2011-02-22 12:36:36

ハジウォン、"ヒョンビンは思いやりが多くかわいい俳優"[インタビュー]

テーマ:ヒョンビン


ヒョンビンに魅せられて

[OSEN =イジョンア記者]スクリーンとブラウン管を縦横無尽に縫って、韓国を代表する女優に成長した彼女、ハジウォンが、もう一度自分の真価を証明した。 最近の最も大きな話題を集めて放映終了したSBSドラマ『シークレットガーデン』でのスタントウーマンギルライム役で視聴者たちの心をとらえたのだ。

自分の仕事を愛し、愛の前で堂々としたギルライムに視聴者たちは熱い拍手を送った。 ギルライムがこんなに魅力的に感じることができたのは、ギルライムを演じたハジウォンがあったからこそ可能だった。

ドラマが終わった直後に会ったハジウォンは、すごく疲れて見えたが、"私の好きな仕事だから幸せだ"と笑みを浮かべた。 明るい笑顔を浮かべる彼女を見て演技をしていない彼女は、想像もできないような気がした。

#演技が嫌いだった時、ない!
どんなに好きな仕事も続けてみると疲れてしたくない嫌な時もあるなずなのにハジウォンは、連日続く徹夜撮影で体は疲れても、疲れたけど仕事を辞めたいと思ったことはないと言った。

ハジウォンは、"幸いにも今までは、今この瞬間まではそのような思いをしたことがない。 もちろん、寝たいと思うことはあるし、時には2日だけ休みたいという気がする時もあるけど、今私がすることが嫌いだとかしたことはなかったようだ"と話した。

今回のドラマは本当に強行軍の連続だった。 ハジウォンは、"たくさん寝るときは三時間ずつ眠ることもある。 一方、3日を初めから寝られなかったこともある。 そのときに集中力が少し欠けてみたら目もひりひりだから目をやっと開けてあり、そのような時がある。 もちろん、その時は気に障る事ではある"と明らかにした。

『シークレットガーデン』の大変な人気は、撮影している中には感じられない時が多かった。 ところが、撮影を終えての運動をして、サウナに行ったのですが、5,6歳の子供が、"ライムのお姉さん!"と呼んでおばあちゃんたちもたくさんうれしいし、そのような姿を見て、多くの愛を受けていることを実感した。

ヒョンビンに魅せられて


#多くの愛いただき魂ぞくぞく
ハジウォンは、"すごく久しぶりにドラマにした映画と体感が非常に異なっている。 本当に多くの愛をいただき、とまどったし、感謝している。 ファンタジーというジャンルが難しく、果たして成功することができるか悩みもしたが、その選択の力が生じた"とした。

あまりにもハジウォンが、お茶の間での作品は成功をおさめたことだし、視聴率に対する負担を感じたりもした。 彼女は"私は視聴率に神経を使わないようにするの視聴率が、その場ですぐ出てくるからで使わないわけにいかなかった。 周囲の視線に少し負担になったりした。 ところが、結果が良くて、本当に幸いだ"ともう一度笑みを浮かべた。

ひとつひとつの作品で、ハジウォンは、精神的にはもちろん、身体的にも本当にエネルギーが多く消費されている作品をしている。 これに対し、ハジウォンは、"監督たちもそのようなお話をされる。 ジウォンが苦労をすればするほどうまくいくようだと言われる。 今回もアクションシーンが多かった。 私はアクションも本当に好きなのに好きなアクションをするには、その時その時の体チュスルロヤする。 スパのようなものが参考になったりするために、今回のドラマの後半にはほとんどその機会がなかった"と回想した。


ヒョンビンに魅せられて

#ヒョンビンさんは、思いやりの多い友人
ハジウォンは『シークレットガーデン』の宝石のようなセリフが多く、記憶に残るセリフもたくさんあったけど、たくさんの物語韓台詞のほか、"ねえ、ちょっとこのようだから私が反しないで?"というジュウォン(ヒョンビン)のセリフが記憶に残ることを挙げ、笑顔を見せた。 本当に甘いこと極まりない言葉だ。 腹筋運動場面も記憶にたくさん残っている。

ジュウォン役のヒョンビンと甘く愛を描いていく場面では笑いのためにNGもたくさん出た。 最終回撮影するときは、雪合戦のシーンがあったが、すごく面白く撮影した覚えがある。

ヒョンビンと演技呼吸はどうだったのかという問いに、ハジウォンは、"呼吸はとてもよく合った。 お互いに相手が演技する時、横で演技もしてくれそうだった。 ヒョンビン氏は、思いやりも多く、魅力的な友人だ。 お互いに目を見ながら演技する時も楽で良いそうだ。 また、実際に顔を見ても笑いが出たことがある。 すぐにチェンジされた時、ヒョンビン氏がかつら書いて、ライムが演技をする時だった。 ライムが演じる時は本当に可愛かった。 女らしくて繊細な演技も本当に上手だと感じた"と話した。

続いて、"そのようにかわいい時もあるけど、またある時は私よりも弟なのに兄のようで男らしい時もある"と評価した。

ハジウォンは、果たして二人が愛を成すことができるか自分でも本当に気にしたが、ハッピーエンドを迎えることができ、幸せだったとし、結末が気に入ったと打ち明けた。

<略>


happy@osen.co.kr
<写真>チヒョンジュン記者jpnews@osen.co.kr


PR

コメント

[コメントをする]

1 ■良かった~!

お仕事にブログのup、お疲れ様です。
昨日から、少し心に穴があいたように・・・
帰国したのヒョンビンの姿にホットしたのに。
つい3/7がよぎってしまい。
でも、今日の記事を読んでたら、暖かい気持ちになりました。ただ、嬉しくて・・・
有難う御座います。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード