画像検索して助かったという方から、「画像検索をする方法をぜひ載せて」とリクエストいただきました。実は前に書いてます。記事が増えてくると連載した画像検索の方法もうずもれてきますね。こちらでおさらいです。

 

調査方法 実習編(1)から

【オンラインロマンス詐欺被害を防ぐ】実践! 画像検索(1)から

SNSにおける国際詐欺をどう防ぐ? (その1)

画像検索の方法

 

このほか読んでほしいのは;

国際ロマンス詐欺被害に遭ったらするべきではないこと(1)から

国際ロマンス詐欺被害に遭ったらするべきこと(1)から

SNSにおける国際詐欺をどう防ぐ?(1)から

詐欺被害者が詐欺師をバイティングしようとすることに潜む危険

尚、ここでアドバイスしている通りにしないことは被害者の方のご自由です。その方の人生の選択。私の関知するところではありません。しかしながら、私がここに書いている内容はFBIや米軍などの注意喚起と一致する内容であり、メジャーなAntiscamサイトでも勧めていることであり、日本の一ブロガーが勝手に考えて書いていることではありません。つまり実績のある公的機関やボランティアグループにより提案されてることであるということです。

 

金銭的被害があったかなかったかにかかわらず、ロマンス詐欺被害者の方は必ず「詐欺だ」という疑いを抱いたときに気持ちがふらつきます。「相手を信じたい」という性善説的な思いと格闘し、時として「信じることは大切」と美しい言葉を胸に抱いて警告者よりも詐欺師を信じようと努力する。そして苦しみます。

 

フェースブックに「愛とは」「友情とは」「信頼とは」みたいなQuotesの画像を載せたりして「私は信じる」という悲しいまでも強い決意を示す方もおられるのです。しかしいつかその強い確信は崩れ去ります。数十万円ならまだしも、数百・数千万円の大金を送金してしまってからの苦しみは一生ものになるでしょう。家や車や貴金属など貴重なものを売ったり、友人知人や親族・金融機関からお金を借りたりして送金し続けたことが何も実を結ばないことに気づかされるのですから。

 

だからぜひ、ロマンス詐欺の被害を受けたと気づいた方は詐欺師との関係を断って苦しんでほしいのです。「彼が彼であってほしかった」と思いながら、「美しい言葉」を相手からもらったすばらしい感動を否定することへの葛藤を味わいながら。泣いてください。一晩眠れなくたっていいじゃないですか。ほんの短い期間の苦しみなんです。

 

相手との最後を美しく終わらせるため、大人な別れ方するためと思って詐欺師と接触続ける人もいるでしょう。

 

また、すでにSNSで婚約フラグを立ててしまっていて、友人知人の前でそれを否定することの恥ずかしさもあり、ゆっくりとそのことを周囲に忘れてもらうため、詐欺師と接触を続けたいと思う方もおられると思います。

 

でも、それよりも、詐欺師との関係を続けていた際に弱まったリアルの関係の人々との絆を強めるほうが良いです。今は苦しくても、それらの人々との関係を取り戻すことによって痛みはやわらげられてくる。だから、恋人が詐欺師だとわかったら、相手に何も言わずに接触を断ち、そしてリアルに会える人々との関係を取り戻してほしい、そう願います。

 

 

 

AD