イマイチ調子が

テーマ:

今年度は博士課程一年目なので年度末でも特にいつもと変わりなく実験してます。

変わりなくといってもどーも調子がでないんですけどねー


今日もプラスミドを導入した大腸菌をPCRでチェックしてたりしたんですが、反応液をつくったあとに各チューブに分注するところでミス。

ピペットマンの容量設定を間違えて最初の数本だけ多く入れてしまいました。

Cleanなチューブなら再度分注しなおせばいいんですけど、すでに試料を入れていたので戻すわけにもいかず……

結局、途中から分量を減らして分注することに。

定量実験ではなかったのでとりあえずうまくいきました。

失敗に気付いた時点であわてなかった時は「俺も多少は成長したなー」とか苦笑しつつ思っていたんですが、よーく考えてみるとこんなミスは研究始めたころには気をつけてやっていたので絶対しなかったなーと。

要するに慣れは怖いということですね。

気を引き締めて実験しないと。


AD

これでひと段落とはいかないか

テーマ:

というわけで松江から帰ってきました。

とはいっても、帰ってきたのは日曜ですけど。


帰ってきてからも忙しいというか、帰ってきてからの方が忙しい。

学会でいろいろ貴重な意見ももらえたので頑張らないといけません。



学会3日目は発表も終わって多少時間があったので観光に行ってきました。

下の写真がその場所です。真ん中の奥のほうに写っている建物がそうです。

遠景

写真を見てもわかるように周りは田んぼで結構田舎っぽいところです。

とりあえず今日はここまで。

この写真だけでわかったらすごいかも。

ただ、この施設はガイドブックに載っているので結構有名なのかも。

中身の紹介はまた今度。

AD

口頭発表無事?終了

テーマ:

今日は日本動物学会松江大会の2日目でした。

昨日の1日目はシンポジウムと集会だけだったので、聞くだけでした。

といっても、荷物が重すぎて会場に着くまでが大変でした。

旅行は何回か行っているのに、いつも荷物が多くなってしまいます。


それはさておき、今日の2日目は朝から自分の口頭発表がありました。

事前にパワーポイントやマイク、ポインターのテストをしたかったのですが、今回は出来ないようです。

自分の番が来て発表を始めたのですが、ポインターがうまく動かない。

と、ここでは内心かなりあわててましたが、そ知らぬ顔で続けていると接触が悪かっただけだったのか正常に作動し始めました。

初っ端からそんなトラブルがあったりしましたが、発表自体はちょうどいい時間で終えることが出来ました。

前夜に最終練習をしたのがいい感じできいたようです。

その後の質問でもうまく答えれたと思います。その質問の中で新しい実験のヒントをつかむことが出来ました。

やはり、学会では研究室で出ない意見がでて面白いです。

ちなみにその質問をした先生は僕と同じ分野の方でした。さすがに年季が違うといったところでしょうか。


自分の発表が終わったあと、他の方の発表を聞いて自分の研究に取り入れれそうなことが何個かありました。

やっぱり研究をするなら学会発表は必須ですね。


ヌートリア

学会とは何の関係も無いですが、帰り道で見かけたヌートリアです。写真に写ってるのはまだ子供のようです。

大人では猫なんかより大きいです。

ヌートリアも外来生物法で規制されている生物です。

飼育、養殖する人はいないと思いますが。


明日はあまり興味のないシンポジウムなので観光にでも。夜は懇親会です。


AD

学会準備中

テーマ:

現在動物学会に向けて準備中です。

今回は口頭発表なので直前まで修正できます。

ポスターだと印刷するまでが大変なんですけど、逆に口頭発表は発表が大変。

なんせ、チャンスは一度きり。しかも時間制限あり。

パワーポイントを早く完成させて、発表の練習しないと。


ペットボトル式フィルターの製作過程は今週末になりそうです。

出来るだけ早く紹介したいと思います。

それだけではナンなので、水槽の紹介など。

tank

赤いのはロタラ・インジカ。そのとなりにある緑と赤茶色の葉の水草は採集ものです。

ヤナギモかセンニンモだと思います。

やはり同定にはちゃんとした図鑑が必要ですね。

これはちぎれて流れていたものを回収したものです。

こうゆう流れ藻みたいなものも水草採集の重要なポイントのひとつだと思います。


実はこの種は自生地を見たことがないです。一度見てみたいです。

学会終了後の楽しみということで

今年も学会

テーマ:

つーことで、学会参加します。

動物学会 松江大会


今年はパワーポイントでの口頭発表なのです。

修論発表後にダメさでへこんだぐらいので、リベンジといきたいところです。

口頭発表は時間制限が厳しかったりするので、構成をよく練らないと。

もう発表の順番も決まっていて、前後はウチの研究室の人だったりします。

ということで、研究の背景をどこまで説明するか悩んでます。

連続で聞く人が多いと予想して軽めに行くか。

初見の人のためにじっくり説明するか。

とりあえず、不足がないようにしなくては


今回は一般公開がどんな感じなのかわからないですが、研究室決定や修論発表の参考にしてみてはいかが?


ちなみに

9月21-24日 島根大学で開催されます。