詐欺師によく写真が盗用されている催眠療法士のSteve G Jones博士。Youtubeや自分のサイトを使ってインターネットをフル活用している方なので、写真は大量に流出しています。そして彼は無断で自分の写真を盗って犯罪者たちが使っていることをご存知です。偽の名前使うやつもいるし、彼の名前を使うやつもいるということもご存知です。彼は会ったことのない人物にお金を送らないように、それから相手から友達リクエストが来たら何人の友達がいるかなどを確認するようにと訴えています。

 

しかし写真盗用被害者には何もできません。被害を止めるのは、被害者の方が気づいて送金しないことです。彼のメッセージを下記のリンクでお聞きください。

 

ビデオのリンクはこちら。

https://www.facebook.com/100010131904810/videos/320760498271678/

 

 

AD
ビデオチャットのトリック。これで詐欺師は被害者を信じ込ませます。あらかじめ記録されているビデオクリップをスカイプやほかのビデオチャットでストリーミングするわけです。

だから画面の向こうにいる相手が必ずしも本人とは言えないのです。繰り返し流されるビデオです。

相手に目の前で紙にあなたの名前を書いて見せてほしいと言ってみてください。詐欺師なら、突然ビデオチャットができなくなり、接続に問題があるなどと言い訳をします。

詐欺師をブロックして立ち去りましょう!!




スマホなどでビデオが表示されない場合、こちらをご覧ください。

AD


スマホなどでビデオが表示されない場合、こちらをご覧ください

John William Griffin Jr. Facebook antiscam group より。

詐欺によく使われるビデオシリーズ3

JOHN MAGEAUさんのアイデンティティを盗んで使っている偽アカウント


本物の写真の男性はカナダ人で、いかなるソーシャルネットワークもつかっておらず、インターネットで恋愛対象を探してもいません。詐欺師は彼のアイデンティティを使って女性を騙します。


これはBridge Staffing Servicesの社長である本物のJohn Mageauさん本人からのメッセージです。


『この写真は私であり、私は本物です。私の写真はある非道な仕方で盗まれました。なぜ私の写真で誰かが別の名前で成りすましているのかわかりません。私は彼らが何者なのかを見つけ出そうとして偽物が登録されているサイトすべてに連絡を取り、カナダの連邦警察にも届け出ました。私以外のなりすましが私の写真を使ったために傷ついたみなさんにはお気の毒に思います。もしオンラインで誰かに出会ったなら、それが本物かどうかを確認すべきです。その人にカメラの前で花に触れるとか水を飲むなど何でもさせてみることです。本当の人かどうか確認して。もし教育を受けた人で40代であれば、ほとんどの人は英語の書き方も話し方もとても良いです。そうでないなら警察に届け出てください。


彼らがもし自分は愛すべき人で、気遣いのある人物で…などと良い人であることを主張してきたら、おそらくはその人はそうではないでしょう。質問をして確認し、グーグルで検索してください。私もネットを使用し始めて騙されました。だから気を悪くしないでください。相手が本物かどうかを確認して、もし相手がそれを拒絶したら彼らは本物ではない。だからそこを立ち去る。


私は怒りのメールに埋もれたくないですし、私のなりすましがいかにしてあなた方を騙したのかといった話を聞きたくないので、ここで自分のメールアドレスは公開しません。このメッセージが助けになれば幸いです。』


詐欺師たちは無実の人々の写真を盗み、偽の新しいプロフィールを作ります。



TIP#
詐欺師たちはメッセージにコピペを使います。なぜなら彼らのほとんどは教育を受けていない無学な連中だからです。少しばかり英語ができて、1日に100人も被害者になり得る人々とやり取りをするのに楽だから、英語のメッセージをコピペします。

詐欺師たちはほとんど被害者を名前で呼びません。なぜならメッセージを編集して名前を置き換える手間が省けるからです。彼らは“Honey”, “Baby”, “my Queen”, “Angel”, 等と呼んでくるでしょう。









ビデオが表示されない場合、こちらをご覧ください。

こちらのビデオは本物のJohn Mageauさん。彼は会社経営者であり、家族がいて、オンラインで恋人を探してはいません。

詐欺師たちは彼のアイデンティティを盗用し、彼の写真とビデオを使って女性を罠にかけます。詐欺師たちは絶対に自分の本当のアイデンティティを使いません。写真の人も詐欺への写真盗用という視点から言うと被害者です。

本物のJOHN MAGEAUさんはソーシャルネットワークを使っていません。彼はオンラインでの恋愛を求めてもいません。見知らぬ人とチャットを始める前に良く調べてください。そしてリアルで会ったことのない人物がお金を求めてきたら、それは詐欺です。夢は終わり。

あなたはいくつかの写真と優しく甘い言葉で恋に落ちるかもしれない。でも愛した相手はあなたとチャットをしていた相手ではありませんでした。相手は詐欺師の成りしすましなのです。


AD
John William Griffin Jr. Facebook antiscam group より。

SNSや婚活サイト、デートサイトなどで知り合った相手と実際にビデオチャットをしたために、相手が本物と信じ込まされ、結果として相手の『どうにもならない困った状況』に同情して送金してしまったという詐欺被害者の方は少なくありません。でも、そういう相手に限って、写真が結構よく知られた、ここ数年アフリカンの詐欺師に写真が盗用されているものだったりするのです。


ビデオチャットのトリック

詐欺師や変態たちが何も知らない人々やWebcamのモデルのチャット動画を集め、そのビデオをSkypeを使ってストリーミングしています。スカイプで姿を見せた相手は、詐欺師が再生した動画です。詐欺被害者の多くはこのトリックに騙されます。なぜなら彼ら・彼女らは相手をビデオで見たからです。

相手が本物かどうかを確かめるため、任意の動作を要求してみましょう。例えばすぐに手を振るとか、親指を挙げるとか。ビデオに写っている相手をそのまま信じるべきではありません。


下のビデオは、カメラのプログラムを使ってSkypeで録画済みのビデオ動画をストリーミングするかを示したものです。

ビデオに写っている男性はイタリアのモデルです。この種のトリックに関する警告を普及啓発する目的で、このモデルのビデオ動画が使用されています。





(スマホなどでビデオが表示されない場合、こちらにアクセス。)

ビデオ通話中に声が出ないのも赤信号でしょう。常識を働かせてみれば簡単に相手が偽物でビデオがあらかじめ録画されているものだとわかります。

相手にあなたの目の前であなたの名前を書いて、すぐにそれを見せるように要求してみてください。本当にライブ映像なら、相手はあなたの要求通りにできます。でもろくがされたビデオをそのまま流しているのであればそれはできません。


-----------------------------

翻訳終わり。以下は私のコメントです。


ビデオトリックによく使われる詐欺師の写真・ビデオについても後ほど紹介してゆく予定です。


ところで、ビデオチャットでよく悪用され、被害者に対して詐欺師がストリーミングで流しているビデオ動画のいくつかは、詐欺被害者の男性のものです。


ある男性被害者の方は、相手の偽の女の要求に従い、かなりきわどい姿をビデオチャットで曝してしまい、その姿を録画されてしまいました。

その男性を唆した女はもちろん偽物で、男性ターゲットの詐欺に使われるビデオや写真はAV女優のものです。プロの女性のビデオをストリーミングで流した後、偽女が『私も見せたのだから』といって男性にも恥ずかしいことをさせたのでしょう。


詐欺師はその男性の写真と映像を今度は女性を騙すのに使います。男性のその恥ずかしい姿をビデオのストリーミングで被害者女性に見せ、今度は女性に同じようなことをするように要求してくる。女性がそれに乗ってしまい、自分の姿をさらけ出してしまうと、どんなことになるのでしょうか? まず詐欺師は女性の姿をスクリーンショットで撮るか、ビデオで録画します。


女性がなかなかお金を送ってくれない、あるいは詐欺だと気づきコンタクトを取りたがらなくなってきた等というときに、その恥ずかしい動画や写真をもとに脅しをしてきます。


あなたが男性であれ女性であれ、ネットでしか会ったことのない相手、本物か偽者か定かでない相手に、後々脅しのネタにされるような恰好を曝すのは非常に危険なことです。絶対にそのような話に応じるべきではありません。たとえそれで相手が機嫌を損ねたとしても。


相手が仮に本当に本物の人だったとしたら、そしてその人がその種の要求をして来たら、その人はその程度の人間でしょう? 言うとおりの姿を見せないで期限を損ねたとしても、それでおしまいにできて正解です。 


もし、恥ずかしい写真や動画をネタに脅されたらどうするべきか。こちらもご参照ください。答えは簡単。相手とのコンタクトを絶つ。メアドやSNSや携帯電話番号を変える。相手はお金が目当てですから、脅しにならなければ写真やビデオをどこかにばらまくという脅しを実行することはありません。但し、脅しは免れても、男性のビデオ映像は次の詐欺で使われる可能性はあります。詐欺被害者の年齢層を考えると、女性のビデオを同じ使い方される可能性は低いです。女性を装うロマンス詐欺の場合、若いAV女優の写真やビデオを使うのが定番です。