2週間ほど出張に行って参りました。


某国で会話をしていると、普通1分で終わると思われるやり取りが、無駄にずーっと遠くまで遠回りして10分ぐらい経過した揚句、質問への回答がない・・ってことが確実に10回中9回はある気がします。

数回のメールのやり取りで終わりそうなことも、現地へ何度か足を運んでようやくわかるってことは、結構な参入障壁ですよね。


その国の方の気質なのか、その国の言語の性質なのかよくわかりませんが・・って、両方でしょうが。。


国内線も5回ほど乗りましたが、時刻通りのフライトは・・ゼロ回

まぁ、そんなものだと思ってますし、墜落さえしなければ、遅れるぐらいは許せますね。


最近はヤトロファブームも一段落の感がありますが、上記某国でも、きっちりとR&Dを行っている企業はペースを落とさずに進めておられるのを見て、負けていられないなっと感じました(^-^)/


AD

豊田通商のプレスリリース


http://www.toyota-tsusho.com/press/20090610_1.cfm



バイオ油原料植物研究販売企業への出資

~ジャトロファ種苗を使ったバイオディーゼル(BDF)事業への取り組み~


2009年06月10日 豊田通商株式会社(以下:当社、本社:名古屋市、社長:清水順三)は、このたび、バイオ油原料植物の研究販売会社である JOIL(S) PTE.LTD. 以下:JOIL(ジェイオイル)、本社:シンガポール国、社長(Chairman): Dr. Tan Guong Ching (タン グオン シン) に資本参加いたしました。今後、当社は、アジア・アフリカ・中南米地域において、バイオ油原料ジャトロファ種苗事業を展開してまいります。


1.背景 当社は、従来より高効率・高品質のバイオディーゼル(BDF)製造プロセスの開発に参画するなど、BDF事業に積極的に取り組んでまいりました。 BDF事業は、原料費コストが半分以上を占め、非食料の原料を、安定して、低コストで調達することが不可欠と言われています。そのため、当社は、BDF事業を進めるにあたり、その入口であるバイオ油原料の確保を目指していました。


2.バイオ油原料植物「ジャトロファ」 ジャトロファは、高品質な種油で注目されている非食料植物です。非農地でも管理がしやすい樹木で、将来、安価に供給できる可能性のある地球にやさしいバイオ油原料です。Temasek Life Sciences Laboratory Ltd.(TLL /シンガポール政府系研究所)は、ジャトロファの品種改良を推進し、優良種を大量に生産する組織培養の技術を確立しました。JOILは、特許技術の独占実施契約をTTLと締結しており、優良種苗の大量生産販売事業を展開していきます。


3.次世代燃料のバリューチェーン構築に向けて このたび当社は、JOILへの出資により、ジャトロファ種苗の販売および農園の開発に参入する機会を得ました。今後は、アジア、アフリカ、中南米地域において、ジャトロファ種苗を拡販してまいります。将来的には、石油で言うなら油田にあたる農園(=バイオ油田*)の開発・拡大と効率経営を目指します。また、地球環境にやさしい次世代燃料BDFの安定供給を目指し、原料入手からバイオ燃料供給のバリューチェーン構築に向けての開発を推進してまいります。


*バイオ油田は、当社の商標登録です。

AD