• 27 Sep
    • マレーシア 

      マレーシア・シンガポールは仕事で滞在したことがあり、好きな国の一つです。マレーシアで留学してきちんと勉強してアフリカに帰る留学生もたくさんいます。リアルの友人でガーナ人がいますが、マレーシアで知り合った人で、留学中に交際していたマレーシア人の彼女と結婚して奥さん連れてガーナに帰りました。いいところのお坊ちゃんみたいで、今はアクラで奥さんと一緒に幸せに暮らしています。マレーシアで悪いことしているアフリカ人がいるのは本当に残念なことですね。こういうブログ書いているので、どこから攻撃くるかわかりませんので、あまりリアルを明かしたくないですので、個人特定できるような生活体験の詳しい記述は控えます。マレーシアを使う詐欺師たちは、カモの側からマレーシアのキーワードを出されると怒り出す奴がいます。この間バイティングで60代の女性を装った偽アカウント使って詐欺師のメアドなどゲットしてやろうと構えていたら、ある偽建築エンジニアのプロフィールにマレーシアのことが書いてあったので「友達にマレーシアセカンドホームビザでペナン島に行ってる人がいますの」などという話をしたら急に怒り出して、4文字言葉を口にしてFBをブロックしてきました。なんだか意味不明でしたね。マレーシアを使ってお金だまし取ろうとしているので、相手から先にマレーシアを言われるとドキッとするのでしょうね(笑)在マレーシア日本国大使館のホームページにこのような記事があります。青字はホームページの文章引用。黒字で私のコメントを書きます。  最近の事案でも口実・手段のなかで、下記のような設定が使われることも多いようですが、ここマレーシアにおいて、この様なことはあり得ません。  ×多額の所持金を税関に申告せずに持ち出そうとして空港で拘束され、釈放のためには数万ドルもの罰金を払わなければならない。一定額以上の所持金を申告するのは入国時ですね。出国時に高速なんてありえない。釈放に数万ドルの罰金なんていうのも、詐欺の世界でしか聞いたことないですね。  × 多額の現金を入れた小包が税関当局に押収され、関税を払わなければ、全額が没収されてしまう。小包で現金輸送なんていうのはまずありえないですよね。税関で何か取り押さえられるのおは、マレーシア充てに送られた荷物で、他へ送られるものではありません。風邪ひいて母に風邪薬送ってもらった時に、郵便局に呼び出されました。マレーシアで登録されていない薬だったからです。でも、「風邪ひいて母におくってもらったんです」と事情を話したら、「マレーシアでは登録されていない薬なんだよ」と郵便局の関税担当者に言われましたが、税金も何も取られませんでした。役人に「おだいじにね」という優しい言葉とスマイルをもらいましたよ。  × イギリス等他国から日本に送った荷物が、マレーシアで留め置かれ、関税等を支払わないと輸送を継続できない。JETROのほうにも書いてありましたが、積み替え港の税関で荷物が留め置かれて、税関にお金を払わないと輸送できないなんてことは絶対にありません。  × 荷受人(被害者)が罰金等を払わなければ、訴訟を起こされ、ブラックリストに掲載される。これはまさに脅し。あり得ない話です。  ×関税や罰金が交渉により半額となったので、仕方なく支払ったところ、更に追加で高額の手数料を支払わなければならなくなった。これも現実で聞いたことがないですね。  × 弁護士費用等を弁護士事務所名義でない第三者の銀行口座に送金する。またはウェスタンユニオン等の国際送金サービスを利用して送金するよう依頼があった。第三者の口座、時としてマレーシアではなくてほかの国だったりします。もちろんマネーミュールの口座です。  ×税関職員や警察等の政府職員からGメールやヤフーメール等のフリーメールや不詳のアドレスから連絡が来る(本物は○○○○@○○.gov.my)。役所や警察でYahooなどのフリーメールを使うことはまずありません。これはマレーシアだけじゃなくてどこの国でもそうですね。そして、usa.com, lawyer.comみたいなメアドもフリーメールです。  × マレーシアでは国際クレジットカードが使えず、ATMで現金を引き出すこともできない。マレーシアでは国際クレジットカードはもちろん、ATMで現金を引き出すこともできます。実際、私も日本の銀行口座から何度も現金引き出しています。最近、海外出張で両替することなくなりましたね。クアラルンプールでも、バンコクでも、東南アジアはどこでも、自分の国から持ってきたクレジットカードが使えて、ATMでお金が下せます。  × マレーシアはインターネット回線事情が悪いので、スカイプ等のテレビ電話でも映像(自分が話している姿)を送ることができない。インターネット回線の事情が悪いということはないです。スカイプの画像も表示できます。高速インターネット接続もちゃんとできますよ。マレーシアの友人とSkypeでよく話をしています。それに、スマホもかなり普及しています。スマホでスカイプとかも使いますね。マレーシアの腐敗認識指数は2014年のランキングで50位、日本が15位です。でもこの数字はBRICsに比べるとずっとましなほうです。日常の生活で腐敗した行政に遭遇するなんていうことはほとんどありません。交通警察でネズミ捕りでわいろを取るというのはよく聞く話です。警察官の給料が低いからだと聞いています。

      9
      1
      テーマ:
    • 家族・親族・友人がオンライン詐欺に騙されているがなかなか目を覚ましてくれない場合

      叔母様が詐欺師に騙されているにも関わらず、なかなか目を覚ましてくれない場合、どうすればよいでしょうか。ハクさんへのメッセージですが、同じような問題で困っておられる方々にも役立つと思いますのでここに記します。●すでに、話のパターンが明らかに国際恋愛詐欺のパターンであることを様々なサイトの記述などから示している。例えば、貴重品が第三国の税関でひっかかり、その税金や保険料を求められるというのは典型的なアフリカン詐欺の手口。しかし被害者の方は信じてくれない。●送ってもらった写真から、写真が合成写真であり、首が詐欺でよく使われている写真の一つであることが明らかであり、その写真を使った別の詐欺師と遭遇した方からも裏付けをもらっている。しかし、被害者の方は詐欺師が言う理由、弟が合成写真をつくったんだという言い訳を信じてしまった。●写真が掲載されているサイトや、詐欺情報のサイトなどを被害者に伝えたが、後で見る、相手は悪い人ではないなどと言って取り合ってくれない。●この後、ここには書きませんが、メッセージでいくつかアドバイスさせていただきました。ここまでで、被害者のご親族の方々は、かなりできるだけのことは行ってきたと思います。それでもまだ被害者の方は現実を受け入れられない。まだ光が見えていないのだと思います。この種の詐欺は1年以上続くこともあるようですが、5年、10年と騙され送金し続けるなんていうことは、めったにありません。どこかで必ず気が付くものです。必ず被害者の方には光が見えてくる時が来るのです。ある方からのアドバイスなのですが;すでに『疑念』の種はまかれているはずです。被害者の方がまだ理解できていないだけです。きっと、集めた情報や、メッセージでアドバイスさせていただいたことが芽が出る時が来ます。被害者の方が目が覚めた時に、必要なものがあります。お金の喪失感も大きいでしょう。そして、今まで詐欺師と1対1の関係で来ていたので、その片割れを失くすことで精神的な喪失感も大きくなります。その時に、今までこれだけ時間と手間と精神力を使い果たして調査をしてくれた親族が、本当に被害者の方のことを思ってくれている人たちだと分るようにしてあげることも大切です。私自身、詐欺にあったことないので、なかなか被害者の方の気持ちまで分からないところがあります。Annaさんからコメントいただいたり、詐欺情報のサイトのスタッフの方からコメントいただくことでいろいろ勉強になりました。

      3
      テーマ:
  • 26 Sep
    • シリア、アフガニスタン等の戦地のジャーナリスト詐欺

      戦地のジャーナリストというと、後藤健二さんを思い出しますね。本当に生きて帰ってきてほしかった方でした。シリアの難民のニュースなど、テレビで報道されている今日この頃。確かに各国からジャーナリストがシリアやアフガニスタンなど、紛争地域に赴いているのは確かです。しかし、いつ危険に遭うかわからない、差し迫った状態で、自分の持っている貴重品を国際宅配便で送るから受け取ってほしいとネットで知り合ったジャーナリストに言われたらどうしますか? 中身はカメラなどの機材。それと一緒にISやタリバンに盗られたくない貴重品が入っているという。あれ? どこかで聞いたことが??? 戦地の貴重品というと、軍人のなりすましの十八番です。同じように国連職員(事務官や医者)を装う奴もいます。しかし、軍人を装ったやつがすぐに詐欺とばれるからでしょうか、最近フェースブックで戦地のジャーナリストを名乗る奴らも見かけます。フェースブックにご丁寧に段ボール箱を重ねた写真も掲示している奴もいます。しかしながら、ガーナやマレーシアから発信していたりすると、大笑いですね。10歳前後の子供を祖国に残して戦地でジャーナリストとして働いてる。なんだか後藤さんとも重なって現実味が出てくるでしょうか? さて、何度かフェースブックでチャットをしたのち、こんなことを言われるんです。『僕は今、ここを安全に離れられるように祈ってるところだ。明日は大事な仕事があって、自分の荷物を持って行ってはいけないといわれているんだ。危険だからね。それで困ってしまっている。僕の大事なものを失くしたくないんだ。どうか君の国で安全に保管しておいてもらえないか? そこから僕の祖国に送ってくれてもいい。本当に困っている。どうしたらいいのか、他に方法がないんだ。僕の荷物の中身は、大切な書類と、カメラの箱と、それからここシリアで得たお金。どうかお願いだ、助けてほしい。』なんだか差し迫った感じですよね。助けますか? 助けてあげることにしたら、荷物が国際運送会社か、あるいは外交官特権を利用した宅配サービス(ナイジェリア詐欺の世界にしな存在しないDiplomat Courier Service)などで送られてくることになります。ところが…荷物がマレーシアか、他の第三国に到着したときに問題が起きます。税関の役人とか運送会社の社員、あるいは荷物を運ぶ外交官などを名乗る人物から電話やメールが届きます。そして、ジャーナリストの荷物が税関で止められていることを伝えられます。中に巨額の現金が入っているため、税関を通過できないというのです。日本貿易振興会のホームページの国際的詐欺についての注意喚起の記事にも、『積み替え港で当該積み替え港に税関から関税を要求されるということは絶対にないので、この手の支払いには絶対に応じない。』と書いてあります。第三国である積み替え港の税関でお金が求められるというのは100%詐欺です。税金、保険金、事務的な手数料、外交官の運び屋に払う手数料、運送会社に支払う費用、その他、次から次へとお金が求められます。そして戦地にいるジャーナリストはATMも使えない、クレジットカードも使えない場所にいると言って、 『任務が終わったら必ず返すから』と泣きついてくる。どんなにジャーナリストに泣かれても、絶対にお金を送ってはいけません。すべて嘘です。彼らはガーナやナイジェリアのネットカフェにいる20代の青年詐欺師、40代の働き盛りのジャーナリストではないのです。戦場のジャーナリスト。IPはガーナでした。そして、貴重品の入った箱…もちろん嘘。シリアじゃなくてガーナですもの。参考資料https://www.scamwarners.com/forum/viewtopic.php?f=13&t=109597

    • 瀕死の未亡人~Dying Widow

      病床のさみしそうな顔をした婦人。こんな写真がプロフィールにある人からフェースブックで友達リクエスト来たらどう感じます? 同情を感じながらも、本当だろうかと目を疑うかもしれません。www.facebook.com/ojaniemijorma.arimikaelそして、こんなメッセージを送っています。『Hello How are you doing today? My Name is Mrs Dorothy Jorma Am from London Uk, where are you from? Are you a dedicated Christian Muslim or Jewish? pls reply today. i will be waiting for your email My Regards, Mrs Dorothy』(こんにちは、お元気ですか? 私はドロシー・ジョーマ夫人です。私は英国のロンドン出身です。あなたはどちらからですか? あなたは敬虔なキリスト教徒かイスラム教徒かユダヤ教徒ですか? 今日中にご返事ください。あなたのご返事を待っています。ドロシー夫人より。)そしてメッセージに応じると、次のようなメッセージを送ってきます。『Greetings in the name of our Lord Jesus Christ..I am Mrs Dorothy Jorma from United Kingdom,a widow of late Mr Jorma Ojaniemi..I am 80 years of age..I am a new Christian Convert suffering from Long time cancer of the breast,from all indication my conditions is really deteriorating and its quite obvious that i wont live more than 2 months.』(私たちの主イエス様のお名前により、ご挨拶申し上げます。私は英国のドロシー・ジョーマ夫人で、亡きジョーマ・オジャニエミ氏の未亡人で素。私は80歳です。私は改宗したばかりのキリスト教徒です。長い間乳がんを患っていて、今は症状がどんどん悪化していて、あと2か月ほどの命だと分っています。)さらにねぎらいの言葉などとともに返信すると、このような返事が返ってきます。『According to my doctors,this is because the cancer stage has gotten to a very bad stage. My late husband died last five years and during the period of our marriage we couldn't produce any child. My late husband was very wealthy and after his death,I inherited all his business and wealth. The doctors has advised me that i may not live for more than 2 months so i have now decided to divide the part of this wealth to contribute to the development of the churches in Africa,America,Asia and Europe』(お医者様のはなしですと、私の癌の状態は非常に致命的な段階に入っているそうです。私の夫は5年前に亡くなりました。そして、私たちには子供がいませんでした。亡夫はとてもお金持ちで、彼の死後は私が彼の事業と財産を全て相続しました。お医者様たちは私の命があと2か月足らずだとおっしゃるので、私の財産を分けてアフリカやアメリカ、アジア、ヨーロッパの教会に寄付しようと決めたのです。)この話を信じて助けを差し伸べたらどうなると思いますか? まず医者か弁護士、もしくは銀行の役員、あるいは地元の教会の神父様か牧師様などと称する人物がコンタクトを取ってくるか、病床の婦人が『この人に連絡を取ってください』とメアドと電話番号を伝えてきます。そして、その人物から個人情報の提供が求められます。これはこのDorothy夫人とやらからではないですが(そこまでバイティングしていない)、別のDying Widowが聞いてきたものです。テンプレート通りでどこの詐欺師がDying Widowやってもみんな同じこと聞いてきます。(1) Your Full Names:_________________ (名前、フルネーム)(2)Personal or Official Contact Address:_________________(自宅か勤務先住所)(3)Home or Office Phone#:Cell Phone#:_________________(自宅か勤務先か携帯電話番号)(4)Your Age:_________________(年齢)(5)Occupation:_________________(職業)(6)Sex/Marital Status:________________(性別および既婚・未婚の別)_(7)Your Private E-Mail Address:_________________(個人用のメアド)Please reply me through this my private emailこれらの個人情報を夫人もしくはコンタクトをとった夫人の財産の移動の援助を託された弁護士か医師か教会の方などに提供すると、詐欺行為が始まります。何しろ亡夫の遺産は数千万ドルとか数億ドルとか、非常に巨額で、その一部を夫人が謝礼といてくれるとも言ってくるでしょう。謝礼がたった1%だとしてもかなりの額でしょう? そしてその大金を外国にいる相手の名義に変更したり口座のお金を外国に移動するために、税金とか、銀行口座の名義変更手数料とか、弁護士料とか、外交特権でお金を運ぶ外交官手数料とか、安全に運送するための保険料とか、運送会社への費用とか、いろいろな金額が要求され、とどまるところを知りません。被害者の方が気が付くか、あるいはこれ以上お金を出せないほど搾り取られるまで続くわけです。そして、病床にいる人物は偽物ですから、2か月の命ではないわけです。こんないたずらしたことがあります。偽メアドで瀕死の夫人にメールをして、個人情報を聞かれた後連絡を絶ちました。2か月の命なのに、半年後に「お元気ですか?」とメールしたら、まだ覚えていて『個人情報早く送ってください』などと言ってきました。大笑いですね。この手の詐欺は女性版だけでなく男性版もあります。戦地で負傷した兵士や、妻を亡くし子供のいない大富豪の男性などを名乗りますが、ほとんど同じ手口です。このベッドに横たわる写真の女性は、アメリカでがんの手術を受けた女性です。でも、悲しい物語に登場するのではないのです。ワンちゃんが飼い主を捜して失踪、女主人ががんで入院しているのを見つけて大喜びで駆けつけてきたという心温まる話です。日本語でもこんなニュースが。女性の名前はナンシーさん、ワンちゃんの名前はシシー。忠犬シシーちゃんです!!http://curazy.com/archives/64336そしてワンちゃんと再会した女性の嬉しい顔。参考資料英文 http://www.419scam.org/419-dying-widow-scam.htmhttp://www.romancescam.com/forum/viewtopic.php?f=79&t=47296

      4
      テーマ:
  • 25 Sep
    • マネーミュールの銀行口座

      私の偽キャラ、エミリーが恋愛には興味ないのだけどと言いながら返事してやると、毎日のようにメールをしてきた、自称建築エンジニア, Wilson Walker。さて、彼はフロリダで仕事していることになっています。そして、クレーンの代金が払えないので7万ドルが必要、助けてほしいと言ってきました。それに対してエミリーは常識的な回答。1.会社とか取引先に話を持って行きなさい。個人で対処する問題ではないでしょう。自分の財布を使うべきでもない。2.クレーンのベンダーに確認しなさい。彼らの責任があるかもしれない。3. 会社の財務部に支払いをやってもらいなさい。個人の財布で出す金額ではない。しかし、相手は本物の建築エンジニアではなくて詐欺師ですから、お金を送らせたいわけです。自分が個人営業の建築会社経営者であり、財務部とかに頼むということができないと言い出す。株主に頼め等といっても、なんだかんだと理由をつけてそれが不可能であることを説明します。それじゃあとエミリーがしぶしぶ、借用書を書けとかウェスタンユニオンはだめだ、銀行口座をよこせなどと言ってやる気を見せてやると、銀行口座番号を送ってくるわけです。Hello Dear. I was able to get my lawyer to help me with the IOU and i have signed it in agreement i will make the payment as soon. Here is a copy of it in this email. Believe in me and trust me. I am a noble, humble and honest man and i have no desire to run with your money or hurt you. I need your help so bad , right now you are the only person i can ask and turn to. I have not done this before so i had him put me through. Here are also the account information of my Project director. I am back to the site and putting things in order. Wire the 60,000 to the account and just send me a reciept of payment so it can be cashed and i will get the CraneBank Name: Woodforest national bank,Bank Adress: Woodforest is in butler pa 16001,Bank toll free Number; 1-866-bank724Account route : #044115809Account Number; #134removexAccount Name: Robin MuleHolder Address: Mule address, lyndora pa 16045This are the info you need to make the wire and please send me the deposit reciept. I will also make a return of the 60,000 and if you want me to pay an inetrest rate i will do it without delay . Thanks and God blessここで注目すべきが、口座情報です。フロリダにいるといっていてなぜかペンシルバニア州の口座。さて、口座が当局に通報されたので、使えなくなっているはずです。送金がうまくゆかなかったというと、案の定、別の口座を連絡してくる。今度はアリゾナ州の口座です。ちなみに、支払いの証拠としてSlipが必要と書いてありますが、これはミュールが詐欺師にお金を送るにあたって確かにこの金額が被害者から振り込まれたことを証明するものです。何しろ自分の口座ではないので、確認してもらわなければならないわけですね。電子的な送金なのでSlipがないというと、詐欺師は困るわけです。振り込まれたお金をミュールから送ってもらえないから。Good Day DearHow are you doing today? how is everything going with you there? I hope you are not stressing and exausted anymore. I got your email and i find out with my project manager and she told me that may be it was because of the large funds going in and out of the account because it is for bussiness. Nevertheless i got a new account details that is okay for you to transfer the funds online.Below is the account details :Name: Lynette MuleAccount number: (removed)Routing number: 122101706onlne wire number : 026009593Bank name: Bank of AmericaBank Address: 25260 North Lake Pleasant Parkway,Peoria,State: ArizonaZip code: 85383Country: United Statesさすがに2回も口座番号提供して、お金が全く振り込まれないので詐欺師も腹を立てて口汚く捨てセリフを残して消え失せました。ここで、この建築エンジニアの物語ではなく、銀行口座に着目します。口座番号や持ち主の住所は伏せています。しかし、口座の持ち主のフルネームや電話番号から、住所が実在の住所で、しかもその人たちのフェースブックまで電話番号から特定できてしまったのです。そして、ミュールの人物像が浮かび上がりました。いずれの人も中高年女性でした。どうやら、詐欺師の言いなりになっている元被害者の方のようです。しかも、最初の口座が凍結されたので次のを持ってくる。本当にミュールは使い捨て、捨てコマでしょう?得られた個人情報は、しかるべきところに報告しました。お気の毒ですがきっと銀行口座は本当に凍結されています。警察かほかの公的な権威を持つ機関が彼女たちにコンタクトをとり、適切な指導をしてくれていると思います。

      4
      4
      テーマ:
  • 24 Sep
    • アフリカン詐欺による詐欺被害…もし相手を信じて交際を続けたらどうなるのか

      ほとんどの場合、私にコンタクトくださる方は、すでに相手が詐欺と気づいたか、相手が怪しいと思った方、あるいはそのご友人やご親族の方で、実害を受けられた被害者の方は「相手を信じ続けてお金をかなりつぎ込んでしまった」かもしれないけれどもどこかでピリオドを打たれています。たいていの場合、相手との接触を断つようにアドバイスしてきました。ですが、身近な方であれ、見ず知らずの方であれ誰かしらが警告してくれたり、あるいは自分の中で警報が鳴っているにも関わらず相手を信じ続けてしまった場合、どんなドラマが待ち受けているのでしょうか?アフリカン詐欺師の目的はお金です。「感じのいい人」なのでずっと付き合いたいけれど、もう送るお金もない、借金も返さなければならない、親族も友人もお金を貸してくれない…といった状況になったときどうなるのか。詐欺師からも見捨てられるか、あるいは利用されるかどちらかです。利用される場合、犯罪に手を染めて、更なる悲劇が待ち受けているのです。お金が返ってくるといって、小切手が送られてきて、その小切手が偽物だったため、逮捕されたという被害者の方もおられます。国によっては、偽小切手を作った側だけではなく、偽物と知らないで使おうとした側も罪を問われるのです。そして、よくあるのが、マネーミュールとして利用されることです。少しばかりお金が返ってくると仄めかされると、すでに何千ドル、何万ドルも払っている被害者の方は期待をするでしょう。お金がどこから送られてくるのかというと、詐欺師本人ではなく、ほかの被害者からです。ミュールの方のことを税関の役人とか銀行のスタッフとか、詐欺師が名乗っている人物の秘書や友人や従姉妹などとその被害者の方に説明し、お金を振り込ませます。そして、そのあと、一部の謝礼をミュールに残して残りを詐欺師が指定した口座に振り込ませたり、足のつきにくいウェスタンユニオンやマネーグラムで送金させたりします。これはマネーロンダリングです。詐欺という犯罪行為によって得たお金を出所を消して正当な手段で得たお金と見せかけることを比喩して、「お金の洗浄」、マネーラウンドリーというわけです。アフリカのネットカフェにいる主犯はなかなか逮捕されません。先進国や新興国の、警察がしっかりしているところにいるマネーミュールたちが捕まります。銀行がお金の動きを察知したり、詐欺の被害にあった方からの報告をもとに銀行や警察が捜査し、ミュールの口座を探し当てます。逮捕に至らなくても、銀行口座が凍結される可能性があります。マネーミュールというのは犯罪者たちにとっては捨て駒です。捕まっても誰も助けてくれません。マネーロンダリングの疑いで銀行口座が凍結されたら、国や銀行によって異なりますが何年か銀行口座を作ることさえできなくなるそうです。だからこそ、そこまで行く前に、親族や友人、あるいは見知らぬ警告者、あるいは心の中の警報に被害者の方が耳を傾けてほしいと、そう願っています。参考資料 http://www.romancescam.com/forum/viewtopic.php?t=56329

      5
      テーマ:
  • 22 Sep
    • 恋愛詐欺に遭っている親族や友人をなかなか説得できないなら

      もし、写真や詐欺のテンプレートな文例やお決まりストーリーの事例を沢山あげてもなかなか説得できないなら、一つ試してみる方法として、相手の不実さを証明することもできるかもしれません。既に相手に少しの疑いを持っている方なら、了解のもとに。そうでないなら、何か上手い理由をみつけて、相手にコンタクトできるメアドやフェースブックやSkypeを入手します。全く自分のリアルの生活との繋がりがない名前を使ったメアドやSkypeを作ります。捨てアカウントです。名前は検索かけると沢山でてくるような中高年に多い名前が、よいでしょう。写真はさすがに成りすまし使うの躊躇されると思いますが、フリー画像の似顔絵風とか、或いはマイナーな太目の脇役俳優さんなどの写真を使います。その捨てアカウントで「メッセージありがとう、東京の鈴木美智子です」とか言ってコンタクトしてみたら、詐欺師はあなたの偽キャラとも急速に恋愛に入りたがるでしょう。詐欺師が言う、愛しているのは被害者の方一人だけなんて、嘘だとわかるでしょう。被害者の方にはマレーシアにいると言っているのに、あなたの偽キャラにはこれからマレーシアに行く、今はまだロンドンなんて言ってくるかもしれません。相手が1人との浮気なら被害者の方がまだ納得できないなら、複数で、という方法もありますが、一人ではなかなかできないです。書きかたの癖からバレてしまうかもしれない。バイティングをやっているサイトに相談すれば、複数のバイターが乗ってくれるかも。http://rocketnews24.com/2011/07/29/116839/本格的なバイティングは、きちんと訓練受けていないと危険です。ここでお勧めしているのは最初の何回かやり取りで相手が素早く恋愛の形で餌に食いつくことを証明するだけです。お金要求出てくるまで進め必要はないでしょう。用が済んだら捨てアカウントは削除、廃棄です。

      6
      2
      テーマ:
  • 21 Sep
    • 写真の本人だと思った相手にコンタクトとったらどうなるか

      写真の本人だと思った相手にコンタクトとったらどうなるか、という実験ではないですが、探していた相手のメアドだと思った相手にメールしたという設定でバイティングしたことがあります。ある方を騙した詐欺師のメアドにメール。向こうも最初は多少警戒気味。勝手に作った名前で「ベンさんではないでしょう?」と言ったら、そうだと言ってこちらの話に合わせて来ました。かなり悪ノリした名前にしてやりましたが。そして、相手はベンさんとして、お決まりの詐欺シナリオ開始。おかげで電話番号や手書きのアンケート回答など入手、相手が遊ばれてることに気づくまで続きました。素人判断で写真の本当の持ち主と思ったネットに連絡先のある同じ写真の相手にコンタクトを取ると、実はその人物も偽物で、お金を騙し取ろうとしてくる可能性は大きいです。写真の人を突き止めたいという被害者の方の気持ちは分かりますが、自己判断でコンタクト取るべきではありません。

      5
      テーマ:
  • 20 Sep
    • 【よくある質問】写真の人はどこの誰? この人に会って話をしたい。

      写真の人物が詐欺被害者の方が接してきた相手ではない、あなたの相手は成りすましですと言った時に、彼はどこの誰なのか、彼に会って話をしたいと言われることがよくあります。気持ちは分かりますが、お勧めはできません。写真の本当の人物の立場になって考えてみましょう。なんて言うと、詐欺師が成りすましている相手は被害者にとってはチャットの実績があり、相手が名乗っている名前がフルネームで知っており、アフガニスタンやシリアなどの戦地や、大きなビジネスの契約か親遺産を相続するための場所であるマレーシアやヨハネスブルグなど居場所が知られており、リアリティーが感じられるかもしれません。一方、忠告者が彼は成りすましだとは言うものの何処の誰だかまで分からないとなると、詐欺師がいう事のほうが信じ易いでしょうか?軍の高官だと、実在の方に成りすましているので、その名前で同じ顔の人が実在するのは事実です。しかし、まずコンタクトとるのはムリでしょう。しかし、公人なので、公な情報があることが少なくありません。軍の公式サイトに経歴があります。彼の名前とWifeなどのキーワードで検索かけてみましょう。夫人もアクティブに活動されており、奥さんとのツーショットも見つけられる場合も少なくないです。女癖の悪い将軍だと、ネット上のゴシップ誌にモデルや自営業の女性とのスキャンダルが取り沙汰されているかもしれませんが、その場合、彼が求めているのは直ぐに会える相手であり、SNSや出会い系サイトの見知らぬ女性ではないでしょう。そして、イタズラや嫌がらせ防止の為、軍の公式サイトに連絡先は書かれていません。有名人の写真で、名前や設定が異なる例えば、写真はロシアの地方議員、被害者の方の彼氏はシリアに駐留する国連職員や軍人、ジャーナリストなどの場合、確かにそのセレブにコンタクト取る事は可能かもしれません。ホームページにメアドや電話番号があるかもしれませんし、フェースブックでメッセージが送れるかもしれません。しかしながら、入手可能な連絡先は後援会事務所だったりします。連絡とっても、相手の後援会はロシア語やルーマニア語しか分からないかもしれませんし、彼氏の英語の名前を言っても彼らが知るわけでもありません。民間人の写真で、名前やどこの人なのか知られている。連絡先も個人経営の会社のサイトからも判ることもある。モデルさんならモデルプロダクションの代表メアドがサイトに書かれているかも。しかしながら、その民間人の方の写真が複数の詐欺師に盗用されている場合、会社や自宅などに既に何度も被害者の方からコンタクトがあり、ウンザリさせられているでしょう。コンタクト取っても歓迎されないでしょう。アフリカン詐欺師が愛用する写真の本人であるUweさんや John Mageauさんは詐欺被害者からのコンタクトを望まないそうです。そっとしてさしあげましょう。民間人の写真で、詐欺に使用されたという報告があるが、写真の本人に関する情報がない。この場合、詐欺だと忠告する人も、写真が詐欺で多用されていることを知っていても、本人特定までは出来ません。それより、詐欺に多用されているという事実に目を向けてください。写真の本人と思しき人物の連絡先がなんらかの方法で見つけられたとしても、本当にそれが正しい情報という保証はありません。同じ写真を使った別の詐欺師の情報だったら、さらに騙される結果になります。以下、romancescam.com からの引用。that's why we are saying:DO NOT SEARCH FOR REAL PICTURE OWNERS!!! LEAVE THEM ALONE!! THEY DON'T WANT TO BE BOTHERD BY VICTIMS!! AND SOME OF THEM ARE NOT GOING TO BE NICE TO YOU.We already sound like a broken record, repeating that day after day, but people STILL search, day and night, it is like obsession!!要約★ 何度も壊れたレコードのように繰り返し書いてますが、それでもまだ写真の人を探そうとする人がいます。写真の人を探そうとしないでください。詐欺被害者は歓迎されません。彼らをそっとしておいてあげて下さい。

      3
      テーマ:
  • 19 Sep
    • 【よくある質問】親族・友人が詐欺に遭っていますが言うこと聞いてくれません。(その3)

      続きです。前の記事でAnnaさんから貴重なコメントいただきましたが、確かに写真目からウロコ。今までチャットやメールのやり取りしていた人物が写真人では無いことが判ると、被害者の方々の多くはご親族やご友人が言ってた事が事実だと気付き始めるのです。確かに、Annaさんも仰っていたように、チャット中心だと定形文が出てこないかもしれませんし、メールで略語違和感ありますが、チャットなら東南アジア人なら中年でも u r などのネット略語使うので20代のヤングアダルトとは思わないかもしれません。というわけで、画像検索をかけてみます。出来れば複数の画像検索サイトを使います。ヒットしない場合があるからです。このシリーズで最初にコメント下さったハクさんの叔母さまのお相手の場合、全く違う人物の首が付いた画像が、叔母さまから提供された写真を使った検索でヒットしました。ところが、叔母さまはそれでも彼を信じていらっしゃるとのことでした。さて、その元の写真と思われる軍人さんですが、イラクで戦争で負傷して車椅子です。2009年のものです。記事によると、負傷退役後に昇進を祝っているところで、奥さんがその様子を見守っている。でも、胴体の元の写真だけでは納得されない。何故なら被害者の方は胴体じゃなくて顔に恋しているから。https://sites.google.com/site/knightsoftheinfernonj/ssgt.mikeminardbenefit8-25-09もっと決定的な写真、首のほうを特定しなければなりません。首の部分だけ切り取って検索かけるとヒットすることもあります。角度や向きを変えてみてもよいかもしれません。たまたまですが、私も写真の顔に見覚えあったので、ピンときた写真を見比べたら、首の部分が判明。首の部分だけとった検索がうまくゆかない場合、英語のアフリカン詐欺関係の情報サイトで聞いてみたり、この手の詐欺に詳しい人に聞いてみるのも方法の一つです。合成写真は詐欺師がよく使う写真を別の人物の胴体に着けるのが多いので、顔見ただけで見覚えのある写真だと判る場合もあり。元の車椅子の兵隊さん詐欺師の合成写真。車椅子の部分がカットされ、別の人物の首が付けられている。元の首の写真。さて、でもこれだけでは被害者の方は納得出来ないかもしれません。何故なら、この写真も被害者の方は持っているかもしれず、車椅子の兵隊さんの写真のほうが偽物と言うかもしれないからです。さて、この犬と一緒の男性の写真を検索してみましょう。すると、同じ写真で別の名前で複数の英語の出会い系サイトやSNSが出てきます。そして、scamdiggerなどの詐欺師が使った写真を公開しているサイトも。続いて、今度はこの首の男性の写真を、SNSや交際サイトではなく詐欺師の情報を晒すサイトに絞り込みたい。グーグルの画像検索に、Scammerのキーワードを加えてみましょう。すると、Pigbusters, scamwarners.com, romancescam.com などのアフリカン詐欺の情報を掲載して警告をしているサイトが複数でてきます。http://www.romancescam.com/forum/viewtopic.php?t=56161&start=15https://www.scamwarners.com/forum/viewtopic.php?f=13&t=82627&start=15http://www.yourittoday.com/scammer_profile_data/profile_data50/585392.htmlhttp://www.yourittoday.com/scammer_profile_data/profile_data30/565923.htmlこれらのサイトにこの人物の写真が詐欺師達によって複数の名前や人物設定で使われていたということを報告されているということは、何を意味するでしょう。同じ写真を使った別の名前が現れた場合、これもまた詐欺師がその写真の人物に成りすましているという証拠になります。この写真の人物はチャットの動画も出回っており、詐欺被害者である可能性もあります。何年も前の写真を使って本物の写真の人物がSNS女性に愛を語りたいと思うでしょうか?この写真の男性の名前などは分かっていません。しかし、写真の背景や車のナンバープレートから、ドイツの男性であると思われると、romancescam.com に書いてありました。http://www.romancescam.com/forum/viewtopic.php?t=56161&start=15ドイツナンバーの車Nienburg/Weser のナンバーだそうです。複数の名前でシリアやイラクやアフガニスタンにいるなんていうことはまずないでしょう。多少手間と時間かかりますが、romancescam.comのこの写真の男性になりすました詐欺に関する20数ページにわたる情報を被害者の方と一緒に見てもらうか、プリントして渡してみるのも一つの方法です。自分のダーリンが本物で、あとは偽物なんてことはあり得ないと納得していただけるかもしれません。2015.09.23 追記ハクさんの叔母さまが受け取られたという写真は明らかに合成です。1)もとのMikeさんという軍曹の昇進祝いの写真には、名札にMinardという名前が縫い付けてあります。叔母さまのお相手の男性が送ってきたという写真には、名札の部分が消されています。2)据え替えられた首の写真は、詐欺でよく使用されているドイツの男性の顔であることが裏付けられました。(同じ写真を使っていた詐欺師とやり取りされていた方からの証言あり。)3)写真で兵士が持ってるジャケットに書かれたSargeというのは何のことか詐欺師には分るでしょうか? Mikeさんの昇進記念のサイトを見ると、それがMikeさんのニックネームと書かれています。4)兵士の後ろにいる平服の人物を、詐欺師はどう説明するでしょうか? 車いすの兵士の写真を見ると、明らかにこれは何らかのパーティのシーンであることがわかります。(昇進パーティ) 主役のMikeさん以外は平服です。

      3
      8
      テーマ:
  • 18 Sep
    • 【よくある質問】親族・友人が詐欺に遭っていますが言うこと聞いてくれません。(その2)

      続きです。兎に角説得力を持たせるには、権威ある処からの裏付けが必要です。ブロガーが何か書いていたり、掲示板で「気をつけましょう」とか書いていても、夢中になっているご親族の目を開かせるのは難しいです。偽者成りすましの相手も、なんらかの言い訳を見つけるかもしれない。英語なら沢山、軍関係の資料があります。ドットmilのつくサイトは米国軍でないととれません。つまり本物の軍のサイトで、オンラインのミリタリー詐欺について警告し、手口などを説明しています。http://www.cid.army.mil/romancescam.htmlttp://www.army.mil/article/67457/http://www.army.mil/article/91823/Internet_romance_scams_use_Soldiers__identities/http://www.army.mil/article/130861/Army_investigators_warn_public_about_romance_scams/日本語の情報は、日本貿易振興会やマレーシア大使館のものがよく検索で見つけられると思います。http://www.my.emb-japan.go.jp/Japanese/ryoji/2014/fraud_thru_Internet.htmlhttp://www.jetro.go.jp/contact/faq/419.htmlそれでもまだ、相手のいうことを硬く信じる御親族を説得するには、証拠が必要となります。とはいえ、メアドやSkypeなどのIDを反対者である年下の親族にはなかなか教えてくれないかもしれません。かといって、それらの情報からIPを割り出す方法を教えると、相手に相談してしまい、対策を練る機会を与えてしまうかもしれない。IP調べると、プロバイダーの所在地が出てくることもありますが、ナイジェリアやガーナがヒットすることもあるのです。それから、電話番号です。英国の+447だとお金で買える。米国の電話番号だと、http://www.whitepages.com で検索すればSMS機能つきのお金で買えるVOIPであることがわかります。いずれも当該国内にいなくても買える。しかし電話番号もなかなか教えてくれないですね。そこで、活用できるのが写真に関する情報になります。(続く)

      3
      1
      テーマ:
    • 【よくある質問】親族・友人が詐欺に遭っていますが言うこと聞いてくれません。(その1)

      【質問】親族が偽軍人による恋愛詐欺に遭っていますが、詐欺だといっても聞く耳持たずです。どうしたらよいでしょうか。既に相手の写真を検索して、写真が合成であることも証明しています。それでも信じてくれません。既にお金を送ってしまっているようです。【回答】お気持ちよくわかります。御親族は詐欺師に洗脳されています。恐らくは、成人したお子さんや甥っ子・姪っ子や兄弟姉妹などの言うことに耳を貸さないように言われているでしょう。例えば、『お子さんは成人しているのだから、あなたのお金はあなたの自由ではないか』『娘さん(息子さん)はあなたの幸せに嫉妬しているのだ』『娘さん(息子さん)はあなたの亡き配偶者の思い出が忘れられなくて当惑しているだけだ』『姪子さん(甥子さん)は我々の貴重な関係を破壊しようとしている悪い奴だ』『今後は送金するといったことを絶対にお子さんに言わないように'。二人の秘密を守ろう』など。日本人の被害者層は欧米より若いです。欧米人だと、70代、80代の高齢の男女が被害に合っています。しかし、語学の面や、ネットリテラシー、それから老後の恋愛に対する羞恥心から、それらの年代の日本人が被害に合うことはまれかもしれません。Facebookで見ても、30代から50代のシングルペアレントの方が狙われているように見えます。そうすると、英語のサイトで同じような相談されている方への経験豊富なスタッフのアドバイスとして、御高齢の御親族の送金の糸口を遮断するとか、スマホやパソコンを取り上げるみたいな強行処置も語られていますが責任能力のある年代の方々に対してはなかなか難しいです。だからといって、ある程度お金がとられていて、それでも尚交友が続いているようであれば、今度はマネーロンダリングの共犯者に引き込まれてゆく可能性もあり、放置してゆくわけにはゆかないでしょう。マネロンはアフリカにいる主犯よりも先進国にいて居所の明らかなマネーミュールが逮捕されるのです。愛する親や叔父叔母が犯罪に手を染めて、捕まることは避けたいですね。一つは、ウェスタンユニオンやマネーグラム、或いは使用している銀行に相談することです。振り込め詐欺が国内でも横行していますから、成人したお子さんや甥姪の方々からの相談でも聞いてくださり、親や叔父叔母が送金しようとしたときにそこで引き止める力となってくれるかもしれません。年下の親族よりも、金融機関のスタッフの言うことのほうが信用されるでしょう。欧米人の高齢者のように子供がすべてを取り上げるみたいなことを社会活動の出来る年齢の方々にするのは問題になりますが、金融機関への相談は問題ないでしょう。(続く)

      5
      5
      テーマ:
  • 17 Sep
    • 【よくある質問】彼とビデオチャットをしました。それでも成りすましと言えますか?

      質問★ 忠告ありがごうとざいます。彼の写真が(Antiscamサイトに詐欺師が盗用した写真として)掲載されているのも確認できました。でも、私は彼と(あるいは彼女と)ビデオチャットをしているのですよ。それでも偽物、なりすましと言えるのでしょうか? 彼(彼女)が本物で、そこにレポートされている電話番号やメアドの持ち主が偽物なのではないですか?答え★ 残念ながらビデオチャットをしたという事実は彼が、あるいは彼女が本物の画面の向こうにいる人だったとは断定できないのです。アフリカン詐欺師たちは、過去の詐欺被害者のチャット動画をとって、それを利用したトリックをします。被害者の方々は、その動画を見せられて本当に相手が向こうにいると思わされるのです。Antiscamサイトによっては、その写真の人物のビデオ画像も流出しており、詐欺師がそのビデオ画像を悪用していることも情報として書いています。例えばこんな感じに。romancescam.comWARNING: SCAMMERS HAVE IN THEIR POSSESSION A RECORDED WEBCAM OF UWE!! IF YOU "SEE HIM ON CAM', IT IS NOT UWE "LIVE" YOU ARE SEEING, BUT A RECORDING. IF YOU ASK A SCAMMER TO WRITE YOUR NAME ON A PAPER AND SHOW IT IN CAMERA, HE WILL REFUSE, OR HIS CAM WILL "BREAK" RIGHT AT THIS MOMENT.ALSO, UWE IS NOT A MILITARY MAN, HE IS A CIVILIAN. ALL PICTURES OF HIM IN THE UNFORIM IS A PHOTOSHOP.■訳■ 詐欺師たちはUWEさんの録画されたチャットのビデオを所有しています。もし「チャットで実際に彼の姿を見た」としても、それは実際にUweさんが目の前にいるのではありません。録画された動画です。もし詐欺師委あなたの名前を神に書いてすぐにカメラの前で見せてほしいと言ったら、拒否するかカメラが突然壊れたことになるでしょう。また、Uweさんは軍人ではなく民間人です。彼の軍服の写真はすべて合成写真です。)そして例えば、こんなチャットの動画が使われています。男性 https://www.youtube.com/watch?v=hPOvrspWl5Y女性 https://www.youtube.com/watch?v=7bzTHRTpnEQ画面を見ている被害者の方にはあたかも彼が、彼女が、チャットをしているように見えてしまうのです。それでもまだ、彼を、彼女を信じたいですか? それならぜひ試してみてください。彼に、彼女に、あなたの目の前で白い紙にあなたの名前をマジックで手書きで書いて、すぐに見せるように指示するのです。できません。そんな動画ありませんので。恐らくセキュリティ上の問題でビデオカメラが使えなくなったとか、急にカメラが壊れたとか言うでしょう。あるいは何らかの考えうる理由やハプニングが起きて、頼んだことを実行できないはずです。動画のトリックが実は可能であるということをぜひ知ってください!この説明で納得してくださった方もおられました。しかも偽軍人の「休暇申請」のための送金直前でした。本当によかったです。かなりショックが大きかったみたいでしたが、Stephen Murphyという英国人軍人の写真を使った詐欺師だったのですが、彼のビデオが流出しているという事実も納得できたようでした。(下の写真はStephen Murphyさんの写真)一方で、詐欺師が言う「貴重な関係を損なおうとしている敵からの攻撃」という一言のほうを信じてしまう方もおられます。ビデオチャットをしたという事実が、その写真の人物の動画が出回っているのだと詐欺師情報のサイトに書かれていることよりも強力だったようでした。悲しいですね。何回か知りませんし、どういう理由で要求されたかストーリーも知りませんが、戦地にいると自称する偽軍人に既に送金されているようでした。でも原則、自己責任ですからね。その方がご自分で選んだ道です。これ以上ご本人に言ったら、今度は忠告した人がストーカーか何かにされてしまいますから、断られた時点で終わりにしなければなりません。伝えるべきことは伝えましたので私には責任ありません。そして、私はその方からはFacebookでブロックされました。その方にとっては、私の忠告は詐欺師に言われたように「二人の貴重な関係を破壊する」ための悪意ある行為と判断されてしまったのでしょうね。

      2
      テーマ:
  • 13 Sep
    • 【フェースブックなどのSNS】自分の身は自分で守る

      やめようかなと思いながら、Facebookで明らかに詐欺師と友達になっている方に声かけたりしています。ご返事くださるほとんどの方は、実害を受けていらっしゃらない中、この半年で2名の方は、偽軍人にお金を送る寸前で食い止めることができました。でも、本当に相手に夢中になっていて1:1の関係の中にどっぷりの方は、見ず知らずの人が突然やってきて「あなたの恋人は詐欺師です、すぐ離れてください」なんて言っても「はぁ?」って感じになりますよね。●ある方とチャットしていて言われたのが、「何人か変な外人を友達承認しているのを知っている。私はお金ないから大丈夫。メッセージも適当に受け流しています。」 そしてその方に「でも、あなたの公開されているお友達リストから彼らはカモ探しますよ。」と言ったら、「それは騙される人の責任です。」とのご回答。でも、これも一理あります。●それから、「わかりました、ありがとうございます」と仰っても、いっこうに詐欺師を友達リストから外さない方も大勢おられる。最近わかったのが、友達5000人目指している方々がおられるということ。確かに友達数2000人以上の方だと、友達にどんな人が入っていようと放置状態です。友達5000人未満のFBでは、友達を承認して原則クローズドなページを展開することになっているのが、5000人を超えるとフィード購読という機能を使えるようになるそうです。あまり詳しいことは知りませんが、もともとアーティストや政治家などがフォロワーに自分の情報を発信することを想定してできた機能のようです。友達数の非常に多い方のプロフィール拝見すると、確かにアーティストやコンサルティング業、エステなどの自営業の方などが多い気がしました。政治家の方々も見かけました。友達数5000人目指すのに、友達登録されている人の質を求めない方も多いでしょう。政治家やアーティストの方々は、誰でも公平に支持者を受け入れている、というべきでしょうか。そうすると、相手が詐欺師だろうがただの変態だろうが、自分に害を及ぼしていなければその方々にとっては偽軍人や偽医者や偽エンジニアの友達を削除してブロックする理由はないわけですね。そんなフェースブックでお友達が多く、おそらく5000人目指しているという方々は、相互に友達になっておられる場合も少なくありません。そして、その方々複数に同じ詐欺師プロフィールがお友達になっていることもよくあります。そうすると、あるアフリカン詐欺師のなりすましから友達申請が来ると、すでに数人の共通の友達がいるなんていうこともあり得ます。●共通の友達が2人、3人、いや10人いたら、申請してきた見ず知らずの外国人を承認しますか? ●共通の友達がいたので承認した自称アメリカ人が実はアフリカかマレーシアにいる詐欺師で、騙されてしまったら、あなたは誰に責任を問いますか? 友達の多い方に「彼を削除してブロックしないと、あなたの友達リストからも詐欺師がカモを探しますよ」というと、「皆さんにご迷惑おかけしてはいけませんから」と、詐欺師のFBを削除してブロックされる方もおられます。でも、前述の方々のように誰でも受け入れる、実害なければ相手を削除することはしないという方々も少なくないのです。こうなると、自分の身は自分で守るしかないです。

      5
      テーマ:
  • 11 Sep
    • ちょっと国際人 その2

       英語ネーティブじゃない外国人と、あるいは日本人同士で英会話や英語のチャット、あるいは英文でのメールのやりとりをしたことはありますか?  海外駐在していた時の話です。同じチームにアメリカ人とか英語ネーティブがいるのに、なぜか私と英語を話したがる現地スタッフの女性がいました。(私は現地語話す練習になるので彼女とは現地語で話したかったけれど。) 彼女とはすぐお友達になりました。なぜ彼女が私と英語を話したがっていたのか、理由を聞いたら、ネーティブスピーカーは容赦なく話してくるけど英語を母語としない人同士で英会話をするとわかりやすいので勉強になるのだそうです。なるほどと思いました。 確かに、旅行や日常的な会話を何とかできる人同士で、おそらく中級レベルの英語で会話をすると、語彙も互角だし、言葉の用法も聞きなれないものが出てこないし、かえってわかりやすい。自分の言いたいことをお互いに伝えやすいのではないでしょうか。 さて、何人かのオンライン詐欺被害に遭われた方(金銭被害に至らなかった方を含む)からお話し伺っていたとき、何度か聞いた言葉に「英語の勉強になりました」というのがありました。私は最初は、「下手な英語のアフリカン詐欺師とメールやチャットしたって英語力なんて向上しませんよ」とか言ってましたが、海外駐在中に知り合った女性のこと思い出して、その「勉強になった」も全く間違いではないのだなと思いました。つまり自分の持っている語彙だけで英語で書いたり話したりしようとすることが勉強になるわけですよね。 ナイジェリアとかガーナは英語が共通語の一つになっています。学業途中で投げ出して道を踏み外した不良青年でも、英語は下手は下手なりに自由に扱える、つまり自分の言いたいことを英語で表現できるわけです。そして、教養はないからペラペラ話せても語彙は少ない。だから互角に会話ができるっていうのでしょうか。彼らより自分のほうが英語上手だったりすると、自分の英語レベルが上がったと錯覚起こしてしまうかもしれません。

      2
      2
      テーマ:
  • 08 Sep
    • ちょっと国際人

      リアルでやってるフェースブックでのことです。面識ある友人Xさんのタイムラインでやりとりした、Xさんの友人になってるAさんにリクエストしたら、承認してくれて、その後会う機会もあり、交流も続いています。Aさんのフェースブックでの友達承認の方針は、共通の友達が複数いること。XさんのほかにもYさん、Zさんなど複数、共通の友人がいたのがAさんとつながるきっかけでした。また、タイムラインでのコメントしていた話題から共通の関心も見出せたので、Aさんは私のリクエストを受け入れる理由もあったと思います。良い友達と出会えたなと思いました。一方、今度はAさんの写真へのコメントで意気投合したAさんの友人のBさんにリクエスト送ってみました。Bさんには拒否されました。Bさんのフェースブックでの友達承認の方針は、面識のある人のみ。実はBさんもAさん以外にも何人か共通の友人がいたのですが、面識ない人はお断りとのことでした。断られた当初はがっかりでしたが、それも道理だと思います。ネットでの安全性が確保できます。Aさん、Bさんはどういうバックグラウンドの人だと思いますか? お二人とも、海外生活している日本人です。駐在員じゃないので、周囲の友人とかは現地の方が多いです。タイムラインも、日本人向けの記事は日本語ですが、英語の書き込みももちろんしています。アクティブな友達は居住国以外にもいて、本当にグローバルな人たちです。さて、ここから「アフリカン詐欺」の話の本題に入ります。リアルに来る見知らぬ外国人からのリクエストは一切無視してブロックしますが、バイティング用の捨てアカウントでは話に応じます。そして、いつもやってる真紀のキャラクターのように何だかんだ言って相手を追い払うわけですね。必要な情報ゲットしたらそれでおしまいですので(笑)その際に時々アフリカン詐欺が成りすましている白人男性に言われるのがこんな意味合いの言葉。「あなたは自分の国以外出たことがないんだろう。」「あなたは世界を知らない」「世界を見るべきじゃないか?」「そんな狭量な事言ってたら良くない。世界は広いんだ」「いろんな友達を作るのがSNSじゃないのか?」「自分を広げるべきではないのか?」ちょっとした国際人を自負している人だったら、そんなこと言われるとムッときますよね。そしてもしかすると、国際人らしく見られたいために怪しい人物を友達リストに受け入れてしまうかも??最初に挙げたAさん、Bさんともに国際人です。海外生活も長く、グローバルな視野を持っています。国の外に出たことがない人ではないですね。国際社会で生きてゆくには自分の身は自分で守る。AさんやBさんのような方針でいれば、安全性が確保できるのです。

      2
      テーマ:
  • 04 Sep
    • 【よくある質問】アフリカン詐欺師に脅されています。どうすればいいですか?

      脅しにもいろいろあります。1) ●殺してやる、人生めちゃめちゃにしてやるといった脅しの言葉 ●呪いをかけたとか、お前は神様に罰せられるといった言葉 ●しつこくかかってくる電話、メッセンジャー、メール。2) ●警察や情報機関、法的機関などに訴えるという脅し ●最後の送金要求に応じなかったために生じた架空の事態への責任追及(ビジネスが失敗とか、病気の親か子供が死んだ、あるいは相手本人が病気になったなど) ●偽銀行や偽税関などからの脅しを交えた催促3)●恥ずかしい写真を公開するといった脅し1)殺してやるとか人生めちゃめちゃにしてやるといった脅しのことばはただの脅しでそれ以上のことはありません。呪いの言葉などもただの脅しです。本当にアフリカ式の呪いとかはやってるかもしれませんが、スピリチャル系信じてる方で気になる方は、ご自分の信じる方法で対処するのもよいでしょう。でもスピリチャル詐欺にもお気を付けくださいね。自分の信じている方法でというのは、相手のスピリチャル脅しに応じるという意味じゃなくて、所属しているそちら系の団体などで相談するとか、そういう意味です。2)警察、情報機関、法的機関などに訴えるといわれたり、そういった機関を名乗る相手からコンタクトがきても、どうせフリーメールからです。偽物です。犯罪者が本物の公的な権威に訴えることができるわけありません。確かに最後の送金が誰かの命にかかわるといわれていたものであれば、ドキッとくるかもしれません。でも、もしそこに至るまでのストーリーが典型的なアフリカン詐欺の展開だったので詐欺だと気が付いたわけですよね。そうすると、その命のかかわった問題というのも作り話なのです。偽銀行や偽税関などからの催促もドキッとくるでしょう。最後に払わなかったお金を催促してくるわけです。3)とても心配になるのは、恥ずかしい写真を公開するという脅しかもしれません。しかしながら彼らの目的はお金であって、写真を公開することではありません。あなたが怖がってお金を送ってくることを期待しているわけです。無視して怖がっていないことを示すなら、相手はあきらめます。本当に裸の写真やエロい写真がフェースブックに載せられたら、不適切なコンテンツとしてすぐに削除されるでしょう。ですから彼らがそれをSNSに公開ということはないでしょう。また、20代の若いプロのAV女優でもない限り写真が次の詐欺で悪用される可能性もありません。いずれにしても、下記のようにすることが大切です。まずフェースブック等のSNSやスカイプなどのチャットツール、電子メール等、詐欺師との連絡に使われていたものからすべて彼をブロックしてください。可能ならすべて新しいアカウントにしましょう。 彼からのメッセージやメールは開かないでください。彼はあなたがメールを開き、怖がらせ、コントロールしようとしています。もし、脅しに乗ってお金を送ってしまったら、お金をさらに要求され、事態はさらに悪化してとどまるところを知りません。脅しは双方向コミュニケーションです。一方通行では成り立ちません。彼らの目的はお金です。返事が来なくなれば脅しを続けないでしょう。連絡がとれなくなれば脅しは止みます。面白がって脅す相手をからかうことはしないでください。ウィルスとか送り付けられたら大変ですよ。これは実際に起きているのです。参考資料http://www.romancescams.org/ThreatenedbyaScammer.htmlこちらもご参照ください。http://www.romancescam.com/forum/viewtopic.php?f=82&t=91102

      2
      3
      2
      テーマ:
被害額4500万円! 国際ロマンス詐欺の卑劣な手口 impress QuickBooks



新川てるえさんの新刊、日本語で書かれた国際ロマンス詐欺に関する本です。実際の被害者の方のインタビュー、被害に遭ったらどうすべきか等の情報が書かれています。是非ご覧ください。





"Hello Sweaty”, romancescam.comのスタッフによる著書。ナイジェリア詐欺師のおかしなメールを集めたものです。著者の一人、Frumpy氏は知り合いなので、許可をもらって和訳することも不可能ではないですが、原文の面白さを楽しむには原書が良いです。ぜひご一読ください!



AD

プロフィール

Linda

性別:
女性
自己紹介:
スカイプで異常な量のコンタクト要求が来て困ったのでそこあたりの話書いてます。

続きを見る >

読者になる

テーマ

一覧を見る

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。