がとても小さく、歩き出すと、すぐによろけてしまいます。

また病院で注射してもらい、ご飯を食べてまた寝て、夕方には足に力が戻ってきた感じで、まっすぐなら歩けるようになりました。


3日目・4日目は薬は内服。

左後ろ足がちょっと内側(胴体の中心側)についてしまう感じがあり、方向転換のときにぺたっと座り込んでしまいます。

そうすると一人で立てるときもあり、補助しないと立てないときもあります。

昼間少しお散歩に出てみたら良く歩き、段差や斜面もふらつきながらも、踏ん張れば倒れない、ということが自分でわかったようで、機嫌がよくなったというか、自信が戻ってきたというか、一段階元気になったようでした。


4日目。

部屋の中なら、どこで座っても、ひとりで立ち上がれるようになりました。

ソファーへのジャンプを試みるも、さすがに失敗。

失敗したときに転ぶと危ないので、ソファーはしばらく乗れないように、わざとモノを載せています。(モノが載っているときは登ろうとしないので)

お散歩もやる気まんまんで、見慣れている私たち以外の人が見たら、歩き方が前よりおぼつかないのはわからないのではないかという程度(普通の高齢犬程度)にまで回復しています。

気になるのは、頻繁にパンティング(息がハアハア荒いこと)があること。


5日目。

再び病院へ。

経過は非常に良好とのことで、パンティングはステロイドを飲んでいるからではということで、お水を多めに飲ませるように(のどが渇くので、いつでも飲めるように)ということでした。

あと5日間薬を飲んで、1週間後にまた診ていただくことに。

雨だったのでお散歩は出来ず、家の中でなるべく歩かせるようにして、あとは左後ろ足のマッサージを(思い出したときにちょろっと)しています。


というわけで、やっとおちついた感じです。


調べてみたら、「脊椎梗塞」は人間ではわりと珍しい病気らしくて、あまり情報がないのですが、犬についてはこういうページを見つけました。


http://www.kyotoar.com/page12


このページの下のほうに「脊椎梗塞」が出てきます。

(タントはMRIはやっていませんが、レントゲンで骨に異常がなかったので、消去法で脊椎梗塞でしょうということになったのです。書かれている症状にぴったりですし、まず間違いないと思います。)


全く痛がらないのに突然歩けなくなるので、見ているほうはわけがわからず、非常に恐ろしい感じがします。

本人(犬)も、痛ければ動かないのでしょうが、痛くないので「なぜ立てないのだろう」と必死になって立とうとしてしまい、最初はかなりショックを受けているように見えました。


こっちも本当にびっくりします。

こっちの寿命は確実に縮まりました。


けれども、リンクしたページにも書いてありますし、タンちゃんもかなり早く回復したように、歩けるようになると思いますので、飼い主が落ち着いて対処すれば、犬もだんだん落ち着けると思います。

この病気は、痛みが無いのがありがたいですね。

痛みが無いので、よく眠れて回復が早いのかもしれません。


私はこの病気について全く知らなかったので、ご参考になればと思って経緯を詳しく書きました。



ともあれ、15歳半のわりに「非常に良好に」回復しているタンちゃんの体力にオドロキです。

こんな状況ですが、みなさま、今年もよろしくお願いいたします。



寝る子は治る。ぐうぐう。






















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。