大豆と歯

テーマ:

こんにちは、受付の曽根です。

寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
あっという間に1月も終わり、もうすぐ2月ですね。

2月3日といえば節分。
節分とは本来、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日に、
季節が移り変わる節日を指しており、
1年に4回ありました。

立春は1年のはじまりとして、特に尊ばれたため、
次第に節分といえば
春の節分のみを指すようになっていったようです。

節分には豆まきをするご家庭も多く、
神社やお寺へ足を運ばれている方もいらっしゃいますよね。

豆まきは中国の習俗が伝わったものとされており、
豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。

昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、
毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、
鬼を退治できたという話が残っており、
「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて
「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じているという話もあります。

また、自分の数え年の数だけ豆を食べると病気にならず
健康でいられると言われています。

畑の肉とも言われる大豆のたんぱく質には
血中コレステロールの低下作用、
肥満の改善効果などの生理機能があるといわれています。

また大豆には、脂質、炭水化物、食物繊維、カリウム、
マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ビタミンE、ビタミンB1、
葉酸など様々な栄養素が含まれています。

もちろんカルシウムも含まれていますので、
歯を強くしてくれる食べ物でもあります。

更に大豆はコレステロールを全く含んでいませんので、
非常に体に良い食べ物です。

ここ数年の恵方巻きブームで、海鮮やお肉、スイーツなど、
様々な恵方巻きが登場していますね。

今年はの恵方は南南東です。

実は2月3日は私の誕生日でもありますので、
余計に楽しみな日でもあります。

皆様も豆をまき、恵方巻きを食べて
良い節分をお過ごしくださいね。


=================================

■歯科のことならお気軽にお問い合わせください。
治療についてのお問い合わせは、下記のピンク色の「お問い合わせフォーム」をクリックして下さい。

お問い合わせフォーム

バイオクリニック東京
フリーダイヤル:0120-860-086

10:30~20:00 土日祝 9:00~18:30
休診日:各週 火水・火日

バイオクリニック大阪
フリーダイヤル:0120-500-123
9:00~18:00
休診日:隔週 木日・月金