ばーど@イヌ・サンローラン・アケミ cinéma LIFE 映画が教えてくれたこと

映画は人生だ!映画は世界だ!映画はわたしのすべて!
試写会・映画館で観た映画の健忘録(DVD鑑賞はKINENOTE、filmmarks、coco)
気軽にからんでください気軽にコメントしてください


テーマ:
ヒトラーの忘れもの
{E9053733-B916-4039-A0C6-A26D60DDCFBD}

『本作で描かれているのは、デンマーク人のほとんどが目を背けてきて知られていない史実です。 私は誰かを非難したり責任を追及しているわけではありません。ただ、ドイツ人を怪物扱いしない映画があっても面白いんじゃないかと思ったんです。第二次世界大戦の後始末のためにドイツ人の少年たちが犠牲になるという物語を。でも、結局のところ人間についての映画で、憎しみがいかにして赦しへと変わっていくかが描かれます。国に代わって懺悔することを強要された少年たちの物語です。少ない登場人物たちを通して、誰もが共感できる物語を作り、観客に恐怖や希望、夢、友情、そして生への渇望のパワーを体験してもらいたかったのです。』


監督談






デンマーク軍が、ドイツ軍が海岸線に埋めた無数の地雷を除去するために捕虜のドイツ兵たちを駆り出すところから始まる。ヒトラー憎けりゃドイツ人全部が憎しとということで、地雷を扱った経験が殆どない、まだあどけない顔の少年兵たち11名に、その作業をさせるのだ。その作業はまさに死と隣り合わせ。家に帰ることを夢見て、一つ一つ処理していく少年兵たちだが、飢えや体調不良、そして地雷の暴発などで1人、又、1人と命を落としていく。最初はナチ憎しと思っていたデンマークの軍の軍曹も、この少年たちに、その罪を償わせることに疑問も出てきて…、ラストの展開になるのですが…



ラストの展開がちょっと、いきなりだったので、観終わった後、ちょっと呆気にとられたというか、呆然となりました。





軍曹って、最初、ナチとドイツ兵を憎んでいて、ドイツ兵がどうなろうと知ったこちゃない、関係ないね(『赤い嵐』の柴田恭兵ばり)って感じの嫌なヤツだったから、そこからの…、ラストだったので…





戦争は、戦いが終わったからって終わりぢゃない、そこから先も続くってことが戦争の1番の罪なんだろうな。罪?悲劇?なんだろう…?




どっちが被害者でどっちが加害者とか…




性善説?




性悪説?
 



正義って?




悪って?




赦しって?




誰が誰を?




そう簡単にぱっくり二分できるもんぢゃない。




戦争映画だし、戦争の悲惨さを浮き彫りにしているけど、それだけぢゃなく、人として、何かを問いかけるなんか深い作品だなと思いました。


原題『Under sandet(砂の下)』英題『LAND OF MINE(自分の途中)』







ワイルド/わたしの中の野獣
{0BCC6034-2F5B-42C3-98C4-6BBB48F83353}

ホントにワイルドだわ…





オオカミに惹かれていく女性のはなし。



惹かれるだけなら、ま、わからないでもないが、凛としてカッコいいもんね。でもって、あの手この手を使って捕獲し、自分のマンションに連れて帰るのだびっくり




ワイルドだろ?!




はじめは恐々で、だんだん…




バター犬ならぬ


バター狼!



ワイルドだろ?!



ワイルドです!






いろんなフェチがいるのは分かるけどね…





そして、オオカミと暮らすうち、どんどん野生化していって、本能のおもむくまま、気の向くままに振舞って、脱糞はするし、もうラストなんか、訳わかりません。だけど考えさせられる。なにが本来の生き方なのかな?





HPによるとオオカミはCGやぬいぐるみなどは使っておらず、実写らしいです。




主人公の女優魂には感服です。
















ペタしてね

 

 

 

  

どくしゃになってね!

 

 

 



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ばーど@イヌ・サンローラン・アケミさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。