ヴェール・エ・ルージュ

 

酸味の利いたフランボワーズのソースとピスタチオのジョコンドとムースが

何層にも重なっています。

赤と緑の色のコントラストも美しく、香ばしくまったりとしたピスタチオを

とろりとしたフランボワーズソースが包んでいきました。

 

ミルクティーも、ダージリンの風味がよくとても美味しかったです。

 

 

妹が頼んだフレンチトースト。

外はさっくり、中は柔らかく、生クリームをつけても軽い食感でした。

とてもお上品。

 

本店は乃木町というところにあり、カフェの雰囲気もよさそうでしたが

百貨店の中にありアクセスがよい支店でいただきました。

なので、ケーキの種類も限られていましたが、丁寧に淹れた紅茶がおいしくて

身体も温まりゆったりとできました。

思っていたより気温が低く寒かったのです・・・

 

 

ペシェ・ミニヨン

https://www.pechemignon.co.jp

AD

 

ミニパフェとコーヒーのセット

 

 

フルーツ白玉みつまめ

 

突然ですが、北海道へ飛びました。

函館だけですが、甘いものも食べたので記します。

 

到着した日で、夕方になってやっとほっとひと休みしたところです。

ぷるんとした白玉が美味しかった♪

パフェは妹が食べたので味はわかりませんが、

コーヒーが美味しかったそうです。

 

函館駅前から市電に乗って宝来町で降りました。

 

 

 

明治時代に建てられたという蔵は、黒い漆喰に覆われて存在感がありました。

茶房とアンティークショップになっています。

 

2階の座敷に座っても、天井はずっと上で広い空間になっていました。

足を伸ばしてゆっくりできました。

 

 

この辺りは、観光客の姿はあまり見られずのんびりとした雰囲気でした。

他にも、こんな格好いい木造のすき焼き屋さんがあったり、

 

 

『山親爺』でおなじみの千秋庵がありますが、どちらも趣のある古い建物です。

 

 

ひし伊

http://hishii.info

AD

 

シャルム・ド・ペッシュ

 

ドーム状の形をした白桃ムースの中に、桃の赤いジュレ。

なめらかな食感と甘味が広がります。

底に敷かれたハーブのビスキュイが、ざらっとした食感と

個性的な味で、おもしろい組み合わせでした。

 

 

 

フロマージュノワ

 

二種類のチーズを使ったチーズケーキ。

桃のムースとは対照的で、しっかりとした食感です。

生地にはいちじくが混ぜられていて、トッピングにはくるみです。

チーズの味はもちろんしっかりとしていますが、

更にいろんな食感と味が楽しめるチーズケーキでした。

 

 

ショーケースの中は、どれも美しくて完璧なケーキが並んでいました。

 

 

Seiichiro, NISHIZONO 

http://www.seiichiro-nishizono.com

 

AD

レブレッソ 梅田

テーマ:

 

グランフロント大阪にできた、食パンとコーヒーのお店の2号店。

 

朝食はすませていたのに、食パンの焼けるいい匂いに惹かれて

二回目の朝食(?)を食べちゃいました。

 

 

ここ数年、ホームベーカリーで焼くクルミ入り食パンを食べているので

このお店の食パンを買う機会がなかったんです。

 

メニューはいろいろありましたが、塩バターミルクジャム&アーモンドを

注文してみました。

ピント合ってませんが、端まで塗られていたジャムが美味しかったです!

 

パンは、中は柔らかくて外はカリっ♪

ポップアップのトースターで焼く、加減もベストです。

でも正直なところ、シンプルなバタートーストじゃなかったので

パン自体のおいしさというより、ジャムの味が印象に残りました。

まずはバタートーストを食べればよかった、とちょっと後悔しました。

 

 

飲み物とセットで割引などがあれば嬉しいな。

鶴橋の本店は、写真で見ると外国にあるお店みたいな外観でした。

 

レブレッソ

http://lebresso.com

 

上からみたところ。

 

 

横からみた、タルトシトロン ミュスカ

 

この時期、こんな涼やかなタルトを待っていました!

 

たっぷりのレモンクリームは、酸味が効いていてシャキッとします。

でも、ふわふわのメレンゲが、その酸っぱさをやわらげて食べやすいです。

マスカットのジューシーさと甘みも加わり、

酸味と甘味のハーモニーが絶妙でした。

 

 

 

お店の前のこの看板に惹かれました。

 

バターの風味とピスタチオの香ばしさを感じるクリームがたっぷり。

このねっとりとしたクリーム、おいしい~♪

 

 

タルトルバーブ

 

リバーブのタルトは時々みかけるようになりました。

さっくりとした生地に、柔らかく酸味のあるルバーブがよく合います。

 

夏場なのでチョコレート系は遠慮しましたが、

こちらのお店はショコラトリーでもあるので、

チョコレートを使ったケーキも美味しそうでした!

 

 

パティスリーオーディネール

https://www.facebook.com/p.ordinaire/

水無月

 

蒸し蒸しと暑い日が続きます。

6月30日で、今年も半分が過ぎますね。

その節目に、京都の人は水無月を食べる風習があります。

 

仙太郎の水無月は、もっちりとしたういろうに小豆がたっぷりと

のっていて、おいしかったです。

 

黒糖、抹茶もあって3種類買いました!

 

 

水無月三兄弟!?

シブすぎ・・・

 

 

淀屋橋駅近くの御霊神社で、茅の輪くぐりもしました。

「8の字」を描くようにお参りします。

この半年に知らないうちについた穢れなどを祓うといわれています。

 

大雨の所や雨不足の所、天候が不安定ですが、

あと半年も、どうか穏やかに過ごせますように。

 

 

仙太郎

http://www.sentaro.co.jp

 

梅雨でじめじめと思ったら、ぎらぎらに暑くなった午後、

今年初めてのかき氷をいただきました。

 

 

パインとココナッツミルク

 

スワン製の製氷機で削ったふわっふわの氷です。

パイナップル蜜に、ココナッツミルクのやさしい甘みがからんで

ほどよい甘さと酸味で、トロピカル~♪

 

自然な甘みだから、食べてる時にキーンとし過ぎることも

食べた後にのどが乾くこともなく、あっという間に完食しました!

 

暑いときは氷が一番!

 

 

「パンとお菓子のセレクトショップ」というユニークなお店です。

小さな店内には、いろんなパンやジャムなどが並んでいます。

 

かき氷は13時からです!

 

べつばら

https://www.facebook.com/betsubara082/

 

ほんわりと絵本のようなパッケージです。

 

 

はなことたろう

 

面白い名前がついたお菓子を、土産に買いました。

 

チョコレート羊羹と抹茶のカステラが、一緒になっています。

どちらが "はなこ"で"たろう"でしょうか?

 

羊羹といってもかなり柔らかい食感で、細かいアーモンドも入っています。

カステラはしっとりと、抹茶味はしっかりと。

甘いとほろ苦いのハーモニー♪

 

昔からおいしい和菓子がいっぱいの金沢では、まだ新しいお店ですが

今後も新しい商品を期待できる予感がしました。

 

 

JR金沢駅構内にある金沢百番街「あんと」には、

いろんなお店が入っています。

お土産は、ここで何でも揃いそう。

目移りして目がまわりそうになりました。

 

 

茶菓工房たろう

http://www.sakakobo-taro.com

 

 

生菓子の青梅と冷たいほうじ茶をいただきました。

形は桃にも見えますが・・・

 

梅雨に入り、天気予報がなかなか当たらなくて(雨って言ってたのに!)

傘を持ってうろうろしてしまい、喫茶室嘉木でひとやすみ。

 

お茶のいい香りで、アロマテラピーです。

 

 

あじさいも色とりどりに咲いてきました。

雨の季節も楽しみたいです。

 

 

一保堂

http://www.ippodo-tea.co.jp

 

 

梶井基次郎の短編小説『檸檬』にゆかりのある京都丸善で

檸檬のケーキをいただきました。

 

 

シャーベットかと思っていたら、レモン皮にレモンゼリーが入っていて

その上にレモンの皮入りムース、間にはスポンジとクリームも入っていました。

 

苦みはなく、甘すぎずレモンのさわやかさを感じるケーキです。

 

2005年に惜しまれながら閉店した丸善ですが、

昨年、京都BALに戻ってきました。

カフェが併設されていて、静かな雰囲気で落ち着けます。

 

 

丸善

http://www.bal-bldg.com/kyoto/maruzen.html