最近、『子供を使った手口』の国際ロマンス詐欺の話もよく聞きます。戦地からの荷物や休暇申請などといった話だと、常識で考えれば『おかしい』と思えるし、『会ったことのない人の荷物は受け取れない』と断る方も少なくないです。

 

  しかし、子供の病気を理由に送金を要求されると、『送金しなかったら本当に子供が死んでしまうのだろうか』という心配も生じます。人道的見地から送金してしまう方も少なくないかもしれません。

 

 

 

 

さて、シリアにいると主張する偽軍人の息子はガーナの学校に通っていて、そして学校で病気で倒れて病院に担ぎ込まれ、前金を支払わないと治療ができないと医者に言われたといいます。そして早く送金して前金が支払われないと子供の治療ができず、死んでしまうのだという。

 

珠子が実在するガーナの病院に電話をしたことにして、次のようなメッセージを送ってみました。(ネットで検索かけたら、彼が言った名前の病院は存在しました。仮に本当に電話かけたとしても、Vincent Andersonという白人の子供が入院していることはないと言われるでしょう。)

 

珠子: そんな人その病院にいないわよ、嘘つき! もうメールしないで頂戴、ブロックするわよ!

 

Andy Blinks: Why do you lied to me, when you are not willing to help me. i have write to my son teacher, and my son is still lying down there in the hospital and you are here claiming you have called them, how could you done such thing, why. send me the number you called them with.

【詐欺師は息子の命が危ない状態にいて戦地で心配する父親を演じます。そんな人病院にいないと言われたと伝えると、息子の先生から息子がまだ病院で危険な状態だと言うのに、嘘ついて病院にそんな人いないと言った、なんで僕を助けてくれる気がないからってそんな嘘をつくんだと言ってくる。】

 

珠子: あなたの息子がその病院に入院しているという証拠がないわ。息子さんが紙に自筆で名前を書いた紙をもって写した写真を送って。

 

Andy Blinks: You are such a wicked woman, how could do that, when you don't want to help.

【詐欺師はあくまでも自分は可哀そうな息子を助けてほしい父親を演じます。そして珠子を悪い女だと言ってきます。ここでからかって終わらせようと思い、珠子も言いたい放題。】

 

珠子: あなたは怠慢な嘘つきで学校も行ってないから、何もしないで楽してお金をとろうとしてるんでしょう!

 

Andy Blinks: You know what, i regretted talking to you, first place. Am thankfully to God, because someone has already help me out and my son is alive. I never knew you are this heartless and wicked.

【あくまでも珠子が薄情な悪い女でこんな女に引っかかったことを後悔しているという。そして神様の思し召しで誰かほかの人が助けてくれて息子が助かったと告げる。珠子はもうどうでもよくなってきたので売り言葉に買い言葉で遊びます。】

 

珠子: あなたが悪辣なお金が大好きな小猿で嘘をついてお金をせびっているってことはお見通しよ。あなたの息子なんて存在しない、ただ守銭奴のドブネズミがいるだけ。もうメールしてこなでちょうだい! さようなら。

 

Andy Blinks: What, you called Monkey, oh i see, you are so disrespectful, are you a pervert.

という言葉に反応してしまう詐欺師。そして珠子のことを人に敬意を払わない変態だとまで言います。】

 

珠子: ええ、詐欺師に敬意を示す理由はないわ!

 

この後、詐欺師からの連絡が途絶えます。利口な奴なら、罵声を飛ばさずに詐欺だと気づかれたことに気づいたら黙って立ち去ります。送金する気のない相手に時間を無駄にさせられたくないからです。こいつは罵声の応報に乗ってしまいましたね。バカですね。乗らなかったら、フィクションの世界の珠子は「やっぱり悪いこと言ってしまったかしら」と思い直していたかもしれないのにね~爆  笑

 

『病院に電話したけど、その名前の患者いない』と言われたと詐欺師に伝えた場合、詐欺師によっては『救急で名前も知られていないかもしれないので、担当医の携帯に電話してほしい』と指示して「医師」の携帯電話番号を伝えてくることもあります。当然ですがその「医師」も詐欺師の仲間ですので、本物の病院のサイトに電話して「いない」と言われた患者が「いる」ということになって、医師が送金を促してくるでしょう。そして、もしかすると子供の泣き声(ママ、助けてなどと言って泣く)まで聞かされるかもしれませんね。詐欺師だと疑うべき相手から子供の入院先の医師の電話番号だとして本物の病院のサイトにはない電話番号を知らされたら、間違いなくそれは詐欺師の電話番号であり、そこに電話をしてしまったら、すっかり罠にはまります。

 

子供が入院していると言われていて、ネットで検索したら本物の病院が存在することがわかったら、詐欺師から伝えられた電話番号ではなくて病院の本物のサイトに掲載されている電話番号に電話することです。そうした結果、「それは詐欺ではないですか」と病院側に言われたというお話も被害者の方から伺ったことがあります。

 

但し病院サイトさえも作っていて検索かけると偽物が出てくる可能性もあります。病院サイトが本当に本物かどうか確認するため、scamadvisorのサイトを使うとよいでしょう。小さなクリニックならともかく、重病患者が入院するような病院が無料や格安のドメインプロバイダーでホームページ作っているということはないでしょう。

 

【終わり】

ねずみねずみねずみねずみねずみ

 

子供の病気や事故を理由に送金を要求してくる詐欺は、被害者の方も心を痛めます。

 

誰かの警告を信じたり、このようなブログを読まれたりして詐欺だと納得して送金しないことにした後でも、心が痛むでしょう。

 

子供の病気や事故で送金要求された方は、『じつは本当に子供さんが病気だったらとおもうと…』と考え、半信半疑ながらも病気の子供の写真を見ながら『送金しなかった結果本当にこの可愛い子供が死んだら、自分は一生悔いが残るのでは?』と思うかもしれない。

 

本当にひどい手口だと思いませんか?

 

こんな手口に引っかからないためには、見ず知らずの人がSNSなどで近づいてきたら警戒することです。知らない外国人を軽い気持ちで承認しないことです。

 

特にシリアやアフガニスタンにいるという軍人や医師やジャーナリストとくればほぼ間違いなく詐欺師のなりすましなのです。そんな人物が子供の医療費を肩代わりしてほしいと泣いて頼んで来たら絶対に詐欺なのです。絶対に、本人や子供が泣きついてきても、送金すべきではありません。たとえあなたのことを薄情だ残酷だ、鬼だ悪魔だと言われたとしてもです。

 

軍人や国連などで戦地や紛争地域で仕事をする人なら、きちんとした保険に入っています。ですから子供が本国にいようと第三国にいようと、医療費は保険でカバーされます。例えば米軍ならTricareという保険に加入しています。

 

緊急事態ならどこの国の医師も人命第一です。医療費の前金が支払われなければ治療ができないと言われたら詐欺とみなして間違いない。

 

珠子のように「薄情な女だ」と言われて罵声を受けるだけで終わるならまだ良いです。しかしながら、詐欺師がまだお金がとれそうだと判断するなら、別の筋書きもあるでしょう。

● 『誰かが助けてくれて大丈夫だった。あまりにも焦ったため君を苦しませてごめん。僕が悪かったよ』などといって撚りを戻してラブ/ハニーメッセージを再開し、別の機会に送金要求をしてくるかもしれません。

●あるいは、子供が死んだことにして、送金しなかったことに対する責任の追及をしてくるかもしれません。偽弁護士などが登場し、仮想的な訴訟まで起こされるかもしれません。そして訴訟費用や弁護士費用、賠償金などと称してお金がとられる。当然ですが登場する警察や弁護士や医師などのキャラクターもすべて詐欺団の自作自演の偽物。

 

子供の病気や事故を利用した筋書きに絶対に騙されないでほしいです!

 

AD

  最近、『子供を使った手口』の国際ロマンス詐欺の話もよく聞きます。最近、このブログへのキーワード検索でも「子供の病気」「詐欺」関連がありましたし、コメントもいただきました。

 

 戦地からの荷物や休暇申請などといった話だと、常識で考えれば『おかしい』と思えるし、『会ったことのない人の荷物は受け取れない』と断る方も少なくないです。

 

  しかし、子供の病気を理由に送金を要求されると、『送金しなかったら本当に子供が死んでしまうのだろうか』という心配も生じます。人道的見地から送金してしまう方も少なくないかもしれません。

 

  『love honey kiss』の連続の面白くない話は省略して、送金要求のところだけご披露します。このBaitingは写真をフェースブックからダウンロードする前に誰かが通報して詐欺師アカウントがFBから削除されてしまっていました。写真がないと詐欺情報掲載サイトに載せられないことが多いので、この獲物の価値はなくなりました。

 

しかし削除される前にメアドを交換していたので、この詐欺師は珠子のメアドにメールしてきました。シリアにいる米国軍人という設定でしたが、子供はガーナの寄宿学校に通っているという話になっていました。そこで、送金要求まで待ってみたら、特にほしかった子供の病気や事故を理由にした送金要求が出てきたのでこちらに晒します。

 

 

Andy Blinks: Hello, I have a problem here right now.

I need your financial help okay. 

【経済的な助けが欲しいと言ってきました。「okay」が最後に着くのがガーナかナイジェリアの英語らしい表現です。】

 

珠子: なぜ?

 

Andy Blinks: Please am sorry to bother you. 

My son class teacher just sent me an email, yesterday that my son  is seriously sick that he was rush to the hospital.today making it two days  now he as not been treated, they ask him to pay for deposit before he  can be treated Dear,  they ask him to pay the some of 2500 US Dollars, and he only have one thousand one five hundred dollars with him, and due to security reason here in Syria, will are not allowed to send money out of here for now or even carry fund. honey  please, my son is the only son i have, please you have to help me please any money you help me with i will pay you in a million times please honey  i don't want my only son to die and my retirement is very closer now honey  i beg you in the name of God, i want you to send the money to him today.through western union money transfer as soon as you send the money to him i want you to forward  the mtcn number and your senders name to me so that i can forward it to his class teacher to day. God will be so very happy if you are able to save my sons life. you will be reworded here on earth an also in heaven Dear. please, i will give you the account Number if you need it, please.

【要約:息子の学校の先生からメールがきて、息子が重い病気にかかり救急車で病院に送られた。前金として2500ドルを支払わないと治療ができないと医者に言われたが、息子の手元には1500ドルしかない。そして保安上の理由からシリアから送金することが出来ない。必ずお金を返すから、代わりに送金してほしい。ウェスタンユニオンから送金してMTCNを連絡してほしい。もし息子を助けてくれたら神様も喜ばれて祝福を受けるだろう。お願いだから助けて】

 

珠子: 病院の名前は? どこの病院?

 

Andy Blinks: I think is Jubail Specialist Hospital in Accra here in Ghana.

 

【ここで注目、here in Ghanaってバカな詐欺師が書いてしまっています。そう、ガーナ人なんですね~そしてガーナにいるから「Accra here in Ghana (ここガーナのアクラ)」って書いてしまっている。ここで一気に心配する気持ちが失せる珠子です(lol lol 大爆笑)】

 

 Googleかけたら、病院は存在します。念のためScamadviserでサイトを調べてみると、ハイリスクなガーナのサイトだと出てきましたが、ドメインは9年使われている。ドメインの登録がフリーメールでしたが、ガーナではそれがありなのかもしれません。

Website: jubailhospital.com
Title: Home | Jubail Specialist Hospital
Description: Responsive Medical Health WordPress Theme
Type: Beauty,Hospital

Domain Age: 9 Years, 77 Days
Website Speed: Slow
Website Value: $177.56

Organisation: Visionet Networks LTD
Owner: Visionet Networks LTD
Owner Address: P.O.Box 3969
Owner City
: Accra
Owner Postcode: 23321

 

Andy Blinks: Please, am running out of time, you have to help me please, i don't want my son to die please.

Yeah, that's the name of the Hospital, i just confirmed it from his teacher right now.

Hello, are you here.

【ここで注目、時間がないんだと促してくる。緊急性をアピール。息子が死んじゃうと言う。そしてすぐに返事がないと「そこにいるのか」と聞いてくる。】

 

珠子: ガーナにいるの? ガーナはアフリカでも最も進んだ国の一つよ。ATMだってあるし、インフラもそろっている。自分で銀行に行ってお金をおろすことね。

 

Andy Blinks: Am not in Ghana for God sake, is my son that school there, am in Syria right now.

【彼は「Here in Ghana」と書いてしまっていました。ここでガーナにいることをかたくなに否定。これ以上突っ込むと彼の間違いを気付かせる結果になるので、ガーナにいるのかシリアにいるのかといった追及はここまでにしました。】

 

珠子: 息子さんの名前は?

 

Andy Blinks: Is name is Vincent, i know we have not chat to know ourselves very well, but i really want you tell help save is life, please.

【送金することで息子の命が助かることを強調する。】

 

珠子: フルネームがVincent Blinksね?

 

Andy Blinks: Is not, that i don't have money here. but we all are not allowed to carry fund or send money from here.

Is not Blinks, is Vincent Anderson okay.

 

【ここで注目、戦地にいるために送金したりお金を持ち出すことが許されていないという。そして彼の名前はAndy Blinksなので息子の名前がVincent Blinksかと思ったらVincent Anderson、何だかおかしいですね。これがイスラム教徒でイスラム名だったらありなんですけれどね。たとえは父親の名前がAbdullah Hussainで息子の名がFaisolだったら、息子のフルネームはFaizol Bin Abdullah、(アブドゥラの息子ファイゾル)になります。Andyの息子だからラストネームがAndersonってことですよね(笑) アメリカ人の名前の構造ではないです。】

 

  元英国植民地系の英語圏で、もともと苗字がなくて、近代化によりファーストネームの他にラストネームをつかうようになった文化圏では本人の名前+父親の名前という組み合わせはあり得ます。

 

  私の友人で、ボルネオ先住民族のマレーシア人がいます。彼女はキリスト教徒の多い民族で、名前は(仮名にしますね)『Mary John』という英語名。メアリーさんのお父さんの名前がジョンさんなのでメアリー・ジョンになっているのです。民族名も持っているようですが、外国人やほかの民族と英語でコミュニケーション撮る場合は発音しやすい英語名を好むそうですし、IDカードもその英語名(つまり正式名)。民族名はごく親しい親族などの間で使われるのかもしれませんね。元英国植民だった英語圏であるナイジェリアやガーナなどもそういうネーミングがありうるのかもしれません。

 

珠子: じゃあその病院に電話をして私のクレジットカードで支払うようにしてあげるわね。いい? じゃああなたの苗字がアンディで名前がBlinksだったのね。それで息子さんのフルネームがビンセント・アンダーソン。

 

Andy Blinks: Do you know the hospital.

 

珠子: ええ、調べたわ。これから病院のほうに電話して、クレジットカード決済してもらうわね。もう行かなきゃ。おやすみなさい。

 

Andy Blinks: Wow, that would be so kind of you, i do really appreciate you for that candid help. please call them now okay, i will hear from you later in the day, i have to go back to work. Thank you so much.

 

【大喜びする詐欺師ですが…続く。】

 

 

AD

子供を使う手口

 

子供を使った詐欺の手口は本当に汚いものです。女性の母性本能に働きかけ、同情を誘います。

 

1.金銭要求の手口

    (1)子供の誕生祝やクリスマスプレゼントなどを(パソコンやスマホ等高額のものを要求)

    • 子供の父親から頼んでくる。
    • 『子供』が自ら頼んでくる。
    • 子供の一時的な後見人(親戚、乳母、弁護士、銀行のマネージャー、その他の大人)が要求する、もしくは提案してくる。

    (2)子供の生活費、寮費、学費などのための送金を要求してくる。

    • 子供がお腹が空いていると泣きついてくる。
    • 父親が頼んでくる。
    • 子供の一時的な後見人や学校の職員などが要求してくる。
    • ミリタリースクールの寄宿舎の環境が非常に悪いなどと言う。

    (3)子供の移動費用

    • ​子供をばあやのいるアフリカからアメリカの親戚まで移動させる費用。
    • 子供を『新しいお母さん』である被害者のいる国に移動させる費用。
    • 航空券はファーストクラスかビジネスクラスを指定。

     

    移動の理由は、

    • ミリタリースクールや住環境が非常にひどい状態であるため。
    • 兵士の退役に先立ち、先に『新しいお母さん』のもとに行かせたい。
    • ばあやがあまりにもひどいので、『新しいお母さん』に面倒見てほしい。
    • その他の設定も考えられる。

    (4)子供が病気や事故で病院に運び込まれた。お金を送ってほしいと

    • 詐欺師のメインキャラ本人が頼んでくる。
    • 詐欺師に子供の学校の校長に電話して様子を聞くように言われ、校長にコンタクト取ると子供の病気か事故のことが伝えられる。
    • 子供本人が『新しいお母さんになる人』に自分から助けを求めてくる。子供が泣いて頼んできたりする。
    • (3)の移動の話で送金した後、病気や事故が起こり、子供の移動がキャンセル、そして入院費用や治療費を請求されるという筋書きもある。

     

    2.子供を使う理由

    • 被害者に同情させ、お金を送金させるため。

     

    ネザーランド・ドワーフネザーランド・ドワーフネザーランド・ドワーフ

     

    可愛い子供の声を聴くと、女性の被害者はコロッといってしまうかもしれません。

     

    子供の役を演じるのは、変声期前の詐欺師見習いや、女性(詐欺師の妻かガールフレンド等)だと聞いています。

     

    写真は、モデルクラブの写真を盗んだものや、インターネットのニュースサイトから盗んだもの、あるいは親の写真とセットでSNSなどから盗んだもの等様々です。

     

    下の写真の下部に書かれていますが、アフリカンの詐欺師たちは子供を餌に使います。信頼関係を築けたら、子供が事故に遭ったり病気になったといった悲しいストーリーを作り出します。時として、子供の声が電話してきて、助けを求めてくることもあります。

     

    ネットでしか会ったことのない人物に絶対にお金を送りませぬよう。たとえ子供が大泣きしても!!

     

     

    John William Griffin Jr.というAntiscamの活動しているグループのフェースブックから

     

    AD

    子供や老親、親族、本人などの病気・事故

     

    1.詐欺師の職業設定(他の職業で出てくることもあります。)

    • 男性を装う場合、どの詐欺師のなりすまし職業でもあり得る。
    • 女性を装う場合、若い女性ならナースや学生など。

     

    2.病気になる人(他の設定もあり得ます)

    • 男性の場合、故郷か乳母の国か寄宿学校にいる子供。あるいは国にいる老親。
    • 女性の場合、一緒にガーナに来ている老母、金銭的援助をしている従姉妹等の親族。
    • メインキャラの詐欺師本人。

     

    3.金銭要求の手口(下記以外の筋書きもあり得ますが、ほとんどが同じような手口)

    • 男の子供や老親が事故に遭うか病気になるが、本人は戦地や海上、もしくは出張先にいて病院にお金を送ることができないので代わりに支払ってほしいと頼んでくる。
    • 女の母親(一緒にガーナに来ている母、もしくは国に残してきた母)か従姉妹が病気で、医療費を彼女の慎ましい給料からは払えないので代わりに払ってほしいと頼んでくる。
    • 被害者に医師もしくは病院の職員を名乗る人物電話がかかってきて、詐欺師が名乗っている人物が事故に遭い、虫の息であなたの名前を呼んでいた。彼の手帳からあなたの電話番号を見つけたので電話してきたと言い、医療費を請求してくる。
    • 兵士が負傷したと軍関係者から連絡が入り、兵士の医療費を配偶者であるあなたが払わないと手術ができないと言ってくる。
    • 子供の学校の校長や病院の医師から電話がかかってきて、子供が事故に遭った、もしくは重病にかかっていると伝えてくる。子供の父親の新しい妻として子供の医療費を払うよう求めてくる。

     

    4.脅しのネタ

    • この手口を使った詐欺に送金しない場合、医療費を支払わなかったために子供や親族が亡くなったとして裁判所に訴えるなどの脅しをかけてくることがあります。詐欺だと気づいたらすぐ相手との接触を断つのが大切なのはそのような脅しを避けるためでもあります。
    • 当然ですが病気の子供や親は存在せず。連絡取ってくる弁護士等はYahooなどのフリーメールを使って連絡してきます。(Lawyer.comというのもフリーメールです。)

     

    5.おかしいと思うべきこと

    • 病院は人命第一です。救急で運び込まれた身元不明の事故の被害者の方の治療だってしますよね。お金が払われないと治療ができないということはあり得ない。
    • 戦地の米国軍人の家族の医療は、米国赤十字が責任をもってケアしてくれるので、戦地の軍人の『婚約者』がお金を払わなければならないということはありません。他の国の軍人でも同様でしょう。
    • 軍人が戦地で負傷したら、その医療費を第三者が支払わなければならないというおかしなこともあり得ません。
    • ナイジェリアは現金の前金制が基本、と考えれば、この「医療費を払わなければ救急治療でもできない」というのはアフリカン詐欺師のウソだということが明らかです。

     

    特に子供の病気という話は、信じてしまった方が心を痛め、何とかしたいと思われることでしょう。可愛い写真が送られてきたり、電話で声を聴いてしまう、さらに子供に泣きつかれたら…。