ばーど@イヌ・サンローラン・アケミ cinéma LIFE 映画が教えてくれたこと

映画は人生だ!映画は世界だ!映画はわたしのすべて!
試写会・映画館で観た映画の健忘録(DVD鑑賞はKINENOTE、filmmarks、coco)
気軽にからんでください気軽にコメントしてください


テーマ:
{9F745153-9915-4FF0-9411-B4767812658D}

カリコレより



映画・コミック・小説の世界が同時進行!アニメーションと実写が融合し、3つの世界が重なり合う新感覚ムービーという謳い文句と興味をそそる予告編。面白そう!!これはなんとしても観たいチュー


でも8/2と7だけの上映…滝汗


観られないかと思ってたけど、なんとか仕事を早く終えてダッシュ💨💨💨観られて良かった酔っ払い



✔️ 監督のコメントから

今作で単独長編監督デビューを果たしたペドロ・モレッリ監督は「ブラインドネス」でフェルナンド・メイレレス監督のアシスタントとして参加した際、同じ世界にいながらもエキストラが盲目のように役者とは違った演技をしていることに驚き、エッシャーのだまし絵の階段のように現実の世界にもいくつも階層が存在し、つながっていることに気付き、今作の着想を得た。お互いの行動が各世界に影響を及ぼしていく今作は「インセプション」にも影響を受けている、と。
 



3つのストリートが交ざり合い、いったい誰がストーリーを支配する!?




いきなりHシーンから始まり…、そして、そこはラブドールの制作会社。PG12だし、エロい?



エロいってか、下ネタ満載ニヒヒ



そしてガルシアのアソコが気になる…滝汗

小さくなっちゃった…びっくり

煙が出てる…ガーン



ラブドール制作を生業にしている女性が理想の男性を主人公にした漫画を描いている。ちなみに漫画の中で彼は映画監督。その彼は漫画の中で映画を撮っていて、その映画の主人公は作家志望のモデル。その主人公のモデルが映画の中で小説を書いている。



えっ


えっ…




そして、ある出来事がきっかけで、その3つの世界が交わり




さか…




あたしの生活、小説の通りになってる?





なに?

 

なんなの?




3つの世界が、それぞれに大変な局面をむかえる…




隣の有名個人トレーナーの元に届くはずのヤクが間違えて、主人公のラブドール制作者の元に届く。

同僚の彼氏に相談し、ぢゃ、ヤクをさばこう

でも、どうやって?

俺の知り合いが売人だ!(いつの間にかムショに入っていたって設定になってるし…)

でも、どうやって運ぶの?国境越えなくちゃならないんでしょ?そんな無理だよ!

待てよ、妻を有名個人トレーナーに寝取られて、その妻そっくりのラブドール制作を依頼した男性にドールを搬入するのが明日だ!その中に入れて国境越えをしよう!

グッドアイデア👍

ってことでラブドールの穴という穴に詰め、元の場所に戻し、よし!!

そして翌日出社したら…

なんと、そのラブドールがないではないかガーンガーンガーン

えーっ、なに!?直接、引き取りに来ただとゲッソリ

ヤバイぞ!追いかけろ💨

ってことで、搬入先の家に押し入り、お風呂に入れようとしてるのを見て、ヤバイ!なんとかラブドールを奪わないと、ヤクが…滝汗

ってことで揉み合い。頭だけを奪還し(頭にも口から大量のヤクをいれてるからね)逃げるのだ。

逃げきったと思ったら、今度は隣の有名個人トレーナーにヤクを盗んだのがバレて、ラブドール制作会社に乗り込んできたー滝汗

そこにラブドールを依頼した男もやってきて、てか、みんな、ピストル銃持ってるよ〜。ってことで三つ巴の乱闘劇!?

有名個人トレーナーは、俺のヤクを返せって言ってるし、ラブドールを依頼した男は、俺の妻の頭を返せって言ってるし、そうこうしているうちに、ヤクを返せって言ってるのが、有名個人トレーナーってことに気づき、俺は個人トレーナーだけは許さない!よくも俺の妻を…、ってことで、もう誰が敵だかわからないー。ここから怒涛の展開に…ゲッソリ



この階層がメインなんだけど、それぞれの階層でも、それぞれに事件が起きていて…




いったい、最後はどーなるのー?!




コメディーで、PG12で、下ネタ多めで、爆笑してる人も多かったし、面白かったです。隣のおっちゃんエンドロール中もずっと笑ってるし、ホント観られてよかった。オススメニヒヒ







ガエル・ガルシア・ベルナルは声だけの出演。だって主人公が描く漫画の中の主人公なんだから。そしてビバヒルのジェイソン・プリーストリーも出てて懐かしかった笑い泣き

{00EAADD3-6F96-4C8B-8035-92C6A3C45A77}
コミックの中のガルシアハート





カナダ・アカデミー賞 脚本賞ノミネート。イサカ・ファンタスティック映画祭 観客賞受賞。カナダ監督協会賞プロダクションデザイン部門ノミネート、音響効果部門ノミネート








{8855E9A9-73B5-4B69-B0D1-85B0F9C8498E}

{5A068EE1-E94A-4008-AB24-B84B163C8376}



【80点】


2017.8.7  シネマカリテ(カリコレ)






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ばーど@イヌ・サンローラン・アケミさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

同じテーマ 「映画 さ行」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。