Antiscamサイトに投稿するには

 

まず投稿に必要な情報がそろっているかどうかを確認してください。サイトによって要求事項が異なります。画像をそのまま投稿できるサイトもあれば、画像投稿サイトへのリンクを促しているサイトもあります。

 

既にあるトピックへの返答として投稿する場合は、該当するトピでReplyを選んで投稿することができます。

 

新規にトピックを作成する場合は、New Topicsをクリックします。

 

たいていの場合、タイトルに詐欺師の名乗っている名前と、メアドや電話番号、メッセンジャーのIDなどをれるルールになっているでしょう。ほかの人の投稿も参考にしてください。

 

 

 

 

 

 

AD

オンライン詐欺被害に遭ったら、警察や銀行に報告するほかに、詐欺師に関する情報をAntiscamグループのサイト等にも報告することをお勧めしています。なぜなら、同じ犯人から被害を受けている人が検索して見つけて助かる可能性があるからです。あるいはすでに送金してしまったあとであっても、気が付いて目を覚めるきっかけになるかもしれません。

 

実名制のフェースブックのAntiscamグループはなかなか参加しにくいと感じる被害者の方や、支援者の方少なくないと思います。

 

Antiscamサイトへの投稿は匿名性を保った状態で投稿できるのが、Antiscamサイトです。

 

ですが時々、どうやって英語のAntiscamサイトに登録参加したらよいのかわからないという声を聞きます。「詐欺師と英語でやり取りしていたのに何故分からないの?」と思ってしまったこともありますが、英語力の低いアフリカン詐欺師とのやりとりとプロパーな英語の書かれたサイトの説明は全く次元が異なるものなのですね。

 

Romancescam.comを例にして、登録方法をご紹介しましょう。サイトに登録する、つまりRegisterといいます。サイトのメニューの上か下かサイドにメニューがあり、Registerと書かれていてクリックできる項目があると思います。Romancescam.comの場合はサイトの上のほうのメニューに見つかります。

 

 

Registerを選択すると、フォーラムの規則が出てきて、それに同意できるかどうかを聞かれます。内容をよく読んで、同意できれば「I agree」を選択します。

ユーザー名やメアドを登録するページが出てくるので、必要情報を入力します。submitのボタンをクリックすると、登録されます。

 

 

たいていのサイトの場合、登録すると確認のメールが送られてきます。メールに貼られているリンクをクリックしてVerificationを完了するとサイトにログインできるようになります。

 

 

 

 

AD

「偽銀行サイトを見分けるには?」という記事を8月2日に書きましたが、詐欺師が使う偽サイトは銀行だけではありません。

 

配送会社のサイトも詐欺師たちが荷物を被害者にトラッキングさせるために作ります。荷物のトラッキング、しかも高額な現金や金塊が入っているわけですよね。だったら、それをトラッキングするとしたら、やはりHTTPSじゃないとセキュリティ上の問題がないでしょうか? しかし詐欺師が使う配送会社のURLはHTTPSです。

 

さらに、URLをWHOISで調べてみましょう。scamadviserのサイトを使います。

 

Aero Marine Xpressという偽配送会社のサイト:http://www.aeromarinexpress.com  

このサイトのURLを調べると以下の結果が出てきました。

 

 

  • オーナーの名前を隠すサービスを利用している。
  • 比較的新しい、90日ほどしか経っていないサイト。
  • サイトの想定している寿命が364日と短い。
  • 6か月以内に作られたサイトである。
  • カナダが6%、パナマが5%、89%出所が不明。

この種の短命なサイトは偽サイトとして詐欺師に使用され、目的が果たされたら犯行グループ自ら消去するか、不正なドメインとして通報されて削除される運命にあります。

 

このような短命なサイトが出てくれば非常に高い確率で偽サイトです。

 

もしサイトがフィッシングなどの可能性がなさそうであれば、もう少し調べてみることもできます。Contact Usのところを見ると、連絡先や住所が書かれています。

 

  • サイトは詐欺に使われたサイトとそしてデータベースに記録されています。
  • 英国の電話番号は詐欺に使われた電話番号として記録があります。
  • 米国の電話番号も詐欺に使われた電話番号として記録があります。
  • そしてガーナの電話番号がContactにあることに注目。ガーナの携帯電話番号です。

 

つまり、この偽配送会社を使っている犯罪グループはガーナである確率が大きい。

 

 

PLEASE FIND OUR CONTACT DETAILS BELOW
United Kingdom:


Tel:

E-mail 
 

15-17 Charlotte Street, 
London W1T 1RJ, England
 

+447934816370

info@aeromarinexpress.com
aeromarine7@outlook.com

    
U.S.A:



Tel:
E-mail 
 

25 Bedford St. 
New York City, N.Y.
U.S.A

+16053893071 
info@aeromarinexpress.com

   
Ghana:


Tel:
E-mail 
 

P.O. Box co 3010 
Tema, Ghana.

+233238160136

info@aeromarinexpress.com

Website URL www.aeromarinexpress.com

Our Office Hours Monday to Friday from 8:00A.M to 6:00 P.M

AD

フェースブックのAntiscamグループに詐欺情報を投稿するには、グループに参加しなければなりません。

 

実名で、このような活動について知らない友人にこんなことしているの見られたくないという方も少なくないと思います。

 

また、被害者の方々もフェースブックでの投稿は躊躇されることが少なくありません。自分のとっても素敵な外国のお金持ちの恋人が実はアフリカ人の詐欺グループだったなんて、リアルの友達に知られたくないでしょう。実害を受けた場合は自分がそんな大金を見ず知らずの外国人に送金してしまったことを知られるのは嫌でしょう。

 

投稿用に、花や動物や風景の写真を使った捨てアカウントを使うという方法もありますし、グループのアドミニストレータに連絡して代理で投稿してもらう方法もあります。

 

もし、自分で投稿するのであれば、これらのグループに参加する方法はページに「いいね」をするか、「参加する」をクリックすることです。

 

 

匿名で投稿できるメリットがあるのが、AntiscamグループのWebサイトです。次はその手のサイトに関して書きます。

 

フェースブックのAntiscamグループに何を報告すればよいのかを書きましたが、しかしテクニカルな問題としてどのように報告を投稿できるのでしょうか。

 

近年、スマホやタブレットを使用する人口が増え、被害者の方々とコンタクト取った際、実はパソコンではフェースブックなどのSNSを使っていないという方々は意外に多いと感じました。パソコンだと、アドレスバーから簡単にURLをコピペできるのですが、スマホやタブレットのアプリを使っているとそれができないのです。

 

最近よく見かけるのが、スマホのスクリーンショットをそのまま張り付けたもの。同じ名前が非常に多いと、このスクリーンショット見せられても詐欺師のプロフィールへのリンクを見つけられないこともありますが、キーワードで#Aghanistanとか入れると見つけられることもあります。当初、この手のスマホ画面のスクリーンショット画像の投稿見かけたときは勘弁してよ~と思いましたが結構見つけられるので最近は私もこの方法使うことあります。

 

{80CD9DE7-1A6B-42F9-85CA-8208AC778573}

 

 

 

但し、この方法はあなたが日本人で日本の電話を使っていることを知られたくない場合や投稿した時間を知られたくない場合は避けるべきでしょうね。それから自分の名前が出てくるようなところをスクリーンショットしない。

 

そして、被害者の方々の写真や名前が晒されないようにすべきでしょう。下の写真は悪い例。警告用のアカウントで詐欺師と友達になっている方名前や写真が見えてしまう。(例のためにわざと名前や写真が見えるスクリーンショットを撮って、後でパソコンで名前と写真を隠したものです。元のスクリーンショットにはこの人物と友達になっている日本人の名前と、下の方に写真の一部が本当に見えてます)

 

 

URLを見つける方法として、フェースブックにアプリじゃなくてブラウザからログインする方法があります。そうすると、画面情報のアドレスラインをタップして、詐欺師のフェースブックのURLを選択し、コピーすることができます。このコピーしたものを投稿先にペーストします。