岸辺で大人気だったお店が5月20日、新ダイビルに移転オープンしました。

実店舗へは行けずじまいだったので、初めてのシュクレクールです!

 

 

 

バゲット

 

これははずせないですね。

いい匂い~ 外は厚めでしっかりぱりっと、中はもっちり。

噛むほどに甘みを感じておいしい~♡

 

 

 

クロワッサンは、はらはらと崩れて軽く、バターをしっかりと感じます。

 

細長いのはサクリスタン・テ・ベール。

こちらもクロワッサン生地で、練り込まれた抹茶が濃いっ!

アーモンドクリームのほろほろとした食感と、クロワッサンのさくさく、

ところどころから甘い小豆が飛び出して、和洋菓子のようなパンです。

 

見れば買ってしまうシナモンロール。

こちらも珍しくクロワッサン生地でしたが、わたしは

普通の生地の方が好みかな。

 

 

他にもハード系を買ったのですが、長くなりそうなので

またの機会に書こうと思います。

 

オープンの30分前に並んだのですんなりと入れましたが、

出る時にはとても長い列になっていました。

お店の方にとってもらうスタイルなので、時間がかかるのは

仕方がないですね。

 

夕方でもハード系のパンはある残っているそうです。

オフィスビルの1階にあり21時閉店です。

飲み物もあるので、時間があれば中でゆっくりといただくのもいいですね。

 

 

店内手前には、洋菓子店のケ・モンテベロも入ってます。

きれいなケーキが並んでいましたが、こちらは並ばずに入れそうなので

近いうちに食べてみたいです。

 

 

ANAクラウンプラザホテルの東隣にある、新ダイビルです。

昨年の竣工時から一階は空き店舗で、どんなお店が入るのかな?と

期待していましたが、ル・シュクレ・クールさんが来るとは!!

 

吹田の方には悪いけど、うれしいです♪

 

 

ル・シュクレ・クール

http://www.lesucrecoeur.com

AD

 

滴水

 

予約しないと買い求められない、吉はし菓子店の上生菓子です。

鮮やかな若葉色のこなしに、中の白あんが溶けあいます。

金箔が飾られているのは、金沢ならではですね。

 

 

紅茶ブリュレという初めていただくお菓子です。

表面がかりっとしていて、キャラメルのほろ苦さともっちりとした

紅茶生地とがじわじわ溶けて広がります。

 

どちらも加賀棒茶とセットでいただきました。

九谷焼の急須にたっぷりと入ったお茶は、香ばしさと甘みがあり

飲みやすくておいしかったです。

 

 

 

お冷やの代わりの冷茶にも加賀棒茶がでてきました。

 

器も金があしらわれていて、かっこいいです。

 

 

初めて個人旅行で金沢を訪れ、観光客でいっぱいの近江市場から

ほど近いところにあるお茶屋さんでひと休みしました。

 

お茶の香りで癒され、ゆっくりとできるお店でした。

近くの主計町は、細い路地があり絵になりそうな場面がたくさんありました。

 

 

とても大人の街でした。

 

 

上林金沢茶舗

http://www.kanbayashi-chaho.com

 

吉はし菓子店について

http://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_330/

AD

 

ルビーと河内晩柑のタルト

 

柑橘の甘くてジューシーな果肉!

口の中から消える時に、ほろ苦さがほわっと鼻にぬけます。
タルト生地はうすめで、 クレーム・ダマンドよりも

軽い口当たりのフィリング。

 

初夏のタルトです♪

 

 

アールグレイ

 

濃い~アールグレイのフィナンシェにチョコレートクリーム。

香りがよく 口溶けもよく、ぱさぱさせずに融合します。

 

 

 

久しぶりに天神橋筋商店街の南側を歩いて、お店に寄りました。

以前の記事は vol.1 vol.2 とずいぶん前に訪れてましたが、

すっかり商店街になじんだパティスリーとなっていました。

 

来週、開店17周年のイベントがあるそうなので、

お近くの方はぜひ~

 

 

ムーラタルト

http://www.le-moule-a-tarte.com

AD

 

いちごのクラフティー

 

プリンのような食感で、濃厚なカスタード味。

クリームチーズとマスカルポーネが使われいて、

コクがあるけどさっぱりとしていました。

いちごの酸味もいい加減で、タルトとの相性もばっちり!

 

クラフティといえば、普通はさくらんぼですが、

こんなアレンジもあるんですね。

 

 

大きなお皿にお花のデコレーション♪

でも模様があるテーブルなので、わかりづらいですね。

 

 

バナナのタルト

 

友人はタルトをチョイス。

バナナだけじゃなく他にも何か入っていたみたいだけど、

話に夢中になって忘れちゃいましたえへへ…

 

おいしいって気に入ってました。

 

 

大阪駅周辺でゆっくりできるカフェを見つけるのは至難の業ですが、

こちらのお店はとっても穴場だと思います。

小さな店内には、色とりどりのケーキが並ぶショーケースと

テーブルが7つほどのカフェコーナーがあります。

 

紅茶はポットサービスでコーヒーもおかわりできます。

お店の方も愛想よく、気分よくティータイムが過ごせました。

 

 

スィーティーズ

http://www.umeda-sweets.com

むらすずめ bimi作

 

倉敷にある橘香堂本店で、手作り体験をしてみました。

写真がないので、作り方は文章のみですが・・・

 

鉄板に生地を薄くのばして焼き、表面にぶつぶつができてきたら裏返します。

これが道具なし、手で「あちちちー」といいながらです。

生地の中ほどに粒あんをのせ、手前から向こう側に生地を折ります。

合わせるときにひとつヒダをつくっておさえます。

 

できあがり~

 

簡単そうに見えるけど、手早く均一に焼いて作るのは難しそうでした。

焼きたては、生地がぱりっとしていて自分で作った満足感だけでも

充分おいしかったです♡

通常サイズを、ひとり3個作って600円で体験できます。

 

ジャンボサイズも作れるそうです。

 

 

師匠作?

 

橘香堂さんのむらすずめは、ひとつひとつ手作りされているそうです。

時間が経つと、生地はしっとりしてあんこと一体化します。

 

 

蔵屋敷が多かったことから、倉敷という地名がついたそうです。

美観地区には、飲食店や雑貨店などお店がたくさんありました。

 

 

橘香堂

http://kikkodo.com

 

おすすめ三点セット

 

お皿にポルトガルのかわいいお菓子が並びます。

 

 

プディンデジェーマ

 

弾力があり口当たりがよいプリン。

卵黄だけで作られていて、後から卵の味がおしよせてきます。

 

 

パステルデナタ

エッグタルトのように見えますが、ポルトガルのソウルフード。

パイとたっぷりの卵たっぷりのクリームが一体化した、

さくっ、とろりの食感がたまりません!

ボリュームもあり満足です。

 

好みでシナモンや粉砂糖をかけ、手でつかんでいただくのが

ポルトガル流だそうですが、わたしは何もつけないのが好みでした。

 

 

マミーニャシュ

小麦粉を使っていないふわふわパフに、卵黄クリームがサンドされています。

こんなに柔らかい食感は初めて。

 

 

 

ポルトガルでお店を開いていたご夫婦が、一年前に京都へ移転されオープン。

店内は洋風ですが、外観は蔵、という和洋折衷。

 

日本のカステラと、カステラが生まれたポルトガルのカステラを食べ比べる

セットなどもあり、興味をそそられましたが、

ナタが食べたかったのでおすすめセットにしました。

 

甘いものだけでなく、お食事系もありました。

北野天満宮のすぐそばです。

 

おいしいものは世界共通♡ ですね~

 

 

 

カステラ・ド・パウロ

http://castelladopaulo.com

 

みかんのタルト

 

さっくりとした生地の中には、オレンジ色のカスタードクリームがたっぷり。

大きな果肉は、清見オレンジかせとかかな?

酸味は強すぎず、たっぷりの果汁がはじけます。

一番上のの日向夏とおもわれる果肉は、苦みがなく

白いところも柔らかいです。

かかっているソースもみかん色~♪

 

 

 

フレジェ

 

やわらかめで、ちょっと崩れてしまいました。

クレーム・ムースリーヌにバターが使われていないから、かと思われます。

その分、あっさりと感じられラズベリーソースの酸味が目立っています。

 

 

レ・グーテ

http://les-gouters.com

 

じゃじゃーん!

メロンといちごの存在感!

 

長いクラッカーにはマーブルチョコレートの飾りが。

 

 

ミルクのジェラートの下にはいちじくのジェラートが。

さっぱりとした口当たりに、大粒のいちごの甘みが加わります。

 

このいちごは「きびのおおきみ」という、岡山産の種類らしいです。

メロンもちょうどいい熟れ具合で甘ーい♪

 

なんでも岡山は、フルーツパフェの街なんだそうですよ。

桃の時期に食べたいなぁ~

 

岡山といえば・・・

桃太郎のマンホールが可愛らしかったです♡

 

 

消火栓もがんばってます。

 

 

きびだんごも忘れていませんぺこ

 

 

 

アンテナ

岡山市北区出石町1-8-23

TEL  086-221-9939

 

 

 

なんともこの時期らしい生菓子です。

桜の花びらが細かくてかわいらしく、きんとんの中は粒あんでした。

 

 

桜きんとんとお抹茶

 

 

 

釜あげもち

 

って名前だったと思うのですが、お餅をとりだして

きな粉やあんこ、みたらしじょうゆにつけていただきます。

お上品なお餅の大きさに、驚いていた夫です。

 

 

俵屋吉富小川店に隣接する、茶ろん たわらやでいただきました。

 

NHK BSプレミアム『京都人の秘かな愉しみ』  で常磐貴子さんが演じる

若女将の老舗和菓子店は、この俵屋吉富さんがロケ地となっています。

室町通りの本店が主ですが、こちらの小川店も登場していました。

 

 

花より団子だといけませんので、満開の桜を眺めてきました!

 

 

 

 

出町柳ちかくの本満寺が満開でした。

とても立派なしだれ桜は、どこから見ても美しく、ためいきばかりです。

 

これからソメイヨシノが満開になりますね。

春本番!って感じです。

 

 

俵屋吉富

http://www.kyogashi.co.jp

アフタヌーンティー

ティースタンドで運ばれてくると、テンション上がります!

北野ホテル

マイフェバ関西で応募した、神戸、北野ホテルイグレックの
アフタヌーンティーチケットが当選したのでいただいてきました。

応募したことをすっかり忘れた頃に、当たっているとうれしいものです♪

北野ホテル

こじんまりとしたホテルですが、落ち着いたロビーです。

予約した日は、中庭で結婚式が行われており、
本来のイグレックの座席が少なく狭い空間でしたが、
弦楽の生演奏を聴こえてきて、優雅な気分でした。

アフタヌーンティー

プティフールの盛り合わせ

いちごのケーキとピスタチオのケーキでした。
他にも小さな焼き菓子やボンボンショコラ♪

アフタヌーンティー

サンドイッチとスコーン

種類の違うスコーンが3つも並んでいました。
はちみつやコンフィチュールをつけていただきます。
なかでも紅茶とミルクのジャムかな?
どろっと濃厚で、ホテルピエナのミルキッシュジャムを思いだすような
おいしさでした。

いつもはコーヒー派ですが、今回はやっぱり紅茶をでしょ!
と紅茶にしたのに、ポットサービスでなかったのが残念でした。
スコーンが食べにくい・・・


北野ホテル
http://www.kobe-kitanohotel.co.jp