John William Griffin Jr. Facebook antiscam group より。

SNSや婚活サイト、デートサイトなどで知り合った相手と実際にビデオチャットをしたために、相手が本物と信じ込まされ、結果として相手の『どうにもならない困った状況』に同情して送金してしまったという詐欺被害者の方は少なくありません。でも、そういう相手に限って、写真が結構よく知られた、ここ数年アフリカンの詐欺師に写真が盗用されているものだったりするのです。


ビデオチャットのトリック

詐欺師や変態たちが何も知らない人々やWebcamのモデルのチャット動画を集め、そのビデオをSkypeを使ってストリーミングしています。スカイプで姿を見せた相手は、詐欺師が再生した動画です。詐欺被害者の多くはこのトリックに騙されます。なぜなら彼ら・彼女らは相手をビデオで見たからです。

相手が本物かどうかを確かめるため、任意の動作を要求してみましょう。例えばすぐに手を振るとか、親指を挙げるとか。ビデオに写っている相手をそのまま信じるべきではありません。


下のビデオは、カメラのプログラムを使ってSkypeで録画済みのビデオ動画をストリーミングするかを示したものです。

ビデオに写っている男性はイタリアのモデルです。この種のトリックに関する警告を普及啓発する目的で、このモデルのビデオ動画が使用されています。





(スマホなどでビデオが表示されない場合、こちらにアクセス。)

ビデオ通話中に声が出ないのも赤信号でしょう。常識を働かせてみれば簡単に相手が偽物でビデオがあらかじめ録画されているものだとわかります。

相手にあなたの目の前であなたの名前を書いて、すぐにそれを見せるように要求してみてください。本当にライブ映像なら、相手はあなたの要求通りにできます。でもろくがされたビデオをそのまま流しているのであればそれはできません。


-----------------------------

翻訳終わり。以下は私のコメントです。


ビデオトリックによく使われる詐欺師の写真・ビデオについても後ほど紹介してゆく予定です。


ところで、ビデオチャットでよく悪用され、被害者に対して詐欺師がストリーミングで流しているビデオ動画のいくつかは、詐欺被害者の男性のものです。


ある男性被害者の方は、相手の偽の女の要求に従い、かなりきわどい姿をビデオチャットで曝してしまい、その姿を録画されてしまいました。

その男性を唆した女はもちろん偽物で、男性ターゲットの詐欺に使われるビデオや写真はAV女優のものです。プロの女性のビデオをストリーミングで流した後、偽女が『私も見せたのだから』といって男性にも恥ずかしいことをさせたのでしょう。


詐欺師はその男性の写真と映像を今度は女性を騙すのに使います。男性のその恥ずかしい姿をビデオのストリーミングで被害者女性に見せ、今度は女性に同じようなことをするように要求してくる。女性がそれに乗ってしまい、自分の姿をさらけ出してしまうと、どんなことになるのでしょうか? まず詐欺師は女性の姿をスクリーンショットで撮るか、ビデオで録画します。


女性がなかなかお金を送ってくれない、あるいは詐欺だと気づきコンタクトを取りたがらなくなってきた等というときに、その恥ずかしい動画や写真をもとに脅しをしてきます。


あなたが男性であれ女性であれ、ネットでしか会ったことのない相手、本物か偽者か定かでない相手に、後々脅しのネタにされるような恰好を曝すのは非常に危険なことです。絶対にそのような話に応じるべきではありません。たとえそれで相手が機嫌を損ねたとしても。


相手が仮に本当に本物の人だったとしたら、そしてその人がその種の要求をして来たら、その人はその程度の人間でしょう? 言うとおりの姿を見せないで期限を損ねたとしても、それでおしまいにできて正解です。 


もし、恥ずかしい写真や動画をネタに脅されたらどうするべきか。こちらもご参照ください。答えは簡単。相手とのコンタクトを絶つ。メアドやSNSや携帯電話番号を変える。相手はお金が目当てですから、脅しにならなければ写真やビデオをどこかにばらまくという脅しを実行することはありません。但し、脅しは免れても、男性のビデオ映像は次の詐欺で使われる可能性はあります。詐欺被害者の年齢層を考えると、女性のビデオを同じ使い方される可能性は低いです。女性を装うロマンス詐欺の場合、若いAV女優の写真やビデオを使うのが定番です。






AD