日本植物燃料、BDF原料作物「ヤトロファ」の栽培本格化(2007年2月13日 化工日報)


 日本植物燃料(東京都港区、合田真社長)は半年後をめどに、バイオディーゼル燃料の原料として期待されるヤトロファ(ナンヨウアブラギリ)の栽培を新たに一千ヘクタール規模で開始する。ヤトロファは非食用のため、パーム油のように食用向けと競合せず、将来にわたって安定した供給が可能。同社はインドネシアで一万五千ヘクタールの用地を活用して栽培する権利を獲得している。今後は優良種の開発を加速するとともに、他国を含め適地の検討を進める。栽培面積を広げるうえで株式上場を視野に入れ、商社などの参画にも期待をかける。種子販売をメーンに事業化を図り、二〇一〇年度には売上高二千四百万ドルを達成する計画。
 ヤトロファは成長が速く、容易に定着する多年生植物。干ばつや害虫に強く、年間降水量四百ミリメートル以下でも生き延び、砂漠など痩せた土地にも植樹可能。農薬や肥料の投入量も少なくてすむ。種子から採取できる原料油量は同量パームの三五%程度ながら、大豆と比べると五倍、ナタネでは三倍を搾り取れる。食用油と競合することなく、安価で安定供給可能なのが特徴。日本植物原料では二〇〇五年から、バイオマス燃料の原料として、スリランカ南部の四百ヘクタールの用地で試験栽培を展開している。
 さらにバリ島とティモール島のほぼ中間に位置するインドネシアのスンバ島で、二十万ヘクタール規模のヤトロファ栽培を実施する計画があり、同プロジェクトにはインドネシア企業とマレーシア企業、欧州のスキャンオイルも加わる模様。このうち日本植物燃料は、一万五千ヘクタールを利用できることで合意した。
 一万五千ヘクタール分の栽培コストは三十億円規模とみられる。同社では収量を最大化できる優良種の開発を急ぐとともに、半年後をめどに一次分一千ヘクタールの栽培に乗り出す。スンバ島以外にもインドネシアの他島、ベトナム、フィリピンといった候補地が挙がっており、これらを総合的に評価したうえで適地を選択していく。
 また二次以降の実施については、資金確保のため上場を検討するほか、商社など相乗り企業の参画に期待している。三年後には一ヘクタールから五トン、六年後には同十トンの原料油を確保したい考え。
 同社事業はバイオディーゼル原料の販売、バイオマス燃料の精製技術開発も含むが、今後はヤトロファの燃料化をコアに位置付け、経営資源を重点配分する。売上高は〇八年度百万ドル、〇九年度四百万ドル、一〇年度二千四百万ドルを目指す。

AD

昔から言われていることですが、国産バイオマスと海外バイオマスは、どちらを優先すべきでしょうか?

僕は、本当の意味でどちらを使うべきかの答えを持ち合わせません。


しかし、「今」手を打たなければ、海外バイオマスも使う必要があるとなった場合、日本が使えるバイオマスはなくなっているだろうな・・と感じます。 


再生可能エネルギー分野のバイオマス燃料において最重要なものは、原料となるバイオマス資源をいかにして、安定的安価に確保できるかに尽きると思っています。そして、バイオマスを生産できる土地は、日本であれ、アジア全体であれ、「有限」です。

 

EU・中国・韓国・アメリカは、マレーシア・インドネシアにおいてすでにバイオマス資源確保で先行しています。


現在マレーシアのパームBDFの製造ライセンスは91の申請に対し、71が許可され、現在申請の受付自体が凍結されています。

現在許可され、公表されているライセンスのうち日本が関与しているものは、71社のうちの1社の10%の株式シェアのみです。

これは、将来のエネルギー確保を考えた場合、本当に残念なことだと思います。(日本企業が関与していて、まだ公表されていないものはあるかもしれませんが)


 巷で言われる、まずは、「国産の資源作物の生産拡大を!」との意見は、なんとなくその心情を想像はできます。

出来ますが、私はこれは間違っている気がします。

 

 国産優先は、良いとは思いますが、それが、海外バイオマスを排除し、国内バイオマスと海外バイオマスを同時に進めてはいけないとの意味だとしたら、僕にはその理由がよくわからないです。

 将来の日本のことを考えると、今現在「国産」のみで物事が進むのは、正直悲しいです。日本が海外バイオマスを必要とするときに、日本が関われる資源が全く無くなっているかもしれません。


 世界のスピードは、そんなにのんびりしていません。


 戦前・戦後のここ約100年の国際社会構造を規定してきた、化石エネルギー支配者による社会支配構造の転換点において、のんびりし過ぎた話は、後世の日本人が悲しむと思うのです。

  

 私は、自分の感じたこと思ったことが正しいとは思っていますが、絶対正しいとは思っていません。

 「海外は今」ではなく、「まず国産」である理由を、「国産」を主張する方は、もっときちんと教えて欲しいと思います。

 

 また、海外バイオマスを今は手掛けない結果、日本の将来のエネルギーおよびアジア圏の海外バイオマスに関してどのような見通しを持っているのかも教えて欲しいと思います。



AD

JatrophaCurcas苗木


インドネシア、チラタに植えてあるEpiの苗木

挿木用にカッティング後、約半年経過したもの

花をつけているものもあり、あと1ヶ月もすれば、早いものは実をつけるでしょう。


AD