• 29 Feb
    • 【質問】Antiscamサイトで検索結果、該当するメアドがヒットしたらその人は詐欺師?

      コメントでご質問いただきましたが、ブログ記事にさせていただきますね。【質問】romancescamのサイトでWe found a match.と写真付きで出てきたという事はそのメールアドレスを使っている人は詐欺師という事ですか?【答え】 はい、その通りです。それらのサイトでは裏付けのとれた詐欺師のメアドや電話番号などの固有情報と、彼らが盗用する写真や名乗っている名前、そしてメッセージ内容などが掲載されています。殆どのAntiscamサイトでは詐欺師であるとの裏付けの取れない情報は載せません。写真や名前は彼らはいくらでも変えることができます。ですから、写真と名前しかわかっていない場合、それらのサイトでは掲載されないことが多いでしょう。メアドや電話番号、スカイプなどは何度も再使用されるものですので、有効な情報となります。Romancescamの詐欺情報を扱っているサイトは、無実の人の個人情報を掲載することによるリスクを強く認識しています。もし、本当に詐欺師ではない人の電話番号やメールアドレスを掲載してしまったら、訴訟問題になりますね。たとえ犯罪性が認められる人物であっても、ほとんどのサイトは『自分の写真やアイデンティティを使っているたかり屋(ベガー)やビザ目当ての人々』の情報の掲載はしません。私もハンティングで得た情報や被害者の方からいただいた情報をそれらのサイトに掲載しています。時として、『この情報では不十分です。メッセージやメールの文章などはないですか?』みたいな感じでアドミニストレータから注意を受けることがあります。それだけ、この手のサイトでは無実の人やべがーやビザ目当ての人々の個人情報を載せないように神経使っています。  詐欺情報掲載サイトにネットで知り合っただけのお友達や恋人の写真やメアドが見つかったら、残念ですがその方は確実に詐欺師だと断定できるでしょう。本人に確認は絶対になさいませぬよう。本人に確認したらどのようなことになるかというと;詐欺師は絶対に自分が詐欺師だとは認めないので、サイトの情報は誰か敵がいたずらや嫌がらせとして載せたなどと言う。時として代わりに彼の『妻として』サイトにクレームするよう頼んでくるでしょう。なぜなら、それらのサイトはナイジェリアやガーナからのアクセスをブロックしているから。『僕を信じてくれないの?』と言って泣いて来たり、逆にひどい捨てセリフを吐いたりする。そしてあなたが折れたら、すべて被害者側が悪いということにされる。あなたが気づいてしまったと判断したら、詐欺師はあなたからは去りますが、その代わりまだ彼を信じている別の被害者たちには、そのサイトの掲載内容を知られた場合などに備えた忠告をするでしょう。例えば『誰かが僕のことを悪く言って来たら、それは別れた妻のさしがねだから、絶対に信じないで。彼女は二人の貴重な関係を損なおうとしているんだ。』など。掲載されたことが詐欺行為に不利だと判断したら、詐欺師は掲載された写真やSNSのアカウントを捨てて、新しいメアドを作って別の写真と別の名前を使って新しいプロフィールを作って詐欺行為を働くだけです。何しろ写真や名乗っている名前の本人ではないのですから!!  ネットで知り合った、時として良い言葉や励ましの言葉を投げかけてくれていたかもしれない人物が詐欺師とわかると、ショックは大きいかもしれません。でも事実は事実です。もし、あなたが詐欺師とお友達になってた方ご本人でしたら、ぜひその人物をブロックし、もし既に送金されているのであれば警察に届け出てください。もし、あなたが被害者の身内の方でしたら、『サイトに掲載されていた』は確実に詐欺師の証拠ですので、どれだけの情報があるかを把握し、身内の方の説得に活用なさってくださいね。過去記事:詐欺情報掲載サイトもご参照ください。この写真が出てきたら確実に詐欺師。

      6
      2
      テーマ:
    • 【写真盗用被害1】自分の写真が詐欺で盗用されたらどうすべき?

      ナイジェリアやガーナの詐欺師が成りすますのは、英国や米国の白人が多いですが、最近はフェースブックやGoogle+でアジア人の写真の盗用も見かけます。日本人や韓国人や台湾人の男性の写真を使い、『もともとは日本(または韓国、台湾)出身だが、子供のころからアメリカかイギリスに住んでいて親の国の言葉が話せない』などと言います。アプローチの仕方は白人を装う詐欺師とほとんど同じです。東洋人の写真の場合、男性の写真が多いように思えます。東洋人の若い女性の写真は国内のなりすまし詐欺や、有料サイトへの誘導みたいなのが多いですね。若い男性の写真も有料サイト誘導系でしょうか。東洋人の写真を使った瀕死の未亡人詐欺は、私はまだお目にかかっていませんが、日本人の病床の中高年女性の写真が使われることも将来あるかもしれません。また、瀕死の未亡人は必ずしも病床の写真ばかりではなく、上品なご婦人の写真も見かけますので、同じような雰囲気のアジアの中高年女性の写真も使われるようになるかもしれません。ビジネスウーマン風の写真の『瀕死の未亡人』以前は病床の女性の写真でした。自分の写真が盗用されたらどうしますか? この記事は国際詐欺に盗用されることを前提に書いていますが、おそらく国内のなりすましに関する対応にも応用できるでしょう。写真盗用被害を受けた方には何の過失もありません。堂々としていればよいのですが、それでも不愉快なことは起こりえます。1.するべきこと最初にすべきこととして、家族と親しい友達に自分の写真が外国の犯罪者に盗用されてしまったことを伝えることです。これは、次に続く記事で言及する、これから先予想できる状況に備えるためです。写真盗用被害者には過失は何もないのですから堂々とご家族やご友人に伝える。また、写真が出会い系に使われた場合に生じる誤解も避けられます。自分のSNSのアカウントのセキュリティレベルを上げて、これ以上の写真の流出を防ぐ。可能なら、SNSのアカウントを閉じて、プロフィールを花や動物などの写真を使った新しいアカウントを作成し、パブリックに見える写真に人の入ったものを公開しないようにセキュリティを設定する。自分のSNSのプライバシー設定の強化をする。友達や家族のSNSのセキュリティレベルも可能な限り上げてもらうようにお願いする。あなたのSNSだけプライバシー設定の強化をしても、家族や友達があなたの写真を曝していたら、プライバシー強化の意味があませんね。また、不必要なタグ付けをしないようにお願いするなど。セキュリティ設定を変えずに自分が本物ですと堂々とSNSを続けるのもひとつの方法です。本物と偽物は、コメントや「いいね」の数、写真の数やタイムラインの内容が差が大きい。但し、写真が盗られ続けることや、詐欺被害者からのコンタクトなど不愉快なことも起きます。2.する権利があることSNSや出会い系サイトの運営側に写真盗用者のアカウントを通報する。すぐに削除ということはないかもしれません。数か月かかる場合もあります。また、明らかになりすましであるにも関わらず『コミュニティ規定に違反しない』と判断されてしまう場合もあります。しかし、写真のご本人として通報する権利は当然あります。成りすましの犯罪者はまた別のアカウントをすぐに作成してしまうので、完全な撲滅は不可能ですが、相手のアカウントが削除されれば多少の気持ちの面で良いかと思います。3.避けるべきこと写真盗用者にコンタクト: 流出してしまった写真の盗用を止めることはほとんど不可能です。何処にいるのか何人いるのかわからない相手にコンタクト取って写真を使わないようにと説得するのはまず無理ですし、詐欺師に交換条件を突きつけられてお金を取られるといった危険もあるかもしれません。絶対に写真を盗用している犯人にコンタクトとって交渉しようとするべきではありません。話せばわかる相手なら人の写真を盗用しません。黙ってSNSや出会い系サイトに通報がベスト。詐欺師に盗用された台湾人男性の写真。

      9
      1
      テーマ:
  • 28 Feb
    • 国際オンライン詐欺被害に遭ったこと気づいたら…するべきではないこと(5)

      ネットで知り合った外国の恋人やビジネスパートナーがオンライン詐欺師だと分ったら、するべきではないこと;●写真の人を探してコンタクトを取ること理由は;(1)見つけた写真の本人らしき人が本物かどうか判別つかない、もう一人の詐欺師とコンタクト取ってしまう可能性はあります。そうすると相手にとってはあなたは飛んで火にいる夏の虫です。(2)写真盗用被害者は、詐欺被害者からのコンタクトを受けても歓迎しない場合もあるし、何のことだか理解できない可能性もある。写真盗用被害者もアフリカンの詐欺師によるIdentity Theftという被害を受けた方です。そっとしておいてあげるべき。写真をGoogle検索したら写真の人が誰だか分かったとか、誰かが『この写真は誰某です』と教えてくれた…写真の人がどこそこに住む誰それということが判った…それだけなら構わないのです。写真の本当の人がいるということは、相手だった人物が成りすましだという証拠ですから。成りすましに騙されていたことを認めた上で写真の人が好みだったなと眺めるだけなら良いと思います。写真の人のYoutube見て楽しんでるって方もおられますし。でも、写真の本人にコンタクト取ってみたいという気持ちに駆られるのを抑えて。写真の人とコンタクトを取ろうとすることは、避けたほうが良いです。『好きになったのは写真の人なんだ、この人と話をすれば分かりあえるかも』なんて期待はしないでください。写真の人にもプライベートの生活があります。そして詐欺事件とは全く関係ないわけです。写真の本人が主犯でその子分達が交代で接触してきていたってこともあり得ません。遠隔操作で犯罪を働くのに自分の本当の写真など使ったら足がつく。例え主犯格が英語が上手でネーティブ並みと思えても、写真のアメリカ人やイギリス人が絡んでいるということはないでしょう。私も写真の人のお友達から頼まれて写真を盗用されている日本人の写真盗用被害者の方とコンタクト取ったことがあります。私の消されたFacebookのタイムラインに日本人の写真を使った成りすましの情報を掲載していました。そうしたら、写真のご本人のお友達がたまたま私のフェースブックの友達になっていて、ご本人が怒るのではないかと心配して連絡くださいました。その方はとても温厚な方で、同意をいただいてAntiscamサイトに写真とともに詐欺師の情報の掲載させていただきました。でも、すべての人がその方のように協力的ではありません。このことがうまくいったので他の日本人の写真盗用被害を受けられた方にも同じようにやってみたら、FBはブロックはされないませんでしたがメッセージをブロックされました。『あなたの写真が盗用されています』と言われても、ご本人は困惑します。何度も写真を盗用されている人は、詐欺被害者から何度もコンタクトを受けています。ある詐欺被害者の方が写真の人の家族や職場にまで電話してきて、写真盗用被害者の方にひどい迷惑をかけ田という話がromancescam.comのこちらの記事にあります。写真の本人は、写真を盗用されていることを知っても、それに対して何もできません。一度盗用された電子メディアの写真は、いくらでもコピーして誰かが再使用できてしまう。止めようがないのです。写真を悪用しているのがアフリカの青年たちだということさえ理解していないかもしれないわけです。Military Romance ScamsのFBページから。ナイジェリア人が自分の名前で4人の将校に成りすましている。★次は写真盗用被害を受けた方の視点で書きます。過去記事写真の本人だと思った人にコンタクトとったらどうなるか【よくある質問】写真の人はどこの誰? この人に会って話をしたい。詐欺師に悪用されている写真…写真の人に知らせますか?

      7
      2
      テーマ:
  • 27 Feb
    • 国際オンライン詐欺被害に遭ったこと気づいたら…するべきではないこと(4)

      ネットで知り合った外国の恋人やビジネスパートナーがオンライン詐欺師だと分ったら、するべきではないこと;相手と接触を保つことにより;●お金を取り戻すために相手や別の詐欺師を騙すこと●相手にウィルスやマルウェアを送りつけたり、危険なサイトのリンクを送ること●自分なりの捜査を進めることたとえ自分のお金を取り戻す目的でも、相手を騙すことは犯罪です。また、ウィルスやマルウェアを送りつけたり危険なサイトのリンクを送りつけて相手に何らかの被害を被らせようとするのも犯罪です。犯罪者への仕返しとして被害者自身も犯罪を犯すことはするべきではありません。仮にお金を取り戻せたとしたら、そのお金がどこから出ているかを考えてください。詐欺団自らお金を返すなどあり得ません。そのお金は、他の被害者が騙されてあなたに送ってくるもので間違いありません。そうすると、良くて銀行口座凍結程度。最悪の場合共犯者として一番目のつくところにいるあなたが逮捕される。419詐欺、ロマンス詐欺の情報を集めてサイトに投稿しているBaiter, Hunterの中には元被害者だった方も少なくありません。しかしながらBaitingを行っているサイトでは被害に遭ったばかりの方がBaitingをすることを勧めていません。トラウマとなっていることがフラッシュバックしたり、自分を騙した奴に別人を装って近づいたのにちょっとした言動から本人であったことがばれたり、相手への感情が蘇ったりするからです。自分なりの捜査をしようとする方もおられます。お気持ちはわかります。●警察は頼りにならない●Antiscamサイトのアドバイザーは自分の望むアドバイスをくれない。●だから自分で相手を探し出そうと。それはまず無理です。素人で探せる相手なら、このような犯罪起きません。また、リカバリー詐欺の被害に遭う可能性も出てきます。そして犯人を特定して逮捕に導くことは非常に難しい。日本の警察がナイジェリアやガーナに捜査を依頼するのは難しいことです。そしてそれらの国々は、国内の凶悪犯罪の取り締まりのほうがもっと優先度が高い。マレーシアでナイジェリア人の詐欺師が逮捕されたというニュース(2015年7月)以前に「詐欺被害者が詐欺師をバイティングしようとすることに潜む危険」という記事を書きました。こちらもご参照ください。http://ameblo.jp/bintang-laut/entry-11872091995.html

      8
      テーマ:
  • 26 Feb
    • 国際オンライン詐欺被害に遭ったこと気づいたら…するべきではないこと(3)

      ネットで知り合った外国の恋人やビジネスパートナーがオンライン詐欺師だと分ったら、するべきではないこと;相手と接触を保つことにより;●相手を改心させようとすること●相手を訪ねてゆくこと相手も人間です。あなたの説得で改心するのでしょうか?答えはNOです。もし、そうであるなら、10年以上もこのようなネットを使った詐欺が横行しているでしょうか? ほとんどの被害者は中高年です。リアルで会える相手なら、年の功で説得力のある話をして、相手を改心させられるかもしれません。でも、相手は中高年を装っている20代の青年たちで、価値観も先進国とは異なります。詐欺師たちを詐欺だと分ったと伝えたうえで説得することにより、『僕は改心しました。改めてお付き合い願えませんか? ぼくはガーナの大学生で、学費が払えなくて休学しています。弟たちが家でおなかをすかせています。助けてください』なんて言ってくるかもしれません。しかし、それは新たな詐欺の始まりであるだけで、改心した青年との心温まる交流が始まるわけではないのです。そんなに簡単に説得できる相手であれば、このような犯罪がいつまでも起き続けるはずはないですね。ある時、ある詐欺被害者の方と遭遇しました。その方は、相手を説得しに詐欺青年のいるアフリカの国まで行く、彼を悪い組織から抜け出させるのを助けたいとおっしゃっていました。私はそれはお勧めできないとお伝えしましたが、そのあと音沙汰なし。どうなったのかわかりません。ご家族かご友人が止めてくださっていたら良いのですが。でも明らかなのはその方がアフリカに行ったか行かなかったかに関わらず、その相手は全く改心していないということです。その少しあと、私も同じ人物の情報を集めるのにバイティングしていました。そしてその少しあとで、その人物からお金を取られそうになった別の方とも遭遇しているのです。その方の説得が本当に効いていたら、そんなことあり得ないでしょう。メールなどでの説得どころか、アフリカに行ってしまうという軽はずみな行動は非常に危険です。FBIのインターネット犯罪について扱っているIC3というサイトでTHE DANGEROUS SIDE OF ONLINE ROMANCE SCAMSという記事があります。2011年の記事ですが、今でも該当するでしょう。『オンラインで知り合った相手と実際に会うことを約束した詐欺被害者は、行方不明になったり、負傷したり、一件は殺されたということが報告されています。IC3 (Internet Crime Complaint Center)では詐欺師の居場所としてナイジェリア、ガーナ、イングランド、そしてカナダを特定しています。もしオンラインで知り合った人物と実際に会いに行くことを計画しているのであれば、特に海外に出かける場合は十分な注意が必要です。そして最低限、一人では旅をしないように。』最近のニュースですが、『ウガンダの26歳のミュージシャンが68歳のスウェーデン人女性とネットで知り合って結婚し、彼がヨーロッパに到着すると彼女を捨てた』というがFBで拡散されていました。男は同年代のガールフレンドがいて、其の68歳の女性は単なるビザのための道具だったのです。たとえ本人がアフリカ人だとカミングアウトしても、詐欺被害者は30代から50代(欧米人なら60代以上もたくさんいます)、詐欺師はハイティーンから20代。どう考えてもかなりの年の差と文化の差がありますよね。リアルで会っていないなら、たとえカミングアウトしたうえで愛を告白されたとしても、信じるべきではないのではないでしょうか?参考資料a scammer "admitting" to being a scammer: typical dialoguehttp://romancescam.com/forum/viewtopic.php?f=77&t=72455http://www.romancescam.com/forum/viewtopic.php?p=362965#p362965FBI IC3THE DANGEROUS SIDE OF ONLINE ROMANCE SCAMShttp://www.ic3.gov/media/2011/110429.aspx

      4
      テーマ:
  • 25 Feb
    • 国際オンライン詐欺被害に遭ったこと気づいたら…するべきではないこと(2)補足

      相手が国際恋愛詐欺師だと分った時点で、相手と接触を保つことにより相手に詐欺だと分ったことを伝えることや、相手を信じようと努力することは避けるべき…の補足です。相手が泣きついて来たり、『愛している』とか言葉で言われたりして、相手を断ち切ろうという決意がグラついているときに、避けようとしている理由を聞かれる。或いは、大人として相手にきちんと話を付けて別れようとしたいと考える。そしてついつい相手が詐欺師だと分っている、あるいは気が付いてしまったと伝えたら、その理由を聞かれます。そして相手は懸命になってそれを否定する。そして、相手を疑っている理由に対して、筋書き通りの回答ができる詐欺師もいます。だから、相手に避けるようになった理由を伝える必要はないし、詐欺師だと分った理由も伝える必要はない。相手の上手な言い訳にグラつく危険があります。そして、相手が次の犯行に今回の失敗を適用してもっと巧妙に詐欺行為をできるようになるでしょう。黙ってブロックして黙って立ち去るのがベストです。そして、やんわりと逃げる必要はありません。バサッと切り捨てる。  誰かが教えてくれたと伝えたら、それも相手の思うつぼでしょう。こんな会話が想定できます。全て被害者が間違い、詐欺師のほうが正しいという方向で話がまとめられていきますよ。被害者1: 娘があなたのことを調べたの。あなたは偽物でしょう、写真は実在の将校だけど名前が違うわ。偽将校1: そうだよ、本当の名前はJohn Smith じゃなくてMark Welshなんだ。だけど、本名使ったらスキャンダルになるだろう、結婚式の日までは公表できないんだよ。被害者2: 退役の手続きについて米軍基地で仕事していた友達に聞いたの。そんな手続き存在しないって。私のサインなんていらないはずよ。偽将校2: それは間違いだ。君の友達は本当のことを知らない。私は陸軍将校だよ。君の友達は何だっていうんだい? おそらく基地の秘書か何かだろう? そんな奴に軍のすべてがわかるはずがない。被害者3: 息子とも相談したのだけれど、やっぱり私は一人でやっていくことに決めたの。お互い夢を見るのはやめて、これで終わりにしましょう。偽技術者3: 僕たちは愛を誓い合ったじゃないか。君には僕が必要なんだ。君は強気になろうとしているだけだよ。それに君の人生は君が決めなきゃ。なんでいつか嫁さんもらう息子さんの言うことに固執しなきゃならないんだ。君はもっと自分の考えを持っていいと思うよ。被害者4: あなたの正体、もうばれてるわ。昨日、Warnerさんという女性がコンタクト取ってきて、あなたのことを全て教えてくれたわ。偽医者4: その女は誰だっていうんだい? 彼女の言ってたことは本当かもしれないし嘘かもしれない。君がどう受け止めるのも君の自由だ。だけど僕は君に誠実さを示してきたじゃないか。その女はきっと僕らの貴重な関係を損なおうとしているんだよ。長い付き合い(2週間くらいだったり)の僕より突然やってきた女のことを君は信じるの?被害者5: 娘があなたの写真は合成だと言っているわ。偽軍人5: そうだよ。友達がふざけて加工しただけだよ。何か問題あるかい?そうして、『いやなら君が僕のもとを去ればいい。でも僕はいつまでも君のことを愛し続ける』とか言ってくると、見捨てられたくないと思って罠にはまってしまうのです。

      3
      テーマ:
    • 国際オンライン詐欺被害に遭ったこと気づいたら…するべきではないこと(2)

      相手が国際オンライン詐欺だと分った時点で、相手と接触を保つことにより●相手に詐欺だと分ったことを伝えること●相手を信じようと努力すること相手が詐欺だと分ったことを伝えると、そのままフェードアウトする場合もあります。そんな場合でも、後々再接触を相手が試みてくる場合や、ストーリーの進行上困った状態になりそのお金をさらに求めてきたり脅しを受けたりすることに備えて、接触を断つべきです。相手をブロックして接触不可能にすることは重要です。また、相手が詐欺だと分ったことを伝えると、それにより相手に学び取る機会を与えてしまいます。今回の失敗を、次回に活かすことでしょう。次に騙される被害者は、もっと巧妙な仕方で騙されるのです。それは避けるべきではないですか?さらに、相手がまだあなたを騙せると自信をもっているのなら、説得に入るかもしれません。まるであなたが悪いような言い方をされるでしょう。『彼を・彼女を信じようとしなかった自分が悪いのかもしれない』などと思い込まされます。あなたが有望なお金の源とみなされているとしたら、相手も必死で関係修復をしようとします。例えば、あなたをどんなに愛しているかを伝える、何か間違ったことをしたなら謝りたいと謙虚に言ってくる、あなたが疑問に思うことに、丁寧に言い訳をしてくる。そして、相手を信じようと決意して元の状態に戻ることは、さらにお金をむしり取られる結果につながります。相手とまじめに話し合ってみようと考えるのははっきり言って間違いです。何しろなりすましなのです。実在しない人物を演じている。自分の生活の中に彼らを取り戻すなら、悲劇がさらに大きくなるだけです。相手の目的はお金です。Romancescam.orgの Dealing with the Dangersという記事に載せられていた、ある被害者の方の経験です。私はこのサイトのグループがガッカリすることをしてしまったことは自覚していました。私はデービッドというその詐欺師を再び受け入れてしまったのです。彼はまだ私を愛していると言ってきました。彼は私とまた話をしたいと言ってくれました。だから今晩また話をしたのです。彼は私にお金と、私の名義のクレジットカードを送って欲しいと言ってきました。そうすれば、そこにお金を入れて、お金を引き出せるからというのです。彼が気にかけているのはお金とクレジットカードのことだけでした。そして、彼は考えつくありとあらゆるひどい呼び方で私を呼びました。私は彼が詐欺師ではなくて、自称している人物であると信じたかったのです。でも今、彼はデービッド・ニックソンではないということがよくわかりました。彼は本当に詐欺師です。このことはこのサイトに報告したくありませんでした。なぜなら私がバカで、彼が本当に私を愛してくれていると信じてしまったのですから。彼はただの嘘つきで、私の心の中にまた戻ってきて、私の心をめちゃめちゃにし、傷つけました。どうか、私の経験から学んでください。絶対に詐欺師をあなたの生活の中に取り戻さないように。私は彼をブロックして、Yahooからも削除しました。私は彼をもう二度と受け入れません。彼が私に言ったすべての甘い言葉はすべて嘘でした。それでも私は彼が自称している通りの人だと信じたかったのです。サリー参考資料Dealing with the Dangers(romncescams.org)http://www.romancescams.org/DealingwiththeDangers.html

      4
      テーマ:
  • 24 Feb
    • 国際オンライン詐欺被害に遭ったこと気づいたら…するべきではないこと(1)

      国際オンライン詐欺被害に遭ったこと気づいたら…するべきではないこと (1)多くの場合ナイジェリアやガーナの青年が絡んでいる国際オンライン詐欺に遭った場合、どうすべきか、4つの行動について書きました。1)相手との接触を断つ 2)送金機関に連絡する 3)記録を保管する 4)警察などに報告それでは、するべきではないことは何でしょうか。するべきことの逆全部ではないです。「1)相手との接触を断つ」の逆、つまり「相手と接触を続ける」ことは、するべきことではありません。ですが、「するべきこと」2~4は、もし事情で警察などへの通報ができない、銀行や送金サービスにも行けない、という選択肢しかない場合、致し方ありません。被害者の方々の何人か遭遇したのは、社会的立場やご家族との関係などの都合上、警察や銀行などに報告することができないということでした。確かに警察に持って行ったり、銀行などに相談したことで家族や世間に知られ、非常にまずいことになるくらいなら、自分の中にしまっておいてもう騙されないように気を付けようと考えるかもしれません。  ネットで知り合った外国の恋人やビジネスパートナーがオンライン詐欺師だと分ったら、するべきではないこと;●相手と接触を保つことにより;相手に詐欺だと分ったことを伝えること相手を信じようと努力すること相手を改心させようとすること相手を訪ねてゆくことお金を取り戻すために相手や別の詐欺師を騙すこと相手にウィルスやマルウェアを送りつけたり、危険なサイトのリンクを送ること自分なりの捜査を進めること●写真の人を探してコンタクトを取ること

      7
      テーマ:
  • 23 Feb
    • 「国際オンライン詐欺被害に遭ったこと気づいたら…どうすべき?~ 補足

      お友達になっている人が詐欺師だと分ったら、すぐにブロックせずにやんわりとフェードアウトしようと考える方々がおられます。正直言ってお勧めできません。金銭的被害まで受けておられない方も含めて。もし、すぐにブロックすることを恐れているのなら、それは心のどこかでまだ相手がなりすましではない、本物の人だと信じたいと思っている証拠。彼がどう感じるかまで考えているのならまさにそうですよね。もし、本当に彼が偽物のなりすましの犯罪者であると確信したなら、彼がどう思おうと、バッサリとブロックすればよいはず。もし、お金にならないと判断しなら、詐欺師は逃げ去ります。お金に期待できない相手に彼らは時間を無駄にしない。実際のところ、相手をブロックしたところで相手はなりすましですからほかのIDを取ってアプローチしてくる可能性はあります。ですから、この種の詐欺に、金銭的被害まで言っていなくても遭遇した方は、この種の詐欺について知識を身に着けて、怪しい外国人からのアプローチを識別できるようにされるのが良いです。  日本の話ではないですが、こういうことがあったそうです。あるオンライン詐欺の被害者の方は、すぐにブロックするようにとのAntiscamサイトのアドバイサーからのアドバイスに従わず、相手を刺激しないようにと思ってやんわりとフェードアウトすることを試みました。相手の詐欺師の情報がそのサイトで何ページも載せられているかなり頻繁に詐欺に使われていた写真であったにも関わらず、心のどこかに引っかかるものがあったのでしょうね。ゆっくりと彼から離れようとしている間、詐欺師のほうは、これ以上お金が入ってこないので感情が高まり、苛立ってきますね。そして、その詐欺師は彼女の写真と本当の個人情報を使って偽のフェースブックのプロフィールを作成し、詐欺行為に使用したそうです。それでも詐欺師は満足できなかったので、彼女のプロフィールをアダルト系サイトに作成したそうです。その被害者の方は、自分の方法でフェードアウトしようとしてひどい目に遭いました。非常に心が傷つけられたそうです。  相手をSNSでブロックした後、まだ連絡可能な連絡手段にはしつこく連絡してきます。可能ならメアドを変えることをお勧めしたいのはそのためです。本当にメアドや電話番号すべて変更した詐欺被害者の方を私は何人か知っています。連絡可能なチャンネルが残っていると、『なんでブロックしたんだ』『僕が何をしたっていうんだ』などとしつこく連絡してきます。例えばこんな感じに。(ある方から拝見した、SNSをブロックした後に送られてきた詐欺師のメールと、私のバイティングで必要な情報剥ぎ取った後放置した詐欺師から来たメールなどを合わせて創作して日本語にしてみました。貴重な情報シェアしてくださった方、ありがとうございます。個人特定されると困るので、このメッセージの原文は英文サイトには掲載しません。フェースブックにログインしたら、君が僕をブロックしていることに気が付いた。僕たちは愛を誓い合ったばかりではなかったかい? 何故君がそんなことをしたのか僕にはわからない。その理由を君は説明してくれない。君は一体何を怒っているだい? 誰かがおかしなことを言ったのかい? フェースブックにはいろんな人がいていろんなことを言ってくる。でも、僕たちの愛はそんなことで壊されるものじゃないだろう? 僕はもう君なしでは生きられないんだ。愛している。何が問題なのか教えてくれ。きちんと理由を説明するから。返事をしてほしい。お願いだ。愛してる。これを無視すると、ダーリン、君のことを考え続けていると眠れないよ。君が僕に何が問題があったのかを話してくれないから。僕が君をどれだけ愛しているのかわかるかい? 誰が僕のことをなんと言おうと、それは嘘かもしれないし、本当かもしれない。でも、君は僕のことを良く知っているはずだ。僕をブロックするだけで何も解決にならない。だから何が問題なのか話してほしい。君に会いに行く約束を必ず果たすから。君を愛している。だからなぜ急に心変わりしたのか教えてくれ。こんなメッセージ受け取ると、ぐらっとくるか、爆笑するかで運命が分かれますね。特に大金を期待できたはずの相手には、その期待していた額を得るためにもしつこく来ますよ。このようなメッセージで自分のしたことに後ろめたさを感じて、彼の言い分を聞いてみようと思ってしまうと、悲劇への道に戻ってしまいます。相手を信じようと努力して、お金を失った被害者の方々もおられるのです。もし、彼が本当に詐欺師だと理解していて、もう騙されないと決意しているなら、このメッセージも爆笑もので終わります。これ以上メールも読む必要ない。彼のメアドをブロックして、スパム入り。この種の詐欺に関する知識もついたし。そして、『彼女に勝手にブロックされた可哀そうな男』を演じることで有望な獲物を取り戻すことができなければ、次はメアドをほかの犯罪グループに拡散したり、フィッシングサイトをリンクしたメールやウィルスを送りつけてきたりします。メールボックスの半分以上が迷惑メールになると困りませんか?ハンサムな軍人さんも、素敵な建設エンジニアも、みんなこういう感じのアフリカの青年たちなのです。

      4
      2
      テーマ:
    • 国際オンライン詐欺被害に遭ったこと気づいたら…どうすべき?(5)詐欺情報のシェア

      5.詐欺情報のシェアもし、何らかの理由で警察には行けない(例えば社会的立場から警察に訴えることができないという方もおられます。)という方も、Antiscamサイトにぜひ情報を掲載することのできる記録を用意してください。詐欺師の情報を匿名で掲載することで、同じ犯行グループに被害に遭っていた方がGoogle検索し、相手が詐欺師だと判り助かるということもあります。この種の情報シェアは、まだ金銭要求まで来ていないけれどネットで遭遇した外国の友人がアフリカンの詐欺だと分かったという方も、サイトに掲載可能なデータが揃っていれば是非実行なさってください。そうするなら、相手の事をあやしいと気づいて検索かけた方々が助かります。Antiscamサイトは匿名で登録できます。サイトに情報を掲載することで相手に見つけられて脅される可能性があると考える方は、国籍や住んでる場所や名前が特定できないハンドル名を使い、内容も個人特定できない内容を掲載すると良いでしょう。それらのサイトで通常必要とされるのは1)詐欺師の最初のイントロ(自己紹介を含むメッセージ)2)お金の要求のメッセージ(主犯からのものと、それからサブキャラからのもの)3)主犯およびサブキャラの写真、偽ID、偽公文書類4)主犯およびサブキャラのメアド、電話番号、スカイプ、FACEBOOK、などの情報5)送金先の情報(銀行口座番号、送金受け取り手の名前や住所など)で、たいていはメアドか電話番号、スカイプのIDが分かれば掲載できます。詳しくは、各サイトの案内を読んでみましょう。写真に「Used by scammer」などと入れて編集することを求められているサイトがあればそれに従って写真を編集します。また、子供の写真は単独で写っているものは掲載できないサイトがほとんどです。親子で写っている写真を掲載します。また、子供の写真が有名な写真だった場合、写真を掲載しないでリンクを張ることもできますね。例えば子役俳優の記事を掲載したサイトのリンクを入れるなど。偽文書、偽ID等は「FAKE」と文字を入れることを支持するサイトが多いと思います。もしそのまま掲載してアドミニストレータに注意されたら、是非気を悪くせずに協力してください。掲載した内容を詐欺師に見つかり、脅される可能性を恐れてAntiscamサイトに掲載を渋る方は少なくありません。実際これらのサイトに情報を掲載しているのは、被害者よりScam Huntersのほうが多いと思います。中には、被害者の方の代理で掲載しいているHunterもいます。でも実際は、怖がることはありません。何しろ詐欺師たちは複数の相手とやり取りしているわけです。自分の情報を詐欺情報掲載サイトに載せた裏切者が誰かなど簡単には特定できません。さらに、これらのサイトの多くは、詐欺師がよく使うIPからのアクセスをブロックしています。たいていの場合、掲載が詐欺師に知られてしまうのは、詐欺師自身が検索かけた結果ではなく、疑いながらまだ詐欺師を信じている被害者の方が「こんなのがあったけどどういうこと?」と詐欺師に聞いてしまった結果でしょう。そして、掲載者が特定できてしまうのは、個人特定可能な内容を掲載した場合です。例えばメールの最初にあなたの名前が書かれていたら、その部分を”(Snipped)”として取り除き、もしほかの被害者が日本人ではないことが判っているなら日本について言及しているところを同様にして編集して除くことです。画像ファイルの文書などは、例えば支払明細書等に自分の住所と名前が書かれているところと、それから日付を黒塗りして隠します。主な詐欺情報掲載サイトromancescam.comscamwarners.comromancescams.organtifraudintl.org日本語のBBShttp://ekaterina100.bbs.fc2.com/フェースブックページMilitary Romance ScamsScamwarnersRomancescam.com

      9
      2
      テーマ:
  • 22 Feb
    • 国際オンライン詐欺被害に遭ったこと気づいたら…どうすべき?(4)被害の報告

      4.被害の報告警察等の捜査機関に報告する。●日本の場合地元警察がまず基本ですが、サイバー犯罪対策課の相談窓口はこちら。●アメリカ在住者ならFBIのIC3(Internet Crime Complaint Center)などがあります。●オーストラリア在住者の場合https://www.scamwatch.gov.au/ http://www.afp.gov.au/policing/cybercrime/online-fraud-and-scams●ドイツ在住者の場合 http://www.polizei-beratung.de/themen-u ... hilfe.html●インターポール http://www.interpol.int/警察は調書を取る程度で終わることが多いでしょう。ここで提出した証拠が、後に逮捕につながる結果となることは少ないです。しかし、警察に訴え、データを蓄積させることで、この種類の犯罪に対して警察が目を向け、対策に向けて動くようになってもらうことが期待できます。また、お住まいの地元の警察の他に、相手(共犯者を含む)が明らかにそこにいることが予想できる場所の警察にも連絡をとってみる。マレーシアやインドネシアの携帯電話番号が登場していれば、マレーシアやインドネシアの警察にもという具合に。また、ウェスタンユニオンの送金先や、銀行口座番号の持ち主の住所が実在することが確認できたなら、そちらの警察にも連絡できるでしょう。マレーシアのComputer emergency Response Team (MyCert)はこちら。但し、+447みたいに英国外で買える電話番号だったからと英国の警察に訴えても無駄です。米国のVoIP電話番号の場合も同様。警察に関して気を付けるべきことがあります。それは、警察のアドバイスが国内詐欺の場合と同じ要領である場合があるからです。ある被害者の方は、警察から『今まで通りのやり取りを続けてまだ騙されているふりをしていてください』と指示されました。私のほうはもちろん『相手とのコンタクトを全て断ってください』とアドバイスしていましたが。それからしばらくしたある日のこと、その方からメールをいただきました。『私が送金しないので、詐欺師から裁判所に訴える、ブラックリストに入れると脅されています。どうしたらよいですか?』確かに人は警察など権威のある処からの指示のほうを重く見ます。しかし結果が更なる脅しを受け、金銭を要求される結果に。私のような素人のアドバイスに従っていれば、その方がそのような脅しを受けることはありませんでした。警察の言う『今まで通りのコンタクト』というのは恐らくは相手を刺激しないために、何事もなかったようにふるまって交流を続けなさいという意味だったのでしょう。そして、国内詐欺ならそのようにすることで相手を油断させ、逮捕に持ち込むことも可能なわけです。しかし、相手は見えない敵。どこにいるのかも分からない。おとり捜査も何もないでしょう。ですから、警察の言うことをうのみにせず、詐欺師とのコンタクトを全て断つべきです。そして警察に捜査協力を求められたら、既に使うのをやめた詐欺師と連絡取るのに使っていたアカウントの過去のやり取りの内容を見せればよいと思います。ちなみに、私のアドバイス通りになさらずにトラブルに追い込まれた方に対してはこれ以上お助けは出来ません。今まで通りのコンタクトを続けてくださいと警察が指示してきて詐欺グループから脅しを受けたのであれば、アドバイスをしてきた警察に助けを求めてくださいね!!  警察の他に、大使館への連絡もしてみる。但し、+447みたいに英国外で買える電話番号を相手が使っていたなら、英国大使館に持って行っても無駄です。同じく、米国のVoIP電話番号の場合も同様。犯人は英国や米国にはいないでしょう。ストーリー中にマレーシアの電話番号が登場したなら、マレーシア大使館に連絡を取る。送金先住所がインドネシアに存在するようれあれば、インドネシア大使館。相手のメールのIPがガーナであればガーナ大使館。大使館はあまり力にはなってくれないかもしれませんが、現地の警察の連絡方法などを教えてくれるかもしれません。偽の在外公館ホームページもあるかもしれないので、外務省のサイトから探すのが良いでしょう。外務省の駐日在外公館ホームページへのリンクhttp://www.mofa.go.jp/mofaj/link/embassy/

      7
      3
      テーマ:
  • 21 Feb
    • 【検索ワード】 パソコン 壊れた 送ってほしい

      【検索ワード】 パソコン 壊れた 送ってほしいこの検索ワードも今まで出ていなかったので少し書きます。ネットでしか知らない相手にパソコン、スマホ、衛星電話等を買って送ってほしいと要求されたら???もちろん詐欺師によるタカリです。乗ってはいけません! この下の嬉しそうな顔した青年の写真を思い浮かべてください! 楽してお金や高価な機器を手に入れようとしているのです。本当にアメリカ人だったら、戦地や出張先から帰ってからアップルのスマホでもパソコンでも安く買えるでしょう? なんで日本人に頼んでくるの?マレーシアにもインドネシアにもパソコン売ってる所あります。最近は日本との値段の差それほど大きくありません。(以前は日本のほうが絶対安かったけれど…。) マレーシアやインドネシアにいるからパソコンやスマホが壊れて買えないなんていうことはあり得ない。軍の基地にいるなら、個人用パソコン壊れたら職場のパソコンだって使えるはず。絶対にそんな要求に乗せられないでください!! 相手との接触を絶ってください。パソコンやスマホを送ってくれる相手には、お金も要求しますよ。1.詐欺師の職業設定(他の職業で出てくることもあります。)男性を装う場合、エンジニア、医師、会社経営者、その他出張の多い職業。軍人、国連職員、医師、ジャーナリスト等戦場にいる人物。若い女性を装う場合、難民の令嬢、ナース、学生等。未成年を装う場合、孤児、難民の少年等。アフリカ人のアイデンティティを使っている場合、学生や失業者等。(但し写真が本人ではない可能性あり。)2.パソコン、スマホ、衛星電話等を頼んでくる理由戦地でプライベートなやり取りをするための衛星電話や個人用の電話、パソコンなどを送ってほしいと言ってくる。子供の誕生祝やクリスマスプレゼント等として、親である相手が要求。誕生祝やクリスマスプレゼントとして『子供』と称する若者が『新しいお母さんになる人』にねだる。(たいていの場合、アップルの製品が多い。ステータスが高いのでしょう。) もっと安いスマホじゃダメなのかと聞くとだめだと言う。パソコンかスマホが壊れたので送ってほしいと頼んでくる。若い女や未成年の難民・孤児を装っている場合、慎ましい生活をしている自分では買えない、仲間に自慢できるなどの理由でアップルを要求してくる。それ以外の理由もあり得る。3.おかしいと思うべき理由Apple製品は日本で買って送るより、自称アメリカ人ならアメリカに帰ってから買ったほうが良いのでは? 相手はアフリカにいるのである!戦地の軍人や国連職員等であれば、基地等の施設に通信手段はあり、衛星電話などを購入しなくてもプライベートな友人知人との連絡を取ることができる。日本のiPhoneはSIMロックされているが、その説明をしても全く気にしていない。アップル製品へのこだわりを感じさせられる。ステータス性があり、おそらくは『カモから剥ぎ取った』といって仲間の間で自慢するのであろう。送り先がナイジェリアやガーナなどアフリカの住所であれば、怪しいとみてよい。送り先がマレーシアやインドネシアで、ホテルと違う住所に送ることを指定されればそれもおかしいでしょう。外国人が安全に電子機器を受け取りたいなら、ホテルのフロントで受け取ってもらうほうが良いはず。(詐欺師はもっともらしい理由を言ってくるでしょう。)送り先が英国や米国で、受け取り手の名前がストーリーの進行に出てきていなかったら、おそらくそれはミュールの住所で、ミュールがアフリカに転送する。ウェスタンユニオンで受け取った現金と、被害者からせしめたスマホを見せびらかす青年の写真。

      8
      7
      テーマ:
    • 【検索ワード】白人 アフリカ人の名前 友達申請

      おはようございます。白人 アフリカ人の名前 友達申請 の検索ワードでこのブログにたどり着いた方々がおられるようです。最近フェースブックで見かけますね。黒人でアメリカ人で移民1世ならナイジェリアの名前でおかしくないですが。あと、クリスチャンだといいながら名前がイスラムというケースも。日本人の名前で白人、しかもUwe Herbertusさんの写真を使っているというのも見たことがあります。いずれにしても、100%の確率で詐欺師の成りすましと見て良いでしょう。名前をFacebook上で検索かけると、1) 同じような傾向のアカウントが複数存在したり、2) 同じ名前でアフリカンのアカウントもでてきたりすることがよくあります。恐らくは、以前は普通に使っていた自分の名前のフェースブックを詐欺用に転用したとか、あるいはフェースブックからアカウント一時停止させられた時に写真の入っていない本人証明を提出するのに都合がよいとか、そんなことかもしれませんし、単に西洋人の名前についての知識がないだけかもしれません。名前の話もいずれシリーズで連載します。1.ガーナ人の名前を名乗る白人の名前で検索すると、同じ並びの名前でガーナ人の普通のフェースブックがずらっと出てきた。 2.米軍将校を名乗る成りすましの名前を検索したら、順番を入れ替えたりしているが同じ名前のやはり偽物がずらっと出てくる。

      4
      4
      テーマ:
    • 国際オンライン詐欺被害に遭ったこと気づいたら…どうすべき?(3)記録の保管

      3.記録の保管 これは詐欺師からのコンタクトをブロックしてからするべきです。それはオンライン状態を相手に見られないためです。新たに入ってきたメールは開く必要ありませんし、開くべきではありません。あくまでも送金に至った経緯が警察に分かるようにする。(1)何のために?警察などの捜査機関に提出するため。Antiscamサイトで情報をシェアするため。銀行から調査のための証拠を求められれば銀行にも提出する。(2)何をすればいいのか詐欺の証拠となる記録を保管する。メールやメッセンジャーのやり取りを詐欺の証拠としてハードコピーをとる。スマホでのやり取りが中心だった場合、スクリーンショットでもよいでしょう。詐欺師を信じていた時にやり取りしていた内容を見るのはつらいでしょう。また、気持ちが揺らぐこともあるかもしれません。分厚いファイル一冊分の記録をプリントして警察に持って行った被害者の方が日本にもおられるそうです。重要な証拠として必要です。

      1
      テーマ:
  • 20 Feb
    • 国際オンライン詐欺被害に遭ったこと気づいたら…どうすべき?(2)送金サービスに連絡

      2.銀行や送金サービスに連絡する。(1)返金可能か確認残念ながらほとんどの場合この種の詐欺の被害を受けられたらお金はほとんど戻ってくることは期待できません。しかしながら何らかの理由で相手がまだ受け取っていない場合、送金の取り消し手続きが可能です。ウェスタンユニオンやマネーグラムといった送金サービスは、銀行振り込みより手軽に海外送金ができるサービスで、銀行などを使わない社会から先進国や新興国に出稼ぎにきた方々が故郷に送金するのに使ったりします。しかし、受け取り手が匿名でも秘密の質問が合致すれば簡単にお金を受け取れることから、詐欺師やテトリスとなどの犯罪者が足のつかない方法でお金を受け取る手段として悪用されています。ウェスタンユニオンジャパンのホームページによると、既に送ってしまった国際送金が現地での受け取りが住んでいなければ返金が可能とあります。返金手数料は申請者の負担になるそうです。送金した銀行でも、国際送金の取り消しの手続きがまだ可能かを確認してください。(2)金融機関に被害を届ける。また、銀行や送金サービスのカスターマーサービスに詐欺被害に遭ったことを伝えます。送金受け取り側に犯罪性が確認できれば、相手の銀行口座が凍結されるでしょうし、ウェスタンユニオンは受け取り手をブラックリスト入りさせることもあるでしょう。(但し受け取り手の名前も偽名だったりしますが。)(3)小切手、郵便為替等の確認。もし、相手から小切手や郵便為替等を受け取ったことがあるのなら、銀行や郵便局へ行って以前に換金した小切手等が偽物ではなかったか確認する。そして偽物であった場合、その換金を取り消し、受け取った額を返す。また、偽小切手で被害に遭っていることを銀行や郵便局に伝える。(後々、犯罪の共犯者として取り調べを受ける結果にならないために重要です。)(4)郵便局で自分宛ての国際小包が自宅や職場宛てに届いていないかを確認をする。差出人不明だったり、明らかに詐欺団からものもであれば受け取らないようにする。盗んだクレジットカードで買った贈り物などを受け取ってしまうと犯罪になります。

      5
      3
      テーマ:
  • 19 Feb
    • 国際オンライン詐欺被害に遭ったこと気づいたら…どうすべき?(1)相手との連絡を絶つ

      1.相手との連絡を絶つ最初の重大なステップは詐欺グループとの接触を全て断つことです。(1)誰との連絡を絶つべき?これは事件に関係する相手側のキャラ全部をということです。●主犯(恋人、ビジネスパートナーなどになっていたメインキャラ)●運送会社や荷物の運び屋、相手の弁護士や銀行のマネージャー、税関職員、上司や同僚、相手の子供や老親など、ストーリーに登場した相手の関係者全員。●それから、あなたを安心させ彼を支持させるために登場したお友達がいれば、その人も。(2)具体的に何をすれば良いのか?●まず第一段階として、相手のメールやメッセンジャー、ラインなどをブロック。電話は出ない。電話にも特定電話番号をブロックする機能があります。●どんなに気になってもメールやメッセンジャーやラインなどのメッセージを開かない、既読にしない。開いたかどうかチェックする機能を使っている可能性もありますので、絶対に開かない。開いたことが検出されれば、脅しが効くと判断するでしょう。●詐欺師とその関係者とやりとりしていた連絡手段を全て変更する。警察にメールを提出することを考え、古いメアドは削除しないで取っておきますが使わない。(捜査当局に求められたときにログインできるようにしておく。)親族友人や仕事関係にはメアドの変更を連絡し、いつも使っているお店などからのダイレクトメールはオンラインで新しいメアドに変更する。大変な作業になりますが、そこまでする価値はあります。携帯電話の番号や、SNSのアカウント、LINEなどのメッセンジャーのアカウントなど、詐欺師とやり取りに使用していたものはすべて変える。(3)何故そこまでしなければならないのか?詐欺師からの連絡を全てシャットダウンすれば、更なる脅しに悩まされることはありません。そして、実害を受けられた方であれば、彼らからの接触をシャットアウトすることで、被害後のHealingに向かう第一歩を踏むことができます。また、連絡先やSNSのアカウントがカモリストに入れられて犯罪者の間に拡散し、リカバリー詐欺の被害に遭う可能性もあります。第一段階のブロックは、一時的な対策にしかなりません。確かに仕事や友人とのやり取りで活用してきたメアド等を変更することは事情に大変なことです。個人情報が犯罪者たちの間でシェアされている可能性があり、自分をだました相手以外からも次から次へといろいろな攻撃が来ます。また、相手からの連絡も来なくなり、その後何事もなかったとしても、1年かそれ以上たってから、ほとぼりが冷めた頃に同じ人物や別の人物を名乗った奴からコンタクトしてくる場合もあります。特に送金まで至ってしまった方の場合、どうか詐欺師に弱みを握られていることを自覚して、安全第一になさってください。一度お金を騙し取れた相手はまだまだ騙せると彼らは考えます。完全にコンタクト不能になれば、次なるアプローチを受けることもないでしょう。(4)どんな脅しを受ける可能性があるのか脅しにもいろいろあります。●ストーリー展開に沿った脅し…例えば送金をやめたことで子供が手術してもらえず死んだ、その責任を取れとか、あるいは数億ドルの契約がだめになったので責任を取れ、荷物を運送会社がまだ預かっていて保管料を求められているので支払えなど。それがエスカレートすると、FBIなどに訴えるなどといった話になってくる。もちろん本物のFBIなどに訴えるはずはなく、偽のFBIや弁護士などが登場してさらにお金を取ろうとする。●もし、恥ずかしい写真を送ってしまっていたら、写真をネタに脅されます。恥ずかしい写真を公開すると脅されるでしょう。しかしながら彼らの目的はお金であって、写真を公開することではありません。あなたが怖がってお金を送ってくることを期待しているわけです。無視して怖がっていないことを示すなら、相手はあきらめます。本当に裸の写真やエロい写真がフェースブックに載せられたら、不適切なコンテンツとしてすぐに削除されるでしょう。ですから彼らがそれをSNSに公開ということはないでしょう。また、20代の若いプロのAV女優でもない限り写真が次の詐欺で悪用される可能性もありません。ブロックし、メアドやSNSを変更して相手からのコンタクトを不能にすることで、この脅しは避けられます。面白がって脅す相手をからかうことはしないでください。腹いせにウィルスとか送り付けられたら大変ですよ。これは実際に起きています。●オンライン詐欺だと分ったら相手と連絡を絶つべき理由について書いた過去の記事はこちら。1)催促と脅し http://ameblo.jp/bintang-laut/entry-11887923905.html2)最初の送金に応じない場合の展開 http://ameblo.jp/bintang-laut/entry-11908465270.html3)被害の連鎖 http://ameblo.jp/bintang-laut/entry-11916202828.html  被害の連鎖其の2 4)スパムとウィルス http://ameblo.jp/bintang-laut/entry-11932657852.html5)これでもかという展開 http://ameblo.jp/bintang-laut/entry-11943512933.html  これでもかという展開2 http://ameblo.jp/bintang-laut/entry-11943534149.html6)ブロックせずに1年放置 http://ameblo.jp/bintang-laut/entry-12097429874.html7)リアリティあふれる脅し http://ameblo.jp/bintang-laut/entry-12097465807.html

      8
      2
      テーマ:
  • 18 Feb
    • 国際オンライン詐欺被害に遭ったこと気づいたら…どうすべき?(序章)

      アフリカ系の犯人によるオンライン詐欺をどう見分けるか、どうしてコンタクト続けてはいけないのか等、それから手口の紹介などブログで書いてきました。でも、詐欺被害に遭った方の場合、これからどうすればよいのか、それが被害者の方々が必要としていることですよね。被害に遭ったと気づいたらこうすべき理由みたいな記事を書いてきましたが、もしかするとあまりお役に立ってはいなかったかも。もう少しまとまった記事を書きたいと思います。基本的なアドバイスはこうです。1.最初の重大なステップは詐欺グループとの接触を全て断つこと。これは主犯(恋人、ビジネスパートナーなどになっていたメインキャラ)だけでなく、その関係者を含み、すべてです。メアドやメッセンジャーやSNSをブロックする。電話は出ない。それらの連絡手段のアカウントを全て変更することも有効な手段。2.銀行やウェスタンユニオン、マネーグラムなどの送金に使ったサービスに連絡する。相手がまだ受け取っていない場合、取り戻すことができる可能性があります。3.記録の保管。メールやメッセンジャーでのやり取りの記録をプリントし、原紙を保管。そしてコピーしたものを警察等の捜査機関に提出するように準備する。4.詐欺被害を報告する。警察等の捜査機関に報告する。日本の場合地元警察がまず基本ですが、サイバー犯罪対策課の相談窓口はこちら。アメリカ在住者ならFBIのIC3(Internet Crime Complaint Center)などがあります。5.詐欺情報をシェアする。romancescams.org, romancescam.com, scamwarners.com, pigbusters等の詐欺情報を掲載したり被害者を支援している団体のサイトに詐欺の情報の詳細を報告する。これは、次に狙われた方がどこかの段階で検索をかけて助かる可能性があるからです。また、これらのサイトは精神医療の専門家のサイトではないですが、被害者の方のヒーリングの助けとなる情報があるのでぜひ活用してください。続いてこれらについてさらに一つ一つ詳しく書いてゆきます。  私のアドバイスは自分勝手な考えからではありません。殆どの英語のAntiscamサイトでアドバイスされている内容に沿っています。これらのアドバイスよりもご自分のお考えで物事を進めようとされる被害者の方がおられますが、それはその方の人生の選択なので私には口出しできません。しかしながら、私がここに挙げたアドバイスは長年この種の詐欺に関して扱ってきたグループの経験を積んだ方々が言っているアドバイスであり、それによってもちろんお金は戻らないけれども詐欺師からの拘束を離れて安全に生活を続けられている元被害者の方々が世界におられるわけです。  相手との接触を絶った最初の数日から数週間は、被害を受けられた方にはとてもつらい時期になります。アドバイス通り相手をブロックしても、相手が気になってしょうがなくなり、せっかくブロックしていたのにまたブロックを解除してしまったり、再度コンタクトを取り始めたりする方もおられます。それは悲劇の中に飛び込んで行くようなものです。最初の『気になってしょうがない』という時期を通り越せば、相手のコントロールから完全に抜けられ、自由になれます。『気になる』ということは、まだ相手の遠隔操作の手の内にいることになるからです。このブログにたどり着いた、アフリカの青年たちによる国際オンライン詐欺の被害にあったことに気が付かれた被害者の皆さま、どうかその最初の数日から数週間を耐えてください。気になるのはわかりますが、決してプラスにはなりません。

      13
      8
      テーマ:
  • 17 Feb
    • Redflags(危険信号) ~ 3個以上該当すればあなたの外国のネット友は詐欺師かも。

      Romancescam.orgで掲載されている、SNSなどで知り合った相手に関してレッドフラッグとなるチェックポイントについて書かれている記事を紹介します。http://www.romancescams.org/RedFlags.html 危険信号(Red Flags)   SNSなどで知り合った相手のメッセージ内容に以下の点が3個以上該当したら、相手が詐欺師であると断定できます。(青い括弧内は私のコメント等)最初のコンタクトでサイトの外でYahooメッセンジャーやMSNメッセンジャーでのコミュニケーションを取りたがる。(最近はLineやWhatsappもありますね。)彼らの出会い系のプロフィールは交流が始まるとすぐに消える。貴方と出会えたのは運命もしくは神の思し召しだと言う。すぐに写真を送ってくれと言い、彼もあなたに写真を送ってくる。すぐに(盗んだクレジットカード番号で)買った花やキャンディやぬいぐるみを送りたいと言って住所を聞いてくる。すぐに、もしくは24時間から48時間以内にあなたを愛していると言ってくる。すぐにhon/hun baby/babe sweety/sweetieなどのペットネームで呼んでくる。あなたと知り合えたのは神の思し召し・神の導きだと言う。たいていの場合米国人だと言うが、現在はほかの国いるか、これから海外に出かけようとしているところだといい、行先はナイジェリアや、場合によって英国など。理由は家族の都合や仕事でという。(米国居住の英国人だと自称する場合も多いです。最近はオーストラリア人を自称するのも見かける。いずれにせよ英語圏が多い。例外はあります。)コミュニケーションのスキル英語のスペルがひどい。文法が自称している国の人のものと違う。(例えばアメリカ人の英語使いではない、フランス人のフランス語使いではない等)話し方や書き方の能力から教養のなさがうかがえる。絵文字の多用をする。メッセンジャーのBUZZ機能を多用する。(Yahooメッセンジャーの場合)一人称の“I”の代わりに“i”を多用する。英語のネット用語や略語を一貫として使用する。例; u r ur cos pls/plz ma sry brb divフレーズがよく混在している。: “i” will like to heer from you soonest, I am kool, Do you have any man you care to meet, Do you have any man you planning to meet, Looking for someone to love and care for in life, Am cheerfull in life, I will like to meet someone that is careing and loveing for real in life, “i” am too young for my age if you don’t know, Ok so how will you feel if i says i dont mind you, i will like you to be my best friend, You are so pretty for my likeness (ほかの人が書いたものに書き足したりしているため、言葉遣いやスペルなどの違いが混在している。)彼らは英語で普通に使われるスラングや表現などを間違えて解釈する。例: night owl(夜更かし)/early bird(早起き), poker face(ポーカーフェース)等。(「あなた誰?」"Who are you?" もしくはネットスラングで"hu r u"というと、"How are you?"と解釈したりもしますね、彼らは。"am fine, thank you"と返事が返ってくることが多い。)彼らの習慣週末はメッセンジャーにログインしていないことが多い。(例外もあります。また、イスラム教徒だと、金曜も活発でない場合があり。)あなたの国の時間では非常識な時間にメッセンジャーをしてくる。(例えば日本時間の真夜中はナイジェリアやガーナの夕方から夜にかけての時間です)チャットをしているとしばしば、相当の時間にわたって会話が止まる。そして会話に戻ってくると時々別の名前を言ってくる。彼らは一度に複数の相手とやり取りをしているからである。もし答えを知らない質問を彼らにすると、いつもしばらくの間オフラインになり、インターネットで調べたりする。そして会話に戻ってくると、電話がかかってきたとかお手洗いに行ってたなどと言い訳をする。詩やラブレターを送ってくるが、ほとんどが”Lovingyou.com”みたいなラブレターサイトから取ってきたもので、フレーズの一部から容易に検索できる。時として詩やラブレターに書かれた名前を変え忘れ、別の人物の名前が書いてある。最初の会話から数週間で花かテディベアかキャンディを送ってくる。自分の姿をWebcamでは見せないくせに、あなたの姿をWebcamで見せてほしいと言ってくる。(きわどい姿を要求され、後々、脅しのネタに使われます。)電話番号を求めてくるが、電話で話をすると彼らのアクセントやバックグラウンドの雑音から話がよく聞き取れない。(アメリカ英語を習ってきている日本人はしばしばイギリス英語がそうなのかと思い込んでしまうこともあります。)彼らは電話番号を教えてくれるが、たいていの場合こーリングカードかコールセンターの番号で、電話が通じないことが多い。(出張先というマレーシアやインドネシア、ガーナに移ってそこのSIMカードを買ったと言ってくる時点から現地番号に電話が通じたりする。)彼らは個人的な質問を嫌い、それらの質問を無視する傾向にある。(中にはそのようにAntiscamサイトに書かれていることを逆手にとって何でも質問OKと言ってくる奴もいます。)彼らは彼らのいると主張している場所とあなたの場所との正確な時差を全く知らない場合が多い。彼らは親のどちらかがアフリカ系だということがある。殆どの場合、配偶者/子供/親などを無残な交通事故か飛行機事故で亡くしたか、もしくは親族の誰かが病気で入院していると言う。彼らは他に頼れる親しい家族や友人、仕事上の仲間などが全くおらず、自国の大使館すら頼れず、むしろインターネットでたまたま見つけた見知らぬ人に頼るしかないと言う。彼らにとっては愛とは経済的な援助である…もし送金しない、もしくは助けを差し伸べないなら、あなたは彼らを愛していないのだと言う。もし彼らを拒絶したり疑問を差し伸べたりすると、口汚く罵り、最後の手段として脅しをかけてくる。彼らはあなたの所へ来て一緒に生活するようになるまでは二人の関係を秘密にしておくようにと強く要求する。なによりも、もし彼らを詐欺師呼ばわりしたら、彼らは異常に立腹し、時として彼らの言語で罵りの言葉を言ってくる。彼らの矛盾点メッセンジャーのチャットなどで言っていることとプロフィールの内容が異なる。よくあるのは、誕生日、身長・体重、年齢など。(国籍や出身地が異なる場合も多い。プロフィールでリバプール出身イギリス人と書いてあり、チャットではマイアミ出身のアメリカ人等)もし矛盾点を指摘すると、友達や親戚が彼らのIDを使ってチャットをしていたなどと言う。彼らはなんとかうまくその場を取り繕い、もちろんあなたが間違っているか勘違いしたということになる。彼らの出身地の都市名などのスペルをよく間違える。また、地元のランドマークや観光名所に疎い。米国人を名乗っているのに米国人ならだれでも答えられそうな質問に答えられない。

      10
      テーマ:
  • 16 Feb
    • SNSにおける国際詐欺をどう防ぐ? (その6)

      SNSにおける国際詐欺をどう防ぐか(その6) 相手の急速な恋愛の進行の危険サインにもまだ相手を信じたいという気持ちが動くのであれば、お金の要求に対してまず警戒心を保ってください。本人から直接であれ、国連や運送会社、銀行や病院、弁護士等第三者を名乗る人物からであれ、お金が要求されれば詐欺。インドネシアもマレーシアもメキシコもATM使えますしクレジットカードだって。病院が現金で全て前金で、お金が支払われないと治療も出来ないっていうのはあり得ない。人命第一じゃないですか?積み替え港やトランジット先で荷物が税関に差し押さえもあり得ない。入国していないのだから。もし積み替え港で税金や手数料必要なら、マレーシアやインドネシアを経由してくる輸入品の値段は非常に高くなりますよね。軍人でも他の公務員でも休暇や退役申請は本人がするもの。婚約者や家族が申請なんてあり得ないし、申請が有料なんてあり得ない。どんなことがあっても、相手が泣きついてきても、リアルで(ビデオチャットではなく)あったことのない相手にお金など送りませぬよう!!付き合い始めてからお金の要求に入るまでの期間は短ければ数日、長い場合1年かそれ以上ということもあります。あなたがお金を送ってくれるだけの信頼関係を築けたと判断したら、相手はお金を要求してきます。『愛があるなら僕を助けてくれるだろう』とか言ってくるでしょう。お金を送ることイコール愛ですか? 断ると『君は冷たい人だ』と罵声を飛ばす。そのあと、『ごめん、僕はどうかしていた。君は本当は心の優しい人だって僕は知っている。だからお願いだ』と懇願してきたりもします。あなたはコロッといってしまうでしょうか?手口はほとんどワンパターンです。でも、同じ手口を同じ順番で持ってくるわけではありません。それは最初に相手に伝えてしまった個人情報にもよるでしょう。シングルマザーにはまず同情を買うために子供の病気等からお金を要求してくるかもしれません。しかし同じ詐欺師が独身者には戦地からの大金が税関で引っかかったという話にするかもしれない。この一連の記事で参照してきた「How to Avoid an Online Romance Scam」では、『お金の要求の警報をオフにしましょう』と書いてあります。これはどういうことかというと、いかなる理由でもお金の要求をされたらすべてのコミュニケーションを止めなさいということです。お金の要求がいよいよ出てきてしまったら、相手がどんなによい人を演じていたとしても目的は明らかにお金ではないでしょうか?例えば、相手は自分かもしくは子供や老親が病院にいて、あなたがお金を送ってこなければ手術を始めてくれないと言うかもしれません。『命がかかっている、愛しているならお金を送ってほしい、今度君の国に行ったらお金を必ず返すから』などと言うかもしれません。或いは、『戦場から送る荷物を受け取ってくれないとこの危険な場所で自分の生活のすべてを失ってしまう、僕は死ぬしかない』なんて言ってくるかもしれません。『この契約が成立できないと、他の業者にこのプロジェクトをとられてしまい、自分はすべてを失ってしまう。そうしたら君に会いに行くこともできない』などというかもしれません。そんなの信じますか?詐欺情報サイトに報告されている同じ筋書きの何百、何千ものストーリーが詐欺のシナリオだったとしても、自分に降りかかった同じストーリーは本物だって言えますか?「How to Avoid an Online Romance Scam」のTipsに以下のような内容があります。赤い字は私の追加。オンラインでしか知らない人に絶対にお金を送らない! ●送金を拒否したら、罵りの言葉を返してくるかもしれません。ブロックしましょう。そんな奴らのために時間を無駄にする必要ありません。●彼らの言っていることは100%真実であると確信できる根拠はありません。赤信号が見えてくるだけでしょう。リアルの生活でも人々は嘘をついたりごまかしたりします。彼らの犠牲者になりませぬよう。●彼らが米国人か米国人だと言い、別の国に仕事っで行っているというなら、殆どの場合詐欺師と断定してよいでしょう。本当に海外に出ている人なら、友達に同僚やご近所さんが沢山いて、彼にエールを送っているはずです。もっとも詐欺師にその点を突っ込めば、『僕は天涯孤独で君以外友達がいないんだ』などというでしょうけれど。●写真の数が非常に少なく、これ以上は出せないと主張するなら、写真が盗用であることは明らかで、写真のもととなっている場所からそれ以上引き出すことができないのでしょう。いろいろな言い訳をしてくるかもしれませんが、これは赤信号です。最近は写真が多い詐欺師もたくさんいます。例えば写真の主がブログや個人ページで次から次へと新しい写真を活発にアップしている場合、その人の写真は無限大にあることになります。例えばDr. Steve G Jonesという催眠療法士の方は、テレビ出演も多く、自分のサイトでもたくさんビデオ動画や写真を掲載しています。彼を装う詐欺師なら、本物のサイトやフェースブックからたくさん最近の写真を盗んで来ることができる。写真の数だけで判断するのは危険です。たくさん写真があっても、詐欺にたくさん使われた形跡がある写真が含まれていれば絶対にそれを使っている人物も詐欺師です。なかなか納得できずそのまま交流続けたとしても、絶対にお金を送らないでください!!相手の悲しい話から、もしかしたら本当のことを言ってるかもしれない、自分はなんてひどいことをしようとしているのだろうと思うかもしれません。でも、そう感じながら送金してしまった方々が沢山のお金を失っているんです!!   参考資料Wiki How:How to Avoid an Online Romance Scamhttp://www.wikihow.com/Avoid-an-Online-Romance-Scam How to Reveal a Fake Facebook Accounthttp://www.wikihow.com/Reveal-a-Fake-Facebook-Account How to Spot a Fake Facebook Account http://www.wikihow.com/Spot-a-Fake-Facebook-Account

      8
      テーマ:
  • 15 Feb
    • SNSにおける国際詐欺をどう防ぐ? (その5)

      SNSにおける国際詐欺をどう防ぐか(その5)SNSにおける国際詐欺をどう防ぐ?  その1~4まででかなり赤信号の内容を書きました。それでもまだ相手を信じたいという心をお持ちの場合、さららに下記のことを考慮してください。相手の恋愛感情の高まりが速過ぎませんか??コンタクト取り始めたかなり早い時期からかなり熱烈にあなたと恋愛しようとしているなら要注意です。●早い時期からハニーとかラブとかベービーとかスィーティなどPet Nameで呼んでくる。ある方は、欧米人はすぐにハニーとか言ってくると言いますが、本当でしょうか? 私の経験ではだいたい親しくなると名前で呼んでくるのが普通です。読みにくい名前だったら、愛称で呼んできますが名前のもじりとかでしょう。例えばカズオミさんのことをオミとか、ヒロミさんをロミーみたいに。個人を大切にする文化なら特に相手を名前で呼ばないのは失礼と思うでしょう。アメリカ人で知り合ってすぐPet Nameで呼んでくるのはお年寄りかもしれません。恋愛の意図なく、Sweetieとかおばあちゃんたちが呼ぶんですよ。私も友達のおばあちゃんにDearと呼んで可愛がってもらいました。確かに、お年を召した方は孫の友達の名前すぐには覚えていられないでしょうからね。特に東洋人の名前は。でも名前を覚えてくれたら名前で呼ぶようになりましたよ。●チャットを始めた早い時期(最初のチャットの場合もあるし、数回挨拶を交わした後の場合もあり)から結婚を仄めかす。例えば、単刀直入に真面目な交際をしたいと求めてくる。『I would like have you as my girlfriend』友達以上の関係になりたい、そのためにあなたのことをもっと知りたいと言ってくる。『i hope we can become more than just friendsi hope to know you better』今は戦地や出張先にいて、そのあと国に帰る、もしくは任期が終わるのでその後自分を愛してくれる人と落ち着きたいと言う。『I am currently in base in Kabul Afghanistan,i am here on a relief Tourhopefully in 7 weeks will be back to the States,i wish to Retire from Active ,duty and settle down with someone i love and care about』交際には興味ないと言って挨拶しか交わしていないと、『僕にチャンスをくれないか』みたいなことを言ってくる。女性を装う場合、かなり非現実的なことを言ってきます。例えば、年の差なんて関係ない、あなたが80歳の時自分がまだ30代だったとしてもあなたの面倒はちゃんと看るなど。●あなたと出会えたのは運命(Fate/Destiny)、もしくは神様の思し召し(God's will)で、あなたなしには生きられないなどと言う。●恋愛には興味ないと言っても、望みアリと思えばしつこく言ってきます。ナイジェリアとかは、若いうちに親の決めた相手と結婚する習わしがあるのでしょうね。ナイジェリアやガーナの20代の若者から見ると、先進国の結婚しない中高年は理解できないのです。だから、独身やシングルマザーで頑張っている女性というのはどこか欠陥があるに決まっていると決めつけていますし、相手のいないおじさんは絶対に若い女にコロッとくると思っています。実際何度かBaitingで『恋愛興味ない』と独身のキャラに言わせると、『君は何か問題を抱えているんだね』とか『僕が君の心を温めてあげよう』とか気持ち悪いこと言ってきますよ(爆笑) そして『これは運命なのだから、神様の思し召しなのだから逃れられないものなのだ』とか(大笑)これらすべては、ターゲットにした人への罠です。  参考資料Wiki How:How to Avoid an Online Romance Scamhttp://www.wikihow.com/Avoid-an-Online-Romance-ScamHow to Reveal a Fake Facebook Accounthttp://www.wikihow.com/Reveal-a-Fake-Facebook-AccountHow to Spot a Fake Facebook Account http://www.wikihow.com/Spot-a-Fake-Facebook-Account

      9
      テーマ:
被害額4500万円! 国際ロマンス詐欺の卑劣な手口 impress QuickBooks



新川てるえさんの新刊、日本語で書かれた国際ロマンス詐欺に関する本です。実際の被害者の方のインタビュー、被害に遭ったらどうすべきか等の情報が書かれています。是非ご覧ください。





"Hello Sweaty”, romancescam.comのスタッフによる著書。ナイジェリア詐欺師のおかしなメールを集めたものです。著者の一人、Frumpy氏は知り合いなので、許可をもらって和訳することも不可能ではないですが、原文の面白さを楽しむには原書が良いです。ぜひご一読ください!



AD

プロフィール

Linda

性別:
女性
自己紹介:
スカイプで異常な量のコンタクト要求が来て困ったのでそこあたりの話書いてます。

続きを見る >

読者になる

テーマ

一覧を見る

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。