コメントでご質問いただきましたが、ブログ記事にさせていただきますね。

 

【質問】romancescamのサイトでWe found a match.と写真付きで出てきたという事はそのメールアドレスを使っている人は詐欺師という事ですか?

 

【答え】 はい、その通りです。

 

それらのサイトでは裏付けのとれた詐欺師のメアドや電話番号などの固有情報と、彼らが盗用する写真や名乗っている名前、そしてメッセージ内容などが掲載されています。殆どのAntiscamサイトでは詐欺師であるとの裏付けの取れない情報は載せません。

 

写真や名前は彼らはいくらでも変えることができます。ですから、写真と名前しかわかっていない場合、それらのサイトでは掲載されないことが多いでしょう。メアドや電話番号、スカイプなどは何度も再使用されるものですので、有効な情報となります。

 

Romancescamの詐欺情報を扱っているサイトは、無実の人の個人情報を掲載することによるリスクを強く認識しています。もし、本当に詐欺師ではない人の電話番号やメールアドレスを掲載してしまったら、訴訟問題になりますね。

 

たとえ犯罪性が認められる人物であっても、ほとんどのサイトは『自分の写真やアイデンティティを使っているたかり屋(ベガー)やビザ目当ての人々』の情報の掲載はしません。

 

私もハンティングで得た情報や被害者の方からいただいた情報をそれらのサイトに掲載しています。時として、『この情報では不十分です。メッセージやメールの文章などはないですか?』みたいな感じでアドミニストレータから注意を受けることがあります。それだけ、この手のサイトでは無実の人やべがーやビザ目当ての人々の個人情報を載せないように神経使っています。

 

手 手 手

 

詐欺情報掲載サイトにネットで知り合っただけのお友達や恋人の写真やメアドが見つかったら、残念ですがその方は確実に詐欺師だと断定できるでしょう。

 

本人に確認は絶対になさいませぬよう。本人に確認したらどのようなことになるかというと;

  • 詐欺師は絶対に自分が詐欺師だとは認めないので、サイトの情報は誰か敵がいたずらや嫌がらせとして載せたなどと言う。時として代わりに彼の『妻として』サイトにクレームするよう頼んでくるでしょう。なぜなら、それらのサイトはナイジェリアやガーナからのアクセスをブロックしているから。
  • 『僕を信じてくれないの?』と言って泣いて来たり、逆にひどい捨てセリフを吐いたりする。そしてあなたが折れたら、すべて被害者側が悪いということにされる。
  • あなたが気づいてしまったと判断したら、詐欺師はあなたからは去りますが、その代わりまだ彼を信じている別の被害者たちには、そのサイトの掲載内容を知られた場合などに備えた忠告をするでしょう。例えば『誰かが僕のことを悪く言って来たら、それは別れた妻のさしがねだから、絶対に信じないで。彼女は二人の貴重な関係を損なおうとしているんだ。』など。
  • 掲載されたことが詐欺行為に不利だと判断したら、詐欺師は掲載された写真やSNSのアカウントを捨てて、新しいメアドを作って別の写真と別の名前を使って新しいプロフィールを作って詐欺行為を働くだけです。何しろ写真や名乗っている名前の本人ではないのですから!!

雪の結晶 雪の結晶 雪の結晶

 

ネットで知り合った、時として良い言葉や励ましの言葉を投げかけてくれていたかもしれない人物が詐欺師とわかると、ショックは大きいかもしれません。でも事実は事実です。

 

もし、あなたが詐欺師とお友達になってた方ご本人でしたら、ぜひその人物をブロックし、もし既に送金されているのであれば警察に届け出てください。

 

もし、あなたが被害者の身内の方でしたら、『サイトに掲載されていた』は確実に詐欺師の証拠ですので、どれだけの情報があるかを把握し、身内の方の説得に活用なさってくださいね。

 

過去記事:詐欺情報掲載サイトもご参照ください。

 

この写真が出てきたら確実に詐欺師。

 

 

 

AD
アフリカン詐欺のストーリーによく登場するのが偽サイトです。詐欺だと分っている人には偽サイトですが、騙されている方には本物に見えて、信じてしまうということもあるでしょう。

箱もの詐欺の『戦地からの荷物を送ってくる配送会社のサイト』
遺産相続詐欺の『親の財産を婚約者である被害者の名義に書き換えた銀行口座のある銀行のサイト』
ミリタリー詐欺で兵士の休暇申請や退役申請などをするための申込書がある『軍のサイト』
偽ビジネスマンや、偽弁護士などが自分がそのような立場にいることを見せるための『会社や弁護士事務所のサイト』
他にもいろいろあります。

サイトのURLをもらったら、それが本当に合法的なサイトかどうかを調べる方法はあります。私はDomain Dossierなどを使っていますが、何だかわからず難しく感じる方もおられると思います。

Scamadviserというサイトでは、入力したサイトのWhois検索とともにある程度データベースに基づいたアドバイスをしてくれます。http://www.scamadviser.com/

ここに一つ例を挙げましょう。
Check It Nowと書かれた検索ウィンドウにサイト名を入れます。

例えば偽配送会社のサイト:
wittsecshp.com を入力して検索かけます。

そうすると、Scamadviserが検索をかけて、その結果を表示してくれます。サイトが新しいこと、そして短いライフスパンであること、リスクの高い国であるロシアのサイトであることが書かれています。

偽サイトはたいてい無料のプロバイダや格安プロバイダ使っています。また、偽サイトの場合、登録者がフリーメールを使っていたりもします。銀行や軍のサイトならまずそんなことあり得ません。配送会社が個人経営の零細企業であればフリーメール使って格安サーバーでサイト作ってるなんていうことも全くないとは言えないかもしれませんが。(それでも非常に短い期間しか使わないことを想定していることはあり得ない。) 

そして、この例の偽サイトに関してさらに検索かけたらわかったのが、
●419詐欺に使われたサイトとしてすでに詐欺サイトデータベースに登録されている。
同じ登録者のメアドで複数の偽配送会社サイトが作られては消されていること。

つまりは、このwittsecshp.com という配送会社サイトというのは犯罪目的で作られた偽の配送会社のサイトであることは間違いないということになります。

以下、Scamadviserでの検索結果です。

Website: wittsecshp.com
Title: : Witts Security & Shipping Company : :

Domain Age: 173 Days
Website Speed: Average

Organisation: Nazgul Yuri
Owner: Nazgul Yuri
Owner Address: Nekrasovka Street, Garden, 41, airport d,
Owner City: Simferopol
Owner Postcode: 295000
Phone Number: +7.9780031693 
Phone Type: mobile : 
Email:  

Owner Country : Russian Federation 
Website Location  : Russian Federation 

Probable website origin :-
 93%;    Russian Federation
 7%;    Netherlands

Notes:-
Alert ResultRegistered contact email address is a free one
Alert ResultTechnical contact email address is a free one
Alert ResultAdministrative contact email address is a free one
Alert ResultThis website is 173 Days old
Alert ResultThe website expected life (366 days) is relatively short.
Alert ResultThe website appears to be less than six months old
Alert ResultThis website setup involves countries known to be high risk
Alert ResultThis website is likely to be operating from a high risk country

Analysis Details:- 
This webite is very new , and as such doesn't have an online reputation yet. As with all new businesses , we suggest that you take care and if necessary get in contact with the owners before placing an order of value.
This site has a high risk country associated with it. This may be as you expect but care should be taken if purchasing an item from a site that you didn't expect to be associated with the countries listed above. Certain countries are listed as being high risk because of the high percentage of online fraud or tendency to send fake/replica items.

Free email addresses have been used in the setup of this website. This is not necesarily worrying, depending on the site. For online shops, this can be a sign that the site has some risk

The website has been newly registered with a short life expectancy, which follows the pattern used by many fraudulent and fake selling websites. Please be vigilant and take extra care before providing any payment information.


AD
【Q1】 交流サイトで知り合った自称アメリカ人とインターネットで3か月ほどお付き合いしていました.。相手が贈り物と一緒に日本に来てからビジネスを始めるための資金を国際宅配便サービスで送ってくれたというのですが、そのあとマレーシアの税関から電話がかかってきて、大金が入っているため税金がかかると言われました。そして、その税金をウェスタンユニオンを通して送金したのち、贈り物も貴重なものが入っているため、贈り物の分も税金が必要と言われ、その送金もウェスタンユニオンからしてしまいました。銀行に提出する証明書、荷物の受け取り手であることを示す証明書、裁判費用の証明書など、いろいろ手続きに必要なお金も要求され、総額一万ドルを送金してしまいました。そのあとネットで調べて、ナイジェリア詐欺であることを知りました。これからどうすればよいでしょうか。

【答え】
1.まず彼との連絡を一切断ってください。自分で何らかの調査をしようとしてはいけません。彼らはパスポートのコピーや様々な偽の証明書を見せたり、実在する住所(たいていの場合入れ替わりの多い賃貸住宅や売り出し中の家)を教えてくれたりしているかもしれませんが、すべて偽物です。証明書にある住所や会社名を辿っていっても何も出てきません。おそらくはアフリカのどこかのネットカフェかギャングのネット詐欺用設備からコンタクトとってきています。電話番号やメアドなど、彼との連絡に使われていた手段をことごとく変更することをお勧めします。大変な作業が伴いますが、放っておくと最後の送金をしなかったことにより生じた(もちろん嘘の)事態により蒙った損害の責任を偽弁護士などを通じて問われたり、『お金が戻ってきます』『捜査に協力してください』などという偽銀行や偽捜査機関や国連機関などからのリカバリー詐欺の連絡が来たりします。彼らはメアドもメッセンジャーもなんでも平気でいくらでも新しいものを作れます。

2.金銭的被害を受けられたので、可能であれば警察にも連絡なさってください。実はあまり力にはなりません。しかしながら、この種の犯罪について警察当局が認識を高めるようにするためには、効果がなくても警察に行って調書をとってもらうのは意味があります。また、日本人は警察にも言わないで泣き寝入りするから簡単だといった見方をされてしまうことを防げます。もし犯人グループがマレーシアやタイにいる場合、日本の警察が情報を現地警察に送ってくれることで犯人グループの摘発につながる可能性もゼロではありません。諸事情で警察に通報して身内や職場に知られることを避けたい方もおられるとおもいますが。

3.大金を振り込んでしまったり、お金を送っていなくても相手が偽物だと分かった時点で受ける精神的な打撃は決して小さくありません。そのうえ警察に行って調書を取られる際、言いたくもないことも言わされ、参ってしまうことでしょう。可能であれば、カウンセリングを受けたりすることが良いです。また、そこまで打撃が大きくなかった場合でも、同様の詐欺を経験した人や、そういう人々を助けるサイトで他の人の経験を読んだり自分の経験をシェアしたりすることで少しばかりのヒーリングになります。


【Q2】 相手と交信していた記録はコンピューターから消すべきでしょうか? 彼の写真やメアド、電話番号、送られてきた手続き書類など、どうすればよいですか?

【答え】 
1.警察に持ってゆく場合、すべての交信記録は証拠として有効になります。もし、メアドなどを変更するのが可能であれば、古いメアドは使わずに放置し、警察に求められたときにプリントアウトして持ってゆけるようにするのが良いです。また、ガラケーのメアドをお使いで、メールの内容をご家族や職場に知られたくない場合、携帯用メアドではなくインターネット用のメアド、例えばYahooとかGoogleなどのメアドを作成し、そちらに転送して保存ということも出来ます。

2.また、相手の情報を出来る限りナイジェリア詐欺の情報をさらすサイトに掲載します。私のブックマークをご参照ください。ほとんどのサイトは相手に関する下記の情報を必要としています。実はこれが最大の復讐にもなります。
(1)相手の自称する名前、ほかの登場人物の名前
(2)相手のメアドもしくは電話番号、ほかの登場人物の情報と彼らの立場(偽弁護士、偽外交官、偽税関オフィサー、偽上司など)
(3)相手の写真(もし頻繁に詐欺で使われている写真ではないようでしたら、写真を編集して『Used by Scammer』などと赤字で入れることで写真の本当の持ち主やその関係者に発見された場合のトラブルを防げます。)
(4)相手が詐欺であることを示す証拠(どれか一つで十分)
  ●誤字脱字や西アフリカ系詐欺特有の表現を含むメール(被害者の特有情報を削除したうえで掲載。) 
  ●ウェスタンユニオンを使って送金してほしいというメール、送金先情報
  ●相手の居場所がでたらめである証拠(メールヘッダーの情報、住所が売り出し中の家だという証拠のリンクなど)
  ●相手があなたを信用させるために使用した偽の証明書類(契約書、パスポートコピー、銀行の証明書など…あなたの住所や氏名など個人を特定できる情報は削除。)
これらの情報を掲載すると、まれに詐欺師に見つかり脅される場合もあります。そのためにも、相手からの接触をすべてブロックすることは大切なのです。ほとんどの場合言葉による脅しだけですが、ウィルスやフィッシングメールを送ってこられる場合もあるので注意が必要です。

ほとんどの場合、詐欺師たちは複数の被害者を相手にしており、どこかのサイトに掲載しても被害者個人を特定できる内容(特定の地名、自分や家族や友人の名前など)を削除して掲載し、ユーザーネームを自分の名前や国籍を連想させないものにしておけばあなたが掲載した人物であることはほとんど特定できません。

ちなみに、前の記事でサイトに情報を載せたことで脅されていると書いた時の状況は、私が掲載した内容に日付入りの借用書が含まれており、ほかのハンターが借用書を相手に書かせていなかったため私の偽キャラだと特定されたのでした。

もし警察などに話をしないつもりの場合は、サイトにすべての情報を掲載したのち、相手との記録(メールや写真など)を目にして嫌な思いをしないために自分のコンピューターから削除してしまうのも一つの方法かもしれません。でも先ずは相手の情報をどこかに晒しましょう。

掲載例は、私のブックマークからリンクしている各サイトをよく読んで、またそこのサイトの規則に従って行ってください。サイトによっては写真を編集して『Used by Scammer』などと赤字を入れる必要があります。また、相手のメアドがないと掲載できないフォーラムもあります。


AD