『詐欺師 撲滅 Facebook』のキーワードで検索されてこのブログにたどり着いた方がおられます。答えは、非常に難しい。それよりも、誰もがそういうものが存在することを知って、自己防衛するようになるほうが良いでしょう。

 

私も若干FB詐欺師のプロフィールを報告しています。報告して削除されても、また別のメアド使ってアカウント作って出てくるのは目に見えてます。

 

Facebookが偽アカウントをどのように見分ける仕組みになっているのかわかりません。セキュリティ上の都合で、その仕組みはFacebookが公開することはありません。

 

しかし、Verifiedの青いチェックマークの入ったフェースブックが存在していても削除されない偽物も沢山存在します。

 

審査に非常に長い時間かかるものもあれば、報告したら直ちに削除されるのも存在する。

 

ユーザーのレベルでは判断がし難い。

 

通報数が多いと削除されるのかというとそうでもないかもしれない。明らかに有名な政治家や軍人の写真を使っているにも関わらず、Facebookのコミュニティ規定に反しないと判断が出てることもしばしばです。

 

アカウントが削除された場合、ユーザーに通知されるとありますが、これはメールなどで通知されるのではなく、本人がログインしようとするとその画面に入ります。そこで本人認証ができればアカウントを復帰できるわけです。

 

ただ、このアカウント停止もいろいろレベルがあるようです。簡単なのは、ログインして画像認証(自動的に形成された画面に文字を入力する)とか、友達の写真が出てきてそれが誰だか当てるといったクイズ。それらで復帰できるのはかなり軽度の停止処分です。私が今回食らった停止処分はそのようなレベルではありませんでした。最初の数日はログイン画面から本人確認のための書類をアップロードする画面に入れましたが、それができないと完全削除されました。

 

しかしながら、もともと偽アカウントでフェースブックを利用している詐欺師たちは、アカウント停止なんて平気ですよ。それによって有望な被害者を失ったとしても、またカモリストから探せばよいわけです。

 

それに、既にLineやメールに移行していれば、Facebookがなくても犯行が続けられる。

 

下のスクリーンショット(編集済み)は、詐欺師のフェースブックを通報したらどうなるかを示したものです。

 

1)まず審査に入ります。

2)そのあと回答があります。審査結果、詐欺師プロフィールがなりすましと判定されて削除される場合もあります。

3)しかしながら、たとえ有名な軍人や政治家の写真を使っていて本物のフェースブックがあって、本物のフェースブックを参照にして報告していたとしても「コミュニティ規定に違反するものではありませんでした」という回答が来る場合もあります。(但し、同じような通報が重なると、あなたへの回答は「問題なし」だったとしても最終的に削除になることもあります。

 

 

AD
SNSにおける国際詐欺をどう防ぐか(その1)

まず誰でも友達承認しないことです。

リクエストしてきた人は、顔見知りですか?

顔見知りではない場合、趣味や学校など、どこかつながりのある人ですか? 

共通の友達になっている人とその人物とのつながりはどういうものですか? 特に友達数が多くサポーターを必要としている立場の方の場合、誰でも承認している可能性があります。あなたのお友達がその人物を保証しているわけではありません。

リクエスト拒否、友達削除、ブロックすることに抵抗しないでください!

    

お友達が多く、誰でも承認する方への批判はこれで終わりにします。

お怒りの方もおられるかと思います。私のフェースブックアカウントの停止処分の一部はそこに起因しているかと思います。

一方で、今まで詐欺師とお友達になっている方々にご注意してきたことの効果も少しばかりみられるようで安心しました。ある方は、ご自身にリクエストをしてきた人物に関して「私にリクエストしてきましたが、この人詐欺師です、気を付けてください」とタイムラインに公開で書かれていました。そのようにして意識が高まることが、問題の発生を事前に防ぐ結果になるかと思います。

日本人の中高年は、SNSで自分と何らかのご縁でつながった相手を削除したりブロックすることに多少抵抗もあるようです。

私も中年ですので、インターネット普及の初期の頃からネットを使っていました。若いころ、あるサイトのアドミニストレータしてたこともあり、発言の削除やメンバー削除などにかなり過剰に反応されるユーザーから怒りをぶつけられたこともあります。何らかの違反をした人の発言や会員権を削除するという処分に、人格否定みたいな感じに捉えられ、何だかスタッフ側が諸悪の根源みたいに扱われたことを覚えています。

そういう時代を過ごしてきた人は特に(若いころネットを使っていなかった人でも)、フェースブックでつながっている相手を友達から削除したりブロックしたりすることに抵抗を感じるのではないかと思います。

フェースブックでご注意した方から、『削除したりブロックしたら相手の心象悪くしませんか』と言われたことも何度かありました。『相手の心象悪くする』ことまで気にする優しい日本人だから狙われるのだと自覚してほしいです。

詐欺師側は本当にあなたが好きだからつながっているのではないので、友達削除されたりブロックされたら『クソッ、逃げられたか!』と思う程度です。実際、友達リストからリクエストするのボタンをクリックして片っ端からリクエストしているはずなので相手はプロフィールすら見ていない場合が多いです。「あなたの素晴らしいプロフィールを見てじっとしていられなかった、一目ぼれしてしまった」なんて嘘です。実験的に『既婚』の偽アカウント使って構えていたら毎日続々と「あなたとまじめな交際をしたい」という詐欺師どもがたくさんやってきましたよ!

もちろん中には『なんで僕を友達削除したの? 僕が何か悪いことした?』とか聞いてくる奴もいるでしょう。削除してブロックした後、メアドや電話番号教えてあった場合メールや電話が来る場合もあります。削除した理由が何で、まだ可能性があるかを確かめるためでしょう。

でも殆どは何らかの理由で友達削除してきた相手はそれ以上追及するより自分を何も考えないで信じてくれるカモに時間と労力を集中するはず。

だから、怪しい相手の削除やブロックに抵抗しないでください!!
AD
フェースブックで見知らぬ外国人と友達になった結果、詐欺被害に遭われたという方々何人かからお話を伺った結果、(私のWarning 用アカウントが停止処分になり、ログが残っていませんので統計的な数字を出せませんが)、ほとんどの方はその犯人と共通の友達がいたので友達承認してしまったようでした。

そして、その詐欺師と共通の友達になっているという方は多くの場合、友達数が2000人かそれ以上いて、社会的に信頼される立場の方だったようでした。

確かに「共通の友達がいる」というのは、友達承認するための判断基準の一つでありましょう。しかし、それが、最近進化してきたフェースブックを使った成りすまし詐欺の狙いではないでしょうか。

友達数2000人、3000人、4000人の方は、恐らくすべての自分の友達にリストされている人々を知りません。本当に顔見知りでリアルで知っている相手は数百人にとどまることでしょう。しかし、彼ら、彼女らにとっては見ず知らずのFB友達というのは自分の活動に対するサポーター。それらのFB友達は玉石混交であっても構わないものであり、大切にしたい支持者なわけです。

ある芸術家の方からお話し伺ったところでは、その方はご自身の作品をより多くの人に知っていただくため、友達申請は絶対に承認するようにと師匠の方から言われていたそうです。

また、日本文化を広めたいという方は、相手の外国人がどんな人であっても自分のタイムラインで書いている内容から何かを得らるならと誰でも歓迎なさいます。

スピリチュアル系の方の場合、タイムラインに書かれている内容を一人でも多くの人に読んでいただきたいと思っておられ、仮に悪い人が申請してきたとしてもそれを読むことで改心してくれるかもしれないからと思うと、誰でも受け入れておられる。

一方、そういう方が共通の友達になっている人物からリクエストを受けた方々は、
●政治家のA先生と共通の友達だから、この自称英国人の海底油田エンジニアは信用できる。
●着物着付け教師のB先生と共通の友達だから、このシリアに駐留するジャーナリストというのは本物だろう。
●占い師のC先生と共通の友達だから、アフガニスタンに駐留する米国陸軍大将は問題ないだろう。
●実業家のD氏と共通の友達だから、ガーナで金を仕入れているという英国人ビジネスマンは信用できる。

そんな感じでポテンシャルな被害者の方々は詐欺師からのリクエストを承認してしまう。

サポーターが沢山必要な方々が誰でも承認する。その方々はおそらく被害は受けていません。第一、見ず知らずのサポーターとやり取りなどなさらないでしょうね。その方々のタイムラインに書き込まれる数百人の方々が本当のお友達で何らかのやり取りはお持ちでしょうけれど。

FB友達数の多い政治家、芸術家・芸能人・文化人、カウンセラー・占い師などの有名人さんご本人たちは自分のサポーターを一人一人保証しているつもりはないのです。

しかし、そのような方々と友達になっていることで、偽アカウントのScammerたちは「自分はこのような人と友達になっているのだ」という保証を得ていることになってしまう。



誰でも友達承認してしまうことのリスクはこちらの記事もご参考に。
http://8en.jp/socialmedia/friends_request_warning/
http://matome.naver.jp/odai/2134024580986829901
自分が引っかかる危険性が発生するだけではなく、リアルでつながっているご友人やご親族などにも被害が波及する可能性もあるのです。

フェースブックで誰でも友達承認するっていうの、やめませんか? たとえ共通の友がいる相手であっても!!

⭐️⭐️⭐️

先ず、共通の友達がいるなら、その人に確認してみては? 「実は知らないけど自分のタイムラインは関心ある人なら誰にでも見てもらいたいから基本的に承認してます」とか、それどころかその人の友達リストに該当する人物がいるにも関わらず「そんな人知らない」と言われたら、残念ながらそのお友達申請して来た人物の関係は薄いです。そしてその共通の友達の知名度を利用してアプローチして来たこと間違いなし。

見知らぬ人物からフェースブックで友達リクエスト来たら、その人を承認しない事で何かを獲損なう可能性ありますか? 多分無いと思う。

勿論、小さな確率で純粋に日本人と友達になって日本文化を知りたいという人がいるかもしれませんが、可能性は低い。

例えばあなたがイギリスの音楽や文学が好きでイギリス人と友達になりたいなら、適当に見つけたイギリス人にコンタクト取りますか? 普通はミュージシャンや作家のファングループに行きませんか?









AD
フェースブックを使う詐欺師のカモリストの仕組みに関する推測。

フェースブックでよくアフリカンのなりすましと思われる白人男性からリクエストが来るというAさんとの会話。

Aさん「リンダさん、この人も詐欺師ですよね。名前はJohn Smith、自称建築エンジニア、フロリダ州出身、プロフィール写真は海をバックに赤いシャツ、黒いパンツ。頭はスキンヘッドです。タイムラインに載せていただけますか?」

私「John Smithで該当しそうな写真が複数あります。これでしょうか?(リンクを送る。)」

Aさん「違います。」

私「それじゃあ、こちら?(リンクを送る)」

Aさん「違います。」

私「プロフィールのリンク送っていただけますか?」

Aさん「……どうしたらよいのかわかりません……」

こんな会話をAさんをはじめ何人かの方と何度かフェースブックでしていました。

フェースブックで誰かを特定したいとき、実は名前だけあげたりプロフィールの特徴だけあげても目的の人物に到達できないのです。リンクを送っていただければ分るのですが、スマホのアプリでフェースブックを使っている方にはどうやったら良いのかわからない。



ここで気が付いたことがあります。Aさんは何度も明らかにアフリカン詐欺師のなりすましっぽい外国人からリクエストを受けている。自分はカモリストに載せられているのかもしれないともおっしゃっていました。

じゃあ、そのカモリストってどんなものなのだろう。Aさんという名前をただリストするだけじゃ、詐欺師はAさんのフェースブックには到達できないのです。

フェースブックで誰かを特定するのに、名前だけで検索というのは至難の業です。しかし、プロフィールのリンクが相手にシェアされれば、容易に目的の人物まで到達できる。

とはいえ、誰かのフェースブックのURLをコピペでシェアしてカモリストなど作るのもまた手間がかかるのではないでしょうか。

だから、容易にリストされたものが存在して、そこで「友達になる」をクリックするだけで友達リクエストができるようなものが、カモリストとして使われているのでは? 

楽してお金を得ようとしている連中が、一つ一つFBのプロフィールのURLをコピペして丁寧なリンク付きのカモリストなんて作るような手間かけないと思います。

誰かの友達リストから片っ端からリクエストしてゆけば、その中の何人かが反応してくれる。そんな感じではないでしょうか。


これは想像の域を出ませんが、誰かの友達リストそのものが、カモリストとして活用されているとしたら…簡単に友達リクエストをしてゆくことができますよね。友達を公開している人の友達リストで、ターゲットとなる性別や年齢層、収入層がそろっている。

そして、Aさんが連絡を下さっていた詐欺師アカウントは、決まってAさんと共通の友達がいました。友達数の多いBさん、Cさん、Dさん。それぞれ4000人以上お友達をお持ちでした。そして、友達リストも公開されています。そして、詐欺師と友達になっている方々に私もたくさんリクエストを送っていたので、当然ですがBさん、Cさん、Dさんは私の共通の友達にもなっていました。

おそらくBさん、Cさん、Dさんは誰でもリクエストしてきた人々を承認される方々のようでした。「お友達になってるGeneral xxxxというのは偽物ですよ」といったメッセージも全く読まれていませんでした。おそらく顔見知りの方以外のメッセージは開かないし返事されないのでしょうね。かなりの数の詐欺師が彼女たちのお友達になっているようでしたが、おそらく交流もなく、被害も全く受けられていないことでしょう。

『ナイジェリアの手紙』というのも、何千通、何万通の郵便もしくはEmailを送信し、ほんの一握りがそれに反応してくるものです。フェースブックもそうでしょう。例えばBさん、Cさん、Dさんと友達になっている自称自営業英国人のXは、Bさん、Cさん、Dさんの3人で少なくとも1万2千人分の人の人物の情報があることになる。Bさん、Cさん、Dさんの友達に多少の重複があったとしても1万人は確保できるでしょう。

そのリストの人たちを片っ端からすべて同じXのアカウントでリクエストしてゆくと、Facebookから過剰な友達リクエストとして警告されます。だから、いくつかのアカウントに分かれて、まずBさん、Cさん、Dさんと友達になる。そして、Bさん、Cさん、Dさんの友達になっている人々に片っ端から友達リクエストしてゆくと、1万人程の人々の中から数十人の反応してくる人を見つけることができる。そしてその中からさらに騙しやすい人を見つけて、詐欺行為に入る。

Bさん、Cさん、Dさんの友達になっている詐欺師のタイムラインを見ると、友達リストは隠してあるとしてもタイムラインで「いいね」をしている人やコメントをしている人が、Bさん、Cさん、Dさんの友達か友達の友達になっている東洋人だったりします。戦地の米国陸軍将校だというのに、故郷のお友達全くなし。

想像の域を出ませんが、カモリストのからくり、実はそんなことなのではないかと想像しています。


一方で、こんなのにも遭遇しました。

プロフィールの名前はひらがな表記の日本人女性の名前でした。「せいこ まつだ」みたいな感じですね。

少なくとも半年くらい前までは普通のフェースブックだったようです。その女性の子供の七五三の写真が載せられていたり。

ところが不思議なことに、その可愛い七五三の写真にいいねをしている100名近い方々が今は友達になっていない。

そして、その女性とと友達になっている新たな100名近い人々の内訳は、外人は詐欺師のなりすまし写真の自称軍人や実業家やエンジニアや医師。一方、日本人や台湾人は、アフリカン詐欺が狙う年齢層である中高年の男女、女性のほうが圧倒的に多い。

そしてその女性は次から次へと日本人、台湾人、韓国人の男女に友達リクエストを送り続けていたのです。最初は数十人だったのが、何らかの通報を受けたのかアカウントが削除になった約2か月後には100人近くなっていたようです。

つまり、この場合、そのひらがな表記の日本人名のアカウントを乗っ取って友達リクエストをし続けるカモリスト収集担当の奴が存在し、その人物に友達になってくる詐欺師たち(おそらく同一犯行グループ)にカモを提供する。

何も知らずに友達リストを提供しているBさん、Cさん、Dさんのようなお友達の多いフェースブックユーザーの場合と異なり、この場合は友達リストが明らかに詐欺に使われることを想定して作成している。


過去2年程でしょうか、フェースブックを使って詐欺情報を発信して、必要とあればその怪しい人物と友達になっている方々にご注意したりなどしてきました。

その間に、フェースブックのアフリカンのなりすまし詐欺も様子が変わってきました。

かつては、「友達数が極端に少ない」「タイムラインには写真以外何もない」「コメントやいいねがほとんどない」をアフリカ人のなりすましによる詐欺師フェースブックアカウントの特徴として挙げることができました。コメントがあっても、共犯者・協力者による写真称賛みたいなものだけ。たまに見かけたのが、「彼は私のよ」みたいな被害者同士のバトルで、それを防ぎたいというのもあってか、アフリカン詐欺師のフェースブックはコメントを嫌っていた。

でも、最近はそうでもありません。100人前後友達がいる詐欺師アカウントも少なくありません。中には数百人の友達がいる奴も。依然としてコメントは少ないもののコメントのあるタイムラインも見かけます。

詐欺師はメッセージを使って被害者の方と秘密の空間で話をして詐欺を働くわけですから、タイムラインでコミュニケーションをとって誰が彼と最も親しいかなどわかるようにはしたくないわけです。しかし、タイムラインが活きていると自然に見えて怪しまれないと学び取ってるやつもいる。


例えば下のスクリーンショットは自称ハーバード大卒の会社経営者。現時点で95人も友達がいます。そのほとんどがアジア人、日本人も少なくない。しかも彼の友達は女性が多いとはいえ男性の友達もいる。

しかし裏付けは取れています。恋愛に興味ないというと、ガーナのセキュリティ会社に預けてある資産を受け取ってほしいと言ってくるのです。つまりは明らかに詐欺師によるなりすまし。数人の友達しかいないというのは当てはまらない。友達数100人超えるのも決して珍しくなくなってきました。





それから、『(写真の数に関係なく)タイムラインに一度にアップロードされた写真しかない。』というのも当てはまらなくなってきている。中には巧妙に作られたタイムラインもあります。定期的に内容が更新されていたり、コメントや「いいね」も数百とはいかないまでもそこそこの数あったり。

コメントをしているのは、交際中の被害者に混じって共犯者もいることでしょう。いいねをしているのは、もしかすると友達になっていて被害を受けていない人が自分のタイムラインに入ってくる画像を片っ端から「いいね」していたり、あるいは最初に友達承認した後にあいさつ代わりに「いいね」をしていったり。

下記のフェースブックアカウントは、一見普通に見えるかもしれませんが、メッセージ内容から詐欺師のなりすましと断定できました。

"Hey my friend. How are you doing. I'm Mitchell from Facebook. Please get back to me if you get my message. I will like e know you more better If you do not mind"



そして、共犯者やサポーターからのコメントの他、誰でもタグ付けするユーザーを友達にすることで、本人の投稿がほとんどないタイムラインを活性化させ、毎日何かしらのメッセージがタイムラインにあるようにしているアカウントも見かけます。

英語が下手というのも一つの特徴ですが、下手な奴ばかりでもありません。英語ペラペラの日本人女性が偽の国連職員に騙され、インドネシアから送られてくるという彼の荷物を受け取るために送金してしまいました。その方の話では、その詐欺師の英語はアフリカン英語ではなく、アメリカ人っぽい上手な英語だったそうです。(バイティングしてみたらそれほど英語上手でもないなと思いましたが…ひいき目に見ても、その方や私みたいに日頃英語使って生活している英語を母語としていない人と互角かそれより少し劣るってくらいでしょうか…。)

写真も必ずしも写真検索でヒットするとは限りません。ネットで活発に活動しているセレブなどは、最新の写真がどんどん出てきますので、詐欺情報サイトにまだ載せられていない写真も少なくないでしょう。また、Youtubeのスクリーンショットなども使っていることがあるようです。


それじゃあどうやって詐欺師のフェースブックを見分ければ良いのかという質問が出てくるかもしれません。『友達数10人、タイムラインは写真だけ、コメントは共犯者による写真称賛だけ、いいねは数える程』という、いわゆる典型的な詐欺師フェースブックなら一目でわかる。

でも友達数が200人もいて男女ともにいる、毎日(誰か協力者からのタグ付けであっても)タイムラインに内容がある。だったら怪しくないですか?? 対話してみて確かめますか??

でも、その前に言いたい。なんで誰でも承認するの? 

そのリクエストしてきた人は知ってる人? 

たとえ共通の友達がいたとしても、じゃあ共通の友達のAさん、Bさんはその人をどの程度知っているの? 

リクエストしてきた外国人と共通の友達であるAさんやBさんは誰でも承認する人じゃないですか? 





2月6日ブログの日記念スタンプ

ブログの日スタンプ