『料理とアートとセルフセラピー』斉藤しょうこ@岡山

◇hear the sun sings→電子音楽制作
◆びおたん→出張で料理教室
このふたつの活動のことと、セルフセラピーな日常のあれこれ。


テーマ:
4月の備前クラスではビビンバ丼を作りました。




ホウレン草と人参はナムルに、切り干し大根は酢の物、ひじきは甘辛煮です。

切り干し大根の戻し汁が甘く、アクが少なかったので、ひじきを煮る時に使いました。
甘味としてはかすかですが、それでも甘味料になります。

上にかかっているのは、大豆ミートとエリンギのそぼろあん。

ごはんは白米ですが、お店をやっていた時には玄米で作っていました。
ごぼうのきんぴらも乗せてました。

この料理でなにかコツがあるとしたら、それぞれの味の違いをはっきりさせることです。

ホウレン草の美味しさ、人参の美味しさなど大切に、味付けを少しずつ変えながら、少しの違いをはっきり打ち出すこと。

そのための日頃のトレーニングは、外食で五味(甘い、酸っぱい、辛い、塩辛い、苦い)を感じる食べ方をすること。

親方のいない一般人には、外食が全てお師匠さんです。
ファミレスやコンビニ、チェーン店の味が基本編で、お高めな専門店、レストランは応用編になります。

こだわらず、欲望に忠実に、色々なグレードのものを食べてみましょう!

ただし、勉強しようと思って食べはじめても食欲に負けて、ああオイシカッタ!で終わってしまうことがあるので、要注意です。


まあいいけどね。


他には、グリーンサラダとごま油と醤油のドレッシング、温豆腐と新玉ねぎのあんかけ、を作りました。

この玄米酢を使った新玉ねぎのあんかけは今週末のマルイでもやりますよ。

こちらでは豆腐ステーキにかけます。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

宗教とは、

 

人がどう生き、どう死ぬか、ということを

私たちの身体を使って表現することだと思っています。

 


日本人は、無宗教を自称したり、あらゆる宗教の行事を取り入れて人生を彩り豊かにしようとします。
(便宜上、日本人は、とひとくくりにしています。一般論としての日本人の傾向のことです。)

 

 

毎年、お盆の準備にいそしんだり、クリスマスを祝ったりする人々を見ていると、

楽しむことにこれほど貪欲になれるものなのだな、と驚きます。

ホワイトデーに恵方巻に2分の1成人式。

イースターに旧正月にハロウィーン。

イベントごとが苦手な私はよくやるなとあきれるほどです…。

 

日々を生きることに貪欲なそんな日本人のことを、私は無宗教とは思いません。

むしろ楽しく充実して生きることを貪欲にやることこそが、本物の宗教だと思うからです。

 

 

いかに生き、いかに死ぬか。

 

 

何を信じるか、と問い始めた時、

宗教は私たちの身体から分離して置かれます。

 

いかに生き、いかに死ぬか、という問いは、

 

いかに生きたらよいか、いかに死んだらよいか、という問いになるでしょう。

 

 

答えはどこにあるでしょう?

 

自分の外に探すでしょう。

 

 

料理教室をしていると、同じような質問をされることがあります。

 

それは例えば「玄米はやっぱり食べたほうがいいのでしょうか?」というような質問です。

 

私には「私は何を信じればいいのでしょうか?」という意味に聞こえます。

 

そういう時、私は「食べたければ食べたらいいし、もし合わなければやめたらいいです」

と答えます。

 

どっちでもいいから自分の身体に聞いてごらん、という気持ちです。

問い合わせ先を自分の内に置かなければ、幸せも感謝も取ってつけたようになり、その違和感が病気の元になるんだろうなと思っているからです。

 

色んな宗教行事を取り入れたり、歴史を知って納得したり、建築物を見物に行ったりすることで、毎日を楽しく生きようとする日本の宗教観が私は好きです。

 

決して無宗教ではなく、それこそが宗教の本質だと思います。

 

安心したい。大切な人と長く楽しく幸せに過ごしたい。

これが原点でしょう。

 

 

さて、ひるがえって、世間で嫌がられる「宗教」についてですが、

不安をあおりながら、または自責の念をあおりながら、

個人から財産や時間(=人生)や個人の意見や自由を吸い取ろうとする人たちの集団を宗教的とはとても認められないというのが私の考えです。

 

宗教というと、修行とか救いとか、何か特別なもののように捉えてしまうのはなぜでしょう?

 

自分の人生を自分以外のなにかに明け渡すことが、宗教心なんですか?

 

よくありがちなのが、持たないことが善しとされ、財産を手放せと要求されること。

ではその財産の行く先はどこでしょうか?天国ですか?洗浄されて戻ってくるのですか?

財産が底をついたと見たら、どこからでもいいからとにかく持って来いと脅すことが宗教的でしょうか?

 

では信者全員、幹部全員が同じように財産を失えばどうでしょう?

それでは団体は成り立ちません。

集会場、駐車場、宿泊施設、スタッフの人件費などなど。

こんなものが「宗教」を騙るだなんて、私は筋が通らな過ぎて頭がクラクラします。

だからね、それは人を集め、お金を集める団体。

商品は信仰するという行為のトレーニング。

信仰を身に付ける場。

 


そういう畏れを元にした宗教から、生きることを元にした宗教へ。
説法などいらない。


楽しみながら生き、美しい風景に感動し、眠り、また目が覚める。
幸せを見つける楽しさ、幸せを分け合う楽しさ。
この身あっての、世界とか宇宙。
あなたあっての、私の幸せ。
それを感じられる感性が、私たちの身体を救う神さまだと思うのです。

 

 

いかに生きるかを教えてくれるから。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分のものなら完成できるのに...

今日、仕事へ持っていくステンレスボトルを買ったので、そのケースを編みました。





私よく落とすので。

持ち歩くのは少しでいいので200mlの小さいのを買った。
嬉しい(*´∀`)

うちにあったペパーミントグリーンの毛糸で本体を。
縁取りのピーコックグリーンは本体の色に合わせて今日買ってきました。

ちょうどポンポン1個分のペパーミントグリーンが余ったので、喜びながらポンポンを作りました。

実は昼間もインディゴブルーの小さいポンポンを作って携帯につけたところです。




色がいまいち画像に現せなかった。。。


ポンポンはほんとに癒されますよー。
見て萌え~(*´ω`*)
モフモフ萌え~(*´ω`*)(*´ω`*)

たくさん巻いてギシギシに作ると絨毯みたいになってリッチ感が増します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。