• 30 Apr
    • Baitingストーリー『嘘も方便』【2】釣り餌に食いつく詐欺師

      さて、偶然間違えてメールを送ったことを装って、自称R.A.にコンタクトを取った玲子。筋書きをR.Aに与えます。R.Aがマレーシアに行っている土建エンジニアで、名前はベン・クソダ。詐欺師 「僕の契約していた機械が差し押さえになっているんだ。その支払いの一部でお金を使い果たしてしまった。今はここで足止め状態なんだ。彼らは僕が契約した金額しか払ってくれない。この仕事が終わったところなんだ。僕は混乱している。」馬鹿な詐欺師はわけのわからないことを書いてきました。よほど飛んで火にいる飛んで火にいる夏の虫がうれしかったのでしょう。玲子 「それはお気の毒に。大変ね。明日は物事がうまく運ぶといいわね」その日の真夜中にメールが届く。詐欺師 「お願いだ、僕を助けてくれないか? この契約が終わったら、君の所に行くから、そうしたらその金額を返すから」もちろん真夜中のメールなど返事のしようがない。詐欺師 「君のメッセージがなくて寂しいよ。君のほうはすべて順調だといいのだけど。」ここで玲子は怒りの一言。玲子 「ベンさん、あなたは私がここ東京から真夜中に返事をしてくれることを期待しているわけ? 前にも行ったでしょう、時差のこと。もう一度私が時差の関係ですぐに返事しないことであなたが怒ったら、もうあなたと連絡しないわよ! 今度は何をしてほしいというの?」詐欺師 「お願いだから誤解しないで。今回は本当に僕の契約がダメになるかもしれないところなんだ。今は何もかも大変な状況だ。真夜中にメッセージしたことはごめんなさい。眠れなかったんだ。お願いだから僕から去らないで。たぶん君は連絡先をなくしたんじゃなくて僕を見捨てなんだよね。今は本当に君の助けが必要なんだ。僕の装置の機械の問題のためにも。僕のキャリアはいま危険な状態なんだ。すべてを失ってしまうかもしれない。ここの気候は僕には合わない。今はとても混乱していて何をしたらいいのかわからないんだ。」バーカ!! って言ってやりたいところですね(笑) 洋上で海賊に襲われてたんじゃなかったの? マレーシアに足止めされたエンジニアになり切ってるじゃないですが(笑)玲子 「ベン、だから何をしてほしいの? 本当に何が必要なのか、よくわからない。私はあなたの会社の写真じゃないし。あなたの仕事のことで一体何ができるっていうのよ。」詐欺師 「僕の貨物がここの税関に足止めされているんだ。マレーシアでの契約では、この仕事を終えたらすべて契約料をもらえることになっていた。だけどこれらのものを購入するためにお金を使い果してしまったんだ。それで120,000米ドルを税関に支払うお金がないんだ。請求金額の一部、合計100,000ドルは払うことができた。僕の仕事は崩れかかっている。投獄されるかもしれない。お願いだから、残りの金額を助けてくれないかい?」玲子 「それは大金ね! あなたはまだあなたの娘の運子ちゃんの手術台500ドルをまだ返してくれてないのよ! 借用書を書いてサインをして、それをまず私におくってちょうだい。手書きでね!」というわけで、便さんの娘の名前は運子ちゃんに決定。玲子のストーリーにまんまと乗せられました。詐欺師 「わかってるよ、500ドルをまだ返していない。僕の娘がまだ生きているのかどうか、君は知ってるかい? まぁとにかく、借用書を書いて僕の弁護士にサインしてもらって君に送るよ。」玲子 「御冗談を! 軽い手術で運子ちゃんの顔からオデキを取り除いただけじゃないの。致命的な手術じゃなかったはずでしょう? それともそのあと何かほかのことが起きたってわけ? そんなことないでしょう?借用書を書いてサインするのに時間をとらせてあげるわ。あなたの家の住所とマレーシアの住所両方書いておいてね。」詐欺師 「娘は元気だよ。次のメールで説明するよ。これから借用書を書くから。」そして1時間後…早いね~よほどうれしいんですね~期待を裏切られるとはまだ思っていないバカ。詐欺師 「添付ファイルをみて。期限まであと数日しかないんだ。」というわけで偽の借用書を送ってきた自称R.A.改め便さんでした。(続く)

      3
      4
      テーマ:
  • 29 Apr
    • Baitingストーリー『嘘も方便』【1】新しい名前

      『必殺仕事人』とか『恨み屋本舗』とか、酷い犯罪の被害にあった人たちの代わりに代理復讐をする。そんなドラマや漫画、スカッとしますよね。でも現実は殺人までやってしまってはお助け人のほうも犯罪者になってしまうわけで、現実社会ではそのようなことはあってはいけないことです。実際、『詐欺師を逮捕までもっていきます』とか『お金を取り戻します』とか言ってるAntiscam団体を名乗るグループも存在するようですが、かなり胡散臭いです。信頼できる実績のあるAntiscamサイトBaiterはお金を取りません。それらのサイトで活動するハンターたちによって得られる情報はせいぜい詐欺師のIPとか、ミュールさんの住所とか、そのようなものに限られます。バイターに頼んでやってくれる国際詐欺に関する代理復讐といえば、相手を振り回して困らせて落胆させる、それくらいのものです。副産物として得られた情報はAntiscamサイトに掲載。被害者の方々は、匿名でもAntiscamサイトに自分で掲載することは詐欺団に見つかることを恐れて躊躇することも少なくありません。Baitingの副産物をBaiterが掲載することで、被害者の方には少しばかりの安心感が得られますね。そしてBaitingのストーリー読んで笑ってもらえればうれしい限り。ストーリーはAnnaさんのブログのナイジェリア詐欺の経験談の後から始まります。Annaさんのブログに公開されていたメアドに間違えたふりしてメールを送ったら、乗ってきたのでした(笑) 一部名前を変えています。Annaさんの名前を優しい「優」、私の名前を冷淡な「玲子」、2人合わせて「ユウレイ」です。お化けに化かされたバカな詐欺師の顛末をGW中お楽しみください。やり取りはすべてメールでした。第一章 はじまり玲子 「メッセージありがとう、これが私のメアドよ」詐欺師「やあ、元気かい? 僕は君のこと覚えていないよ。前に会ったかメッセージやり取りしたかい?」玲子「ごめんなさい、間違えて送ってしまったみたい」詐欺師「そんなことないと思う。君はフェースブックで僕と友達になっている?」玲子「それはないと思うわ。もうフェースブック使ってないから。間違えただけだと思うわ」詐欺師「何はともあれ、僕はサウザンプトン出身だ。君は日本だろう? 優か?」玲子「私は優じゃない。玲子よ。日本の東京から。たぶん誰かと間違えたのよ。私はフェースブック使っていないから。」何しろ優しい『優』が詐欺に気が付いてR.A.を名乗る詐欺師との接触を断った後なのです。日本人女性がいきなりコンタクトとってきたので『優なのかもしれない』と思ったのは当然でした。ここで『優』のふりをするのは電話番号など知られているはずの『優』に危険が及ぶ可能性もあるのでここは否定。詐欺師「僕は本当に君をもっとよく知りたい」玲子「あなたはベン・クソダじゃないですよね。アジア系英国人、建築エンジニアでマレーシアに仕事で行ってるという。 ごめんなさい、本当に人違いしてしまったみたい。私はベン・クソダとスカイプで連絡してたのが、彼がマレーシアに到着してから連絡途切れてしまったのよ。」詐欺師「おお、それは僕だよ。ごめん、今大変なんだ。ごめん、僕は忙しくて、いま大変な状況で、それで君にメールできなかったんだ。連絡を途絶えてしまってごめん。マレーシアの税関とイミグレで問題が起きてるんだ。君は元気かい? 最初は君が玲子だとなんとなくわかったんだ。ごめん。」玲子「じゃあ、本当にベン・クソダなの? それはよかったわ。それでマレーシアではどうなの? イミグレと税関でなにかあったの?」というわけでノリに乗ってしまったバカな詐欺師。そして素敵な名前を受け入れてくれましたストーリーのタイトル『嘘も方便』ですが、中国語の『方便』、便利という意味もあるのですが、お上品に『用を足しに行く』ことを『我想去方便』という、つまり用を足す場所のことを指すこともあります。その種の名前が出てきますので、お食事中にお読みになることはお控えくださいませ。

      3
      2
      テーマ:
  • 28 Apr
    • 【リカバリー詐欺の手口】フェースブックでFBI捜査官を名乗る人物からの接触

      John William Griffin Jr.というFacebookのAntiscamグループから許可を得て訳してシェアしています。リカバリー詐欺の手口これらのドブネズミどもは時代遅れで愚劣な方法で人々を脅かそうとします。そのようなFBプロフィールの人物(Mangatas Parlindungan Hutapea)が私のところに友達申請をしてきて、私の個人情報を聞き出そうと脅してきました。このドブネズミとの会話をここに公開します。彼はFBI(笑)を名乗り、私は彼の監視下(爆笑)にありました。彼はJohn William Griffin Jr. が詐欺師だと私に納得させようとして、私に詐欺についての詳細を引き出させ、そして私に新しいプロフィールを作らせてほかの人たちを友達に追加させ、それらの人々を騙そうとしていたわけです。彼らは何とばかげた思考回路をもっているのでしょう。論理なのでしょう。彼らの小さな脳みそはブードゥーや黒魔術がまっとうな仕事よりも道理にかなっていると言われていたころより少しばかり進化しただけです。【註: John William Griffin Jr. というのは元々詐欺師が使っていたプロフィールをAntiscam活動家のグループがハックして、詐欺情報を発信するために使っているフェースブックです。】詐欺師との会話(プライバシーのため一部名前を削除)[匿名]:こんにちは。なぜ私と友達になりたいのです?[Mangatas Parlindungan Hutapea]:ご返事いただけて光栄だ。きわめて重大な理由があり、あなたに友達申請したのだ。私は連邦捜査局(FBI)の者だ。[匿名]:だから何だと言うの? ご返事は? もうこれで切り上げるわよ。[Mangatas Parlindungan Hutapea]:あなたが詐欺事件に関係しているという報告を受けている。[匿名]:何のことだかさっぱりわかりません。[Mangatas Parlindungan Hutapea]:John William Griffin Jr.という名前をご存知かね?[匿名]:はい。[Mangatas Parlindungan Hutapea]:彼との関係は?[匿名]:彼とは関係ないですが。[Mangatas Parlindungan Hutapea]:私に正直に話しなさい、さもなくばお助けできない。不正直や欺きの行為をすれば、あなたは拘束され、詐欺犯人として逮捕される。だから私に友人として心を開いて、遠慮せずに話をしてほしい。そうすればあなたを助けることができると確信している。あなたはオンラインで何人の男性と知り合ったのかね?[匿名]:何人か知り合ったけれど別に友達じゃないわ。[Mangatas Parlindungan Hutapea]:あなたがナイジェリアに送金したという記録があるのだよ。だから誰に送金して、彼らとの関係は何だったのか答えてほしい。[匿名]:何のことだかさっぱり。John William Griffinと何の関係があるというの?[Mangatas Parlindungan Hutapea]:彼は我々に拘束されている。そしてあなたのことを話していたのだ。だから聞いているのだ。[匿名]:だから? 何なの?[Mangatas Parlindungan Hutapea]:あなたは私が知る必要のあることを話さなければならない。そうしたら容疑を全て帳消しにするか、それとも彼と一緒にここに来てもらうか…。だから話してほしい。何人の男と知り合ったのか。[匿名]:質問の意味がわかりません! たくさんの男性と会いましたよ。でもそれが何なの?[Mangatas Parlindungan Hutapea]:よし。じゃあ何の目的でその男たちと会ったんだ?[匿名]:何の目的??[Mangatas Parlindungan Hutapea]:私はあなたを助けようとしているのだ。なぜなら彼はあなたが詐欺の被害者だと言っており、あなたを助けてすべてのお金と貴重品を取り戻す手助けをしたいのだから。あなたはオンライン詐欺師にお金を奪われた。怖がらないで。私はあなたを助けたいのだ。[匿名]:わかったわ。いくらなの?[Mangatas Parlindungan Hutapea]:今は質問を受ける時ではない。[匿名]:何のため?[Mangatas Parlindungan Hutapea]:あなたは彼かほかのオンライン詐欺師にいくら送ったのか。聞きなさい。あなたはモニターされている。あなたのすること、しようとしていることはすべてモニターされている。彼とのメッセージもすべて。[匿名]:https://www.facebook.com/Lonelydadever[匿名]:詐欺師!!!!![Mangatas Parlindungan Hutapea]:それは私ではない。フェースブックには同名が沢山いるものだ。でも人違いだ。あなたは強情なようだな。[Mangatas Parlindungan Hutapea]:よく聞きなさい。あなたは監視され、モニターされているのだ。何でも投稿したことや書いたことはすべて監視下にある。[Mangatas Parlindungan Hutapea]:John William Griffin Jr.はガーナの詐欺師で、彼の被害者のプロフィールを投稿してきた。彼は注目を集めるために何でもして、女性を騙すのに別のプロフィールを作っていたのだ。だから過去三年間の間指名手配されていた。だから今はあなたを追跡して捕らえるらめの証拠が全てそろってるのだ。だかそうしない。[Mangatas Parlindungan Hutapea]:だから私に心を開いてほしい。あなたのお金やあなたのことには興味はない。返事を待っている。●実際のところ、FBIだろうがほかの捜査機関だろうが、向こうから『あなたを助けます』などと言って来たり、詐欺事件の詳細を知っているようなことを言ってくることはあり得ません!!●ましてやSNSのチャット機能を使ってFBI捜査官が捜査のためコンタクト取ってくるなどあり得ないでしょう。本物なら家の玄関まで来て、IDを見せてくるでしょうね。

      7
      テーマ:
  • 27 Apr
    • 【詐欺師のビデオトリック 9】その他のビデオトリックでよく使われる人物の写真

      ここに掲載したのが全てではありませんが、アフリカン詐欺師によるビデオトリックに使われる男性の写真を集めてみました。ビデオチャットの写真をスクリーンショットされた感じのもありますね。このようにして男性の詐欺被害者の写真を盗み撮りし、ビデオを撮り、そして次に女性を狙った犯行に使うわけです。感じのいい写真などは、画面の向こうに詐欺師がいるとは知らずに、可愛い看護師か誰かに良い写真を送りたくて撮ったものなのかもしれません。お気の毒に。5年も10年も使われ続けている写真もあるのです。その理由はビデオがあり、ビデオチャットのトリックに使えるためでしょう。

  • 25 Apr
    • 【国際ロマンス詐欺の金銭要求シナリオ】 生活費、通信費などの少額の要求

      【国際ロマンス詐欺の金銭要求シナリオ】 生活費、通信費などの少額の要求1.詐欺師の職業設定(他の職業で出てくることもあります。)男性を装う場合、どの詐欺師のなりすまし職業でもあり得る。女性を装う場合、若い女性。ナースや学生など。詐欺師の他に中東やインド、パキスタンなどのたかり屋も同じ手口を使う。2.金銭要求の手口(下記以外の筋書きもあり得ますが、ほとんどが同じような手口)インターネットの接続が時間単位で支払わなければならず、相手と通信を続けるためにお金が必要。(あるいは携帯電話の契約なども同様)その通信費を支払うには、女の慎ましい給料では難しい。そのため、男性に送金をねだる。(あるいは携帯電話の契約なども同様)その通信費を支払うには、男は戦地や途上国の出張先にいるためにお金を払えないので女性に送金を求める。軍などの施設の管理がひどく、食べ物を買うことができない。戦地でお金もないので、食べ物を買うお金を送ってほしいと言う。女の慎ましい給料では生活が苦しいので、生活費を送ってほしいと男性にねだる。3.おかしいと思うべきこと海外派兵されている軍人はしっかりとした福利厚生を補償されているので、親族と連絡を取るお金がないとか食べるものに困ることはない。マレーシアやインドネシアではATMが使えるので、現金がおろせなくて食べられない、』インターネットや携帯電話代が払えないということはあり得ない。女がいる場所がナイジェリアやガーナであれば、ATMがないことの真偽以前に疑いを持ってよいであろう。

      7
      テーマ:
  • 24 Apr
    • 【国際ロマンス詐欺手口】 現地人・現地在住者による協力

      現地人・現地在住者による協力現地人、つまり、詐欺師が装っている欧米人が滞在している、もしくは荷物が停滞している国に実際に住んでいる人物(実在の人物か成りすまし)が登場し、詐欺師の言っていることが本当であると信じ込まされるような現実味のある証言をしてくれるという手口。マレーシアやインドネシアは、道を踏み外したアフリカからの留学生が本国より優れたネット環境を利用して詐欺行為を働いています。彼らの現地ガールフレンド(学友や、お金で動いてくれる商売の女性など)が協力し、税関の役人や銀行のマネージャーの役として現地電話番号で受け答えをしたりすることもあります。また、現地に住んでいる協力者が、何らかの形で関与することも。ある被害者の方から、このようはお話を伺いました。その方は、箱のもの詐欺の被害を受けた方で、インドネシアのセキュリティ会社に大金が預けてあったが、セキュリティ会社が間もなく閉鎖されることになり、信頼のできる彼女に受け取ってほしいと頼まれたのだそうです。そして、言われたことを信じて、荷物の差し押さえ解除のため送金なさいました。その方の話では、SNSで知り合った別の白人の友達(A)がたまたまインドネシアに出張していた(ことになっていた)ので、その人物が『インドネシアの税関の人を知っているというインドネシア人(B)』を知っていて、そのBが『税関の役人C』が確かに存在し、荷物もまだそこにあるということを確認してくれたと言っていたのだそうです。被害者の方は、『インドネシアの現地の人が確認してくれた』ことから、詐欺師Xの送った荷物が本当に税関にあると、当初信じていました。詐欺師Xの写真は明らかに有名なアメリカのドクターの写真でした。明らかになりすましです。しかし、税関の人が存在すると証明してくれた人がいて、それが現地に出張した人と、現地に住んでいる人であることが、気になったそうです。Aは既にSNSが消されていて、写真など確認できませんでしたが、被害者の方はその人物もネットでしか知らないのだとおっしゃいました。Bは、SNSのタイムラインを見ると普通にインドネシアの既婚の中年男性のものでした。ただ、気になったのが日本人女性の友だちがかなりいること。日系企業に勤めていたことがあるという経歴がプロフィールに書かれていました。(但し真偽のほどは定かではない。) いずれにせよ被害者の方はBもSNSでしか知らない相手です。じゃあ、AがBを紹介してくれて、BがCと荷物を存在すると証明してくれたら、その大金の入った箱の話は本当だと言えるでしょうか?Aのプロフィール等の確認はできませんでした。しかし、Skypeの写真がromancescam.comに報告されていて、明らかになりすましであることが判明。Bについては、インドネシア人の友人に聞いたら名前がおかしいということでした。インドネシアでその民族がその名前ということはあり得ないとのこと。可能性としては、Bはある時点までは本当のインドネシアの紳士のアカウントだった。どこかから詐欺師にハッキングされたものに代わっている。人物A&Bと、詐欺師X&税関職員Cの相互関係は定かではありません。同一グループなのか、それとも別の犯行グループなのか。被害者の方は詐欺師をブロックされ、それ以降ご無事だと思います。しかしこの誰かが裏付けを取ってくれるという方法は非常に巧妙ですね。人物Aの写真。

      3
      1
      テーマ:
  • 23 Apr
    • 【国際ロマンス詐欺の金銭要求シナリオ】事故等で契約に必要なお金が払えない

      事故等で契約に必要なお金が払えない  1.詐欺師の職業設定(他の職業で出てくることもあります。)殆ど男性の筋書き。土木建築系エンジニア、マリンエンジニア、自営業、医師・医療機器販売業者、その他ビジネスマン。出張先は、マレーシア、インドネシア、メキシコ、ガーナ、ナイジェリア、南アフリカ等。例外もある。(アメリカ国内でカリフォルニアの人がフロリダに出張等)2.お金が必要になる理由(これ以外の筋書きもあり得る)作業員の給料を支払ってしまったため、重要な仕事上の契約に必要な現金が足りない。契約のお金を支払ってしまったため、ホテル代が支払えない。突然の事故で作業中だったものが破壊された、あるいは大型の危機が破損。修理代などを払うと作業員の給料が払えず、お金が足りない。(その他何でもお金が足りない理由を作り出すでしょう。)滞在先の国ではATMもクレジットカードも使えず、銀行などは言葉が通じないので自国の銀行からお金を引き落とすことができない。インターネット事情が悪く、インターネットバンキングも使えない。3.金銭要求の手口(下記以外の筋書きもあり得ます。)友達に頼んでいくらか貸してもらえたが、あといくら足りない、助けてほしいなどと言ってくる。(時として被害者側に金額を決めさせる。これは、相手の支払い可能な額を見極めるとともに、送金は『合意の上』だったこと後で言えるから。)国に帰ればお金はあるが、滞在先ではATMもクレジットカードも使えず、滞在費が払えないと言ってお金を要求してくる。(しかしホテルに直接クレジットカードで払ってあげると申し出ると、何らかの理由をつけてそれが不可能であると言ってくる。)会いに来た時にお金を返すと約束してくる。(しかし会いに来られなくなり、絶対にお金は戻らない。)4.怪しいと思うべき理由契約のお金や作業員の給料、機器の購入費や事故で破損した装置の修理代など、仕事に関連したことを一個人に求めてくること自体、おかしいですね。マレーシアやインドネシア、メキシコなどにはATMもあり、クレジットカードも普通に使えます。ホテルに直接連絡取ってホテルにクレジットカードで支払ってあげると言うと断る、あるいは何らかの理由で不可能と言ってくる。これはそのホテルに本人が本当にいない証拠。写真はAntiscam GroupJohnWilliamGriffinJr.から,偽の契約書。

      8
      テーマ:
  • 22 Apr
    • SNSにおけるなりすましを見破る(2)

      1) 本物と偽物を比べてみる2)友達数が少なくてタイムラインがほとんど何もない、コメントもないというのが詐欺師のSNSアカウントの特徴でした。しかし、最近はそうでもない。友達が多く、タイムラインに何かしらの内容がある。3)自己紹介や好きな言葉などに書かれている文章をコピペして検索かけてみてください。典型的な詐欺師の自己紹介のキーワードをクリアしています。4)その他注目すべき点を挙げてみます。写真ご参照。

      4
      テーマ:
  • 21 Apr
    • SNSにおけるなりすましを見破る(1)

      何処に着目すれば、お友達になりましょうとSNSで言ってくる外国人をなりすましと見破れるでしょうか。今まで説明した検索方法などを駆使すると調べられることもありますし、いくつかのパターンを把握していれば不必要に怪しい人物を自分の生活の中に取り込んでしまわずに済みます。日本人は申請が来たら承認しなければならないと思っている人も少なくないようですが、そんなことありません。外国の人は結構厳しく交流する必要のない相手を拒否しますよ。私も友人の友人から『面識ない』『パーティで会った程度じゃ記憶にない』って感じで拒否されたことあります。面識ない人からの申請を拒否することで人生何か損することはないでしょう。おそらくその人が友達になっていなくても生きていけるはず。もっと大事なもの、自分の生活を支えるお金、家族や面識ある友人の安全も守る必要あります。1)非常に珍しい名前なら、名前を検索すると意外なことがわかることもある。2)有名人の写真盗用なら、検索するとヒットする。タイムラインの内容も注目。いいねをしているのがほとんど女性だったり。コメントは写真の称賛ややらせっぽいコメント。3) 職業なども参考に。海洋エンジニアは典型的です。たとえ共通の友人が複数いても、怪しいとみてよいでしょう。4)向こうからやってくる軍人は要注意。アフガニスタンやシリア、イラクなどの戦地や紛争地域駐留。妻と死別(もしくは離婚、理由は妻が原因)シングルファーザーとくれば確実にミリタリー詐欺と思ってください。例外はないでしょう!!時として括弧して別の名前が書いてあることがあります。おそらくは写真の人物の名前を見つけてしまった被害者に突っ込まれたから。

      12
      1
      2
      テーマ:
  • 20 Apr
    • 【国際ロマンス詐欺の誤認識】一度被害に遭えばもう騙されない?

      【国際ロマンス詐欺の誤認識】一度被害に遭えばもう騙されない?何度かフェースブックで遭遇したロマンス詐欺の被害者の方々の中は、2度、3度と騙されている方々もおられました。一度騙されたら免疫ができるというわけではありません。もちろん配偶者を亡くしたり離婚された方などは、寂しさもあって何度もはまってしまうということもあるのでしょう。求めているから、相手もやってくる。金銭的な実害受けてない方でも、何度も同じような成りすましからのアプローチを受けている方少なくありません。誰か友人や親族、あるいはSNSで見ず知らずの人に注意喚起され、結婚まで考えていたかもしれない、毎日励ましの言葉をくれた相手を自分の生活の中から切り捨てるというのは非常に辛いことでしょう。もしかすると、● 相手が盗用している写真はこんなにたくさん詐欺に使われているとか、● 本物の人はどこの誰某で結婚していて奥さんと幸せに暮らしているとか、● 相手のメールのヘッダー解析したらガーナになっていたとか、● この手口はこんなにたくさんのAntiscamサイトに書かれているとか、● 電話番号が英国に居なくても買える番号だとか、うすうす感づいていたかもしれないけれど何とか彼を信じようと努力していたところに、誰かから注意を受けると、グサッと釘を打たれた感じかもしれません。教えてくれた人の言うこと確かにその通りなので、相手とは縁を切ったけれど、『もう、アフリカンロマンス詐欺についての話なんてうんざり。』と思うでしょう。そういう方は、私のブログ全部なんて読まなくてよいですから、公の機関等からの注意喚起をぜひ読んでください。そうして知識を身に着けることにより、次の被害を防ぐことができます。是非この種の犯罪に関する情報から目を背けないでほしいなと思います。●日本語なら日本貿易振興会やマレーシアの日本大使館の記事がよくまとまっています。●英語なら、米国陸軍犯罪捜査局の情報など。一度被害を受けたら、もう二度と罠にはまらない方は、この種の詐欺について認識を深め、手口などについてよく理解し、いろいろ調べる方法を認識されていると思います。知識があれば、ごく最初のやり取りで既に怪しいかどうかを識別できます。実際、ある被害者の方からこの間メッセージいただき、「これはどう思うか」と聞かれたのですが、その方は既に『相手が詐欺師だ』という結論に近づいていて、判断できないから相談というよりはご自身の結論に対して誰か確認してくれる人が必要だったようです。写真検索もきちんとやっておられ、その写真がある会社のホームページに到達することまで調べてらっしゃいました。知識があると、『おかしい』という印に気が付くことができます。ビデオはYoutubeから。ロマンス詐欺師の本当の姿を思い浮かべれば、相手への思いも激減させられます。

      6
      1
      1
      テーマ:
  • 19 Apr
    • 【オンラインロマンス詐欺被害を防ぐ】調査方法実習4

      実習4この画像の検索やってみましょう。軍人でシングルファーザー。かわいい子供が二人いるようです。本当でしょうか? 写真を検索してみます。実は、GoogleやYahoo、Tineyeではヒットしませんでした。しかしYandexに、別の顔の、同じ胴体の写真がヒットしました。これをどう理解すべきでしょうか?スキンヘッドの軍人の写真はTopface.comという出会い系サイトに登録されている写真でした。登録していないとこの写真のプロフィールに到達できないようですが、調査としてはここで十分でしょう。目をつけるべきなのは、頭と体のバランス、それからバッジの文字の大きさ。左の写真、つまりフェースブックのプロフィールにあったほうは右耳あたりがなんとなく加工した形跡があると思えませんか? 肩幅の割に頭が小さい気もします。そして光の当たり方、影の位置。右の写真も首が長いのと、スキンヘッドは比較的加工に使いやすいかもしれないのでこちらも加工である可能性は捨てきれませんが、頭と肩幅のバランスがこちらのほうが自然かもしれません。少なくとも、左の写真のプロフィールを本物かどうか判定するのであれば、左の写真は加工、だから偽物と判断できるでしょう。次に名札です。左の写真の名札の字がはっきりしていて大きいところも、画像加工の形跡といえます。実際に本物の米軍の制服の名札がどう見えるのかを見てみましょう。『US Military Uniform』などのキーワードでが層を探しました。文字の大きさと余白の大きさを考えると、上の写真、スキンヘッドのほうの名札のほうが元の形だといえます。右の写真はJordanという文字が名札の大きさギリギリまでくるフォントになっています。下の写真は本物の軍人の制服の写真。バッジの中の文字の大きさはJORDANのバッジより小さいです。スキンヘッドのほうのバッジが元のバッジでしょう。ここまでわかれば、フェースブックのRichard Jordanを名乗る人物の写真が合成写真であることが分かり、たとえこの人物があなたに会いたいといってきていたとしても会えるはずがない、偽物だという判断ができます。

      4
      2
      テーマ:
  • 18 Apr
    • 【オンラインロマンス詐欺被害…調査スキル】さらに調べよう…送金先の情報からわかること

      さらに調べよう…送金先の情報からわかること送金まで行く前に調べることが可能なことがたくさんあります。それでも、写真はひっかからない、メッセージも検索結果とマッチしない、電話番号やメアドもどこにも出ていない…結局送金要求まで行くまで相手をクロと決めつけられないならば、最後には「どんなことがあっても、いかなる形であれ(主犯本人からであれ、不可抗力に思える第三者からであれ)オンラインでしかあっていない相手から送金要求があれば、絶対詐欺」と決めつけるべきです。というわけで送金先情報を見てみましょう。送金先情報…といっても、ウェスタンユニオンやマネーグラムの場合、ほとんどあてにはなりません。住所や名前がでたらめでも、「秘密の質問」があっていれば相手はお金を受け取れるのです。アフリカンのScammerたちがウェスタンユニオンやマネーグラムを好むのは、匿名でお金を受け取れて足がつかないからです。銀行口座を要求すると、なぜか主犯がいることになっている場所から遠く離れたところの口座を教えられたりします。例えば米国からマレーシアに行ってることになっていて、送金先がドイツだったり。理由を相手に聞けば、何らかの言い訳をしてきます。例えば従妹だとか、契約をする会社のマネージャーがその国いるなど。実際にはマネーミュールの銀行口座なわけです。彼らの居所や正体を突き止めるのは非常に難しいですが、銀行口座からは少しは情報が得られます。但し、主犯に近いところまで到達できるわけではありません。マネーミュールや主犯の親族友人などの銀行口座や個人情報が少しばかり得られる程度。それでも送金直後で詐欺に気が付いたなら、銀行にいえばすぐに取り消しが可能かもしれません。また、受け取り側の銀行に問い合わせをしてみることもできます。そして、銀行口座を銀行や警察に通報することで、ミュールの銀行口座を凍結させることもできるかもしれません。口座凍結されると、詐欺団は口座提供者を探さなければならないので打撃は小さくはありません。

      3
      テーマ:
  • 17 Apr
    • 【オンラインロマンス詐欺被害を防ぐ】さらに調べよう…iToolsでWeb翻訳

      さらに調べよう…iToolsでWeb翻訳アフリカン詐欺師とのやり取りというのはほとんど英語で行われるわけですね。相手がGoogle翻訳使ってくれて日本語でやり取りということもありますが。そしてネットに掲載されている情報も英語が多い。せっかく検索かけても、それが詐欺情報なのか、それとも善意の人のただのプロフィールなのか判別つかないことがあります。また、写真検索して出てきたニュースサイトがすべてロシア語やギリシャ語で書かれていて、写真の人についての情報がわからないこともあります。完璧な翻訳で読みやすいものを得るというのは難しいですが、とりあえず何が書いてあるのかを知るにはオンラインの翻訳ツールで十分でしょう。

      6
      テーマ:
  • 16 Apr
    • 【オンラインロマンス詐欺被害を防ぐ】さらに調べよう…Scamomaticでメール内容を判定

      さらに調べよう…Scamomaticでメール内容を判定メールボックスに入ってきたスパムや、ネットで知り合った外国人がビジネスの話と言って個人情報を求めてきたときなどに、メッセージ内容をコピペして調べることができるツールです。もちろんこのツールも完全ではないですので、満足のゆく判定結果が出ないこともあります。とはいえ、基本的な警告はしてくれます。メールボックスに届くスパムはほぼ確実に詐欺判定してくれるでしょう。Scamomaticの検索結果をコピペしてGoogle翻訳にかければ内容をもっと詳しく知ることができますね。

      3
      テーマ:
  • 15 Apr
    • 【オンラインロマンス詐欺被害を防ぐ】さらに調べよう…電話番号を検索してみる

      さらに調べよう…電話番号を検索してみる電話番号で何がわかるのか。あまり大きなこと、つまり相手の本当の居所などがわかることは期待しないでください。SNSで知り合った馴れ馴れしい外国人が電話番号を教えてくれたら、電話番号検索をかけてみることです。相手が詐欺師であることやなりすましである可能性があることなどが判明することがあります。(必ずというわけではありません。)方法はGoogleで検索するScamnumbers.infoで検索するWhitepages.comで検索する。判ることは電話番号が過去に詐欺に使われたものかどうか電話番号がお金で買えてその国番号の国以外でも入手できるものかどうかアメリカの電話番号の場合、Whitepages.comが使えます。このほか、Spokeoというサイトの有料サービスを利用すると、電話番号やメアドの詳しい情報を検索することも可能。但し、詐欺師の居所まではわかりません。私は過去にBaitingで入手した電話番号からマネーミュールの住所まで特定できたことがありました。

      4
      2
      テーマ:
  • 14 Apr
    • 【オンラインロマンス詐欺被害を防ぐ】さらに調べよう…メアドを検索してみる

      さらに調べよう…メアドを検索してみるメアドなんて検索しても、何にもならない? 必ずしもそうとは言えません。お友達になっている外国人が詐欺師かもしれないと気づいたら、メアドを検索してみる。思わぬ結果が出てくることがあります。例えば、同じメアドで別のSNSに違う写真を使ってることが判る。同じメアド、同じ名前で過去にロマンス詐欺に使われていた記録がある。同じメアドで過去に別の種類の詐欺に使われていた記録がある。同じメアドでSkypeに複数のアカウントがあることが判る。(時として写真もみんな違う人物の写真だったりすることもある。)検索結果がヒットしたら、残念ながらそのメアドを使っている人物は詐欺師。

      5
      テーマ:
  • 13 Apr
    • 【オンラインロマンス詐欺被害を防ぐ】調査方法実習3

      実習3このフェースブックの人物のプロフィール写真を検索しましたが、まったく検索がヒットしませんでした。次に何をすべきでしょうか。注目すべき点:ほかの人物写真。過去に使われたプロフィール写真のうち人物写真2枚をさらに検索してみる。座った写真(左から2枚目)は検索にヒットしませんでした。ところが、バックが白の右から2番目の写真が検索で見つかりました!! ブラジルの教会のサイトのようです。牧師さんの写真なのでしょうね。となると、このフェースブックの人物は偽物であることが確定です。この人の姿していないのにあなたに会いたいなんておかしいですよね。詐欺師のなりすまし間違いなしです。

      3
      テーマ:
  • 12 Apr
    • 【オンラインロマンス詐欺被害を防ぐ】調査方法実習2

      画像検索(6)実習2この写真、検索できますか?やってみてくださいね。私は複数のサイト使って検索しましたが、GoogleもYahooもTineyeもYandexもみんなヒットしませんでした!!John F Campbellさんといえば、米国陸軍将校でかなりたくさんの写真が詐欺師に悪用されているのです。たいていの場合写真検索すれば必ずどこかしらのサイトでヒットして、Campbellさんの名前や軍の所属などの情報が出てくるのですが。写真が検索にかからない原因はいくつか考えられます。写真が合成で何らかの加工が加えられている。あるいは、ごく最近の写真やビデオ動画からコピーされたもの。でもあきらめるのはまだ早い。時として詐欺師側がしっかりとヒントを残していることがあります。このフェースブックの詐欺師は、John Michael Metcalfeと名乗っていますが、カバーのところに表示される名前に括弧して(Gen John F Campbell)と書いてる。この名前で検索かけると、本物のGen John F Campbellさんの情報や彼の写真盗用の情報が見つかります。John F Campbellさんはもちろん既婚、奥さんの名前はAnn Campbellさん。ネットで女性を探す必要はありません。

      6
      3
      テーマ:
  • 11 Apr
    • 【オンラインロマンス詐欺被害を防ぐ】調査方法実習1

      実習(1) フェースブックでこの人物からリクエストがありました。米国の軍人のようです。果たして本物でしょうか?プロフィール写真を見てみましょう。スマホの場合、「フルサイズで表示する」の選択肢がないようです。このままスクリーンショットをとってみましょう。スマホのアルバムに保存されたスクリーンショットをスマホアプリ、Veracity等で読み取ると、写真を切り取る機能があるので、スクリーンショットの余分な部分を取り除き、検索かけます。パソコンはGoogle Chromeをブラウザとして使うと、右クリックで「Googleで画像検索」を選択するか、ブラウザの別ウィンドーにGoogleの画像検索画面を開き、画像をドラッグ&ドロップでコピーします。ほら、写真検索がヒットしましたね。 検索結果からわかること;1)写真の人の名前がGeneral James E Cartwrightという実在の米国海軍将校であること。2)検索のトップに出てくるWikipediaの内容から、すでに退役していること。(2011年に退役)3)詐欺師による写真の盗用の記録があること。http://www.romancescam.com/forum/viewtopic.php?t=30707https://www.scamwarners.com/forum/viewtopic.php?f=13&t=16883http://fake-scam.info/index.php?topic=2015.0http://www.scamsurvivors.com/forum/viewtopic.php?f=11&t=7294●ここで、本当の人の名前が分かったので、今度は『General James E Cartwright wife name』等のキーワードでGoogle検索してみると、奥さんの名前がSandeeということまでわかります。また、Cartwrightさんが情報リークのスキャンダルがあったことも。●写真が退役した将校のものであること。つまり今現在戦地にいることも、あるいは戦地にいなくても指揮官として任務に就いていることもあり得ないわけです。●そのような突っ込みを入れたら、本人(詐欺師のほう)は「実はそうだよ、今は退役して国にいる。スキャンダルになったら困るから別の名前使っているんだ」などと言ってくるかもしれません。しかし、『既婚であること』が、詐欺師の主張する妻と離婚もしくは死別しているという話とズレがありますね。●Cartwright氏の写真が『過去にも詐欺に使われている』という情報は、Cartwright氏の写真を使った別の人物が出てきた時もそれも詐欺だと断定できる理由になります。奥さんがいるのに、どうしてFacebookで女性を探す理由あるでしょうか?●自分ではない人の写真を使って、しかも「ファン」ならともかく、そうじゃなくてその写真の人に成りすましている。もしかしたら、あなたに会いに来たいといっているかもしれない。そうすると、その人は実際にあなたに会いに行くことができるわけないですね。どこかでハプニングがあってこられなくなる筋書になります。写真の人ではないのだから。そうすると、相手の目的は何ですか? おかね 以外のなんでもないですよね。 

      8
      テーマ:
被害額4500万円! 国際ロマンス詐欺の卑劣な手口 impress QuickBooks



新川てるえさんの新刊、日本語で書かれた国際ロマンス詐欺に関する本です。実際の被害者の方のインタビュー、被害に遭ったらどうすべきか等の情報が書かれています。是非ご覧ください。





"Hello Sweaty”, romancescam.comのスタッフによる著書。ナイジェリア詐欺師のおかしなメールを集めたものです。著者の一人、Frumpy氏は知り合いなので、許可をもらって和訳することも不可能ではないですが、原文の面白さを楽しむには原書が良いです。ぜひご一読ください!



AD

プロフィール

Linda

性別:
女性
自己紹介:
スカイプで異常な量のコンタクト要求が来て困ったのでそこあたりの話書いてます。

続きを見る >

読者になる

テーマ

一覧を見る

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。