★ご質問★Facebookフレンドからの依頼

Hello Sir / Madam

I am (             )  from Japan. I am writing on behalf of my future husband, 2nd lieutenant Paul Fox with military code number USB427181. He is currently in a peace keeping mission in Syria and we have been in a relationship for some time and i want him to come over to meet with me and my family in Japan for proper planning of our marriage and i will be so much grateful if his leave request is granted.

Yours sincerely,

(             )

以上のメッセージを送るようにとな依頼を受けていますが、送って良いのでしょうか?

 

■ご回答■(誠に勝手ながら、個人名を含むコメントの内容は削除させていただきました。)

結論から言うと、依頼通りにメッセージを送るべきではありません。理由は、質問者様もきっとお気づきなのでこちらにご質問くださったのだと思いますが、これは明らかに詐欺だからです。どうか彼を友達削除し、ブロックなさってください。メールをお出しになるべきではありません。

 

メールの文面からしてアフリカの詐欺師が書いたものであることは明らかです。小文字のiが使われています。

 

それから、軍人の休暇申請を配偶者や恋人がするということはありえません。軍人は自分で自分の休暇を申請します。

 

これはMilitary Leave Scamなどと呼ばれていて、手口は以下の通りです。

 

●恋人となった軍人から、あなたに会いに行くために休暇をとる、もしくは退役してこれからともに人生を歩んでゆきたいと言われる。そして、休暇申請のため、上官や軍の総務(エージェントなど)、あるいは滞在国政府などに許可を得る必要があるといわれ、上官やエージェント、滞在先の公務員などあてにメールを書くように言われる。なんて書いてよいかわからないというと、質問者様のように相手が例文を書いてきて、この文面で送るように指示してきます。この他、危険な任務をはやく終えさせてほしいという嘆願を上官にするように頼んできたという話も、幸い詐欺被害未遂で終わった方から伺っております。

 

●メールを送ると、メールの宛先の人物から返事があり、直接休暇や退役の申請料を請求して来る。もしくは、宛先の人物が休暇や退役などの申請をするサイトを指定してくる。軍の公式サイトをまねた偽サイトには、相手の軍人のID番号を入力するとその人物のプロフィールが出てくるように作ってある。(しばしば、どの番号を入れても同じプロフィールが出てくることもあり。かなりいい加減なつくりのサイト。) サイトから申請すると何らかの形で申請料が請求される。

 

休暇や退役の申請料はだいたい1000ドル前後が相場のようです。これはお試しセットで、この1000ドル程度の送金ができると判断されると、この後それ以上の送金が要求されます。申請料を振り込んでしまったらこの後どうなるのかご説明しましょう。

 

1)    兵士の交通費を要求してくる。(このあたりで2000ドル台に倍増)

2)    兵士の休暇中の代理の士官を配置する費用。(3000ドル台)

3)    兵士が無事にあなたのもとに到着するための保険料を要求してくる。(もっと増える)

4)    兵士が出発するが、恋人のための高額のプレゼントや、二人で将来暮らすための多額の現金か金塊を持参していた、あるいはマリファナなどを持参していた、など様々な理由で兵士がトランジット先で差し押さえられる。差し押さえられてお金もおろせない状態のため(しかしなぜかスマホ使ってメールができる)、代わりに罰金や税金、保釈金などを払ってほしいと兵士から泣いて頼まれる。このあたりでもっと増額。

5)    結局兵士は恋人の待つ国に到着することができず、病気になるなどして今度は医療費が求められる。

6)    あるいは国に残した子供が病気になり、その治療費が必要になるが、兵士はお金をおろすことができないため、未来の継母である恋人に代わりに払ってほしいと泣いて頼んでくる。

ほかにもいろいろ典型的な筋書きが存在します。

 

ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇

 

きっと何か月かお付き合いを続けて、相手に好意をお持ちかもしれません。もしかすると、現実の男性なら言ってくれないような素敵な言葉を何度となくかけてくれて、本当に良い人だと思われているかと思います。でも、彼とつながっていることでプラスとなることはありませんのでぜひ彼に何も告げずにブロックなさってください。相手はアフリカの犯罪者集団です。

 

本物の軍人が休暇をとる場合、配偶者や婚約者からの申請は必要ありません。軍でも普通の公務員でも、私企業の社員でも、休暇は自分で申請しますね。奥さんやガールフレンドが休暇申請のための手続きをしなければならないとしたら、軍人や国連職員などで戦地に行きたいという人はいなくなります。

 

もし、日本のいちブロガーの証言だけでは確証が持てないようでしたら、本物の軍人や軍人の奥様に是非ご確認ください。以下、ご紹介です。

 

Captain James Văn Thạch

青い承認済みマークのついたフェースブックページをお持ちの軍人さんです。彼自身、なりすましの被害を受けた写真盗用被害者で、積極的にAntiscamの活動に取り組まれています。時差もありますし、勤務中はご返事ないと思いますが、ページに「いいね」をした後メッセージ送ると軍人らしい簡潔なご返事を下さいます。ベトナム系移民なので英語がシンプルで分かりやすいです。

 

国際ロマンス詐欺撲滅協会(Japan)

日本語のフェースブックページです。日本語でご質問されると、有益な回答をしてくださる方がおられるでしょう。

 

 

くまクッキーくまクッキーくまクッキーくまクッキーくまクッキー

 

 

写真はフェースブックの偽兵士が使っていたもの

AD
ロマンス詐欺について扱ったニュースビデオです。
Military Romance Scams https://www.facebook.com/MilitaryRomances/
についても紹介されています。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
AD

このブログに検索で到達する方々の多くはミリタリー詐欺に関連したキーワードで来られるようです。相変わらずミリタリー詐欺は多いですね。

 

米国国防省のホームページには将官のプロフィールが掲載されています。もし、お友達になっている米軍将校が実在する将校の名前や階級を使っているのであれば、ぜひここを検索してみてください。

 

例えば、その将校がすでに退役している(Formerとなっている)とか、駐在しているのがアフガニスタンではないとか、アフガニスタンに行っていたのは事実だがそれが10年前の話で今はペンタゴンにいるとか、結婚していて奥さんと子供と孫たちがいるとか、そういった情報が書かれています。たとえ実在する将校の名前と写真を使っていても、事実と反する話が相手から出てきていれば確実になりすましですよ。もちろん、相手にそれを確認しようとしたら、「秘密任務なのでペンタゴンにいることになっているが実は今はシリアなのだ」などと言ってきますが。

http://www.defense.gov/About-DoD/Biographies

 

この国防省のホームページにプロフィールが掲載されているレベルのオフィサー(文官も含む)だと、男性でも女性でもネットで異性と長時間チャットしている暇などないでしょう。

 

犬しっぽ犬からだ犬からだ犬からだ犬からだ犬からだ犬からだ犬からだ犬からだ犬からだ犬からだ犬あたま

 

では例を見てみましょう。

General Philip M Breedlove 

(romancescam.comの記事はこちら

名前の最後にLoveがつくからなのか、ニコニコ笑顔が憎めない感じだからなのか、よくフェースブックでロマンス詐欺師の偽アカウントを見かけます。

●プロフィールの最初に;2013年5月 ヨーロッパ連合軍司令官と米国欧州司令部の司令官。つまり、今アフガニスタンやイラクやシリアにいるはずないですね。

●プロフィールの最後に;大将はシンディ夫人と結婚していて、サマンサさん、レベッカさんという2人の娘さんとダニエルさんという息子さんがいる。

詳しい経歴などを全部消化できなくても、この2つの情報で、本物が既婚でお子さんが3人いて、戦地にいるわけではないことはわかりますね。

 

 

 

AD