http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060829/120566/


富士経済は,バイオマス技術と製品の市場について調査し,「2006年版バイオマス利活用市場の全貌と将来予測」にまとめた。バイオマスに関する調査は2年ぶり4回目となる。報告書では,京都議定書が定めた目標達成に向けて, 2012年度のバイオマス利活用市場の規模が,2005年度の3.5倍となる2528億円に急成長するとした。

 バイオマス利活用市場のうち,特にエタノール発酵とバイオ・ディーゼルの二つの分野の成長が期待できるという。2012年度の市場規模を,エタノール発酵が325億円,バイオ・ディーゼルが126億円と予測した。どちらも2005年度は数十億円程度だった。

 エタノール発酵の商業用製造プラントとしては,バイオエタノール・ジャパン・関西が廃木材を原料とするプラントを整備中であり,日揮も米国のベンチャー企業と組んで2009年に米国で廃木材を利用した自動車用バイオ・エタノールの製造・販売に乗り出すとしている。実証段階にある施設は国内に6カ所あり,2007年には新日本製鉄が食品廃棄物からエタノールを製造する実証事業を開始し,2007年度以降には大手商社が参入を予定している。

 現在の国内のバイオ・ディーゼル製造プラントは,廃食油を原料とする小型装置が中心である。原油価格の高騰でバイオ・ディーゼルの競争力が高くなっており,東南アジアに大型プラントを建設してパームヤシからバイオ・ディーゼルを製造し輸入するといった事業への商社などの参入が予想されている。ただし,新たな森林破壊を引き起こすとの指摘もあるという。

 調査期間は2006年5月~7月で,企業や研究機関など約100件に取材した。

AD

http://www.crosslink.co.jp/seminar/cgi-bin/data_html/1060720152455.html


No.9110Y
BDF燃料事業を本格化!
日本植物燃料におけるバイオディーゼル燃料(BDF)事業への取組み



■講義概要

石油価格の高騰・地球温暖化が騒がれる昨今、BDFも代替エネルギーおよび温暖化対策(CO2削減)の観点から着目を浴びつつあります。
BDFを含む再生可能エネルギーが普及することで、現代社会はどう変わって行くのでしょうか。
1.再生可能エネルギーの重要性。 
2.油糧バイオマス資源保有国の現状を踏まえ、日本の資源確保を考えます。
3.日本の資源確保のための切り口となり得る第2世代BDFについてお伝えします。
4.10年後のBDFのあり方を考えます。

■講義項目

1.再生可能エネルギーの重要性
   (1) 再生可能エネルギー
     ① 地球のエネルギー収支
     ② 京都議定書の意義
   (2) バイオマス資源は無限?
     ① 太陽光・風力はなくならないが、バイオマスは
       無くなり得る
     ②化石燃料もバイオマス(時間軸の違い)
2.日本の資源確保をどうするか?
   (1) マレーシアのBDF業界の現状
   (2) 油糧バイオマス資源保有国から見たマーケット
     (日本・韓国・ヨーロッパ)
   (3) 資源確保のための切り口
3.BDF精製技術の現状と課題
   (1) BDFとは
   (2) 第1世代BDF
     ① 現状と課題
   (3) 第2世代BDF(植物性炭化水素油・エコ軽油)
     ① 現状と課題
     ② 今後の展望
4.10年後
   (1) 食用油とエネルギー作物
5.関連質疑応答
6.名刺交換会
   講師及び参加者間での名刺交換会を実施いたします

講義・Q&A等はご参加された方だけのものでございます。
録音・録画・撮影・伝送システム等の使用は、固くお断りいたします。


■講 師:
日本植物燃料株式会社 代表取締役 合田 真 氏

<略暦>
1998年 京都大学法学部中退
1999年 日本ユニコム株式会社 入社
2000年 グローバルコム株式会社 入社
2000年 グローバルコム株式会社 共同代表取締役就任
2001年 親会社の全株式を買取り 単独代表取締役就任
2004年 日本植物燃料株式会社に社名変更 現在に至る


 




 




主催者 (株)日本計画研究所
開催日時 2006年9月13日(水)10:00-12:00
会場 東京
JPIカンファレンススクエア
千代田区有楽町1-2-14 紫ビル8階(帝国ホテルタワー正面)
03-3508-9070
会場アクセス http://www.jpi.co.jp/map_c.html
※事前登録なしに当日参加の方は、開催要領等変更の有無を上記にお問い合わせください。
受講料 お一人様 : 29520円

【優待参加費(1社で複数名、同時申込の場合に限ります) 1社2名 54520 円  1社3名 74520 円】



問い合わせ先 東京都千代田区有楽町1丁目2番14号紫ビル
株式会社 日本計画研究所 
Tel:03-3508-9070 Fax:03-5512-9377
E-Mail:biz-forum@jpi.co.jp URL:http://www.jpi.co.jp/



AD
2006年08月17日 12時19分

安徽国風集団、安徽中聯公司、清華大学が合弁で建設を進めているバイオディーゼル生産事業(60万トン)の第一期事業(20万トン)が7~9月期中にも正式な生産を始める予定である。

事業には約8億元を投下、2008年までに全て完成、年間の売り上げ30億元が見込まれている。事業は国指定の代替燃料産業モデルプロジェクトの1つ。国のエネルギー・資源総合利用・環境保護に寄与していく。安徽国風集団はプラスチック加工などの事業を中心に展開、安徽中聯公司らとの協力によりバイオディーゼル燃料技術の開発に成功、そのバイオディーゼル燃料は石油、軽油を代替可能な効果があると確認されている。【中国化工報 2006年08月16日】

AD