宝くじ詐欺(Lottery scams)は古くからあります。手紙でも受け取ったことがある方、おられるでしょうか。買ってもいない外国の宝くじが当選したというメッセージがとどく。その金額はバカにならない金額。しかしお決まりの『前金』が求められ、当選した金額は絶対に被害者の手元に届くことはありません。リカバリー詐欺として既に送金したことのある詐欺被害者のもとに届くこともあります。

 

 

 お金お金お金

 

買っていない宝くじに当選するなんていうことはまずありえません!!

 

コインたち コインたち コインたち

 

宝くじ詐欺の手口

 

  • メールや手紙、SNSのメッセージや電話などであなたが国際宝くじで当選し、大金が当たったことを伝えられます。時として、本物の宝くじサイトに似せて作った偽のサイトへのリンクをしてくることもあります。
  • 宝くじ詐欺師は実在の企業や機関の名前を使い、相手を安心させます。
  • 詐欺師たちは手続きの手数料、小切手の送料などとして料金を請求してきます。
  • これらの』料金を支払うと、詐欺師はお金がまだ支払われていない理由を説明してきて、次々といろいろな理由でお金をとられ、被害者が気が付くかこれ以上送金できない状態になるまで続きます。
  • 稀に被害者にお金を受け取りに渡航してくることを求め、その際に手数料などの現金を持参するよう詐欺師が求めてくる。被害者はお金を支払うよう強制されたり、脅されたり、襲われたり、あるいはもっとひどい目に遭う場合もある。

 

宝くじ詐欺を見分ける方法(いくつか当てはまれば宝くじ詐欺に遭っていることになります。)

  • .外国の宝くじを買ったり、宝くじのチケットを買ったり、オンライン宝くじで申し込んだりしていない。
  • 宝くじは外国のもので、あなたはその国の市民でも居住者でもないし、その国に訪問したときに宝くじのチケットを買ったわけでもない。
  • ランダムに選ばれたメールアドレスや、コンピューターのくじ引き、あるいはオンラインの電話帳などから当選者が選ばれたとメールは説明する。
  • メールは何らかの手数料の支払いや、仲介者がいることを示唆する。
  • メールで秘密厳守と言われ、その機密性を破るなら当選者の資格をはく奪すると言われる。
  • 当選した金額は小包で送られてくると言われる。

 

 

法的な問題

  • 殆どの国では法的に自分が住んでいない国の宝くじを買うことは出来ない。(その国を訪問している間に買うことは可能だ
  • 宝くじの主催側が当選者に当たった金額を受け取るために手数料を取ることは違法。
  • すねての宝くじはその国の宝くじなどを管理する機関などに登録する必要があり、そのルールも明示されているはず。
  • マイクロソフト、ペプシ、コカ・コーラ、フェースブックなどの大きな企業は宝くじを主催していない。これらを名乗る宝くじはすべて詐欺。

こちらもご参照。

一獲千金の夢につけむ海外宝くじ詐欺が急増。インチキDMは即ゴミ箱送りとすべし

 

 

 

参考*Antiscam Group John William Griffin Jr. の記事から。 

 

AD

 

聞いたことのない機関からお金がもらえるという話が舞い込んでくるミステリー詐欺。これも、もちろん前金詐欺(Advance fee fraud)、419詐欺のバリエーションの一つです。

 

Congratulations!! You have been nominated on the Prince Alwaleed Bin Charity program, GO TO (Phising site) for info

(おめでといございます。あなたはPrince Alwaleed Binチャリティプログラムにノミネートされました。詳細はこの(フィッシングサイト)にアクセスしてください。)

 

こんなメッセージに、リンク先にアクセスしたり、あるいはメールに回答したりすると、個人情報をとられ、そのあと存在しない巨額の財産が送られてくる前に税金や送金手数料、銀行手数料などとして次々とお金を請求されます。

 

もし送金してしまったら、詐欺師は姿を消してお金が送られてくることは決してありません。

 

Prince Alwaleed Binチャリティプログラムってなんだかよくわからない話に乗る必要はないでしょう。

 

 

 

 

AD

ローン詐欺。フェースブックでも、スパムメッセージや、詐欺師のタイムラインで別の人物がコメントとして投稿しているのを見かけます。

 

『ローンが必要ですか? お助けできますよ』みたいな内容で。リカバリー詐欺の一つでもあります。

 

Apply For Loan!!!
From        FINANCE INVESTMENTS LOAN COMPANY <fayyaz @ sdpi.org>    hide details create a rule
Reply-to        financeivestloadcmpy <financeivestloadcmpy @ hotmail.com>
To        Recipients <fayyaz @ sdpi.org>

 

Are You Seriously In Need Of a Loan? Apply Fast for More Details!!!

ちなみに、このスパムはパキスタンからでした。

The email source IP address is: 203.82.54.110

The email source IP host name is: mail.sdpi.org.

Country: Pakistan
City: Rawalpindi
ISP: Nayatel (Pvt) Ltd
Organization: Nayatel (Pvt) Ltd

 

ロールケーキ ロールケーキ ロールケーキ

 

普通はお金を貸す側が融資する前に料金を請求するということはないでしょう。このローン詐欺というのも419詐欺の手口の一つで、やはり前金をとられるというものです。

 

●手続きや、申請、保険、最初の返済金等と称して前金を要求される。

●送金はウェスタンユニオンやマネーグラムのような送金システムを使うよう指示される。

 

前金を要求するローン詐欺の手口は;

  • メールや手紙、SNSのメッセージなどでローンをオファーしてくる。また、詐欺師による公告(オンラインや新聞など)や電話を使ってくることもある。
  • 偽のローン会社はまっとうな企業に見えるような会社名を使い、フリー電話番号などを使うこともある。
  • コンタクトをとると、申請書に記入を求められ、ファックスかメールでその『会社』に送るよう指示される。申請書には個人ID番号や銀行口座番号などの個人情報の記入が求められる。
  • 情報を送ると、ローンが承認されたことが素早く知らされる。(クレジットの審査などもなし。) 或いは、あなたにお金を貸してくれる会社が見つかったと通知される。
  • ローンが承認されたことを知らされると、お金を受け取るための手数料を請求される。そのお金は保険料、法的費用、担保、手続き料、あるいは最初の返済金などと言われる。これが『前金』である。
  • ウェスタンユニオンやマネーグラムから個人宛に送金することを支持される。アメリカにいるローン詐欺師の場合、カナダ在住者に送金を支持されることがある。たまに銀行への振り込みが指示されることもある。
  • 詐欺師は手数料等の支払いが終わると、お金があなたの銀行口座に振り込まれるか、小切手が送られてくると言われる。
  • 当然、お金が口座に入ったり小切手が送られてくることはない。
  • すると、詐欺師は別の手数料等が必要、もしくは融資する会社が断ってきたので別のところに依頼しなければならないなどと言ってくる。そして、再び送金が求められる。
  • もし被害者が前金を支払った後に借金をキャンセルしたいと言うと、詐欺師は返金は『次の月』にされると言う。しかし返金されることはなく、電話番号が通じなくなり、ウェッブサイトは閉鎖。被害者はその会社にコンタクトを取るすべが残っていない。

 

ローン詐欺に騙されたことに気づいたら:

  • 警察に通報する。
  • 銀行口座の情報を詐欺師に教えてしまったのであれば、銀行に連絡し、何があったのかを伝える。また、Identity Theftの被害者にもなり得ることを銀行に伝える。メールで銀行口座情報や電話番号、個人ID番号などを誰かに教えるべきではない。
  • IDや運転免許証、個人番号などを詐欺師に送ってしまったのであれば、なりすましの犯罪に遭う可能性がある。IDを更新するなどする必要がある。

 

参考:Scamwarners.com Advance Fee Loan Scams

 

AD

FBIのサイトから、419詐欺についての記事。

FBI Common Fraud Schemes

 

『ナイジェリアの手紙』もしくは419詐欺

 

『ナイジェリアの手紙』詐欺は成りすまし詐欺と前金詐欺を合わせた手口で、ナイジェリアから届いた手紙で、手紙の主(多くの場合、政府の役人などを称する)が巨額の資金を不正にナイジェリアから出すことを手伝ってくれたら、その数億ドルの一部を謝礼として渡すという話を持ち掛けてくるというものです。受け取り手は書き手に個人情報を求められます。例えば、レターヘッド付きのレターのテンプレート、銀行名と銀行口座番号、その他の個人情報を手紙に書かれた電話番号へファックスするように求められる。これらの手紙は、インターネットのメールでも送られてくる。招待に応じてきた貪欲な、進んで餌食となる被害者に対して、様々な理由で何回にもわたってだんだん額が大きくなるナイジェリアへの送金を求めてゆく。

 

詐欺師は、税金、政府高官への賄賂、法的な手数料などとして詳細に説明され、資金がナイジェリアの外に送り出されたらすべての発生経費は戻ってくると約束してくる。しかし実際には何万、何億ドルもの資金は存在せず、被害者には損失だけが残る。被害者が送金しなくなると、加害者は被害者から得た個人情報を使い、被害者を装って小切手を使ったり、銀行口座やクレジットカードの残額を空にしたりする。そのような招待はほとんどのほうを順守する市民たちにとっては笑える迷惑メールと思えるものですが、同じ手口で毎年何百万ドルも失う人が出ています。ある被害者たちはナイジェリアにまで誘い込まれ、覚えのないことで投獄され、大金を失いました。ナイジェリアっ政府はこの手口で詐欺被害を受ける人々には同情的ではありません。なぜなら、被害者は実際にはナイジェリアの法律に反する方法でナイジェリアから資金を移動しようと企んでいたことになるからです。この手口そのものは、ナイジェリアの刑法第419条に違反するため、『419詐欺』とも呼ばれています。

 

ナイジェリアの手紙、もしくは『419詐欺』を避けるヒント

  • ナイジェリアから手紙(やメール)を受け取り、個人情報や銀行口座情報を求められたら、何があっても絶対に返事をしない。(日本の場合、地元の警察に相談する。)
  • 誰か知り合いが同様の手口に引っかかっているようであれば、警察にすぐに連絡するように勧める。
  • ナイジェリアやその他の国の政府高官を名乗り、大金を国外の銀行口座に移すことを手伝ってほしいと言う相手には懐疑的になるように。
  • 手伝った謝礼として莫大なお金を分けてくれるという約束を信じないように。
  • 自分の銀行口座情報や個人情報を保護すること。

『419詐欺』とは、『ナイジェリア刑法419条に抵触する犯罪)』のことです。実際にはナイジェリア以外のアフリカ諸国でも同じような手口の国際詐欺犯罪が行われています。『Advance fee fraud』つまり前金詐欺とも呼ばれます。

 

典型的な例は、海外の政府関係者・軍の高官やその親戚を名乗る人物から、賄賂や資金流用、遺産相続等で得た秘密資金の送金のために貴方の銀行口座を貸してくれれば、資金の一部を謝礼として渡す旨持ちかけられ、手数料等と称して言葉巧みに金品を騙し取ろうとする手口です。

 

様々なバリエーションが存在しますが共通して言えるのは莫大なが入ってくる可能性を見せてから、手数料などのお金を次々ととられるものです。

 

では、その刑法419というのはどういう内容なのか見てみましょう。

 

419条

Any person who by any false pretence, and with intent to defraud, obtains from any other person anything capable of being stolen, or induces any other person to deliver to any person anything capable of being stolen, is guilty of a felony, and is liable to imprisonment for three years.

  • If the thing is of the value of one thousand naira or upwards, he is liable to imprisonment for seven years. 
  • It is immaterial that the thing is obtained or its delivery is induced through the medium of a contract induced by the false pretence. 
  • The offender cannot be arrested without warrant unless found committing the offence.

要約すると、虚位の口実で搾取する目的で他の人の財物を交付させる、あるいはそうするよう誘導した場合、重罪とされ、3年間の禁固刑になる。1000ナイラ以上の価値のある物を騙し取った場合、7年間の禁固刑。(1000ナイラは日本円で580円ほど。)

 

 

600円相当の品物をだまし取っても7年の禁固刑、結構厳しいですね。

 

 

厳しい刑法があるにも関わらず、ナイジェリアのウェスタンユニオンには詐欺で取得したお金を受け取りに来る若者が沢山いるわけです。