2005-08-31 16:50:00

13.ロスト・メモリーズ

テーマ:映画 : アクション
ワーナー・ホーム・ビデオ
ロスト・メモリーズ 特別版 〈2枚組〉

=========================
          ロスト・メモリーズ
=========================
         (LOST MEMORIES)


◆監 督◆ イ・シミョン


◆出 演◆ チャン・ドンゴン(友よ チング、ブラザー・フッド・・・) 

        仲村トオル(あぶない刑事・・・)  

        
◆ジャンル◆ SFアクション

◆ストーリー◆

ハルピンでの伊藤博文暗殺が失敗し、朝鮮半島は日本の

一部として存在している京城(現、ソウル)が舞台。


JBI(特殊捜査隊)のエリート日本人の西郷(仲村トオル)と

朝鮮系日本人の橋本(チャン・ドンゴン)とは強い友情で

結ばれている。


時は2009年、不令鮮人といわれる朝鮮独立を叫ぶ武装

組織のテロ活動が激しさを増している。

この事件を担当した橋本は周囲が止めるのも聞かず捜査を

進め、ついに隠された井上財団の秘密、武装組織の本当の

目的などを知ってしまい、JBIには嵌められ殺人犯として

追われるようになってしまう・・・。


◆コメント◆


公開は2001年12月。日本では2004年3月。


日本人が広島・長崎の原爆投下、敗戦の痛みに耐えられず

歴史をゆがめたという設定で、それをタイムマシーンのように

高句麗時代の遺物(月霊)を使って過去にさかのぼり、

元の正しい歴史に戻すというとんでもないお話。

けど、こういうお話は嫌いではない。


映画としても単なる反日の視線ではなく、民族の誇りと

男の友情をテーマにしているのを強く感じたのでそれほど

日本人にとっても不快な内容ではないだろう。

アクションは迫力があり、戦闘シーンはすごいなあと思ったが

その合間合間に感傷的なシーンが挟まれてて、いや、そりゃ

ないだろ・・・とかその間に殺されちゃうよ!と驚くシーンもあり。


あと、ずっと日本として統治されていたのなら、朝鮮系日本人

とは言えども日本語は日本人並みにぺらぺらでなきゃ

いけないとは思うが、チャン・ドンゴンは相当頑張ったとは

思うけど、お世辞にも日本人並みの流暢さとは言えない。

それが残念。それに実際の日韓併合だって日本語教育の

強制と朝鮮語の剥奪をしていたわけだから、朝鮮系日本人

同士が朝鮮語で会話するのが普通に許される状況かな?

独立を叫ぶ武装集団ならいざ知らず、日本人と同様に

働いている朝鮮系日本人が朝鮮語を話せるか?とかね。


不令鮮人(フレイセンジン)とか月霊(ゲツレイ)とか台詞に

当たり前のようにたくさん出てきたけど、発音のまずさや

耳慣れなさで、漢字を見るまではなんのことかわからな

かった。


まあ、そういうありえない設定や細かいところは置いておいて、

私は結構おもしろく観た。


2009 ロスト・メモリーズ公式ホームページ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-08-03 14:54:00

12.僕の彼女を紹介します

テーマ:映画 : ラブストーリー


ワーナー・ホーム・ビデオ
僕の彼女を紹介します 通常版

=========================
          僕の彼女を紹介します
=========================
            (WINDTRUCK)


◆監 督◆ クァク・ジェヨン(猟奇的な彼女、ラブストーリー)


◆出 演◆ チョン・ジヒョン(イルマーレ、猟奇的な彼女、4人の食卓・・・) 

        チャン・ヒョク(火山高、英語完全征服・・・)  

        
◆ジャンル◆ ラブ・ストーリー

◆ストーリー◆

正義感が強く謝ることをしらない警察官のヨ・キョンジン(チョン・ジヒョン)

と心優しい高校教師のコ・ミョンウ(チャン・ヒョク)、ひったくりを捕まえよう

としたミョンウをキョンジンが誤認逮捕したことがきっかけで、二人は恋に

落ちる。

ミョンウは彼女を助けるためなら犯人逮捕の現場まで駆けつけるし、彼女

も彼の高校までお弁当を届けに行ったり、徐々に愛を深めていく二人。

幸せそうな二人だけど、過酷で切ない運命が待ち受けていた・・・。

◆コメント◆


公開は2004年6月。日本では2004年12月。


この映画は、「猟奇的な彼女」のクァク・ジェヨン監督と主演女優のチョン・

ジヒョンが再度組んで作品を作っているとうことでも注目を浴びたが、

そのほかにもいくつか話題を呼んだことがある。

例えば、中国で韓国と同時公開されたり、オリジナルサウンドトラックに

韓国映画で初めて日本語曲、X-JAPANの「Tears」が使われた。

韓国では根強いX-JAPANのフォンがいるから更に人気は上がったこと

だろうが、私は出来れば歌無しの曲だけの方がよかったかなあ。

そして、冒頭のソウルの夜景のシーン。これまでは国防上の理由により

韓国政府から市街の日没後の上空撮影は許可されていなかったそうだが、

スタッフが説得して、初めて撮影許可が下りたのだという。

私もソウルの夜景が大好きで行くと必ず南山(ソウル)タワーに上ったり

夜景の見えるカフェでお茶したりする。

この夜景のシーンにボブ・ディランの名曲「Knockin' on Heaven's Door」

を韓国人歌手Youme(ユミ)がカバーしたものが流れるのだけど、よくマッチ

していてステキ。


この映画の中でのチョン・ジヒョンは前作の「猟奇的な彼女」のキャラクター

とかぶるところがあって、強くて、頑固で、正義感が強くて、でもキュート。

一生懸命全身全霊をかけて愛し、守ろうとする二人。その愛の強さに打たれた。

何度も何度も出てくる彼女の絶叫シーンが切なくて、悲しくて、その度に号泣。

涙なくしては見られない。


公式ホームページ:僕の彼女を紹介します

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。