小包詐欺:貴重品を送ると途中経由地の税関で差し押さえ-2

キーワード: メタルボックス、ブリーフケース、アフガニスタン、シリア、マレーシア、インドネシア、ガーナ、イギリス、税関、海運会社、Diplomat、 軍人、ジャーナリスト、国連、医師、エンジニア Diplomatic courier 小包詐欺

 

 

 

John William Griffin Jr. というAntiscam Groupの記事もご紹介します。(青字は私のコメント、補足。)Thanks to Raku for permission to translate any articles on timeline into Japanese!!

 

小包詐欺は決して新しいものではありません。それでもまだ大勢の被害者が騙されています。殆どの被害者は一晩でお金持ちになれると思い込まされているのです。そして詐欺だと気づいたときは時すでに遅し。何でも簡単に、ダダで手に入るわけではありません。

 

いかにして『存在しない』小包の詐欺に遭うことを避けられるか


貨物船や宅配業者は受け取り手にコンタクト取ってお金を要求することはない。自分で送ったものではないものや、良く知っていて実際に会ったことのある人以外から何か荷物を受け取ることなど期待できない。オンラインのチャットだけで知り合った相手がノートパソコンや小包などを宅配業者を通じて送ってくれると言っても信じてはいけない。彼らはあなたに何も送ってはいないのだ! 彼らはあなたからお金を騙し取ろうと躍起になっているのである! チャットのお友達はたいてい欧米人を装うが、気を付けて。彼らはアフリカ人で、ナイジェリアなどに居て、あなたのお金を取ろうとしているのだ。アメリカやイギリスの電話番号は偽物、もしくはギャングの一員が持っている電話番号。

 

ストーリーはこのようなものである。あなたはオンラインのデートサイトなどで彼に出会い、恋に落ち、まんまと引っかかってしまう。数か月チャットを続けて、一緒に暮らそうと言った話になってくる。あなたへの特別な贈り物として、彼は宝石と現金を小包で送り、メールでそれを待ってていてと言ってくる。数日後、その小包は税関で差し押さえられ、税関は荷物の差し押さえを解除するためには手数料を支払わなければならないと言ってくる。その送金先があなたの彼氏であるということなど知る由もない。そのお金を受け取ると、彼は消えてしまう。同じようなシナリオに遭遇したら、あなたはこの種の詐欺の被害者だというわけだ。

 

 

どのようにこのオンライン詐欺の裏をかくことができるか

 

 

現金宅配詐欺 ― 交際相手を探したいというスリルが、判断力を鈍らせる。彼はいかにして完璧な白馬の王子様を演じることができるかを熟知しているのだ。オンラインで婚活をする際に冷静さを失わないなら、沢山の問題を避け、時間とお金を節約できる。

 

どのようにしてこの種のオンライン詐欺を避けられることができるのかを知りたいなら、以下のことが助けになる。

  • もっとよく調べる。彼は名前を教えてくれて、少しばかりのバックグラウンドしか教えてくれていない。非常に基本的な検索をして、彼のストーリーが裏付けが取れるものかを調べてみる。彼の家族について聞いてみることができるだろう。どこ出身か、過去にどんなことを経験しているか等を聞いて、WWWで検索して確認してみる。但し慎重にすべきなのは、マレーシア在住の詐欺師たちはとりわけ完璧に偽のアカウントやプロフィールを作り、ストーリーの裏付け取れたと思わせるように作り上げるのだ。情報にはよく識別力を働かせることだ。
  • トラッキング番号を手に入れる。宅配業者から小包を送る際、必ず荷物を識別できる
  • トラッキング番号がラベルされ、荷物の現在位置をオンラインで調べることができるものである。もしその宅配業者がウェッブサイトを持っていないのなら、その宅配業者に電話をして、本当にあなた宛ての荷物があるかどうかを確認してみる。あなたの名前と住所の他に、送り主の名前を伝える。小包が本物かどうかを確認するのに役に立つ。(しかし、詐欺師からもらった宅配業者の電話番号ではなく、オンラインの電話帳で調べたところに電話するべきでしょう。詐欺師からもらった電話番号に電話をすれば、偽の業者が出てきて小包は存在すると言ってきます。)
  • お金を要求して来たら、赤信号。相手が現金を支払うように言って来たら、絶対にしないように!! 実のところあなたは小包詐欺の被害者になろうとしているのです!!
  • アカウントの詳細を確認する。合法的なサービスが何らかの手数料などのお金の支払いを求める場合、いくつかの選択肢があるはずだ。もしオンラインで要求してきて一つの銀行口座番号しか提供してこないのなら、十分に気を付けるべきである。(実際のところ、荷物の受け取り手に配送会社から連絡が入ってお金を求めることはありませんね。普通、受け取るときに地元で税金がとられる。積み替え港やトランジット先でお金取られるというのはすべて詐欺。)
  • もし、またお金を払うべきかどうかを考えなければならないことになったら、彼が本当に信用できる相手かどうか自問してみると良い。もし彼が悪い奴ではないかという予感が働くなら、その男のことを忘れて立ち去るように。後悔するより安全でいるほうが良いに決まっている。そして彼のことをどこかに報告しよう。

 

 

AD

小包詐欺:貴重品を送ると途中経由地の税関で差し押さえ

キーワード: メタルボックス、ブリーフケース、アフガニスタン、シリア、マレーシア、インドネシア、ガーナ、イギリス、税関、海運会社、Diplomat、 軍人、ジャーナリスト、国連、医師、エンジニア

 

  これはロマンス詐欺だけの手口ではありません。同性か異性で全く恋愛感情なしにビジネスパートナーとして荷物を受け取ってほしいという話になる場合もあります。

 

  私が遭遇した日本人の被害者の方(送金まで行ってない方を含む)の多くが箱ものでした。また、アフガニスタンやシリアから送られてくる荷物等を想定した検索キーワードでこのブログがよく検索されています。私のバイティングもこのパターンが多く、飽き飽きしました(笑)

 

 この手口は、メインキャラの詐欺師本人がお金を要求するのではなく、サブキャラである税関職員とか運送会社マネージャー、あるいは外交官(Diplomat)と呼ばれるナイジェリア詐欺の世界にしか存在しない運び屋から金銭の要求をされるものです。メインキャラから金銭の要求が来れば警戒するのに、第三者から来ると不可抗力と感じる方もおられるのでしょうか。

 

 手口のパターンは、大まかに分けると

●荷物をどこかから送ったが、途中の税関などで差し押さえになる。

●荷物を詐欺師のメインキャラか運び役が持参して途中の空港などで足止めになる。

●荷物が詐欺師のメインキャラから離れたところの銀行や貸金庫(Security Company)にあり、そこから運送会社もしくは運び屋によって運び出されたものが途中の税関などで差し押さえられる。

●荷物が詐欺師のメインキャラから既に立ち去った場所にある運送会社や税関で荷物が足止めされる。

 

そして足止めの場所はさまざまです。よく聞くのがインドネシアやマレーシア。他にも南アフリカ、ガーナ等アフリカの場合もありますし、メキシコなども。それからヨーロッパというケースもあります。ヨーロッパの場合、イギリスというケースが多いかもしれません。なぜならVoIP電話番号を英国外で買えるからです。+447で始まる電話番号は、英国にいなくても買えます。

 

 

1.詐欺師の職業設定(他の職業で出てくることもあります。)

 

(1)戦地、危険地域から。

  • 男性を装う場合軍人、国連職員、医師、ジャーナリスト、船乗り等。
  • 女性を装う場合、戦場の看護師や女性兵士等があり得る。
  • 場所はシリアやアフガニスタン、あるいはアフリカの紛争地域。

(2)危険地帯ではない所から

  • 男性を装う場合、エンジニア、医師、会社経営者、その他ビジネスマン。
  • 女性を装う場合、難民の令嬢、ナース、学生等。

 

2.荷物を送る理由(これ以外の理由を言ってくる可能性はあります。)

  • 戦地でテロリストから押収した多額の現金または黄金の入ったアタッシュケースがあり、これをどうするか同僚たちと相談して山分けにした。自分の取り分を預かってほしいと言ってくる。
  • 戦地で現地の人々を助けた謝礼で現地人の長老などが大金をくれた。戦場は非常に危険なので、安全なところで預かってほしいと言ってくる。
  • 戦地での任務を終えた後、退官してビジネスを始めたい。そのための資金をガーナやインドネシア、マレーシアなどのセキュリティ会社に預けてあるが、これ以上預かっておけない何らかの事情が生じたので、それを恋人もしくはビジネスパートナーとして受け取って安全なところに保管してほしい。
  • ジャーナリストや医師、国連文官など、戦地の非戦闘員の場合、非常に危険なところなので、貴重品を全て国に送り返して最低限の荷物で行動取るようにと現地の軍隊などから指示された。そのため、自分の貴重な所持品を送るから受け取ってほしいと言ってくる。
  • 戦地で押収したサダム・フセインやオサマ・ビン・ラディンなどの隠し財産を軍の命令により安全なところに移したい。CIA等の調査の結果あなたが信頼できる人物だと特定できたと言う。
  • ビジネスを一緒にしないかと言ってくる。そのビジネスの資金として、ブリーフケースに入った大金の受け取りを求めてくる。
  • 自分の財産(または親の遺産、あるいは顧客との契約で得られたお金)をインドネシアかマレーシアあるいはガーナなどの貸金庫会社に預けていたが、何らかの事情(治安の悪化、あるいはセキュリティ会社の閉鎖など)で大金の入ったアタッシュケースをそこに預けられなくなった。タイムリミットが迫っているので、急いでそのアタッシュケースを無事に受け取ってほしいと求めてくる。荷物を移動できないと保管料や罰金が盗られるので緊急だと言われる。
  • 航海中海賊に襲われ、急きょ寄港したマレーシアやインドネシアなどの港で、この後航海を続けるに際して再度海賊に襲われることを想定して(本人の決定もしくは上司の命令、あるいは現地政府からの提言等で)貴重品などを全て船からおろし、国際宅配便で送ることになった。そのため、貴重品の入った荷物を受け取ってほしい。
  • ロレックスの時計とかブランドのバッグ、ダイヤの指輪などとともに多額の現金を恋人であるあなたに送った。

 

3.金銭要求の手口(下記以外の筋書きもあり得ますが、ほとんどが同じような手口)

  • 荷物が経由地の空港や港で税関に差し押さえられる。税関もしくは運送会社のマネージャーから連絡が入る。インドネシアやマレーシアの法律(嘘)に基づき、荷物に大金が入っているので差し押さえを解除するために税金、保険料、書類手数料、罰金、その他の名目で大金を要求される。
  • 船乗りの場合、途中寄港した港の税関や運送会社から連絡が入り、船乗りに出港前に事務所に立ち寄るように伝えていたが立ち寄らないで行ってしまった。海賊に襲われる可能性もあり、急いで出港したとのことで、受取人出るあなたに税金、手数料、保険料、書類手数料、運送料、外交官手数料等その他の名目で大金を要求される。
  • 本人もしくは運び屋が空港で出発前の荷物のスキャンで大金が見つかり、差し押さえられる。そして、税金、手数料、保険料、書類手数料などのほか、当局に拘束されたメインキャラもしくは運び屋の保釈金等として大金が要求される。
  • 現地の貸金庫から荷物を送りだすため、過去何か月かの保管料・保険料の残金や、荷物を無事に送り出すための代金、税金などを求めてくる。その支払いがないと、大事な荷物が発送できないことになっている。

 

在マレーシア日本大使館のホームページでも以下のように警告しています。この『荷物がどこかで差し押さえ、手数料や税金や保管料払え』という手口が出てきたら、100%詐欺で、例外はあり得ません

 

◎ 国際振り込め詐欺『国際結婚・恋愛型』(主に日本居住者)
  インターネットのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)等を通じて知り合った異性から、結婚等を前提に関係を深めつつ、何らかの理由をつけてマレーシアに向けて国際送金をさせようとする国際的な振り込め詐欺です。


  本事案も、以前から主に女性を狙った犯行が繰り返され、手口的には平成22年7月及び本年2月に大使館ウェブサイトにて注意喚起した内容と殆ど変わっていませんが、未だに日本人の被害が後を絶ちません。

 

  最近の事案でも口実・手段のなかで、下記のような設定が使われることも多いようですが、ここマレーシアにおいて、この様なことはあり得ません。

 

  ×多額の所持金を税関に申告せずに持ち出そうとして空港で拘束され、釈放のためには数万ドルもの罰金を払わなければならない。

 

  × 多額の現金を入れた小包が税関当局に押収され、関税を払わなければ、全額が没収されてしまう。

 

  × イギリス等他国から日本に送った荷物が、マレーシアで留め置かれ、関税等を支払わないと輸送を継続できない

 

  × 荷受人(被害者)が罰金等を払わなければ、訴訟を起こされ、ブラックリストに掲載される。

 

  ×関税や罰金が交渉により半額となったので、仕方なく支払ったところ、更に追加で高額の手数料を支払わなければならなくなった。

 

  × 弁護士費用等を弁護士事務所名義でない第三者の銀行口座に送金する。またはウェスタンユニオン等の国際送金サービスを利用して送金するよう依頼があった。

 

  ×税関職員や警察等の政府職員からGメールやヤフーメール等のフリーメールや不詳のアドレスから連絡が来る(本物は○○○○@○○.gov.my)。

 

  × マレーシアでは国際クレジットカードが使えず、ATMで現金を引き出すこともできない

 

  × マレーシアはインターネット回線事情が悪いので、スカイプ等のテレビ電話でも映像(自分が話している姿)を送ることができない。


AD