Cycling Wonder

プレスポで行く神奈川の道


テーマ:

箱根登山で一番人気は、間違いなく金時山である。
丹沢の塔ノ岳と思えばよい、外輪山につながっているので色々なバリエーションで歩くことが可能だが金時山単独か足柄峠との組合せが多い。
私にとっての金時山は眺める山であり、登るなら明神ヶ岳である。
明神ヶ岳の稜線尾根から金時山を眺めるのがお気に入りなのです。
2016年には年間企画として四季別に違うルートで明神ヶ岳に登ってみたりした。
丹沢一休みで他の山に登るなら、真っ先に頭に浮かんだのが明神ヶ岳だった。
そして、もうひとつ。
(桧山林道はどこまで進んだのかな?)(ーoー)y~~~
明神ヶ岳の北側中腹を横切る桧山林道は現在開設工事の終盤で、Googleマップで見るともう開通は間近なのだ。
明神ヶ岳に登り、その後桧山林道に行って、林道終点の工事状況を見て戻ることを思いついた。

■コースプラン
登る山は明神ヶ岳のみ。
明神ヶ岳に登るルートはいくつかあるが、早く楽しく上るなら、宮城野登山口からのルートが良い。
登山口近くにプレスポをデポして山に登り稜線尾根道を金時山方面に進む。
明神ヶ岳頂上から西方に進むと林業用の作業道へつながる分岐点が何カ所かあるので、これを使って桧山林道へ行く。
桧山林道の終点確認をしたら、別の作業道で登山道へ戻る。
登山道から萩山別荘地へ下り、宮城野登山口へ戻ると言う周回コースである。
 
登山道は、過去に歩いた時のデータが活かせるが、林道への移動時間が見通せない。
バリエーションルートと言ううよりは、林業用の仕事道マニアと言う方が正しい。
思ったとおり歩き通せるかは現地での実際確認しないと分からない。
予定時間が決められなくて困りました。
それでも日の出時刻に宮城野登山口に到着出来ればなんとかなるだろうと思った。
 
■見所
★明神ヶ岳(みようじんがたけ)
標高1,169m。
箱根外輪山の東部にある山頂部が北西から南東に台形の形(穏やかな山容)をした山。
ほぼ全山がカヤトに覆われているものの、稜線の北側と南側で様相が全く異なる。
箱根古道が現在の南足柄市の中心、関本から明神ヶ岳を越えて宮城野に下り中腹の碓氷峠(うすい)を通ったとされており、そのルートが県道731号として残っている。(但し山頂部の道は不明)
山名の由来は、箱根側の主張であり昔の旅人の安全を祈るために、山頂に明神を祭ったことからきている。
小田原側では南足柄市狩野の西にそびえるので狩野山(かのやま)と呼ばれていた。
 
★桧山林道
足柄林道と明神林道をつなぐ県営の林道で現在開設工事中。
全長は、11.745km。これは明神林道につながるまでの距離です。
計画工期=平成元年度~平成29年度。
開設工事は、起点側(足柄工区)、終点側(金時工区)の両方から進められている。
 
■天気図
↓走った当日の天気図。

土曜日の方が天気は良かったものの、朝方に雨、終日強風でチャリンコのコンディションには悪くて、決行を日曜日にスライド。
午前中は風もなく晴天で良かったものの、午後からは曇り空でした。
 
■マップ
(1)井細田ルート

(2)宮城野周辺マップ

↑外輪山尾根道合流まで
(3)山歩きの全体マップ


■テーマソング
今回は、YouTubeで最近見つけた邦楽バンドsui sui duck(スイスイダック)の曲でいきます。
★sui sui duck - run
↑2016/12/04 に公開。このrunのベースがいいんだよ。
このバンドはいい。だけど私が気に入ってるのは2016年の演奏
2017年に入るとメジャーデビューするもののメンバーが変わって、バンド構成まで変わってしまった。
現在のスイスイダックは残念です。
ベースは前の女性に戻してよ。今のベースは男なのに地味で音が弱い、存在感がまるでない。
キーボードはホントいらない。

 
■実走報告
(01)出発
04:10、出発。
2017年11月12日の暦は、日の出が06:13、日の入りが16:37。日照時間10:34。
いつも土曜日に山行、日曜日休養と決めているのだが、土曜の朝方は土砂降りの雨、諦めて山行を日曜日にスライドした。
日の出頃足柄幹線林道に突入しようと思い、出発は3時頃を予定していた。
二度寝して危うく寝過ごすところを1時間寝坊で食い止めた。危なかった。
早寝して予定通りに行かないことが多すぎるので慣れてしまった。

↑いつもの公園で出発の儀式(写真撮影)
 
コンビニで行動食を入手。
↓長後街道K22を走り出す。

↓萩丸十字路

04:38、境川CRに合流。


(02)国府津まで
境川CRはまだ真っ暗だがウォーキング4名、ジョギング1名と遭遇した。
日曜日だからだろうか?
04:55、藤沢橋でK30(藤沢新道)に合流。

05:05、松波でR134に合流。


05:28、湘南大橋から海を見ると水平線の先が明るい。

05:39、西湘バイパス大磯ICの入口で側道に移る。
夜明けの海を撮りたくなって、海岸に出た。

これ以上ない光景が目の前に現れた。

↓はっきりと金星が写っている

(寝坊に感謝だ)
05:45、大磯駅前でR1に合流する。


(もしかしたら朝日が撮れるかも?)
チラチラと海岸線を気にして走った。

06:09、JR国府津駅前を通過して親木橋交差点の近くに来た。
右手の山沿いに朝日を浴びてピンク色に染まる富士山と南足柄の山々が見えた。
市街地の中なので、電線が被ったり、家々の陰からちょこっとしか見られないものの、朝焼けの富士山は感動的だった。

酒匂川を目指してR1を走っていると、左側から光線のような強烈な日差しが見えた。
(朝日だ)(◎o◎)
たまらず海岸線が開ける路地を突き進みカメラを海に向けた。

06:30、酒匂橋に到着。

朝日を浴びる明神ヶ岳と富士山を撮る。

06:36、酒匂橋を渡り小田原ビジネス高前交差点に到着。

ここで右折してR1を離脱する。

(03)井細田ルート
先週は深夜の箱根路だったのでR1を選択したが、陽が昇れば話は変わる。
明神ヶ岳に向かうなら足柄幹線林道が良い。となると私は井細田を回る。
これは私の定番ルートなのです。

09:46、巨大なアマゾン倉庫正門前から路地道を抜ける。

↓緑色の屋根を持つ集合住宅の前を通過

ヤオキチ(八百屋)横から西に向かう。

06:45、井細田の信号を横切る。

八幡神社、大雄山線井細田駅前を通過すると、山王川(久野川)が現れて、以降川沿いの直線道路を山に向かってひた走る。
(ここからは頭は使いません、体力のみです)

06:55、出口橋を通過。


(04)足柄幹線林道
07:03、足柄広域農道を横切り杉林の中に入ると、足柄幹線林道の起点標識が現れる。
この後は登山口近くまでずっと林道が続く。

老人ホームと旭ヶ丘高校のグラウンドを過ぎると人家は途絶える。

足柄幹線林道は、明星ヶ岳登山道入口が頂点となる上りと下りの道で、箱根側より足柄側が少し上る距離が長い。
R1より勾配は緩いものの上りのスピードは期待出来ないので無理しない。

07:54、明星ヶ岳登山口に到着。この後は下りだ。

08:08、宮城野側林道ゲートに到着。下りはあっという間だった。

(05)明神ヶ岳宮城野登山口
林道ゲートを過ぎても、足柄幹線林道は続く。
08:15、明神ヶ岳宮城野登山口に到着。

なお足柄幹線林道は林道ゲートを通過してもまだ続いていて、宮城野登山口の前も林道のままなのだ。碓氷峠まで続く。

今日のデポ地点は、ここではない。もう一つ上の萩山別荘地のはずれの登山口に駐輪する予定。
別荘地の道を走るのが一苦労です。
↓登山道のすぐ隣に別荘地に向かう坂道があるのだが、この坂の勾配が最高にキツイです。

08:27、途中道を間違えたりして、目的のポイント(林道と登山道の交差する地点)に到着。
林道の道端にデポする。

(06)宮城野登山道
08:55、明神ヶ岳宮城野登山口から山歩きをスタートする。

明神ヶ岳は箱根の北側にある外輪山の一つで、頂上の稜線が東西に長く伸びる台形の山容である。
北側の足柄方面はなだらかなのに対して、南側の箱根(宮城野)側は急峻な岩場が目立つ。
この稜線の東端の鞍部を目指して急な岩場を上る。
急と言っても、岩をよじ登るようなことはないし、足を滑らせたら真っ逆さまということもない。
心配はいりません。
 
南足柄側を歩くルートは岩場が少なく笹場やススキ野などを長く歩くルートばかりである。
とにかく長いのだ。
登山口から稜線の登山道に一番早く上がれるのが宮城野登山口からの道なのです。
上りが短時間で終わるのが魅力です。
 
09:27、外輪山稜線の尾根道に合流。
思っていたより随分早く上がれた。

尾根道から、箱根笹がちょっと邪魔に感じるが富士山が見えた。
富士山を見たのは、この日これが最後でした。


第1回はここまで、外輪山尾根道から次回に続く。
(⌒_⌒)v いぇ~い!

 



●今回も3回を予定してます。
第2回が明神ヶ岳、外輪山尾根道。
第3回が桧山林道状況確認と帰り道
今回は外輪山尾根道と桧山林道をつなぐ経路確認がメインの山行ですよ。
└(⌒O⌒)┘

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。