詐欺師とお友達になられている方に、それほど頻繁に言われたことではないですが、そのように言われたことがあります。リアルで会うお友達やお知り合いに関しては確かにそうだと思います。でも、オンライン詐欺師を相手に、同じように良い人か悪い人か見極められるでしょうか?

彼らナイジェリアやガーナのネットカフェにいる詐欺師たちは、お金を手に入れるため、『親切でよく気が利き、思いやりがあり、正直で、忠実で愛すべき人です』と自分のことを称し、そのイメージ通りの人物を演じます。気が短く、すぐにお金に繋がらないと怒ったり、チャットに応じてくれないと機嫌を損ねたりする奴も少なくないですが、忍耐強く相手を虜にして時間をかけてお金を取ることに成功する奴もいるんです。

あるかなり高額を何度かに分けて振り込んでしまった恋愛詐欺の被害者の方はシングルマザーで、10代のお子さんのことで悩んでいたとき、ネットで知り合った彼氏(詐欺師)が優しくアドバイスをたくさんしてくれたそうです。彼の示す思いやりに、感動されたようです。そして何度か目の送金の後で詐欺に気が付かれました。1年近くに渡って、何百万円もの金額をその『優しく思いやりがある』相手に対して、様々な理由で頼まれたお金を送ってしまったのです。写真はよく見かける盗用写真でした。もっと早く写真を検索していればその方は被害を大きくせずに済んだでしょうか? それより前に、彼があまりにも『いい人』だったので、誰かが『この写真は盗用写真、画面の向こうにいるのはナイジェリアの20代の青年詐欺師だ』と教えても、絶対に納得しなかったことでしょう。


AD
実は、アフリカン恋愛詐欺の被害者は既婚者もいるんです。中には別に不倫関係でもなく、ただ助けてあげなきゃという一心でお金を送ってしまったと言う既婚者の方もおられます。自分は既婚だからと相手に言ってやれば大丈夫かというとそうでもありません。

彼らはお金が目当てであり恋愛が主目的ではありません。プロフィールの写真を称賛していても、裏ではひどいこといってるわけです。20代の青年がお金のために中高年男女にアプローチして恋愛ごっこを繰り広げるのはお金のためであり本気で相手のプロフィールが美しいと思ってるわけではないのです。最後には『ジイイ』「ババア』『ブ○』などと言ってきます。

プロフィールにも既婚と書いてあるフェースブックユーザーにこんなメッセージも。
dear i don't mind if you married  (君が既婚でも構わない)
i so much interested with you  (君にとても興味があるんだ)just want to have a good relationship with you (君と良い関係を持ちたい)

『夫にチャットログ見せるわよ!』と言うと、

why dear you want to show him (彼に見せてはいけない)

『なぜ?』

yes dear i not right to show him (彼に見せるのは間違っているからだ)

『なぜ?』
is not right to tell him (彼に言うのは正しくない)


『なぜ?』
is not right dear (それは正しくないことだ)

『なぜ?』
are you making fun of me(君は僕をばかにしてるのか)


『なんだかわけがわからないです。私は夫との間に秘密はありません。チャットログや男性の友人からのメール見せるのも平気。わかる?』

is okay i hve een you not serious with me (そうか、本気じゃないんだな!)
『私は結婚してるのに何であなたに本気出さなきゃならないの?
それこそおかしい。理解不能。』

この後、お決まりの戦地の大金の入った箱を貴女の国で受け取ってほしいという話しが出てきてブロックという話しでした。

そして別の婚約中というユーザーと別の詐欺師との会話で、

『どなたですか?存じ上げませんが。なんです?』というと、


i just like your page and i want us to be friends 
what do you think a man is looking for from a woman 
dont pretend you dont know

(君のフェースブックが気に入ったから友達になりたいだけだよ。
 男性が女性のプロフィールを探してると言うことはなんだかわかるだろう?
 知らないふりなんかしないでよ。)

『婚約中なんですが』というと
your engagement does not stop you from knowing people 
i dont think your the first person to be engaged
(君の婚約はほかの人と知り合うことをとどめる必要なはい。
 君は初めて婚約するんじゃないだろう?)

そのあとその婚約中の女性が断り続けると

do not allow your engagement to enter into your brain
(意味不明ですが婚約を理由に逃げるなみたいなことでしょう。)

am not pushing you 
please try and understand me
(押し付けてるわけじゃないんだ。理解してほしい)

しつこさを断り続けると
if am looking for a woman is not even you 
you are not up to my class
(僕が探しているのは君のような女なんかではありえない。
 君は僕の階級に釣り合わない。)

dont talk to people anyhow
(そんな話し方をするな)

you lack manner of approach
(君は人に接するマナーってものを知らない。)

are you the first woman to be engaged ? 
do you think your engagement came early
(君は初めて婚約したんじゃないだろう。
 もっと若いうちに婚約できなかったのかね)

how old are you ?
(君はいくつだ?)

please be careful how you talk to people
(話し方に気を付けたたまえ)

i will delete you 
you lack manners and respect
(お前を削除してやる。マナーも敬意もない)

i pity the man who wants to marry you 
i dont think you will respect him
(あんたと結婚する男に同情するよ。
 あんたは彼を尊敬しないだろう)

hehehehe 
good bye
(へへへ、あばよ)

i dont want to waste my time with a woman like you 
bye
(お前みたいな女に時間を無駄にされたくない。あばよ)

you are very ugly
(お前は醜い)


AD
先日過去記事にご質問いただきましたので、こちらで再度書かせていただきます。

米国軍や英国軍、NATOや国連軍など、いかなる軍隊であれ、
軍人が休暇を申請するために、軍人の家族や婚約者、恋人、ビジネスパートナー等が何らかの申請書類を書かなければならないということは絶対にあり得ません。また、その申請に伴い、申請手数料、航空券、休暇中の埋め合わせのための手数料などがとられることは絶対にありません。

常識で考えてみれば明らかですが、軍であれ、他の公務員であれ、公共企業であれ、休暇の申請は私企業の社員と同様に権利であり、本人が計画を立てて申請するもので、それによって関係者(妻子、婚約者、婚約以前の恋人、軍や役所の公的任務外のビジネス上のパートナーなど)の助けが必要とするはずはありません。米軍だけではなくどの軍も同じです。


もし、そのような話がネット上で会ったこともない相手から出てきたら、相手詐欺師だと断定できます。

米軍は軍人に成りすました詐欺に関して、かなり前から警告を発しています。


こちらをご参照ください。
http://www.army.mil/article/67457/
http://www.army.mil/article/91823/Internet_romance_scams_use_Soldiers__identities/
http://www.army.mil/article/130861/Army_investigators_warn_public_about_romance_scams/

もし、お友達やご親族で、このような偽軍人から休暇申請やそれに伴う費用を請求されそうだという方がおられましたら、至急それを思いとどめさせてください。一度休暇申請料(数万円程度)を払うと、そのあと可能性のあるカモとみなされてエスカレートしてゆきます。相手は絶対にその『恋人』に会いに来てはくれません。アフリカのネットカフェの20代の若者が日本のビザをとって来るなどできないことだからです。

なかなか説得できずお困りの方、アメーバの規則もあり、プライベートメッセージをいただきましても的確なご返事ができない場合があります。日本語のBBSにAnnieのハンドル名で書き込みしていますので、そちらで声をかけていただければ。

こんなことを日本のブロガーが書いていてもなかなか被害に遭っているご親族やご友人を説得できないとお感じの方は、このブログのブックマークにある英語のサイト、Scamwarners.com, romancescam.com, antifraud international等に是非ご相談ください。この種の詐欺に詳しい方々が大勢おられ、適切なアドバイスを下さいます。



AD