SNSにおける国際詐欺をどう防ぐか(その5)

SNSにおける国際詐欺をどう防ぐ?  その1~4まででかなり赤信号の内容を書きました。それでもまだ相手を信じたいという心をお持ちの場合、さららに下記のことを考慮してください。

 

相手の恋愛感情の高まりが速過ぎませんか??

コンタクト取り始めたかなり早い時期からかなり熱烈にあなたと恋愛しようとしているなら要注意です。

 

●早い時期からハニーとかラブとかベービーとかスィーティなどPet Nameで呼んでくる。

 

ある方は、欧米人はすぐにハニーとか言ってくると言いますが、本当でしょうか? 私の経験ではだいたい親しくなると名前で呼んでくるのが普通です。読みにくい名前だったら、愛称で呼んできますが名前のもじりとかでしょう。例えばカズオミさんのことをオミとか、ヒロミさんをロミーみたいに。個人を大切にする文化なら特に相手を名前で呼ばないのは失礼と思うでしょう。

 

アメリカ人で知り合ってすぐPet Nameで呼んでくるのはお年寄りかもしれません。恋愛の意図なく、Sweetieとかおばあちゃんたちが呼ぶんですよ。私も友達のおばあちゃんにDearと呼んで可愛がってもらいました。確かに、お年を召した方は孫の友達の名前すぐには覚えていられないでしょうからね。特に東洋人の名前は。でも名前を覚えてくれたら名前で呼ぶようになりましたよ。

 

●チャットを始めた早い時期(最初のチャットの場合もあるし、数回挨拶を交わした後の場合もあり)から結婚を仄めかす。

例えば、単刀直入に真面目な交際をしたいと求めてくる。

『I would like have you as my girlfriend』

 

友達以上の関係になりたい、そのためにあなたのことをもっと知りたいと言ってくる。

『i hope we can become more than just friends

i hope to know you better』

 

今は戦地や出張先にいて、そのあと国に帰る、もしくは任期が終わるのでその後自分を愛してくれる人と落ち着きたいと言う。

『I am currently in base in Kabul Afghanistan,i am here on a relief Tour

hopefully in 7 weeks will be back to the States,i wish to Retire from Active ,duty and settle down with someone i love and care about』

 

交際には興味ないと言って挨拶しか交わしていないと、『僕にチャンスをくれないか』みたいなことを言ってくる。

 

女性を装う場合、かなり非現実的なことを言ってきます。例えば、年の差なんて関係ない、あなたが80歳の時自分がまだ30代だったとしてもあなたの面倒はちゃんと看るなど。

 

●あなたと出会えたのは運命(Fate/Destiny)、もしくは神様の思し召し(God's will)で、あなたなしには生きられないなどと言う。

 

●恋愛には興味ないと言っても、望みアリと思えばしつこく言ってきます。ナイジェリアとかは、若いうちに親の決めた相手と結婚する習わしがあるのでしょうね。ナイジェリアやガーナの20代の若者から見ると、先進国の結婚しない中高年は理解できないのです。

 

だから、独身やシングルマザーで頑張っている女性というのはどこか欠陥があるに決まっていると決めつけていますし、相手のいないおじさんは絶対に若い女にコロッとくると思っています。

 

実際何度かBaitingで『恋愛興味ない』と独身のキャラに言わせると、『君は何か問題を抱えているんだね』とか『僕が君の心を温めてあげよう』とか気持ち悪いこと言ってきますよ(爆笑) そして『これは運命なのだから、神様の思し召しなのだから逃れられないものなのだ』とか(大笑)

 

これらすべては、ターゲットにした人への罠です。

 

  

参考資料

Wiki How:

How to Avoid an Online Romance Scam

http://www.wikihow.com/Avoid-an-Online-Romance-Scam

How to Reveal a Fake Facebook Account

http://www.wikihow.com/Reveal-a-Fake-Facebook-Account

How to Spot a Fake Facebook Account 
http://www.wikihow.com/Spot-a-Fake-Facebook-Account

AD

SNSにおける国際詐欺をどう防ぐか(その4)

だいたい、最初の対話で相手が詐欺師かどうか判定は難しくありません。

 

「結婚していますか? 子供はいますか? あなたの名前は? おいくつですか? 職業は?」

 

これらの質問が最初のチャットで相手から出てきたらほとんど間違いなく詐欺師です。普通の人はそんなこと最初に聞いてこないでしょう。この前の記事までで納得で来たら、相手を友達削除してブロックしましょう。

 

それでもまだ、相手が本当に拒否すべき相手かを見極めたいのであれば、次のステップに進みましょう。

 

(1)個人的なことを聞いてみる。

詐欺師たちは一般的に、個人的な質問をされるのを好みません。特に自分の出身地・居住地に関する質問はあまり答えない。

 

もちろん、「なんでも聞いてこい」と言ってくる奴もいます。おそらくは「詐欺師たちは質問を嫌う」と「いかにオンライン詐欺を避けるか」などの記事に書かれているのを知っていて、それを逆手にとって自分の設定どおりの答えをしてくる。また、多少時間かけてGoogleで調べて回答してくる奴もいます。彼らも学んで成長しているわけですね。

 

とはいえ、都市や州の名前のスペルを間違えたり、その場所のランドマークとなるような場所や名所を知らなかったりもしますよ。知っていても、あなたがGoogleで調べられる程度の内容です。

 

(2)写真を要求してみる。

相手に自分の名前を書いた紙を手に持った、顔がはっきり見える写真を送るように要求してみましょう。本当に送られて来たら写真を確認してみることです。合成写真であることが明らかにわかるでしょう。

 

例えば下の写真の例。

 

下の2番目の写真の手のあたりを拡大すると、Vの字のあたりを一所懸命消そうとしていた形跡が分かります。そして、ハンドライティングと要求していたのに、ハンドライティング風のフォントで、しかも紙のゆがみ具合が文字と合っていない。

 

この元の写真自体も合成で、顔は人種差別者に殺された中国系アメリカ人男性の写真をスローガンの書かれた紙を持ったアジア系アメリカ人の顔の上に付けたものですね。首の位置と肩から下が何となく不自然。

 

1元の写真(アメリカの人種差別反対運動のキャンペーン写真)

 

2詐欺師が送ってきたJames Adhiを名乗る税関職員の写真。

 

もしビデオチャットをしているのなら、目の前であなたの名前を紙に手書きで書いてほしいというと良いです。合成ビデオまで作る技術はなうでしょうから、ウェッブカメラが突然壊れたり、あるいは保安上の問題でそれは出来ないなどと言ってくるでしょう。ビデオチャットのトリックは被害者の方を信じ込ませてしまうほどよくできていますが、目の前で予期しない動作を要求されるとできるものではありません。

 

 

(3)電話番号を調べてみる。

知り合ってすぐの友達に電話番号など教えますか? 或いは、たとえ、あなたが突然リクエストしてきた相手とのお付き合いの意思を示したとしても、お付き合いの関係が形成されたごく初期の段階で電話番号など教えますか? でも相手は電話番号を聞いてきます。

 

一つには、あなたがあまり積極的だと、相手が本物かBaiterかを見極めたいという目的もあると思います。

 

そして、電話や電話のテキストメッセージを送ることで1対1の頻繁なやり取りが形成できるので、詐欺師は被害者を支配しやすくなる。

 

それから、お決まりの『緊急な事態』が発生したときに、臨場感を増すためにメインの詐欺キャラクターか、病院や税関職員などのサブキャラクターとして緊急電話をするのに必要なのです。

 

『他人の電話番号知りたいならあなたのも教えて』と言うと、電話番号教えてくるでしょう。

 

相手の電話番号と交換に与える自分の電話番号は、でたらめ教えると良いです。例えばリカちゃん電話とか、「不思議な電話番号」にリストされている番号など。もし本当に通じる電話を教えてみたいのなら、スカイプなどで期間限定でVOIP電話番号を購入する方法もあります。とにかく本当の電話番号は守りましょう。

 

相手の電話番号が分かったら、電話番号検索のできるサイトを使って調べてみると良いです。電話がVoIPだったりすると、その国にいなくても使用できる電話番号です。

 

英国の電話番号であれば、+447で始まる番号。44は英国の国番号。それに続く7が付けば、携帯電話およびVoIPのお金で買える電話番号です。例えばスカイプで電話番号を買うと、英国の番号であれば+447xxxxxxとなります。

 

米国の電話番号であれば、Whitepagesなどで検索かけることができます。そうすると、電話番号が米国外でもお金で買えるVoIP番号であることが分かるでしょう。

 

アメリカの場合、お金さえ出せばWhitepages等のさらに詳しい検索結果を得られます。ここまで来てもまだ相手を信じられるかどうか試したくて、お金払ってでも真面目に相手を調べて本当に付き合ってよいか判断したいのなら、WhitepagesやSpokeoなどの有料コンテンツを使用してみるのも一つの方法です。自動的にお金が引き落とされ続ける設定じゃなくて、例えば一週間か一か月のみ使用か単発のサービスにするとよいでしょう。

 

 

  

参考資料

Wiki How:

How to Avoid an Online Romance Scam

http://www.wikihow.com/Avoid-an-Online-Romance-Scam

How to Reveal a Fake Facebook Account

http://www.wikihow.com/Reveal-a-Fake-Facebook-Account

How to Spot a Fake Facebook Account 
http://www.wikihow.com/Spot-a-Fake-Facebook-Account

AD

SNSにおける国際詐欺をどう防ぐか(その3)

 

プロフィールやタイムラインを見ただけでは判断つかない場合…(でもそんなにしてまで向こうからやってきた見ず知らずの人物とお友達になりたいですか??) 

 

試しにメッセージに答えるか、友達承認してさらに友達じゃないと見えないコンテンツを見てみることもできるでしょう。そして最初のメッセージやり取りを見てみましょう。

 

但し、うまく言いくるめられないよう用心なさることです。相手は絶対に自分がアフリカの詐欺グループの一員であることは明かしません。「あなたは本当はアメリカ人じゃなくてナイジェリア人でしょう?」と言っても絶対に認めませんよ。そして上手に言い訳をして、自分が写真の本人であると言い張ります。

 

相手の言ってることを面と向かって否定せず、言わせてみると良いです。ぼろが出ます。ぼろが出ても突っ込まない。これは嘘だなとわかったら、もうこれで十分でしょう? 

 

嘘にツッコミ入れて認めさせて、そんなにしてまでお友達になる必要ないですよね。そして、嘘にツッコミ入れると、相手に学ばせる結果になります。例えば、「Googleで検索したけどそんな場所はない」と言えば、Googleで効果的に場所を探す方法を学び取ってありそうな住所を使ったりするでしょう。

 

例えば

●プロフィールで主張していること、好きな映画や音楽やテレビ番組等の具体的な内容について質問してみる。「そのドラマの中で好きな登場人物は誰?」など。例えば『冬のソナタ』が好きと書いてあるのにそれが韓国の有名なドラマだということすら知らない場合もあります。また、主張している年齢の割には若い人向けの音楽が好みだったり。

 

●詐欺師たちはお金持ちを装います。ボートや高級車に乗っていると主張し、そういう車の写真を載せています。ボートのブランドとか聞いてみては? 或いはその高級車やボートを買うことで得られたどんなマイレージがあるのかとか。

 

●相手が住んでいる地域の特定のレストランについて聞いてみる。Googleでそのレストランの場所を特定して、それから他のランドマークのある別の場所からそこへどのようにいけばよいか聞いてみる。「5thStreetのスタバのある交差点から北に進んで、それからどう行けばいいの?」など。但し、最近は詐欺師もGoogle使って調べる奴もいるので、時間はかかっても正確にこらえられる奴もいますよ。このテストにパスしても、まだ疑いを持ち続けましょう。

 

 

雪の結晶 雪の結晶 雪の結晶

 

 

それから、自己紹介文として送られてきたメッセージを読んでみることです。

 

●自己紹介のメッセージでしばしばみられるのが、"Remember the distance or color does not matter, but love matters a lot in life"(距離や肌の色は関係ありません。愛が人生において最も重要なものです) という一文です。その一文が見られなくても、SNSを出会い系と勘違いしているようなメッセージはすべてNGとしてよいのではないでしょうか。

 

 

●コミュニケーションの場をSNSのメッセンジャー機能や他のメッセージング機能等に持ってゆきたがりませんか?

 

例えば日本人狙いだとLINEなどでお話しすることを求めてきます。それはコミュニケーションをよりプライベートなものとして、被害者に考える余裕を与えないためです。メールだと未読か既読かどうか調べられなくもないですがFacebookのメッセンジャーやYahooメッセンジャー、ラインなどではわかりますし、相手のオンライン状況も把握できる。

 

プライベートなコミュニケーションこそが、詐欺師が被害者に求めているものです。

 

 

●メッセージのスペルや文法を見てみる。

 

自称英国人や米国人、オーストラリア人等英語圏の人が使う英語でしょうか? もちろん英語の上手な詐欺師もいて、英語ペラペラの日本人が騙されたりしています。その被害者の方から伺った話では、犯人の英語はネーティブレベルの英語だったそうです。でも一般的には、西アフリカの失業中で詐欺家業などをしている青年たちの英語はそれほど素晴らしいレベルではないでしょう。

 

ボイスチャットはしましたか? 声の感じはどうでしょう? アフリカンな発音ではないですか?

 

 

●最初のやり取りで必ず相手から出てくる話は、個人情報を聞いてきて、プロフィールを絶賛、そして自分の悲しい話をしてくる。

 

(1)あなたが既婚か未婚か、子供はいるかなど家族構成に関する質問をしてくる。

 

実は彼らは既婚か未婚かなど気にしていない場合が多い。テンプレート的に聞いてきているようです。特に最初にコンタクト取ってくるのはカモ探し専門の下っ端の少年たちだったりしますから。殆どこのフレーズです。”are you married with kids ?" 

 

(2)あなたの名前、年齢、職業など個人的なことを聞いてくる。

FBは基本的に実名ですから名前等聞いてくる必要ない気がしますが、詐欺師アカウントの奴は必ず聞いてきますね。実は彼らがカモにした人を名前で呼んでくることほとんどないわけですが。だいたいdear, sweetie, darling, honey 等、いわゆるPet Nameで呼んできます。これは複数の相手とやり取りしているので、名前を言い間違えることを防ぐためのようです。

 

逆に名前使ってくる相手もたまにいます。こちらはやはり間違えを防ぐため、これは被害者A、これは被害者Bなどと区別つけるためでしょう。

 

年齢。もちろん生年月日隠している人だと年齢わかりませんが、生年月日公開していても聞いてきます。プロフィール読んでいない証拠の一つです。年齢は、相手がお金取れる年齢層かどうかを確認するためでしょう。

 

そして職業ですが、これもどれくらいの収入があるか、どれくらいのお金を当てにできるかを見積もるためだと思います。同じ詐欺師を複数のBaiterでBaitingしたら、相手の職業によって求めてくる金額やお金の欲しい理由が異なっているということがありました。ちなみに私の偽キャラは定年退職した教師でしたので、収入少ないと見込まれて、たったの100ドルを要求してきた(笑) ほかの女性にはもっとお金求めてきましたよ。 もちろん彼は一銭も得られませんでしたが。

 

(3)あなたのプロフィールの称賛。

プロフィールなど奴らは見ていません。フェースブックならカモリストになっている人の友達リストから片っ端からリクエストしてゆく。プロフィールもタイムラインも何も見ていない。

 

何しろAntiscamな内容書いている私の消されたFBアカウントにもしょっちゅうリクエスト来てましたから。そいつらに「すてきね~メアド教えてくれたらご返事するわ~」と書いたらメアド送ってきていくつかのサイトに掲載してやりました(笑)

 

それから、プロフィール写真がワンちゃんだったり、或いは女装したおデブなコメディアンのファニーフェースな写真使ってたりしても、怪獣ダダの写真使っていても、『君は美しい』『美を体現している』『思わず見とれてリクエストせずにはいられなかった』とか言ってきます。日本とか韓国とか東アジアの中年女性って欧米人より若く見える。だから、「きれいだ」って言われると本当に褒められたって思ってしまうでしょうね。

 

 

(4)自分の悲しい過去の話

男性なら;

★ 離婚の場合、例えばあまりにも残忍な仕方で妻に裏切られる、仕事から疲れて帰ってくると親友と妻が寝ているなど。

★ 妻と死別の場合、酷い交通事故か、癌で妻が死亡。

★ その他、両親の悲しい死の話など。

★ そしてよきシングルファーザーをアピールする。

 

若い女性なら、

★ 父親の死、自分の不憫な境遇。

★ 例えば、自分は育ちの良いお嬢様で、悲しい事情で難民キャンプに入れられている。

★ あるいは、国連から派遣されて看護師としてナイジェリアに来ているが、パスポートをなくしてアメリカに帰国できないとか。

 

★ 中高年女性なら、自分の病気の状況や夫の死など。

 

 

(5)まじめな相手を探しているという話

男性や若い女性なら、そして、その悲しい話とともに、自分が生涯の伴侶となるべきまじめな交際相手を探していると言ってくる。

 

中高年女性や既婚男性を装っている場合、真面目なビジネス相手を探してると言うでしょう。

 

キョロキョロ キョロキョロ

 

ちょっと待てよ…でしょう? まじめな相手を探しているなら、なぜ見ず知らずの、しかも出会い系でもないのに、あなたのところにその人物が来たの? 

 

 

  

参考資料

Wiki How:

How to Avoid an Online Romance Scam

http://www.wikihow.com/Avoid-an-Online-Romance-Scam

How to Reveal a Fake Facebook Account

http://www.wikihow.com/Reveal-a-Fake-Facebook-Account

How to Spot a Fake Facebook Account 
http://www.wikihow.com/Spot-a-Fake-Facebook-Account
   

AD
SNSにおける国際詐欺をどう防ぐか(その2)


会ったことのない外国人からのリクエストは承認する前に調べる。

いや、外国人じゃなくても…例えばあなたと同国出身と言っているにも関わらず、地元言語ができないかGoogle翻訳使用で、子供のころからアメリカかイギリスに住んでいるみたいなことを言ってませんか? 最近アジア人の写真もよく見かけます。

日本人や台湾人のフェースブックユーザーの写真や、香港の映画監督の写真などを盗用しています。

まずプロフィール写真やタイムラインにある写真を見てみましょう。

●写真はどんなものでしょう。

女性ならスーパーモデル級の美人、胸も大きいとか。スタジオで撮ったような写真でしょうか?

男性はフォトスタジオで撮ったような出来の良い写真でしょうか? モデル級のイケメンではないですか?
最近は女性狙いの男性の成りすましは、イケメンばかりではありません。
信頼できそうなきちんとした服装の写真ですか? 軍服でしょうか? 或いはスーツで演説か何かしているような写真でしょうか? 立派なオフィスで座っている写真とか?
或いは逆に素人写真っぽい、赤い顔のおじさんのスナップショットでしょうか?
合成写真などもあります。顔と首の大きさのバランスはどうですか?

●写真を画像検索しましたか?

画像検索は複数の画像検索サイトでしましたか? 写真がほかの名前でほかのSNSや出会い系に登録されていたりしませんか? そうするとあなたにリクエストしてきた人が本物だという保証はない。

パソコンでもスマホでも画像検索しやすいのがGoogle Chromeです。フェースブックやLinked InにアプリからログインしないでChromeでログインすれば画像検索が簡単にできます。

●時としてプロフィール写真が画像検索でヒットしないのに、タイムラインにあるほかの写真がヒットする場合があります。ですからプロフィール写真で検索できない場合ほかの写真も見てください。


画像を検索した結果、
●詐欺情報を掲載するサイトに写真が掲載されていませんか?
scamwarners.com, romancescam.com, romancescams.org, pigbusters など。
そうすると、写真盗用履歴がすでにある。あなたのお友達が本物で、それらのサイトに掲載されているのが偽物ということはまずないです。写真はもっと前から使われていたことになりますから。

●写真が写真検索でヒットしなければ大丈夫というわけではありません。頻繁に使われている写真であっても、巧妙なトリックでヒットしない場合があります。

●詐欺師がルーマニアとかクロアチアとかエストニアとか、日本人にはなじみのない国の政治家や芸能人などの写真を使っていると、写真がヒットしてもなんだか意味が分からない。サイトを翻訳してくれるツールを使うと、その写真の本当の人物のニュース記事などを読むことができます。

●ときどき、めったにないですが…詐欺師アカウントの古い投稿写真や古いアルバムに、以前使っていた別の盗用写真がまだ残っている場合があります。そうすると、今使っている写真が画像検索でヒットしなくても、複数の異なるアイデンティティを使っていたことはバレバレですよね!



    

それでも、見ず知らずの外国人とお友達になりたいという方々はおられるんですよね。

詐欺師側も、『僕と友達になってくれないの? 君は外国に行ったことないのだろう、ずっと世界を知らない井の中の蛙でいればいい』みたいなことを言ってくることもあります。

世界を知ることって、得体のしれない犯罪者と知り合うことではないですよね。

そして、SNSで本当に見ず知らずの外国の人とお友達になって、休暇中にその人のところを訪ねて行って、楽しいひと時を過ごし帰国してきた方も本当におられるので、すべての見ず知らずの外国人が悪い意図をもって近づいてきているのではないことは確かです。でも、その方のバックグラウンドを伺ってみると、ヨーロッパの芸術や音楽に興味を持たれていて、その筋のお友達もおられるので、海外に住んだことがない人であっても世界中にお知り合いおられるんです。

世界を広げるには…まず関心ある分野でつながることじゃないでしょうか? 少なくとも向こうからやってくる相手とやたらとつながりを持つようなことではないです。

ある、複数の詐欺師がお友達になっていた、友達数200人程度の中年女性(東南アジア人)の方とチャットしたとき、「欧米の人と友達になることがいけないの?」と質問されました。そうじゃないです。どこの国の人とでもお友達になるのは良いことです。だけど、相手をちゃんと見る目を身に着けないとね。国際社会というのは自己責任が必要となってきます。自分の身は自分で守る。友達の多いお友達のせいにはできない。AさんとBさんの友達だったから良い人だと思ったでは通用しないのです。

    

写真だけじゃ偽物だ、拒否しようという決定に至れなかったら…


プロフィールをよく見てください。

●交際ステータス

たいていの場合、
★ 若い女性なら独身。
★ 男性なら離婚か死別で稀に独身となっています。

★ もともと恋愛詐欺じゃなくてほかの419詐欺が目的の場合、女性なら既婚か死別。男性なら既婚でしょうね。よく、恋愛詐欺師のタイムラインに既婚女性のビジネスパーソンというプロフィールの方が『ローン必要ですか? お助けできますよ』みたいなスパムを投稿してますね。

●交際ステータスが『独身』とか『配偶者と死別』『離婚』となっているのに、プロフィール写真は指輪をはめていたりしませんか? 相手に聞けば、離婚か死別前に撮った写真だと言い訳してくるかもしれませんが。でも、配偶者に裏切られたり、あるいは恐ろしい事故で悲しい死に遭遇した人が、不逞の妻や悲しい死を遂げた妻を思い出させるような指輪して女性に近づきますか? もしなりすましじゃなくて本物の人だとしても、交際ステータスが嘘だったらほかのこともみんな嘘だと思えませんか? そんな人とお友達になることで何かメリットありますか?

●職業を見る。

若い女性の場合、モデルとかナース、店員、教員など。よく気の利く良い女性の職業とみなせるものが多い。中高年女性の場合、実業家か実業家の未亡人など、お金を持っていそうな女性。中高年女性の場合、恋愛詐欺じゃなくてビジネス系詐欺か、瀕死の未亡人詐欺でしょう。

男性の場合、軍人・国連職員・ジャーナリスト・医師など、戦地に赴く可能性のある職業か、エンジニアや実業家などでマレーシアやインドネシアなどに出張するような仕事。エンジニアは決まって土木建築系(Civil Engineer, Construction Contractor)か、海底油田系や造船技術者(oil rigs, drilling, marine engineer)が多い。(まれにITエンジニアとかもいますが…) 或いは軍か客船か輸送船の船乗り。

日本人の感覚でいくとエンジニアって医者や弁護士に比べるとそれほど高給取りってイメージではないですよね、ごく普通の理系の社会人って感じでしょう? 西アフリカではエンジニアというと高給取りなんですね。

●自己紹介文を見る。

プロフィールの一部をコピペしてGoogleで検索すると、似たような文章がヒットしませんか? 例えばフェースブックの「自己紹介」の部分や「好きな言葉」の部分、あるいはタイムラインのシェアじゃなくて本人が書いている内容の文章。プロフィールの他の点がOKでも、この内容で西アフリカの詐欺だと分ることもあります。自分が正直で誠実で信仰心が篤く、単純で勤勉で真面目で面倒見がよく、楽観的で明るく信頼できる相手で、相手の異性を喜ばせることができる人物であることをアピールし、タイムラインでは励みになるような引用句をシェアしていたりします。そして英語ネーティブが書かないような語法や、文字使い、スペルミスが見られます。

例文:
"I’m very honest and sincere. I’m understanding, sensitive and sometimes emotional.I love people and socializing…. I am romantic and a gentleman. I like to smile and be optimistic..I’m a cheerful person and also very sociable. I love communication with interesting people.I amkind, wise and caring man. I know what every man needs and I can give this"

"I am simple hard working man who love to exploring new things , i like being myself i like hang out with friends ,weekends or during my holidays, i am social simple person i like meeting new friend, shearing ideals, knowing people culture , tradition and life style it make me happy. i like hacking playing golf and sight seeing, movie games and traveling ...."

このほかにも文例を集めたサイトがあるのでご参照ください。
http://scamdigger.com/more-scammers/profiles-of-scammers/
http://scamdigger.com/more-scammers/profiles-of-scammers-2/
殆どワンパターンの自己紹介文ばかりだということが分かります。



●友達リストを見る。

最近は友達数も多く100人を超え、男女ともに友達になっている詐欺師もいます。だから、しばしば言われる詐欺師プロフィールの特徴として『友達数が極端に少ない』が当てはまらない場合もあります。それでも「普通じゃないな」と思えるアカウントはたくさんありますね。

 友達を隠している。これは安全上の理由から普通の人でもすることはあります。でも、詐欺師は被害者同士で結託したり喧嘩したり、あるいは詐欺について警告する人に見つけられてカモを逃がされないためにそうしています。

 友達を公開している場合、友達の性別のバランスが偏っている。若い美女なら友達は男性ばかり。軍人やおじさんなら中高年女性ばかり。

 親戚やご近所さんがいない。アメリカのフロリダ州出身と自称しているのに友達が日本人と韓国人ばかりでアメリカ人の友人というのは詐欺師の同業者っぽいのが数人だけ。

 友達を隠しているが、自分との共通の友達だけは見えて、それが友達数の非常に多い人ばかり。(2000人から5000人のリミット近くの人数)


●タイムラインを見る。

よく言われるのが、タイムラインに写真が1つか2つしかないのは詐欺師アカウントだということです。確かにそうですね。それ以外写真が手に入らなければそれだけの数の写真しか載せられないはずです。

写真が多い場合もありますが、タイムラインに一度にアップロードされた写真以外何もない場合、明らかになりすましのアカウントでしょう。本人に聞いてみると、"i am new here on facebook"(フェースブック始めたばかりでどうしていいのかわからないんだ)などと言ってくるかもしれませんが。

タイムラインが活発な場合、誰が投稿していますか? やたらタグ付けする友達がタグ付けした内容を頻繁に投稿している場合があります。本人の投稿は1年くらいないのに、友達のタグ付けでほとんど毎日何か内容があるという。

本人による投稿がある場合、内容はどんなものでしょうか。ネットで出回っている引用句ばかりじゃないですか? 或いは軍人の場合本物のFBからの転用もたまに見かけます。引用句の画像などは結構いいこと言ってますね。何しろ 成りすましの詐欺師たちは信心深い良い人を演じていますので。

これは引用句の例:



参考資料
Wiki How:
How to Avoid an Online Romance Scam
http://www.wikihow.com/Avoid-an-Online-Romance-Scam

How to Reveal a Fake Facebook Account
http://www.wikihow.com/Reveal-a-Fake-Facebook-Account

How to Spot a Fake Facebook Account 
http://www.wikihow.com/Spot-a-Fake-Facebook-Account