• 31 Aug
    • 詐欺師とのSkypeチャット その3

      ドクター・ウィリアムズ・ベンソンだかベンソン・ウィリアムズだかどっちともつかない名前。ベンソンって名前結構ナイジェリアレターに登場するみたいですね。一時的にコンタクトをAcceptして話をしてみました。プロフィールの電話番号欄にはリカちゃん電話の類を入れておきました(笑)ドクター・ウィリアムズ 私はドクターウィリアムス、音楽が好きで、友達を作ること、そのほかいろいろ興味があります。あなたのプロフィールが目に留まって、あなたに書いてみたいと思いました。あなたとぜひ知り合いたいので、ヤフーメッセンジャーかグーグルトークに加えてください。リンダ  私のプロフィール殆ど空っぽですがなんで目に留まったのですか? ヤフーメッセンジャーもグーグルトークもやってませんが。ドクター・ウィリアムズ  私はあなたとお友達になりたいのです。リンダ  どうしてですか?ドクター・ウィリアムズ ただの友達ですよ。リンダ 私はあなたを知りません。ドクター・ウィリアムズ いつかお互いをよく知ることができますよ、OK (ここ部分、変な英語でした。検索されて探知されるの防ぐため原文入れませんが。)リンダ おっしゃる意味がわかりません。音楽お好きなら同じ音楽が好きな人が集まるフォーラムとか行けば良いのでは? 私はあなたが好む音楽なんて知りませんよ。ドクター・ウィリアムズ お願いです、私はあなたのことをぜひ知りたい。あなたとお友達になりたい。リンダ はぁ? そういう人好きではないですね。ドクター・ウィリアムズ なぜ?リンダ 私は顔を合わせた人と友達になる主義です。(註:決してアメーバでお世話になってるリアルで顔を合わせたことのないピグ友さんを否定してはいません、念のため~)リンダ それに、オンラインで女探してる男も嫌いです。ドクター・ウィリアムズ どこの国の人ですか?リンダ 教える必要ありますか?ドクター・ウィリアムズ あなたのお友達になりたいのです。リンダ なぜ私と友達になりたいのです? 私はプロフィールにも限られた情報しか入れてません。ドクター・ウィリアムズ あなたは日本人ですよね。あなたの素敵な声を聴きたい。リンダ 結構です。ドクター・ウィリアムズ 私の電話番号は+4470xxxxxxx (この+447がポイント。ここまできて、相手が確かにナイジェリアかガーナからだということが確信できる。西アフリカのオンライン詐欺師はお金で買った英国の電話番号を使う。) これが私の携帯電話番号です。リンダ どのみちお電話はしませんが。そういう人嫌いだと申し上げましたから。ドクター・ウィリアムズ どういう?リンダ 知らない人に簡単に話しかける人、そういう人信用できます? +4470って英国の電話番号ですけれど、どこの国にいても買えます、あなたが英国にいるとさえ信じてません。ドクター・ウィリアムズ そんなこと言わずに、どうか。(このあたりでの略語の使い方が全く英語ネィティブではなかった。)リンダ はぁ? そろそろ行かなければ。おしゃべりありがとうございました。あなたを私のコンタクトから外します。さようなら。(この後すぐブロック、違反をSkypeに報告。)★一見してただのシツコイナンパ師をかわしている対話ですが、注意できる点がいくつか見られました。1)まず英語。 小文字使い、I が小文字になる、Youをuと書く。Becauseをbc とかbcuz、that を datと書くなど。非英語ネィティブで英語が共通語になっている国や地域の人が良く使います。2)電話番号、4470っていうのはスカイプ電話みたいに居住者ではなくてもお金で買える電話番号。これをナイジェリアやガーナの詐欺師が結構使うので、この番号が出て来たら警戒信号。+44はイギリスの国コード。7というのはイギリスの携帯電話なのですが、70だとナイジェリアとかガーナの詐欺師が買う電話番号になるのだそうです。

      2
      テーマ:
    • 国際詐欺 JETROの注意喚起

      JETROの注意喚起記事 http://www.jetro.go.jp/contact/faq/419/この記事の最後に書いてありますが、被害に遭ってしまうと、事後にとれる対策はほとんどないのが現状。相手が名乗っている国(米国とか英国)の警察や弁護士に言っても話になりません。知らない相手を信用しない、うますぎる話や優しい言葉に惑わされない。

      テーマ:
    • 詐欺師とのチャットその2

      スカイプでも、メール詐欺で有名なグレーススミスのスキャムが来てしまいました。やり取りはすべて英語ですが、あえて日本語に訳して書いています。メッセージ:----------------------------------grace.smith00011わたしは英国スコットランドのミセス・グレース・スミス、63歳です。わたしは末期の多発性骨髄腫で、医者にはもう2週間ほどの命しかないといわれました。お医者さんから宣告された後、私の資産の一部をチャリティや孤児院などに寄付したいと心に決めました。$5,500,000.00ドルほどを貧しい人々に寄付するのにあなたの助けをお借りしたいのです。助けていただけますか?こちらのメールにご連絡ください。gracsmth001(アットマーク)gmail(ドット)comミセス・グレース・スミス----------------------------------グレース こんにちはリンダ  あなたはどうやって私のID見つけたのですか? 私はどこにも公開してないのに。グレース スカイプの会員から教えてもらいました。それであなたをコンタクトに加えさせていただけないかと。グレース 私のメッセージ見ていただけましたか?リンダ  はい、でもあなたをお助けする気はないです。      あなたのメッセージは大勢の人に送られています。2週間以上も前から。      ですからあなたが書かれている内容信用してません、悪いけれど。それじゃあ、良い一日を。グレース  OKリンダ   バイバイ (この後ブロックしてスカイプに違反報告)考察:昨日出てきたScammerにからかい半分「神様と平和を愛します」なんて言ってやったので、チャリティ系が来たのかもしれません。ということは、同じ人がやってるか、それともターゲットの情報を彼らが何らかの形でシェアしているのでしょう。今使ってるSkypeのIDはもう捨てIDにしますので構いませんが(笑)この手の詐欺ですが、気が付かなければならない点は1)もし本当に瀕死の状態の人が誰かの助けを得て多額の寄付をしたいと思っていて、身寄りもないのであれば周囲の医師や看護師通じて弁護士とかに相談するはず。見ず知らずの、しかも外国にいる人に多額の寄付を代わりにしてもらうよう頼むなんて有り得ない。2)メールの文面検索したらこの名前でメール詐欺がかなり昔から行われている。怪しいメールやメッセージを受け取ったら、まず検索かけてみるべき。3)イギリス在住名乗っているのに米ドル???(ありえなくはないかもしれないが突っ込みどころはある。)4)書いてある悲しい内容に同情しない。(ボダ被害受けるとこういうのに冷たくなれますな。)

      テーマ:
  • 30 Aug
    • Skypeでの詐欺師との会話

      SkypeのScammerがあまりウルサイのでコンタクト要求を受け付けないでナイジェリア詐欺師とチャットしてみました(笑) チャールズ・ロドリゲスを名乗る人物から。しかしプロフィール写真はいろんな人が使っている。偽物だってバレバレじゃないですか~(笑) 実際のチャットは英語です。チャールズ  ハーイ、私はチャールズ・ロドリゲス、48歳、離婚して子供が2人いる。米国海軍所属でNATOの特別部隊でアフガニスタンに駐留しているんだけど、あなたのプロフィールを拝見して非常に興味を持ったんだ。お友達になってね。(わたしのプロフィールそんなに詳しくないんですがね~爆笑)リンダ  すみませんけど、軍隊には興味ありません。神様と平和を愛しています。他の人探してくださいね~。ノーモア・ヒロシマ・ナガサキ。サヨナラ。(我ながら笑えるセリフ)チャールズ OK.ごめんなさい…でもリンダ OK,それじゃあ、さようなら、have a nice day!チャールズ  でも…あなたは私のこと嫌いと言いながら、何故だかとても親切な感じがする。リンダ 「Go away (あっちいけ)」と丁寧に言っただけです。チャールズ  OKリンダ BYEチャールズ BYEこの後、このアカウントをブロック&SkypeにAbuse報告。おしまい(笑)

      テーマ:
  • 28 Aug
    • Skypeにおける詐欺師からのコンタクト要求の状況

      先週末にFACEBOOKで不審な友達申請があって以来、Skypeのコンタクト要求は来ていません。ここで一段落でしょうか。油断は出来ませんが。SkypeのQ&Aをアップして質疑応答等をするコミュニティーというのがあるのに気が付きました。ここでScam / Scammer / Fraud (詐欺)、Ghana / Nigeria (国名)、US General / Military (米軍将校、軍隊)などの単語を入れて検索すると、該当する質問や問題提起が続々とヒットしました。どうやら米国軍の将校を名乗る詐欺師がコンタクトを要求してくるというのは、2010年・2011年くらいから発生していて、今でも起きているようです。その米軍将校を名乗る偽者から、しつこく何度も名前を変えてコンタクト要求されたという人がかなりの数いるらしい。ほとんどはその異常さに気が付いて相手にしなかったようですが、相手にした人はお金だしてくれとせがまれたりしたらしい。スカイプコミュニティ: http://community.skype.com/笑えたのは、その将校(本物)とお知り合いという方が、どうもおかしいので本人に問い合わせたところそのようなコンタクト要求をスカイプでしたことはないと返答されたりとか、「妻を亡くした」といってる将校のWikipediaで奥さんと一緒に写った最近の写真があったりとか。(ブックマークし忘れ。)このほか笑える会話(英語ですが)●http://community.skype.com/t5/Security-Privacy-Trust-and/General-Michael-T-Flynn-IMPERSONATOR-on-Skype/m-p/288964/highlight/true#M2209●http://community.skype.com/t5/Security-Privacy-Trust-and/Fake-US-Generals-seriously/m-p/1641699/highlight/true#M17390ネットで疑わしい外国人や日系人を名乗る人物からの怪しいコンタクトがあった場合、本物かどうかを確かめる方法として、一つは有名人名乗っているならその組織に問い合わせてみることです。スカイプのコミュニティ読んでいたら実際にそうした人がいました。軍とか大企業とかへ、相手に電話番号聞かないで大使館に問い合わせたりネットのディレクトリーを調べたりなど。それから、ナイジェリアやガーナから米国将校を名乗っている人は米国の政治事情を把握していないので、選挙とか米国人なら良く知っている事情を知らない可能性もあり、チャレンジする質問になりえます。輝かしい経歴の将校の胸につけているバッジの意味、説明できなかったりもします。相手が日本人を名乗っているなら日本の事情何か聞いてみると答えられないかもしれません。

  • 27 Aug
    • FACEBOOKの友達申請の危険(1)

      ここ数日、スカイプのコンタクト要求がおさまったと思ったら、今度はスカイプのコンタクト要求の数に比べれば少ないですがフェイスブックの友達申請が見知らぬ人から5件ほど来ました。共通の友達もいないし、まったく記憶に無い名前。日本人ばかりでした。失礼だけど、プロフィール写真見るとどう見てもお友達になりそうも無いタイプでした。しかも友達の数が少なくて、公開している写真が何だか寄せ集めた感じのものばかりでした。ヤフオクでたまに出てくるらしい英語で質問してくる怪しい日本人名ではありませんでしたが。見知らぬ申請者すべて拒否して記録も消してしまった後、いくつかのサイトを見ていたら、どうやらオンライン詐欺師たちは有名人の写真を使うとすぐばれるということが分かってきて、フェイスブックの写真を使い出したようです。プロの撮影した写真ではなくて普通のスナップ写真であれば、出来すぎた写真じゃなくて自然です。私はフェイスブックは友達と友達の友達しか写真等を見られないように設定しています。もし、これらの友達申請者たちが写真取得を目的としたダミーアカウントの人たちだったらと思うとぞっとします。拒否しないで保留状態にして名前を検索してみたりすれば、何か分かったかもしれません。スカイプで実名使ってたこともあるので、それを把握している人であれば、私のフェイスブックを探すのは難しくないかもしれません。今はいい加減な名前表示させていますが。もしかしたらぜんぜん関係なく、ただパブリックにアクセスできるページ、で「いいね」や「コメント」をした人に片っ端から友達申請しているだけの人かもしれない。それにしても時期が合いすぎたので気持ちが悪かった。用心するに越したことは無いです。成りすましをやられたり、詐欺師のプロフィールに使われたら大変です。私の友人の中にはプロフィール写真に自慢のお子さんの写真使ってる人結構いるので、ナイジェリア詐欺ではなくてもStrangerが私のフェイスブックにアクセスして友達リストのプロフィール写真を見られるとかなり危ない。ソーシャルネットワークやっている人は、絶対にプライバシー設定を強くするべきです。

      1
      テーマ:
  • 24 Aug
    • オンライン詐欺事前回避の記録【06】 被害回避スキル l 電話番号検索

        実はスカイプでいくつかの国の電話番号をお金払えば取得できるのです。どこの国でもというわけにはゆきません。国によっては、居住者のみスカイプで一般電話から電話が受けられるスカイプインの電話番号が取得できることになっています。でも、アメリカとイギリスの電話番号は簡単に取得できてしまう。  とにかく見知らぬ人のコンタクト要求は拒否してきましたので、電話番号もらうところまでは発展していませんでしたが、一応調べる方法として掲載しておきます。  ナイジェリア詐欺にあった方のブログとかBBSをいくつか見て来たら、先方から電話番号を教えてもらっているケースがあるようでした。国番号+44、つまりイギリスの電話です。必ずしもスカイプではなく他のオンライン電話を提供する業者から買った可能性もありますが。  アメリカの電話番号を疑わしい人物から受け取った場合、アメリカの電話番号検索サイトで検索かけることができます。電話が携帯電話か固定電話か、それともインターネットの電話サービスで取得した電話かがわかる可能性が大きいです。http://www.whitepages.com/  このサイトから人物検索もできますが、この方法は有効ではないとおもいます。何故なら詐欺師が実在の人物に成りすましているからで、例えばカリフォルニア州のサンタクララのJohn Smithさんを名乗ってるとすると、カリフォルニア州のJohn Smithさんの名前で検索すればその人の名前と住所がホワイトページで当然見つかるわけです。そうすると、疑ってた人物が本物だ、大丈夫だという間違った結論になってしまいますね。

      テーマ:
    • オンライン詐欺事前回避の記録【05】 おかしいと思った点(2)

      3)文章が特徴的  英語ネィティブではない英語圏での生活経験から、英語ネィティブではない英語を流暢に話す人々の英語使い結構なれています。細かくどこがどうといわれると説明しがたいのですが、例えばこの文章:i am xxxxxx and need women like u for serious relationship.u can add me小文字で i 、 Youをuとか、欧米人のそこそこの年齢の人は使いません。一方、東南アジア人の友人だと中年以上の人でも使っています。あとは、文法的な違和感とか、語法の違和感とか、どうも英語ネーティブではなさそうなにおいがプンプンしていました。4)時間帯  ナイジェリア詐欺というものを知ってから、時差を調べてみました。ナイジェリア時間と英国時間が同じタイムフレーム。そして、たとえば日本時間が午後8時だったらナイジェリアのラゴスの時間は午後12時。コンタクト要求が来る時間帯がだいたい向こうの時間で午前10時から午後5時くらいの時間にわたっていました。これって、やはりどこかの企業で仕事している人が副業で詐欺業務やっているか、詐欺専業の業者が人を雇って9時から5時までの勤務時間にカモ探してロマンスやビジネスを発展させるようにしているのかどちらかということですよね。

      テーマ:
    • オンライン詐欺事前回避の記録【04】 おかしいと思った点(1)

      さて、毎日何件もの見知らぬ外人からのコンタクト要求でおかしいなと感じた点はいくつかありました。1) それ相応の地位を自称する人からコンタクト要求が来る。   当然ですが、偉い人も人間なので、鼻の下伸ばして浮気相手探すこともあるでしょう。奥さん亡くして再婚相手探している人もいるでしょう。しかし、こうも大量にお会いしたこともない軍の高官やら博士やら企業経営者からコンタクトのオファー来るものでしょうか。普通じゃあり得ません。同じ業界の学会やコンソーシアムの方からオファーが来れば、ああこの間の○○博士、とか××コーポレーションCEOのXXさんか等身に覚えのあるコンタクト要求と認識できますが。まぁ、ネットワーキングを目的としたセッションにでも参加したのではない限り、仕事関係のつながりで偉い人に会って名刺交換してもSNSやインスタントメッセージングのようなプライベートで使うものへのコンタクトって普通はないです。  さらにいうならば、軍の高官、企業経営者でそれ相応の地位にいる、欧米のアッパークラスの人たちというのは彼らのネットワーキングの世界がありますので、見ず知らずの女性と思われるスカイプIDやらフェイスブックなどにコンタクトに加えてくれという要求してくることはまずあり得ない。階級社会ではない日本でも、同じではないでしょうか。阿部首相を名乗る人からアメンバーに入れてくださいとかピグ友になりましょうと声かけて来たら、信じますか? 2) 軍人多し、されど   もうひとつおかしいと思ったのは、軍人を名乗る人が結構いたこと。軍人を名乗る人からナンパ系のコンタクト要求があっても不思議はないと感じる人もいるかもしれません。しかし、任地がアフガニスタンとか地中海地域とかなんです。ともすると戦闘もありうる地域。敵に居場所を知られたくないはずです。家族くらいしかどこにいるか伝えていないかもしれない。そんな軍人が「アフガニスタンで任務に就いている米国の軍人です」と見ず知らずの人に名乗るでしょうか。しかも、Captain 海軍大佐 /General 大将 /Lt. General 中将 くらいの地位の人が。軍事機密を守る義務を強く認識しているはずですから。

    • オンライン詐欺事前回避の記録【03】 被害回避スキル l プロフィール写真

      何なんだろうと首をかしげるような文章のメールやSNSのメッセセージが届いたら、文章の一部をコピペしてグーグルで検索すると文章がテンプレート的なものであることを容易にみつけることができました。それではどうやってプロフィール写真がインターネットから拾ってきたものかどうか確認できるかというと、まずプロフィール写真をグーグルの画像検索にかけます。Googleの画面上の「画像」という字をクリックすると、画像検索の画面に入ります。検索項目を入力するところにカメラのアイコンがあるので、そこをクリック。それから、パソコンに保存した画像をアップロードするか、画像のあるURLを入力します。Google画像検索: https://www.google.co.jp/imghp?hl=JA&tab=wi試しに、ハードディスクに阿部首相とかオバマ大統領とかの写真をダウンロードして、その写真を検索かけてみてください。同じ写真がいろいろなサイトにあるのを確認できます。これで、コンタクト要求してくる見知らぬ人物のプロフィール写真の殆どが、有名人やモデルの写真を盗用しているということが確認できました。とはいえ、最近これでばれてしまうことを詐欺側も感知して、別の方法もとり始めているらしいです。モデルや著名人の公式サイトの写真ではなく、個人のフェイスブック写真をとってきたりとかそういうレベルだと思いますが…。

    • オンライン詐欺事前回避の記録【02】 コンタクト要求が何なのかが判明

      そんなある日、そのコンタクト要求してくる一人のコンタクト追加要求のメッセージ内容の一部をコピペしてGoogleで検索したら、なんと多少の違いはあるもののほとんど同じ筋書のメッセージが出てくる出てくる!! スカイプ以外にもフェイスブックだったり、電子メールだったり使用媒体の違いはあるようでしたが、だいたいこんな内容のメッセージを北米か欧州の白人を自称する男性から受け取ったという情報がたくさん。次に、そのプロフィール写真をグーグルの画像検索にかけたら、写真は全然違う名前のリタイアした米国の将校の写真で、Wikipediaか報道記事から勝手に引っ張ってきて使っている写真ということが判明。Pig Bustersという英文のアフリカ系オンライン詐欺を晒すサイトのメール文面集にも全く似た内容のメッセージを多数見つけました。http://www.pigbusters.net/ScamEmails.htmつまり、これら次から次へとやってくるスカイプのコンタクト追加要求は、コンタクト要求に書いてくるメッセージの内容やプロフィールに使われている写真からかなり高い確率でナイジェリア恋愛詐欺からのメッセージだということです。彼らは仕事でやってるわけなので、定型文章っていうものがあるんですね。たとえナンパ師がみんな同じような文章で異性の関心を引こうとするとしても、ここまでマッチング度の強い内容を誰もが書くわけがない。テンプレート化された文章を彼らが使用しているということでしょう、自分は友人へのSkypeコンタクト要求などで長い文章かくことって殆どないですね。だいたい「このあいだ学会でお会いした〇×コーポレーションのLindaです、宜しくお願いします」ってくらいかな…。こんな長い文章面喰いました。まだコンタクト要求を単に拒否してただけの時に特にとっておくこともしなかった文章にも、別の名前で来たメッセージの内容が多少設定の違いがあるにせよほぼ同じでした。長いし、変な文章なので全文訳する気失せました(笑) 要約すると、要約:私は優しくて正直で自分を愛で包み込んでくれるような心の広い女性と出会いたい。自分は優しくて心が広く、ユーモアのセンスもあり、情熱的でエネルギッシュで、真面目で堅実な男だ。そして、友人からの評判も良い。4年前に悲劇的な事故で妻を失った。もしよろしければ、わたしをぜひあなたのコンタクトに加えてほしい。そしてチャットでお互いをもっとよく知り合いましょう。スカイプであなたの返事をもらえるのを心待ちにしている。本文;joshua.benjamin65Enter a message to introduce yourself. Hello, how are you today?,I would like to meet here a kind, honest, gentle and caring woman who will love me and value me with all her big heart.I want to find a soul mate whose inner world is rich and variable and I will be to discover something new of it every day.Two hearts who are alone will feel much better together, lets try to full the emptiness with the communication and to join our hearts.I am a kind, open-hearted man, who's main desire is to find beloved half. I like trying new activities and meeting new people. I like to laugh and I value people that can bring a smile to my face. I am a sincere and honest man.I'm charming, have a good sense of humor, I'm really energetic and enthusiastic. I like getting new experience, meeting new people. I'm pretty communicative and rather natural. My numerous friends say that I'm really reliable, sociable, understanding; and I try to help everyone in difficult minute of life. I'm really gentle, caring and passionate when I fall in love. And if I get the same response I can give all my sincere love in exchange, I have lost my wife 4yrs ago due to a ghastly plane crash, it's tragic event. Nice meeting you here if you don't mind. because it's a pleasure!!! PLZ ADD ME NOW so that we can chat and know more about each other. I do wait to hear from you here in my Skype..

    • オンライン詐欺事前回避の記録【01】始まり

      一か月くらい前にさかのぼります。自宅で海外の身内との電話のやりとりをする必要が生じたため、スカイプ電話用のIDを新たにとりました。この電話用に海外の電話番号もお金払ってとりました。先方が向こうの市外局番で電話がかけられるので、お金がかからない。うちの母でも簡単にスカイプ電話が使える。その他いろいろメリットを考えての設定でした。電話はタブレットタイプのに子機がついたパナソニックのホームスマートフォン。http://panasonic.jp/phone/hsp200s/しかし、スカイプ電話を家に置いて間もなくして、身内からの電話よりも見ず知らずの人からのコンタクト追加要求が来るようになりました。一日多い時は5,6件、少ない時でも必ず1件は来る。当初は片っ端からいろんな女性とコンタクトとりたがるタダのナンパ師だと思い、コンタクト要求を拒否するだけで終えていました。時間帯が午後遅めの時間から夜中にかけてが多いように思えました。毎日コンタクト要求の拒否ボタンを押すのが面倒になってきて、拒否ボタン押すのを2,3日に一回の頻度に落としました。その間、プロフィール写真を変えたり、名前の表示を実名じゃなくハンドル名にしたり、住んでいるとことをデタラメにしたり、性別を表示しなくしたり、誕生日を削除したり。それでもひっきりなしにコンタクト要求が続きました。コンタクト要求者のコンタクト追加要求のメッセージ内容は、ただ"add me to your contact"と書いているだけのシンプルなものもありますが、多くはもう一言二言加えていて、「彼女探してる」みたいな感じの印象を受けました。はっきり言って興味ないので無視。しかしコンタクト要求してくる量が尋常ではないので疲れてしまいました。外国人との出会いを求める人の出会い系サイトどかに自分のコンタクトを載せていたとかいうなら、しつこいナンパ男に見つかってターゲットにされるなんていうことはあるかもしれません。しかし、本当に身内だけで使う目的でとったIDで、どこにも晒していなかったものなので、どこでどうやって探されたのか見当がつかない。不安がつのるばかりでした。

    • オンライン詐欺事前回避の記録【00】 前書き

      いろいろ事情あってボダ関係の記事をほとんど削除していました。最近、ナイジェリア詐欺と思われる大量のコンタクト要求に遭遇しました。相手にしませんでしたが、あまりの多さに面喰いました。どこから私のIDを見つけてくるのかと。SNSにも使っていないスカイプIDでした。自分は全く引っ掛かりませんでしたが、この手の詐欺に引っ掛かってしまう人が世界中でいまだに見られるそうです。自分と同じように犯罪に巻き込まれるのを未然に防げればと思い、今回のことで調べてゆくうちにわかったことなどをしばらく書いてゆきたいと思います。ボダとの関係はありませんがブログタイトルの霧の中を出ようは残しておきたいと思います。ちなみに、オンライン詐欺に加担している人たち、まったく悪いことをしているという意識がないと思われます。反社会性パーソナリティ障害の人も少なくないのでしょうね。ナイジェリア詐欺とは何かというと、最近は必ずしも発信元がナイジェリアやナイジェリア人とは限らず、ガーナ発信のものもあるそうですが「ナイジェリアからの手紙」とか「ナイジェリア詐欺」「419詐欺などと言われています。主にアフリカ地域を舞台に多発している国際詐欺の一種です。かつては手紙やファックス、電子メールを利用して「国際的な宝くじが当たりました」とか「資産家の遺産が相続できる資格があります」みたいな内容を送ってくる詐欺が主流うだったようです。そういった詐欺も未だに健在らしいですが、最近ではSNSなどを通したものや、ヤフオクをターゲットにしたものが多いようです。SNSを利用したものは恋愛詐欺なども多発しており、何億ものお金を「恋人」と信じて送金してしまった人もいるそうです。資料http://ja.wikipedia.org/wiki/ナイジェリアの手紙http://ja.wikipedia.org/wiki/ロマンス詐欺

      1
      テーマ:
被害額4500万円! 国際ロマンス詐欺の卑劣な手口 impress QuickBooks



新川てるえさんの新刊、日本語で書かれた国際ロマンス詐欺に関する本です。実際の被害者の方のインタビュー、被害に遭ったらどうすべきか等の情報が書かれています。是非ご覧ください。





"Hello Sweaty”, romancescam.comのスタッフによる著書。ナイジェリア詐欺師のおかしなメールを集めたものです。著者の一人、Frumpy氏は知り合いなので、許可をもらって和訳することも不可能ではないですが、原文の面白さを楽しむには原書が良いです。ぜひご一読ください!



AD

プロフィール

Linda

性別:
女性
自己紹介:
スカイプで異常な量のコンタクト要求が来て困ったのでそこあたりの話書いてます。

続きを見る >

読者になる

テーマ

一覧を見る

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。