リブログさせていただきましたこの方のブログでは偽医者が出張先から日本を訪問する前に荷物を送るというパターンを紹介しています。私のBaiting(釣り)もこの手が多いですし、被害に遭われた方の話伺うとこの手の手口が一番多いように思えます。

 

直接的な金銭要求ではなく、「偽税関」とか「偽外交官」、その他バリエーション多数ですがいずれにしても「相手本人」ではないキャラから荷物が差し押さえられたのでそれを解除してあなたのもとに届けるためにお金を払えというストーリーは、被害者の方にとっては不可抗力にも感じられるかもしれません。

 

だからこそ、このパターンがものすごくたくさんあり、みんな詐欺なんだよと知ってもらうためにも、「あれ?」と疑問に思って検索かけて私のブログにたどり着いた方は、この方のブログで紹介されている毎度おなじみ税関荷物ひっかかる詐欺のストーリーもぜひ読んでくださいね!!

AD
エボラ出血熱をネタにした詐欺はさっそく発生しているようです。Facebookで偽の医師が寄付を集めているとか。こちらを参照。本当にひどいですね。そしてそのような詐欺を働こうとしている人々は、エボラ出血熱が発生している国の人々なんです。

さて、『お金送れ』までいかなかった偽医者とのやりとりでしたが、実際に偽医者や偽医療関係者(病院建築技術者や医療機器販売者)の成りすましの場合、この先どんなことが起きるのかをご説明しましょう。

1)仕事上の問題が発生し、偽医者(もしくは病院建設技術者、医療機器セールスマン、以下省略して偽医者とのみ表示。)がお金を払わなければならなくなる。しかし、メキシコとかマレーシアでATMカードとかクレジットカードが使えず、英国の銀行からのお金をおろせない。そこで相手の女性にお金を貸してくれと言ってくる。
  1-A) 女性がお金を払えれば払わせる。もちろんお金は詐欺師のポケットへ。
  1-B) 女性がお金を払えない、もしくは出し渋っていたら、金額を減らす。例えば友人とか田舎の親が助けてくれたと言って、最初より少ない額を言ってくる。
  1-C) それでもお金を払ってもらえなければ、(A)スキルのある詐欺師は何とかその場を乗り切れたと言って女性の機嫌を取りつつしばらくはラブレターの連発。 (B)スキルもなく、気の短い詐欺師はお金がもらえないことで逆キレ、END。

2)そしてその仕事上の問題が一件落着したら、今度は女性にお金を返すというふれこみで次なる419詐欺をスタート。彼のイギリスの銀行口座には数百万、数千万ドルの大金が入っている。そのお金を女性の口座に移すと言ってくる。例えば開業の資金とか、二人で生活を始めるお金とか言って。その一部の彼女が貸した分はそこからとればいいなどと言って安心させる。場合によっては偽銀行サイトが登場し、そこのサイトのユーザー名とパスワードを入れて大金が確認できるような仕組みになっている場合もアリ。そして女性の銀行口座を聞いてくる。

ところが、その大金を自分の口座に移してもらうのはなかなかできないのである。ここで偽銀行員登場。彼女に電話もしくはメールでその大金が彼女の口座に移す手はずが整ったことを知らせてくる。そしてそのあと、金額が大金であるため、銀行への手数料として数千ドルを支払うことを銀行員が要求してくる。そのあと、今度は送金元か送金先の政府からの要求と称して、税金や送金がマネーロンダリングと関係ないことを示すための料金として数万ドルを要求してくる。そのあと、その手続き手数料として数千ドル。偽医者の言うことを信じていちいち手数料だの税金だのを払い続けると、きりがないことになる。

そのあと、この送金がうまくゆかない状態で、彼の口座のある銀行の銀行員から連絡があり、この送金方法はうまくゆかないのでATMカードを作るからそのATMカードで彼からのお金を引き落とすようにと指示される。そしてそのATMカードの料金として数千ドル。しかしながらATMカードは届きません。

3)さて、そうしているうちに、今度は偽医者が事故で入院し、銀行員か弁護士か入院先の病院から電話もしくはメール。彼が事故で入院している。入院費用、手術費用を払ってほしい。

4)それでも彼を信じてコンタクトを続けていると、何らかの理由でこの契約の仕事が終わっても日本には来られなくなり、また遠距離恋愛のメールやチャットのやり取りが続きます。そしてその間にも、老親か子供の医療費とか、子供へのプレゼントとかいろいろ要求される…のでしょう。



AD
さて、何度かメールのやりとりをしているうちに、詐欺モードに入る前兆のメールが来ました。ここで、彼がプロジェクトでメキシコに行くことと、そこで大きなお金の契約が関係することを書いてきます。

君は元気にしているかい?

メールと電話番号をありがとう。君は土曜日も働くのかい? 僕は君からのメールを受け取るたびに幸せな気分になる。君は強くてそして自身に満ちた女性だ。君のような女性が僕の理想だ。君と一緒に日本で生活する自信があるよ。

僕の仕事についてもう少し詳しく説明しよう。僕はNHS(National Health Service)で仕事をしていたのだけれど、忙しすぎで自分自身と父の面倒を見る時間さえとれなかったから辞めたんだ。以前は自分で看られる以上の患者を毎日予約を受けて看ていた。夜シフトもしていた。だから辞めたんだ。そして自分の診療所を開業した。

いくつかの私立病院と契約して3週間から1か月の間働いて、そこでお金をもらうこともある。それから医療機器の導入とその立ち上げの仕事も契約でやっている。この仕事が特にお金にもなるしとても力を入れている。改装や新しく建てられる国立病院があると、そこの医療機器の立ち上げに出掛けるんだ。沢山のエンジニアや医者がそのような医療機器の立ち上げに出掛けるんだよ。わかるかい?
(このDo you understandの使いがうざい奴でした。

今、メキシコでの新しい病院の医療機器の立ち上げの契約が承認されるのを待っているところだよ。もし契約がとれれば、メキシコに出掛ける。そこで1か月滞在して、そのあとイギリスにもどるんだ。この契約が取り付けられることを今祈っている。なぜならこの仕事で僕の評価も上がるし、医療機器の立ち上げで$3,000,000.00のお金が支払われるんだ。この仕事に$1,000,000ほど投資している。将来大きなクリニックを開きたいんだ。

君の仕事をおしえて。送ってもらった写真がファイルを開けなかったよ。また写真を送ってほしい。
(開けなくて当たり前。壊れたファイルだから。)君からのメールを楽しみにしている。


この後、友達に相談しているみたいなことを書いたら返事が来なくなりました。おそらく詐欺がばれるのを恐れたのでしょう(爆笑) 『ウェスタンオニオンから玉ねぎ送ってやったぞ』っていってからかいたかったですが(笑)


写真はルーマニアの議員さん。この人の写真も、フェースブックで偽の国際赤十字の医師の写真として使われていました。


AD
医療関連の記事を書く前に、シエラレオネやナイジェリア等の現地でエボラ出血熱のために力を尽くされている現地人および派遣されている外国人の医療関係者の皆様の献身的な努力に感謝するとともに、ご無事を心よりお祈り申し上げます。また、エボラ出血熱でお亡くなりになられた方々のご遺族の方々にお悔やみを申し上げるとともに、この疫病を利用して詐欺を働こうとしている人々がみな逮捕されることを心より願っています。

医者という職業は古くから尊敬を集める職業でした。一部の国を除いては、医者の給料は高く、医者の家族というと高級車に乗り、素敵な家で優雅な生活をしているというイメージがあります。実際には急患などで医者は優雅に家族と過ごすわけにもゆかず、大変そうですが。それでも、相手探したいという人には医師というのは憧れの職業でしょうか。

Facebookで見かける詐欺師らしき男性のプロフィールにも結構お医者さんおよび医療関係者(医療機器販売、もしくは病院建設のエンジニア等)を見かけます。そして、彼らは出会い系サイトやペンパルサイト、あるいはSNSやスカイプなどを通して獲物に近づきます。

あるサイトに掲載されていた詐欺師の情報を英文サイトに載せたかったので、ペンパルサイトでメッセージを受け取ったふりをしたら、このようなメールを受け取りました。

ご返事ありがとう。僕たちの間の距離は問題ではないよ。日本に移動して君と一緒に住みたいんだ。日本人の女性を探しているんだ。なぜなら日本女性が好きだから。僕は前に医学校を卒業したころ、日本人のガールフレンドがいたんだ。彼女は優しくて正直な女性だった。結婚の約束までしていたのだけれど、彼女の両親が反対したんだ。彼らは彼女を日本人の男性と結婚させたかったんだ。だから僕たちは別れたんだ。でも、彼女との素晴らしい経験から、日本人の女性を探したいと思うようになった。わかってくれるかな。

君の仕事は何かい? 家族は? どんな男性が好み? 写真を送ってください。返事を心待ちにしている。

それに対して『日本女性が理想? いまどき男性に献身的なステレオタイプ的アジア女性なんて幻想に過ぎないですよ。私は男女同権主義。前の彼氏はあまりにもコンサバだったのでふってやったの』みたいな返事をしたら、以下のような返答。

今日は元気かい?
君からの返事を受け取って本当に嬉しかったよ。君のプロフィールを見た時のことを思い出した。君は本当に誠実な女性だという印象を受けたんだ。そして君は僕のような誠実な男とコミュニケーションをとっていることは間違いない。これは運命の出会いだったんだ。
(←プロフィール見てるはずないんですが、うそつき)

僕は女性を喜ばせることができる男だ。良い心を持っていて、愛を信じている。(←吐き気が~)

僕たちの関係は誠実で正直で忠節で信頼関係が気づかれたものであってほしい。このような感じで僕たちの素晴らしい関係を築いてゆくんだ。僕たちの分かは違うと言う大きな障壁画あるけれども、それを克服できると信じている。わかってくれるね。

君の元彼のことはぜひ忘れてほしい。そして未来を信じて。僕こそ君にふさわしい男だ。そして君を幸せにできる。僕は愛の力を信じている。距離は問題ではない。そしてもっとお互いを知りあうようにしよう。そして僕は君に会いに日本へ行くよ。

前にも書いたように、母を15年前に亡くしている。心臓の病気だったんだ。僕は一人息子だった。父は元気だ。認知症を克服しつつある。僕のことを心配して、僕が早く再婚することを望んでいた。君とコンタクトがとれたことは本当に嬉しい。父も君のことを聞いて本当に喜んでいる。僕たちは互いをよく知り合い、良い関係を築くひつようがあるんだ。わかってくれるね。

君に会えて光栄だよ。このサイトで会えたことは神様の思し召しだと思う。僕は運命を信じている。僕たちは会うべきして出会ったんだ。わかってくれるね。僕は遊んでいるんじゃない。そして女性をもてあそぼうとしているのでもない。君も遊びじゃないことを望んでいる。お互いまじめに、心を開いて話し合おう。

質問だけれど、君は何に幸せを感じる? このサイトやほかのサイトでの何らかの経験をきいたことはあるかい? あればその経験を教えてほしい。僕の前の彼女との経験は素晴らしかった。僕らは愛し合って支えあっていたんだ。そしてお互いをよく知ることができた。彼女はよく気が付く人で正直だった。

質問があれば何でもしてほしい。僕らはお互いをよく知り合う必要がある。それから、写真を送ってほしい。

この後、そっけない返事ばっかり続けましたが、先方はラブレター。そしてついにお金のは橋の前奏曲が…。

写真の方はお医者さんではなくて教授です。
ナイジェリア詐欺師は講演会とか著書関係の報道写真等を盗んで使っているようです。