梅雨でじめじめと思ったら、ぎらぎらに暑くなった午後、

今年初めてのかき氷をいただきました。

 

 

パインとココナッツミルク

 

スワン製の製氷機で削ったふわっふわの氷です。

パイナップル蜜に、ココナッツミルクのやさしい甘みがからんで

ほどよい甘さと酸味で、トロピカル~♪

 

自然な甘みだから、食べてる時にキーンとし過ぎることも

食べた後にのどが乾くこともなく、あっという間に完食しました!

 

暑いときは氷が一番!

 

 

「パンとお菓子のセレクトショップ」というユニークなお店です。

小さな店内には、いろんなパンやジャムなどが並んでいます。

 

かき氷は13時からです!

 

べつばら

https://www.facebook.com/betsubara082/

AD

 

ほんわりと絵本のようなパッケージです。

 

 

はなことたろう

 

面白い名前がついたお菓子を、土産に買いました。

 

チョコレート羊羹と抹茶のカステラが、一緒になっています。

どちらが "はなこ"で"たろう"でしょうか?

 

羊羹といってもかなり柔らかい食感で、細かいアーモンドも入っています。

カステラはしっとりと、抹茶味はしっかりと。

甘いとほろ苦いのハーモニー♪

 

昔からおいしい和菓子がいっぱいの金沢では、まだ新しいお店ですが

今後も新しい商品を期待できる予感がしました。

 

 

JR金沢駅構内にある金沢百番街「あんと」には、

いろんなお店が入っています。

お土産は、ここで何でも揃いそう。

目移りして目がまわりそうになりました。

 

 

茶菓工房たろう

http://www.sakakobo-taro.com

AD

 

 

生菓子の青梅と冷たいほうじ茶をいただきました。

形は桃にも見えますが・・・

 

梅雨に入り、天気予報がなかなか当たらなくて(雨って言ってたのに!)

傘を持ってうろうろしてしまい、喫茶室嘉木でひとやすみ。

 

お茶のいい香りで、アロマテラピーです。

 

 

あじさいも色とりどりに咲いてきました。

雨の季節も楽しみたいです。

 

 

一保堂

http://www.ippodo-tea.co.jp

AD

 

 

梶井基次郎の短編小説『檸檬』にゆかりのある京都丸善で

檸檬のケーキをいただきました。

 

 

シャーベットかと思っていたら、レモン皮にレモンゼリーが入っていて

その上にレモンの皮入りムース、間にはスポンジとクリームも入っていました。

 

苦みはなく、甘すぎずレモンのさわやかさを感じるケーキです。

 

2005年に惜しまれながら閉店した丸善ですが、

昨年、京都BALに戻ってきました。

カフェが併設されていて、静かな雰囲気で落ち着けます。

 

 

丸善

http://www.bal-bldg.com/kyoto/maruzen.html

 

お店の名前を覚えるのに、時間がかかりそうなので・・・

「ハワイのカイウラからやってきたマラサダドーナツのお店、日本一号店!」

と覚えておきます。

 

 

5月14日 にオープンし、堀江らしくとてもおしゃれなお店です。

中でもいただけますが、お天気がいいので近くの公園で

アツアツをいただきました。

 

 

右がプレーンで左がキャラメルシナモン。

どう違うねん?って感じですが、食べてもあまり違いがわからなかったのは

わたしだけでしょうか?

 

生地がふわふわで弾力があり、ドーナツというよりも、

子供の頃に食べた給食の揚げパンを思いだしたのは歳のせいかも?

 

見た目よりも油っぽくなく、ふたつ食べても余裕でした。

 

カイルアと聞いて思いだすきれいなビーチ。

はぁ~ハワイ行きたい!

うんうん、こんなんだったよ。向こうはラニカイビーチ。

と思いながらすみません、画像お借りしました。

まだデジカメ持っていない頃に行ったっきりです。

 

http://mahalo-mall.com/mahalo_hawaii_post/staff_blog/oahu_beach_ranking/

 

 

アグネス・ポーチュギーズ ベイクショップ

https://www.facebook.com/agnes.cafe.osaka/

 

石川県立美術館内のカフェで、緑を眺めながらティータイムしました。

美術展に入館しなくても利用できます。

 

 

エーグル

 

鮮やかな山吹色に目をひかれました。

レモンの酸味がきいたムースの中に、ミルクチョコレートが入ってました。

チョコレートには細かいヘーゼルナッツが混ぜられていて、

なめらかさにナッツの食感、酸味に甘みの対比であきません。

 

 

 

加賀棒茶の辻口ロール

 

日本を代表するパティシエのひとりである辻口シェフが

石川県七尾町のご出身ということで、県立美術館にもご縁があったのでしょう。

ご当地の加賀棒茶を使ったスポンジとクリーム、粒あんの組み合わせ。

カスタードクリームがない方がシンプルでいいかも、と思いました。

 

 

 

 

ひがし茶屋街と兼六園。

京都とはまた違った、華やかさと艶っぽさを感じました。

 

 

 

 

ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ KANAZAWA

http://www.kagaya.co.jp/le_musee_de_h/contents/kanazawaCafe.html

岸辺で大人気だったお店が5月20日、新ダイビルに移転オープンしました。

実店舗へは行けずじまいだったので、初めてのシュクレクールです!

 

 

 

バゲット

 

これははずせないですね。

いい匂い~ 外は厚めでしっかりぱりっと、中はもっちり。

噛むほどに甘みを感じておいしい~♡

 

 

 

クロワッサンは、はらはらと崩れて軽く、バターをしっかりと感じます。

 

細長いのはサクリスタン・テ・ベール。

こちらもクロワッサン生地で、練り込まれた抹茶が濃いっ!

アーモンドクリームのほろほろとした食感と、クロワッサンのさくさく、

ところどころから甘い小豆が飛び出して、和洋菓子のようなパンです。

 

見れば買ってしまうシナモンロール。

こちらも珍しくクロワッサン生地でしたが、わたしは

普通の生地の方が好みかな。

 

 

他にもハード系を買ったのですが、長くなりそうなので

またの機会に書こうと思います。

 

オープンの30分前に並んだのですんなりと入れましたが、

出る時にはとても長い列になっていました。

お店の方にとってもらうスタイルなので、時間がかかるのは

仕方がないですね。

 

夕方でもハード系のパンはある残っているそうです。

オフィスビルの1階にあり21時閉店です。

飲み物もあるので、時間があれば中でゆっくりといただくのもいいですね。

 

 

店内手前には、洋菓子店のケ・モンテベロも入ってます。

きれいなケーキが並んでいましたが、こちらは並ばずに入れそうなので

近いうちに食べてみたいです。

 

 

ANAクラウンプラザホテルの東隣にある、新ダイビルです。

昨年の竣工時から一階は空き店舗で、どんなお店が入るのかな?と

期待していましたが、ル・シュクレ・クールさんが来るとは!!

 

吹田の方には悪いけど、うれしいです♪

 

 

ル・シュクレ・クール

http://www.lesucrecoeur.com

 

滴水

 

予約しないと買い求められない、吉はし菓子店の上生菓子です。

鮮やかな若葉色のこなしに、中の白あんが溶けあいます。

金箔が飾られているのは、金沢ならではですね。

 

 

紅茶ブリュレという初めていただくお菓子です。

表面がかりっとしていて、キャラメルのほろ苦さともっちりとした

紅茶生地とがじわじわ溶けて広がります。

 

どちらも加賀棒茶とセットでいただきました。

九谷焼の急須にたっぷりと入ったお茶は、香ばしさと甘みがあり

飲みやすくておいしかったです。

 

 

 

お冷やの代わりの冷茶にも加賀棒茶がでてきました。

 

器も金があしらわれていて、かっこいいです。

 

 

初めて個人旅行で金沢を訪れ、観光客でいっぱいの近江市場から

ほど近いところにあるお茶屋さんでひと休みしました。

 

お茶の香りで癒され、ゆっくりとできるお店でした。

近くの主計町は、細い路地があり絵になりそうな場面がたくさんありました。

 

 

 

とても大人の街でした。

 

 

上林金沢茶舗

http://www.kanbayashi-chaho.com

 

吉はし菓子店について

http://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_330/

 

ルビーと河内晩柑のタルト

 

柑橘の甘くてジューシーな果肉!

口の中から消える時に、ほろ苦さがほわっと鼻にぬけます。
タルト生地はうすめで、 クレーム・ダマンドよりも

軽い口当たりのフィリング。

 

初夏のタルトです♪

 

 

アールグレイ

 

濃い~アールグレイのフィナンシェにチョコレートクリーム。

香りがよく 口溶けもよく、ぱさぱさせずに融合します。

 

 

 

久しぶりに天神橋筋商店街の南側を歩いて、お店に寄りました。

以前の記事は vol.1 vol.2 とずいぶん前に訪れてましたが、

すっかり商店街になじんだパティスリーとなっていました。

 

来週、開店17周年のイベントがあるそうなので、

お近くの方はぜひ~

 

 

ムーラタルト

http://www.le-moule-a-tarte.com

 

いちごのクラフティー

 

プリンのような食感で、濃厚なカスタード味。

クリームチーズとマスカルポーネが使われいて、

コクがあるけどさっぱりとしていました。

いちごの酸味もいい加減で、タルトとの相性もばっちり!

 

クラフティといえば、普通はさくらんぼですが、

こんなアレンジもあるんですね。

 

 

大きなお皿にお花のデコレーション♪

でも模様があるテーブルなので、わかりづらいですね。

 

 

バナナのタルト

 

友人はタルトをチョイス。

バナナだけじゃなく他にも何か入っていたみたいだけど、

話に夢中になって忘れちゃいましたえへへ…

 

おいしいって気に入ってました。

 

 

大阪駅周辺でゆっくりできるカフェを見つけるのは至難の業ですが、

こちらのお店はとっても穴場だと思います。

小さな店内には、色とりどりのケーキが並ぶショーケースと

テーブルが7つほどのカフェコーナーがあります。

 

紅茶はポットサービスでコーヒーもおかわりできます。

お店の方も愛想よく、気分よくティータイムが過ごせました。

 

 

スィーティーズ

http://www.umeda-sweets.com